研究者データベース

平野 雅文HIRANO Masafumiヒラノ マサフミ

所属部署名工学研究院 応用化学部門
職名教授
Last Updated :2023/09/06

業績情報

氏名・連絡先

  • 氏名

    ヒラノ マサフミ, 平野 雅文, HIRANO Masafumi
  • 生年

    1966
  • eメールアドレス

    hrccc.tuat.ac.jp
  • 個人ホームページ

    http://www.tuat.ac.jp/~hirano/kohrc/

主たる所属・職名

  • 工学研究院 応用化学部門, 教授

その他の所属

  • 工学部 応用化学科
  • 工学府 応用化学専攻

経歴

  • 東京農工大学大学院工学研究院応用化学部門
    教授
    自 2014年05月

学歴

  • 埼玉大学
    工学部
    応用化学科
    至 1988年, 卒業
  • 埼玉大学大学院
    工学研究科
    応用化学専攻
    至 1990年, 修了, 修士
  • 埼玉大学大学院
    理工学研究科
    至 1993年, 修了, 博士後期

学位

  • 博士(学術)
    埼玉大学
  • 工学修士
    埼玉大学

教育・研究活動状況

  • 金属と炭素が直接結合を持っている化合物を有機金属化合物といいます。これらの化合物の反応性を利用して、従来の常識をくつがえすような反応が次々と見つけだされています。 わたしたちの研究室では、有機金属化学をもとに、有機分子の活性化反応、触媒反応における水の有効利用、触媒反応の精密制御をキーワードに次のような研究を行っています。(1)ルテニウム錯体による位置選択的な有機分子の活性化(2)遷移金属錯体による基質選択的な炭素ー炭素結合形成反応(3)ヒドロキソ遷移金属錯体による水の活性化反応(4)フォトスイッチ機能を有する錯体の設計と触媒反応の光制御(5)遷移金属超微粒子の調製と機能開発(6)水溶性錯体触媒による水又は水/有機溶媒二相系による触媒反応(7)有機ニッケルを含むヘテロ二核錯体の合成と反応

研究分野

  • A189 ライフサイエンス, A38040 生物有機化学
  • A489 ナノテク・材料, A32020 機能物性化学
  • A489 ナノテク・材料, A35010 高分子化学
  • A489 ナノテク・材料, A34030 グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学
  • A489 ナノテク・材料, A35030 有機機能材料
  • A489 ナノテク・材料, A33020 有機合成化学

研究キーワード

  • ゼロ・エミッション分子変換反応の開発。高分子の触媒的分解反応
  • 触媒的鎖状交差二量化反応
  • 触媒的不斉炭素ー炭素結合形成反応

研究テーマ

  • 反応性ポリエン・スキップジエンビルディングブロックの合成
    自 20180401
  • 高分子の触媒分解
    自 2021
  • C-H結合活性化に関する研究
    自 1993
  • C-O結合活性化に関する研究
    自 1993
  • ルテニウム錯体触媒によるゼロ・エミッション分子変換反応の開発
    自 1999, 至 2002
  • 水溶性錯体による合成反応
    自 1999
  • 光応答性高分子による磁性ナノ微粒子の光制御
    自 2002
  • カルコゲンアンカーを持つルテニウム(II)錯体によるアルコール類の直接官能基化
    自 2003, 至 2005
  • 極性および非極性モノマーの共重合触媒の開発
    自 2004
  • 触媒的鎖状交差二量化反応
    自 2009
  • 脱水素アレーンカップリング反応
    自 2015
  • 0価ルテニウム錯体触媒を用いた酸化的カップリング反応
    自 9999

共同・受託研究希望テーマ

  • 低原子価8族金属錯体による非ハロゲン化分子変換反応
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望

