|| 前ページ || || 次ページ ||
研究発表、招待講演等一覧   公開件数:216件

No. 発表題名 発表会議名 発表年月日
101 壁面からのポリマー溶液滲出による乱流摩擦抵抗低減の実験的研究 〜PIV・PLIF同時計測による物質拡散に関する考察〜
第49回日本伝熱シンポジウム講演論文集,富山,Vol. 3, pp. 637-638,(2012)
2012/06/01
102 相変化を伴う並列細管熱輸送デバイスの内部流画像解析
第49回日本伝熱シンポジウム講演論文集,富山,Vol. 2, pp. 369-370,(2012)
2012/05/31
103 乱流摩擦抵抗に影響を与える粗度パラメータ解明のための周期的粗度生成法について
日本船舶海洋工学会 秋季講演会
2011/11
104 マルチビーズモデルを用いたトムズ効果に関する数値シミュレーション
東北大学サイバーサイエンスセンター大規模科学計算システム広報SENAC, 44, 4, (2011), 19 - 26.
2011/10
105 Direct Numerical Simulations of Fundamental Turbulent Flows with the World's Largest Number of Grid-points and Application to Modeling of Engineering Turbulent Flows
Annual Report of the Earth Simulator Center, April 2010- March 2011, (2011), 143 - 148.
2011/09
106 抵抗低減を目的とした進行波状壁面を有するチャネル乱流の実験的研究
流体力学会年会2011講演論文集,(2011年9月), 東京, CD-ROM.
2011/09
107 PIV計測を用いた摩擦抵抗低減効果を有する円管内脈動乱流の実験的研究
流体力学会年会2011講演論文集,(2011年9月), 東京, CD-ROM.
2011/09
108 生物の脈動原理に学ぶ管摩擦抵抗の低減技術
日本機械学会2011年度年次大会講演論文集,東京,W021002,pp.2,DVD-ROM(2011年9月).
2011/09/14
109 ガスタービン翼後縁部ディンプル付きカットバック面におけるフィルム冷却性能
第48回日本伝熱シンポジウム講演論文集,岡山,Vol. II, pp. 301-302(A234),(2011)
2011/06/01
110 ガスタービン翼後縁部カットバック粗面上2次元スロット・フィルム冷却流の2次元PTV計測
第48回日本伝熱シンポジウム講演論文集,岡山,Vol. II, pp. 299-300(A233),(2011)
2011/06/01
111 貫流を伴う内壁が回転する凹型,凸型,円錐型環状流路内流れの2次元PTV計測
第48回日本伝熱シンポジウム講演論文集,岡山,Vol. II, pp. 289-290(A222),(2011)
2011/06/01
112 Direct Numerical Simulations of Fundamental Turbulent Flows with the World's Largest Number of Grid-points and Application to Modeling of Engineering Turbulent Flows
Annual Report of the Earth Simulator Center, April 2009- March 2010, (2010), 139 - 144.
2010/12
113 直接数値計算による正弦波状壁面乱流境界層における波長の影響
第24回数値流体力学シンポジウム,東京,C12-4, pp.3, CD-ROM (2010年12月).
2010/12/22
114 乱流の高度制御技術
神奈川大学工学研究科講演会
2010/12/15
115 Experimental study on a three-dimensional riblet with particle image velocimetry
Proc. 63th APS Annual Meeting of the Division of Fluid Dynamic, Long Beach, California, USA, p. 404
2010/11/23
116 ポリマー溶出型塗料による平板模型を対象とした摩擦抵抗低減実験
日本船舶海洋工学会 秋季講演会
2010/11/12
117 脈動による配管動力の低減技術
栗田工業株式会社講演会
2010/11/11
118 チャネル壁面からのポリマー滲出による抵抗低減流れにおけるポリマーの乱流拡散と抵抗低減との関係
第88期日本機械学会流体工学部門講演会,山形,pp.387-388 (2010年10月).
2010/10/30
119 チャネル壁面からのポリマー溶液滲出による抵抗低減流れの空間構造に関するPIVによる実験的研究
第88期日本機械学会流体工学部門講演会,山形,pp.385-386 (2010年10月).
2010/10/30
120 三次元リブレットによる抵抗低減流れのPIV計測
第88期日本機械学会流体工学部門講演会,山形,pp.363-364 (2010年10月).
2010/10/30
121 摩擦抵抗低減効果を有する円管内脈動乱流のPIV計測
第88期日本機械学会流体工学部門講演会,山形,pp.361-362 (2010年10月).
2010/10/30
122 マイクロファイバ壁面による抵抗低減流れのPIV計測
流体力学会年会2010講演論文集,(2010年9月), 札幌, CD-ROM.
