グローバルイノベーション研究院テニュアトラック推進機構 
顔写真
特任准教授
川野   竜司
KAWANO   Ryuji


1976年生まれ
博士(工学)
共同・受託研究希望テーマ
共同・受託研究実績
著書
論文
研究業績(その他の活動)
知的財産権・特許
所属学会
研究発表、招待講演等
メールアドレス
http://www.tuat.ac.jp/~rjkawan
o/

本学・兼務所属

グローバルイノベーション研究院テニュアトラック推進機構 
工学研究院 
生物システム応用科学府 


職歴

2005-2006 横浜国立大学 ベンチャービジネスラボラトリー 講師(中核的研究機関)
2006-2008 ユタ大学化学科 日本学術振興会海外特別研究員
2008-2009 ユタ大学化学科 博士研究員
2009-2013 公益財団神奈川科学技術アカデミー 竹内プロジェクト 常勤研究員
2009-2015 東京大学生産技術研究所・協力研究員
2014- 東京農工大学 工学研究院 生命機能科学部門 准教授
2014- 公益財団法人神奈川科学技術アカデミー・非常勤研究員


出身大学院等・出身学校

2005年 横浜国立大学工学研究科物質工学専攻  博士課程修了


研究テーマ

マイクロ加工技術を用いた細胞膜、膜タンパク質に関する研究 (KEYWORD:)  概要:生体分子は自発的な集合により、人為的には不可能な精緻さ・優美さでナノ構造を創る。 なかでも細胞膜(脂質二分子膜)に形成されるチャネルを有する膜タンパク質は、自己集合により数Åから数nmの超微小孔をいとも簡単に形成する。 一方で半導体微細加工技術を基盤としたMEMSやマイクロ流体技術により、マイクロサイズのオブジェクトは比較的自由に作ることができる。私の研究では、生体分子が自己集合して作る膜タンパクチャネルをマイクロ構造中に組み込むことで、ナノメートルからセンチメートルサイズ領域で完全に制御されたシステムの構築を目指す。 このシステムを用い、以下の研究を展開する。 ・チャネル膜タンパク質を用いた一分子ナノポアセンサ ・一分子DNA/RNAのナノポアシーケンサ ・DNAアプタマーを用いた選択的一分子認識 ・チャネル膜タンパク質とDNAによる、DNAコンピューティング ・合成チャネルを用いた選択的一分子認識
 



         || TOP ||