担当授業科目

  • 応用化学セミナーII(大学院旧課程)
    2022年, 専門科目等
  • 分子触媒化学特論
    2023年, 専門科目等
  • 応用学実践研究I
    2023年, 専門科目等
  • 応用化学セミナーI(大学院)
    2023年, 専門科目等
  • 卒業論文
    2022年, 専門科目等
  • 応用化学特別実験
    2022年, 専門科目等
  • 応用化学セミナーII
    2022年, 専門科目等
  • 応用化学セミナーI
    2022年, 専門科目等
  • 研究室体験配属
    2022年, 専門科目等
  • 論文・文献講読
    2022年, 専門科目等
  • 応用化学入門
    2022年, 専門科目等
  • 応用化学特別研究
    2021年, 専門科目等
  • 応用化学特別実験
    2021年, 専門科目等
  • 応用化学セミナーII
    2021年, 専門科目等
  • 応用化学セミナーI
    2021年, 専門科目等
  • 卒業論文
    2021年, 専門科目等
  • 先端応用化学演習
    2021年, 専門科目等
  • 応用分子化学演習
    2021年, 専門科目等
  • 研究室体験配属
    2021年, 専門科目等
  • 論文・文献講読
    2021年, 専門科目等
  • 応用化学入門
    2021年, 専門科目等
  • 応用触媒化学特論
    2021年, 専門科目等
  • 有機化学III
    2021年, 専門科目等
  • 有機金属化学
    2021年, 専門科目等

教科書・教材

  • 中学校教科書 理科 第1分野 啓林館
    2021年
  • 高等学校教科書「化学」および「化学基礎」啓林館
    2021年
  • 中学校教科書 理科 第1分野 啓林館
    文部科学省検定教科書の共著
    2020年
  • 高等学校教科書「化学」および「化学基礎」啓林館
    文部科学省検定教科書の共著者
    2020年
  • 高等学校教科書「化学」および「化学基礎」啓林館
    文部省検定教科書の作成(共著)
    2019年
  • 錯体化合物事典
    錯体化合物事典のルテニウム分野を担当(共著)
    2019年09月10日
  • 高等学校教科書「化学」および「化学基礎」啓林館
    文科省検定教科書の執筆(共著)
    2018年

科学研究費助成事業

  • 新学術領域研究(研究領域提案型)
    3D活性サイト制御による高性能ナノ分子触媒の創製
    自 2018年, 至 2018年
  • 基盤研究(B)
    直截的π共役拡張反応による共役ポリエン分子の合成と応用
    自 2017年, 至 2021年
  • 新学術領域研究(研究領域提案型)
    3D活性サイト制御による高性能ナノ分子触媒の創製
    自 2017年, 至 2017年
  • 新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究
    3D活性サイト制御による高性能ナノ分子触媒の創製
    自 2016年, 至 2016年
  • 新学術領域研究(研究領域提案型)
    3D活性サイト制御による高性能ナノ分子触媒の創製
    自 2015年, 至 2015年
  • 新学術領域研究(研究領域提案型)
    3D活性サイト制御による高性能ナノ分子触媒の創製
    自 2014年, 至 2014年
  • 基盤研究(C)
    0価ルテニウム錯体を用いた酸化的カップリング反応の開発とその選択性発現機構の解明
    自 2011年, 至 2013年
  • 新学術領域研究(公募)
    メタン活性化モデルとしてのメチル基活性化反応の研究
    自 2011年, 至 2012年
  • 特定領域研究
    金属間共同効果を基盤とした触媒反応の創製
    自 2008年, 至 2008年
  • 基盤研究(C)一般
    ルテニウム錯体と酸触媒の協同効果を利用した置換フェノール類の分子変換反応
    自 2007年, 至 2008年
  • 基盤研究(C)一般
    ポリアレーンを基盤とした二次元配列遷移金属クラスターの研究           
    自 2005年, 至 2006年
  • 若手研究(B)
    カルコゲンアンカーを持つステニウム(Ⅱ)錯体によるアルコール類の直接官能基化
    自 2003年, 至 2004年
  • その他
    光スイッチ機能を有する10族金属錯体の合成と反応の光制御
    自 2000年, 至 2001年
  • その他
    光スイッチ機能を有する10族金属錯体の合成と反応の光制御
    自 2000年, 至 2001年
  • その他
    レニウムエノラート錯体による置換オレフィンのオレフィンメタセシス反応の開発
    自 1994年, 至 1994年

