工学研究院 先端機械システム部門
顔写真
准教授
岩見   健太郎
IWAMI   Kentaro


1980年生まれ
博士(工学)
共同・受託研究希望テーマ
共同・受託研究実績
著書
論文
研究業績(その他の活動)
知的財産権・特許
所属学会
研究発表、招待講演等
研究室番号:042-388-7657
Fax. 042-388-7093
http://nmems.lab.tuat.ac.jp

本学・兼務所属

工学部 機械システム工学科
工学府 機械システム工学専攻


教育と研究

光とナノ構造の不思議な相互作用を利用した役に立つシステムの創成

ナノフォトニクスやプラズモニクスと呼ばれる、光とナノ構造の相互作用を研究する分野が近年注目を集めています。たとえば、従来の光学顕微鏡は光の波動性によって波長以下の物体を観察できないという問題点を持っていましたが、ナノ領域に局在化した光を利用する近接場光学顕微鏡はこの限界を打破することができます。 我々は、このような光とナノ構造の相互作用による特異な性質を応用した、実際に世の中の役に立つシステムの研究を行っています。この分野はまだまだ未開拓なので、多くの成果が得られることが期待されています。



職歴

2012/01- 東京農工大学大学院工学研究院・准教授
2011/09-2012/03 スタンフォード大学Stanford Nanofabrication Facility, Visiting Scholar
2008/05-2011/12 東京農工大学大学院共生科学技術研究院・助教
2008/04-2008/04 東北大学大学院工学研究科附属マイクロ・ナノマシニング研究教育センター 教育研究支援者(ポスドク)
2005/04-2008/03 日本学術振興会・特別研究員(DC1)


出身大学院等・出身学校

2008年 東北大学工学研究科ナノメカニクス専攻  博士後期課程修了
2005年 東北大学工学研究科機械電子工学専攻  博士前期課程修了
2003年 東北大学工学部機械電子工学科  卒業


研究分野

マイクロ・ナノデバイス
応用物理学一般


研究分野・キーワード

MEMS, 近接場光学, ナノフォトニクス, プラズモニクス


研究テーマ

テラヘルツ近接場マイクロプローブ 2005/04- (KEYWORD:MEMS, テラヘルツ, 近接場光学)  概要:光源と検出器を集積化したテラヘルツ分光用近接場プローブ
 


受賞学術賞

東北大学総長賞 (2005/03)
電気学会E準部門総合研究会優秀論文賞 (2004)
AP-NFO Award (2003/10)



         || TOP ||