工学研究院 言語文化科学部門
准教授
宇野   良子
Uno   Ryoko



博士(学術)
共同・受託研究希望テーマ
共同・受託研究実績
著書
論文
研究業績(その他の活動)
知的財産権・特許
所属学会
研究発表、招待講演等
メールアドレス

本学・兼務所属

工学部 情報工学科
工学府 情報工学専攻


職歴

2003/04-2009/09 東京大学特任研究員
2009/10-2013/03 東京農工大学講師
2013/04- 東京農工大学准教授


出身大学院等・出身学校

1996年 国際基督教大学教養学部語学科  卒業
1998年 東京大学総合文化研究科言語情報科学専攻  修士課程修了
2006年 東京大学総合文化研究科言語情報科学専攻  博士課程修了


研究分野

言語学
認知科学


研究分野・キーワード

認知言語学


研究テーマ

理由節を含む複文と視点 (KEYWORD:)  概要:理由節の時制や認識的モダリティの分析から、複文の意味と形の結びつきの規則を研究する。
 
ジョイント・アテンションと文法の創発 (KEYWORD:)  概要:言語の分析や、コンピュータシミュレーションからジョイント・アテンションが言語の文法の形成にどのように関わるかを考察する。
 
新語の盛衰のダイナミズム (KEYWORD:)  概要:自然言語処理と認知言語学が協力することで、大規模時系列ウェブコーパスにおける新語の変化を捉え、意味と形の結びつきのダイナミズムを研究する。
 
言語データが生みだすデザイン (KEYWORD:)  概要:人々の意志を含んだ言語データから、空間などのデザインを導き出す学際的なプロジェクト
 
コミュニケーションツールを用いた実験から言語を考える (KEYWORD:)  概要:コミュニケーションツールが相互作用の中でどのように使われ、構造化していくかを観察・分析することによって、言語の起源について考える。
 


受賞学術賞

言語処理学会第16回年次大会優秀賞 (2010/03)
自然言語処理若手の会第4回シンポジウム奨励賞 (2009/10)
自然言語処理若手の会第3回シンポジウム奨励賞 (2008/09)



         || TOP ||