論文

  • 多置換ピロールの新規合成法の開発
    平野雅文
    月刊 ファインケミカル
    シーエムシー出版
    2023年11月01日, (MISC)総説・解説(商業誌), 単独, 11
  • 巻頭言 胡蝶の夢
    平野雅文
    有機合成化学協会誌
    有機合成化学協会
    2023年03月01日, (MISC)総説・解説(学術雑誌), 単独, 81, 3, DOI(公開)(r-map), 5
  • Cobalt-Catalyzed Divergent Cycloadditions of Alkynes with Conjugated Dienes Yielding 3-Vinylcyclobutenes, Bicyclo[3.1.0]hexenes, and Cyclohexa-1,4-dienes
    Tomita, Yusuke; Haraguchi, Naoto; Kiyota, Sayori; Komine, Nobuyuki; Hirano, Masafumi
    ORGANIC LETTERS
    AMER CHEMICAL SOC
    A traditional cobalt catalyst system still contains undiscovered reactivity. Depending on the tertiary phosphines and substrates used, the catalytic system using CoBr2/tertiary phosphine/ Zn/ZnI2 catalyzes divergent cycloadditions of internal alkynes with conjugated dienes, yielding 3-alkenylcyclobut-1-enes, bicyclo[3.1.0]hexenes, and cyclohexa-1,4-dienes. A [CoBr2(PPh3)2]/Zn/ZnI2- catalyzed reaction of 3-hexyne (1a) with 1-(4-methoxyphenyl)butadiene (2a) at room temperature in CH2Cl2 exclusively produces a [2 + 2] cycloaddition product (E)-2-(2,3-diethylcyclobut-2-ene-1-yl)vinyl-4-methoxybenzene (3aa). When [CoBr2(dppp)]/Zn/ZnI2 is used as a catalyst, a bicyclic compound 6-(4-methoxyphenyl)-2,3diethylbicyclo[3.1.0]hex-2-ene (4aa) is dominantly formed in a 77% yield. The CoBr2/dppe/Zn/ZnI2 system can undergo a [2 + 4] cycloaddition to yield 3-(4-anisyl)-1,2-diethylcyclohexa-1,4-diene (5aa) as the dominant product in 38% yield. The bite angles of the ligands used contribute significantly to this catalytic diversity.
    2022年10月28日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 42, 1523-7060, DOI(公開)(r-map), 7774, 7778
  • 市販のポリエステルを完全分解
    JST News
    科学技術振興機構
    2022年09月01日, (MISC)総説・解説(学術雑誌), 9月号, 1349-6085, 15, 15
  • 芳香族ポリイミド原料の触媒的合成反応機構
    平野雅文
    ポリイミドの高機能設計と応用技術
    (株)技術情報協会
    2022年08月31日, (MISC)総説・解説(商業誌), 単独, 978-4-86104-887-6, 29, 39
  • 有機金属研究会
    平野雅文
    触媒年鑑「触媒技術の動向と展望2022」
    触媒学会
    2022年08月, (MISC)総説・解説(学術雑誌), 単独
  • La(III)-Catalysed Degradation of Polyesters to Monomers via Transesterifications
    Ryota Abe, Nobuyuki Komine, Kotohiro Nomura, Masafumi Hirano
    Chemical Communications
    ROYAL SOC CHEMISTRY
    Tris(acetylacetonato)lanthanum(iii) (1 mol%) catalyses the degradation of poly(butylene succinate) (M-w = 90 700) by transesterification in MeOH at 90 degrees C for 4 h, thus affording dimethyl succinate (>99% yield) and 1,4-butanediol (98% yield). Moreover, the quantitative degradations of poly(ethylene adipate), poly(ethylene terephthalate) and poly(butylene terephthalate) are also reported.
    2022年07月19日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 58, 1359-7345, DOI(公開)(r-map), 8141, 8144
  • 中学および高校理科教育における高分子
    平野雅文
    高分子
    高分子学会
    2022年06月01日, (MISC)総説・解説(学術雑誌), 単独, 71, 6月, DOI(公開)(r-map), 276, 278
  • Ru(0)-Catalyzed Synthesis of Conjugated Trienylketimines and Subsequent Internal Cyclization Giving Polysubsituted Pyrroles
    Shinnosuke Kurita, Sayori Kiyota, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano
    Organic Letters
    The American Chemical Society
    A reliable method for preparing polysubstituted pyrroles from conjugated iminohexatrienes has been discovered. Ru(0)-catalyzed cross-dimerization of iminoalkyne with conjugated dienes provides a series of conjugated iminohexatrienes. Subsequent treatment with a catalytic amount of acetic acid (7 mol %) leads to an unexpected cyclization yielding 2-alkenylpyrroles. The overall reaction can be considered as a formal (4 + 1) annulation that involves the formation of a conjugated iminohexatriene followed by an intramolecular aza-Michael-type 5-exo-trig cyclization and subsequent proton migration.
