工学研究院 先端機械システム部門
顔写真
教授
笹原   弘之
SASAHARA   Hiroyuki



博士(工学)
共同・受託研究希望テーマ
共同・受託研究実績
著書
論文
研究業績(その他の活動)
知的財産権・特許
所属学会
研究発表、招待講演等
研究室番号:9号館 304号室
メールアドレス
http://www.tuat.ac.jp/~saslab/

本学・兼務所属

工学部 機械システム工学科
工学府 機械システム工学専攻
工学部附属ものづくり創造工学センター 


教育と研究

Cutting Edge ---最先端の加工技術


みなさんの身の回りの機械を思い浮かべてみてください。精密に作られていなければ機能しないもの(例えばエンジン)、機能性と同時に美しさが要求されるもの(例えば自動車のボディ、家電製品)がたくさんあると思います。それらはなんらかの加工によりそのような形状と機能を与えられている訳ですが、私たちの研究室では、切削加工とそれを支援するシミュレーション技術を中心に、いかにして高精度・高品質の製品を高能率で加工するかということについて研究をしています。 一昔前では考えられないような高出力高能率・低燃費のエンジンが市販車に載っていたり、飛行機の翼やエンジンが設計通りの機能を発揮できるのも、優れた加工が陰で支えているのです。 マシニングセンターやNC旋盤といった工作機械を使った実験と同時に、有限要素法という方法を使ったコンピュータシミュレーションやCAD/CAMを使って仮想的に加工を行う研究も行っています。これによって工具や工作物の中の温度や応力を調べることができ、工具の寿命、加工に必要な力、製品の表面の具合などを予測することができます。 その他に非常に硬い材料を、高速で回転する工具を使って効率よく加工するための研究、人や環境に優しい加工、ラピッドプロトタイピングなどの研究などを行っています。


キーワード

高速高精度加工,CAD/CAM,加工現象の解明


職歴

1988/04-1996/04 東京工業大学工学部助手
1996/05-1998/03 東京農工大学工学部講師
1998/04-2004/03 東京農工大学工学部助教授
2000/04-2001/03 米国ノースカロライナ州ノースカロライナ大学シャーロット校客員研究員
2004/04-2009/09 東京農工大学大学院共生科学研究部先端生物システム学部門 助教授(准教授) (2006・4より共生科学技術研究院)
2009/10- 東京農工大学大学院共生科学技術研究院 教授 (2010・4より工学研究院)


出身大学院等・出身学校

1988年 東京工業大学工学部機械物理工学科  卒業


研究分野

生産工学・加工学
知能機械学・機械システム
設計工学・機械機能要素・トライポロジー


研究分野・キーワード

機械加工学,切削シミュレーション,ラピッドマニュファクチャリング,難削材,CFRP,残留応力


研究テーマ

切削過程の物理シミュレータの開発 2002- (KEYWORD:有限要素法 切削 シミュレーション)  
 
圧縮残留応力を付与する複合加工工具の開発 2001- (KEYWORD:圧縮残留応力 複合加工工具 切削)  
 
サーフェスインテグリティ予測シミュレータの開発 2002- (KEYWORD:サーフェスインテグリティ)  
 
切削加工変質層生成過程の解析的予測 2001- (KEYWORD:加工変質層 金属組織 機械的特性)  
 
CAD/CAEを利用したエンドミル加工時のびびり振動の予測と回避 2002- (KEYWORD:エンドミル加工,びびり振動)  概要: 
 
自由曲面への規則的形状の形成 2003- (KEYWORD:自由曲面 規則的形状)  
 
ニアドライ加工における微小粒子の挙動と効率的捕獲に関する研究 2003- (KEYWORD:ニアドライ加工 セミドライ加工,微小粒子,捕獲)  
 
超音波振動切削の切削機構に関する研究 1998- (KEYWORD:超音波振動切削 切削機構)  
 
チタン合金・CFRPのドライドリル加工に関する研究 2005- (KEYWORD:ドライドリル加工,チタン合金,CFRP)  概要: 
 
溶融金属積層によるラピッドマニュファクチャリング 2008- (KEYWORD:ラピッドマニュファクチャリング, 積層造形)  概要: 
 


受賞学術賞

財団法人 工作機械技術振興財団 第32次 工作機械技術振興賞(奨励賞) (2011/06)
第21回型技術協会賞奨励賞 (2011/06)
日本機械学会 生産加工工作機械部門 優秀講演論文賞 (2010/11)
Excellent Poster Award, The 13th International Machine Tool Engineers' Conference “Rotary Cutting on Multi-tasking Machine” (2008/11)
財団法人工作機械技術振興財団 第29次 工作機械技術振興賞(奨励賞) (2008/06)
生物システム応用科学府(BASE)平成18年度ベストティーチャー賞 (2006)
Best Paper Award 2006, ICPMT 2006(Matsue), "Effect of Machining Strategy on Thermal Expansion in Fine Boring Process" (2006)
財団法人工作機械技術振興財団 第26次 工作機械技術振興賞(奨励賞) (2005)
JIMTOF2004 工作機械のニューテクノロジーポスター展 優秀ポスター賞 (2004)
2002年度精密工学会春季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞 (2003)
Outstanding Poster Award, 10th ICPE (Yokohama), "Analysis of Tool Temperature in High-Speed Milling" (2001)
財団法人工作機械技術振興財団 第18次 工作機械技術振興賞(奨励賞) (1997)
財団法人工作機械技術振興財団 第16次 工作機械技術振興賞(奨励賞) (1995)



         || TOP ||