農学研究院 農業環境工学部門
顔写真
助教
福田   信二
FUKUDA   Shinji


1978年生まれ
博士(農学)
共同・受託研究希望テーマ
共同・受託研究実績
著書
論文
研究業績(その他の活動)
知的財産権・特許
所属学会
研究発表、招待講演等
研究室番号:3-204
Tel. 042-367-5604
メールアドレス
http://shinjifukuda-medaka.com

本学・兼務所属

農学部 地域生態システム学科
農学府 


教育と研究

持続可能な水資源管理と生態系と調和のとれた農業生産

データ〜解析〜新知見

 研究面では、『水』を中核テーマとして、「農業」−「水」−「生物」の相互作用に関する理解を深め、持続可能な水資源管理や生態系との調和のとれた農業生産の確立に貢献することを目指す。活動としては、フィールド調査に行き、得られたデータを解析することで新知見を見出す。また、教育面では、活発な研究活動を通して、『データ解析能力』と『英語コミュニケーション能力』の向上および国際感覚の醸成を目標とする。


キーワード

水;農業;生態系;モニタリング;モデリング


出身大学院等・出身学校

1997年 宮崎北高等学校  卒業
2001年 九州大学農学部農業工学科  卒業
2003年 九州大学生物資源環境科学府  修士課程修了
2006年 九州大学生物資源環境科学府  博士後期課程修了


研究分野・キーワード

水環境保全、エコインフォマティクス、生態モデリング、生態水理


研究テーマ

1. 魚類行動の時空間変動のモデリング 2013/04- (KEYWORD: バイオテレメトリー、生息環境、水環境モニタリング、時系列、計算知能、機械学習 )  概要: 河川や農業用水路、ため池等において、魚類の行動をモニタリングし、行動特性を定量的に表現するとともに、得られた知見に基づき、数理モデルを構築する。その際、計算知能や機械学習を応用し、高精度モデリングを実現するとともに、データ駆動モデルから新知見を抽出する。
 
2. 先進的データ駆動モデルの農学実問題への応用 2010/04- (KEYWORD: 計算知能、機械学習、知識獲得、インフォマティクス )  概要: 機械学習や計算知能の諸技術を駆使して、実データに基づく高精度モデリングを実現する。これにより、理論式では表現できない複雑な現象を精度よく再現し、構築モデルから視覚的な情報を抽出し、現象の理解を深める。
 
3. 生態水理学・生態水文学に基づく農業生産向上と生物多様性の保全 2013/04- (KEYWORD: 生態水理モデル、流況解析、生息場モデル、流域水文モデル、農業生産 )  概要: 河川や水路内の水の流れを再現する水理モデルや水資源量を評価するための水文モデルに、生態モデルや作物モデル等をカップリングし、生産性の向上と生物多様性の保全のバランスを評価可能な数理システムの構築を目指す。
 
4. 魚類の毒性行動モニタリング技術に関する研究 2009/04- (KEYWORD: 魚類、遊泳行動、定量評価、モニタリング、モデリング )  概要: 魚類の遊泳行動をモニタリングし、毒性物質が対象魚の応答行動に及ぼす影響を定量的に評価する。また、オンライン診断システムの構築に資する数理モデルを開発する。
 


受賞学術賞

2014年度日本魚類学会論文賞 (2014/11)
Ecological Modelling 2013: Certificate of Excellence in Reviewing (2014/06)
IWACIII 2011 Session Best Presentation Award (2011/11)
平成17年度農業土木学会学会賞論文奨励賞 (2005/08)



         || TOP ||