    2022年04月19日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 16, 1523-7060, DOI(公開)(r-map), 2973, 2977
  • Ru(0)-Catalyzed Regioselective Synthesis of Borylated-1,4-and-1,5-Diene Building Blocks
    Shione Okazaki, Keita Shimada, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano
    Organometallics
    The American Chemical Society
    A new methodology for preparation of borylated1,4- and -1,5-diene building blocks is established. Ru(0)-catalyzed cross-dimerization of (1E,3E)-penta-1,3-dien-1-ylboronic acid pinacolate ester (2b) with but-3-en-2-one (3a) selectively gives a borylated-1,4-diene product, (3E,6E)-5-methyl-(4,4,S,S-tetramethyl-1,3,2-dioxaborolan-2-yl)octa-3,6-dien-2-one, in 76% yield. A similar treatment of (E)-penta-1,3-diene (2d) with 2-vinyl-2,3-dihydro-1H-naphtho[1,8-de][1,3,2]diazaborinine (vinyl B(dan)) (3i) also gives a borylated-1,4-diene product. These cross-dimerizations give mono-borylated-1,4-dienes, yet cross-dimerizations using (1E,3E)-penta-1,3-dien-1-ylboronic acid pinacolate ester (2b) with vinyl B(dan) (3i) produce a diborylated-1,5-diene. Selective formation of 1,6-diborylated-1,5-dienes is unprecedented, and a series of diborylated-1,5-dienes can be used as building blocks for Suzuki-Miyaura cross-coupling reactions. As an application of the present method, the formal synthesis of racbongkrekic acid, a strong inhibitor of the adenine nucleotide translocator, has been achieved.
    2022年02月28日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 41, 0276-7333, DOI(公開)(r-map), 390, 411
  • Dibenzo[d,d’]benzo[2,1-b:3,4-b’]difurans with Extended π-Conjugated Chains: The Synthetic Approach and Some Properties
    Masafumi Hirano, Harumi Okada, Chikara Hayasaka, Nobuyuki Komine, Sayori Kiyota, Koji Nakano
    New Journal of Chemistry
    The Royal Society of Chemistry
    Ru-catalysed cross-dimerisation of 3,8-di(hexyn-1-yl)dibenzo[d,d']benzo[2,1-b,3,4-b']difuran [3,8-di(hexyn-1-yl)-DBBDF] with 2 equivalents of methyl (E)-penta-2,4-dienoate produces 3,8-bis[(1E,3E,5E)-2-butyl-6-methoxycarbonylhexa-1,3,5-trien-1-yl]-DBBDF (9a), and the total yield of 9a obtained from 2,3-difluoro-1,4-diiodobenzene is 50% using the six-step reaction. A series of 3,8-bis(hexatrienyl)-DBBDF compounds and unsymmetrical 8-decyl-3-hexatrienyl-DBBDF compounds were also prepared using the same method. These compounds were evaluated using ultraviolet-visible (UV-vis) spectroscopy and cyclic voltammetry (CV). Time-dependent density-functional theory (TD-DFT) calculations indicate that efficient pi-pi* excitations occur using the conjugated trienyl side chain groups.
    2022年01月17日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 46, 3, 1144-0546, DOI(公開)(r-map), 1003, 1017
  • 授業の同時配信システムを構築。コロナ禍でも「教育を止めない」
    TUAT Express
    東京農工大学
    2021年11月01日, (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要), 単独, 10, 10
  • Cross-Dimerization of 2,5-Dihydrofuran with Conjugated Dienes Catalyzed by (Chiral Diene)ruthenium(0) Complexes and Origins of the Enantioselectivity
    Hirano, Masafumi; Machida, Shuhei; Abe, Ryota; Mishina, Takuya; Komine, Nobuyuki; Wu, Hsyueh-Liang
    ORGANOMETALLICS
    AMER CHEMICAL SOC
    A new chiral diene complex of Ru(0), [Ru(eta(6)-naphthalene){eta(4)-(1S,4S)- 1,7,7-trimethyl-2,5-diphenylbicyclo[2.2.1]-hepta-2,5-diene}] (2a), catalyzes cross-dimerizations of 2,5-dihydrofuran with conjugated dienes. Treatment of 2,5-dihydrofuran (4a) with 2-phenylbutadiene (5f) catalyzed by 2a (5 mol %) at 30 degrees C in acetone produces the cross-dimers (E)-3-(3-phenylbut-2-en-1-yl)-2,3-dihydro-furan (6af) and (E)-3-(2-phenylbut-2-en-1-yl)-2,3-dihydrofuran (9af) in 89% yield (6af/9af = 41/48) with high enantioselectivity (91% ee for 9af). The absolute configuration of 9af is determined to be R by single-crystal X-ray spectroscopy. A series of enantioselective cross-dimerizations of 2,5-dihydrofuran with conjugated dienes are assessed for the mechanistic insight into the enantioselective cross-dimerization.