2010/09/09
123 Drag reduction for ships due to polymer release from painted surface by Toms effect
Proc. the 15th International Congress on Marine Corrosion and Fouling, Newcastle University, United Kingdom, 26-H2-1-8, p.5
2010/07/26
124 脈動性を用いた再層流化による高効率流体輸送技術
平成22年度産学官連携推進会議,若手研究者による科学技術説明会,京都
2010/06/05
125 脈動性を用いた再層流化による高効率流体輸送技術
平成22年度産学官連携推進会議,科学・技術フェスタ,京都
2010/06/05
126 壁面からのポリマー溶液滲出による乱流摩擦抵抗低減の実験的研究―滲出壁面近傍のポリマー濃度分布―
第47回日本伝熱シンポジウム講演論文集,札幌,Vol. 3, pp. 535-536,(2010)
2010/05/28
127 壁面からのポリマー溶液滲出による乱流摩擦抵抗低減の実験的研究―滲出壁面近傍の流れのPIV解析―
第47回日本伝熱シンポジウム講演論文集,札幌,Vol. 3, pp. 533-534,(2010)
2010/05/28
128 Effect of tube length and liquid filling ratio on performance of parallel-tube heat transport device
第47回日本伝熱シンポジウム講演論文集,札幌,Vol. 2, pp. 483-484,(2010)
2010/05/27
129 過渡応答法によるディンプル面熱伝達率計測における壁内部三次元熱伝導補正
第47回日本伝熱シンポジウム講演論文集,札幌,Vol. 2, pp. 375-376,(2010)
2010/05/27
130 内壁回転と貫流が有る凹型,凸型,円錐型環状拡大流路内流れの2次元PTV計測
第47回日本伝熱シンポジウム講演論文集,札幌,Vol. 2, pp. 369-370,(2010)
2010/05/27
131 壁面からの高分子滲出を伴う平行平板間乱流の数値シミュレーション
東北大学サイバーサイエンスセンター大規模科学計算システム広報SENAC, 43, 2, (2010), 53 - 60.
2010/04
132 Active pump control of pulsating turbulent flow for drag reduction
International Specialist Workshop on Open-Loop versus Closed-Loop Control of Wall Turbulence, Tokyo
2010/03/18
133 Direct Numerical Simulations of Fundamental Turbulent Flows with the World's Largest Number of Grid-points and Application to Modeling of Engineering Turbulent Flows
Annual Report of the Earth Simulator Center, April 2008- September 2008, (2009), 173 - 178.
2009/12
134 脈動円管乱流における摩擦抵抗低減効果
第23回数値流体力学シンポジウム,仙台,CD-ROM (2009年12月).
2009/12/17
135 ポリマー溶液の壁面滲出による乱流摩擦抵抗低減
第87期日本機械学会流体工学部門講演会,名古屋,pp.159-160 (2009年11月).
2009/11/07
136 離散要素モデルを用いた壁面高分子滲出による乱流摩擦抵抗の低減効果
第87期日本機械学会流体工学部門講演会,名古屋,pp.157-158 (2009年11月).
2009/11/07
137 平板境界層における壁面摩擦係数とレイノルズ応力の関係式について
流体力学会年会2009講演論文集,(2009年9月), 東京, CD-ROM.
2009/09
138 円管内脈動乱流の再層流化による動力削減効果に関する実験的研究
流体力学会年会2009講演論文集,(2009年9月), 東京, CD-ROM.
2009/09
139 Measurement of Heat and Fluid Flow on Surface with Teardrop-Shaped Dimples
Proc. of Asian Congress on Gas Turbines 2009, Tokyo, Japan, pp.4
2009/08
140 直接数値シミュレーションを用いた温度場乱流境界層の研究
東北大学サイバーサイエンスセンター大規模科学計算システム広報SENAC, 42, 3, (2009), 1 - 10.
2009/07
141 Active Pump Control of Turbulent Flow for Drag Reduction
Research Institute for Mathematical Sciences Workshop, Mathematics and Physics across the Diversity of Turbulence Phenomena, Kobe
2009/07/09
142 Visualization of a parallel-tube heat transport device by using a high-speed camera
第46回日本伝熱シンポジウム講演論文集,京都,Vol. 3, pp. 709-710,(2009)
2009/06/04
143 Effect of number of tube rows on heat transfer enhancement and flow field with different vortex generator geometries in fin-and-tube heat exchangers
第46回日本伝熱シンポジウム講演論文集,京都,Vol. 3, pp. 611-612,(2009)
2009/06/04
144 壁面からのポリマー溶液滲出による乱流摩擦抵抗低減の実験的研究 ―壁面摩擦係数とポリマー濃度分布の測定―
第46回日本伝熱シンポジウム講演論文集,京都,Vol. 2, pp. 399-400,(2009)
2009/06/03
145 内側壁面が回転する環状曲面拡大流路内流れにおける流路形状の影響
第46回日本伝熱シンポジウム講演論文集,京都,Vol. 1, pp. 91-92,(2009)
2009/06/02
146 過渡応答法を用いたティアドロップ形状ディンプル面の乱流熱伝達率計測
第46回日本伝熱シンポジウム講演論文集,京都,Vol. 1, pp. 101-102,(2009)
2009/06/02
147 二次元スリットを有する流路における乱流及び乱流熱伝達の直接数値シミュレーションとそのモデル予測に関する研究
東北大学サイバーサイエンスセンター大規模科学計算システム広報SENAC, 42, (2009), 47 - 56.
2009/04
148 Direct Numerical Simulations of Fundamental Turbulent Flows with the World's Largest Number of Grid-points and Application to Modeling of Engineering Turbulent Flows
Annual Report of the Earth Simulator Center, April 2007- March 2008, (2008), 187 - 191.
2008/12
149 壁面からの高分子放出を伴う平行平板間乱流の数値計算
第22回数値流体力学シンポジウム,東京,CD-ROM (2008年12月).
2008/12/17
150 Drag Reduction by Laminarization of Pulsating Turbulent Channel Flow
Proc. 61th APS Annual Meeting of the Division of Fluid Dynamic, San Antonio, Texas, USA , p. 137
2008/11/24

         || 前ページ || || 次ページ ||