    2021年10月25日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, 20, 0276-7333, DOI(公開)(r-map), 3370, 3388
  • 研究会へようこそ!第23回「触媒学会 有機金属研究会」社会課題を解決するための新しい反応を探る
    平野雅文
    月刊「化学」
    化学同人
    2021年10月, (MISC)総説・解説(商業誌), 単独, 10, 44, 45
  • New strategy for synthesising conjugated hexatrienylferrocenes via cross-dimerisation
    Sawasaki, Asami; Komine, Nobuyuki; Kawauchi, Susumu; Hirano, Masafumi
    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY
    ROYAL SOC CHEMISTRY
    The first broadly applied strategy for the cross-dimerisation of an internal alkynylferrocene (1) with conjugated dienes (2) is revealed. The Ru(0)-catalysed cross-dimerisation of 1-propynylferrocene, FcC CMe (1a), with (E)-butadien-1-ylboronic acid pinacolato ester, CH2=CH-CH=CHB(pin) (2g), yields a conjugated triene, (1E,3E,5E)-FcCH=CMe-CH=CH-CH=CHB(pin) (3ag), in a 92% yield. Subsequently, the Pd(ii)-catalysed cross-couplings of 3ag with a series of aryl iodides yields corresponding conjugated polyenes, such as (1E,3E,5E)-FcCH=CMe-CH=CH-CH=CHAr. The photo-electronic properties of the ferrocenyl conjugated polyenes are evaluated and their electronic properties are also evaluated by time-dependent density-functional theory calculations.
    2021年09月07日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 45, 33, 1144-0546, DOI(公開)(r-map), 14988, 14998
  • Cross-Dimerization of 2,5-Dihydrofuran with Conjugated Dienes Catalyzed by (Chiral Diene)ruthenium(0) Complexes and Origins of the Enantioselectivity
    Masafumi Hirano, Shuhei Machida, Ryota Abe, Takuya Mishina, Nobuyuki Komine, Hsyueh-Liang Wu
    Organometallics
    ACS
    2021年08月04日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, DOI(公開)(r-map), 3370, 3388
  • Ru(0)-Catalyzed Synthesis of Borylated-Conjugated Triene Building Blocks by Cross-Dimerization and Their Use in Cross-Coupling Reactions
    Kuramochi, Ayumi; Komine, Nobuyuki; Kiyota, Sayori; Hirano, Masafumi
    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN
    CHEMICAL SOC JAPAN
    Borylated-conjugated polyenes are used widely as synthetic building blocks for the preparation of many biologically active molecules. Nevertheless, access to these building blocks has been limited. In this study, borylated-conjugated trienes were synthesized by Ru-catalyzed cross-dimerizations for use in cross-coupling reactions. A reaction of diphenylacetylene with (E)-butadien-1-ylboronic acid pinacol ester catalyzed by [Ru(naphthalene)(1,5-cod)] (10 mol %) at r.t., in benzene produced (1E,3E,5Z)-5,6-diphenylhexa-1,3 ,5-trien-1-yl boronic acid pinacol ester within 10 min in 93% yield. A similar treatment using pent-1-yn-1-yl boronic acid diisopropyl ester with methyl (E)-pentadienoate afforded methyl (2E,4E,6E)-7-(di-isopropyloxyboraneyl)-6-propylhexa-2,4,6-trienoate in 89% yield. A series of mono- and diborylated-conjugated trienes were synthesized by cross-dimerization and assessed for their potential use in cross-coupling reactions. Using this protocol, the total synthesis of navenone B, a sea slug pheromone, was achieved in only three steps in 45% total yield.
    2021年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 94, 8, 0009-2673, DOI(公開)(r-map), 2113, 2132
  • Ru(0)-Catalyzed Synthesis of Borylated-Conjugated Triene Building Blocks by Cross-Dimerization and Their Use in Cross-Coupling
    Ayumi Kuramochi, Nobuyuki Komine, Sayori Kiyota, Masafumi Hirano
    Bull. Chem. Soc. Jpn
    The Chemical Society of Japan
    2021年06月19日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 94, DOI(公開)(r-map), 2113, 2132
  • 生物活性物質の骨格多様化と合成工程短段階化に関する新技術
    平野雅文
    月刊「化学工業」
    化学工業社
    2021年01月, (MISC)総説・解説(商業誌), 単独
  • New Strategy for Synthesising Conjugated Hexatrienylferrocenes via Cross-Dimerisation
    Asami Sawasaki, Nobuyuki Komine, Susumu Kawauchi, Masafumi Hirano
    New Journal of Chemistry
    The Royal Society of Chemistry
    2021年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 45, DOI(公開)(r-map), 14988, 14998
  • Ligand-Controlled Regiodivergent Hydrosilylation of Conjugated Dienes Catalyzed by Mono(phosphine)palladium(0) Complexes
    Komine, Nobuyuki; Mitsui, Tatsuo; Kikuchi, Shu; Hirano, Masafumi
    ORGANOMETALLICS
    AMER CHEMICAL SOC
    Mono(phosphine)palladium(0) complexes, [Pd(eta(2):eta(2)-C6H10O)(PR3)] (1), catalyze hydrosilylation of electron-deficient conjugated dienes with HSiPh3. Hydrosilylation of methyl penta-2,4-dienoate with HSiPh3 catalyzed by [Pd(eta(2):eta(2)-C6H10O)(PR3)] (R = Me (1a), Et (1b), OEt (1d), (OPr)-Pr-i (1e)) proceeds to give the 1,2-E product in quantitative yield with exclusive Markovnikov selectivity. In contrast, their triphenylphosphine and -phosphite analogues, [Pd(?2:?2-C(6)H10O)(PR3)] (R = Ph (1f), OPh (1g)), mainly produce the 1,4-Z product (1,2-E/1,4-Z = 3/7). The regioselectivity in the hydrosilylation of methyl 2,4-pentadienoate is also controlled by organosilanes. Mechanistic studies suggest that the reaction using a compact and basic mono-phosphorus complex proceeds by the ChalkHarrod mechanism involving the reductive elimination from an (?3-allyl)(silyl)palladium(II). A poor electron-donating mono-phosphorus ligand such as P(OPh)(3) destabilizes a Pd(II) species and promotes direct reductive elimination to give the 1,4-Z product. On the other hand, a compact and electron-donating phosphorus ligand, such as PMe3, PEt3, and P(OMe)3, favors to give the more stable (?3-allyl)(silyl)palladium(II) intermediate by the allyl rotation, followed by reductive elimination to give the 1,2-E product.
    2020年12月18日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 39, 24, 0276-7333, DOI(公開)(r-map), 4510, 4524
  • Pd/Cu-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Dimethyl Phthalate: Synchrotron Radiation Sheds Light on the Cu Cycle Mechanism
    Kanazawa, Yuki; Mitsudome, Takato; Takaya, Hikaru; Hirano, Masafumi
    ACS CATALYSIS
    AMER CHEMICAL SOC
    Pd/Cu-catalyzed dehydrogenative coupling of dimethyl phthalate is an important industrial process for the production of aromatic polyimide precursors. Nonetheless, the detailed mechanism of the Cu cycle has remained unclear. The present study describes the detailed mechanism of the Cu cycle in the [Pd(OAc)(2)]/Cu(OAc)(2)/1,10-phenanthroline (phen) system. The solution-phase X-ray absorption fine structure analysis of the catalyst solutions and the FEFF fitting as well as the evaluation of the catalytic and stoichiometric reactions reveal the following observations: (i) the major intermediate in the catalytic cycle is a mononuclear divalent [Cu(OAc)(2)]center dot 2H(2)O species, (ii) coordination of the phen ligand to the Cu catalyst significantly inhibits the catalytic activity, (iii) 2 equiv of Cu(OAc)(2)center dot H2O oxidizes the zerovalent Pd(phen) species to divalent [Pd(OAc)(2) (phen)], and (iv) the divalent [Cu(OAc)(2)](2)center dot 2AcOH species is regenerated by the treatment of monovalent Cu(OAc) with AcOH in air.
    2020年05月15日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 10, 10, 2155-5435, DOI(公開)(r-map), 5909, 5919
  • An insight into regioselectivity in the transformation through a ruthenacycle
    Kiyota, Sayori; Hirano, Masafumi
    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY
    ROYAL SOC CHEMISTRY
    Ru(0)-catalysed cross-dimerisation of unsymmetrically substituted internal alkynes with conjugated dienes yields two conjugated triene products depending on the regioselectivity of the C-C bond formation reaction via a ruthenacycle intermediate. The electronic and steric effects of alkynes are comprehensively evaluated based on Hammett's (sigma(p)) and Taft's (sigma*, E-s) substituent constants. An electron-withdrawing substituent favours the external position of the conjugated triene products. With unsymmetrically 4,4 '-disubstitued diaryl acetylenes, the logarithm plot for the regioisomer ratios of the products and differential Hammet's value Delta sigma(p) between the substituents shows a linear relationship with a positive slope. This trend suggests that the electron-rich alpha-carbon in a ruthenacycle favours an electron-withdrawing group. This system is less sensitive to steric effects on the regioselectivity, but the sterically less bulky groups tend to prefer the external position.
    2020年02月07日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 44, 5, 1144-0546, DOI(公開)(r-map), 2129, 2145
  • An Insight into Regioselectivity in the Transformation through a Ruthenacycle
    Sayori Kiyota, Masafumi Hirano
    New Journal of Chemistry
    RSC
    2020年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 44, DOI(公開)(r-map), 2129, 2145
  • Pd/Cu-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Dimethyl Phthalate: Synchrotron Radiation Sheds Light on the Cu Cycle Mechanism
    Yuki Kanazawa, Takato Mitsudome, Hikaru Takaya, Masafumi Hirano
    ACS Catalysis
    ACS
    2020年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 10, DOI(公開)(r-map), 5909, 5919
  • Ligand-Controlled Regiodivergent Hydrosilylation of Conjugated Dienes Catalyzed by (Monophosphine)palladium(0) Complexes
    Nobuyuki Komine, Tatsuo Mitsui, Shu Kikuchi, Masafumi Hirano
    Organometallics
    ACS
    2020年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 39, DOI(公開)(r-map), 4510, 4524
  • Catalytic cross-dimerisation giving reactive borylated polyenes toward cross-coupling
    Hirano, Masafumi; Kuramochi, Ayumi; Shimada, Keita; Komine, Nobuyuki; Kiyota, Sayori; Westcott, Stephen A.
    CHEMICAL COMMUNICATIONS
    ROYAL SOC CHEMISTRY
    A series of borylated conjugated trienes and skipped dienes is prepared by Ru-catalysed cross-dimerisation using alkynyl-, dienyl-, and vinyl boronates. These products are used as synthetic building blocks for polyene substructures by subsequent Pd-catalysed cross-coupling in a one-pot vessel without deprotection.
    2019年09月14日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 55, 71, 1359-7345, DOI(公開)(r-map), 10527, 10530
  • Recent advances of achiral and chiral diene ligands in transition-metal catalyses
    Hirano, Masafumi; Komine, Nobuyuki; Arata, Eri; Gridneva, Tatiana; Hatori, Atsuya; Kaizawa, Naoki; Kamakura, Kohei; Kuramochi, Ayumi; Kurita, Shinnosuke; Machida, Shuhei; Okada, Harumi; Sawasaki, Asami; Uchino, Takumi
    TETRAHEDRON LETTERS
    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD
    A series of achiral and chiral diene and the related ligands in transition-metal complexes is evaluated by percent buried volume (%V-bur) based on their molecular structures by X-ray analysis. Steric bulk of cyclic diene ligands in [Ru(acac)(2)L] and [RhClL](2) are sorted in the order of %V-bur. Recent developments on transition-metal catalyses using these ligands such as (i) conjugate arylations, alkenylation, and alkynylation, (ii) imine-arylations and alkenylations, (iii) kinetic resolutions, (iv) allylation, (v) cyclizations, (vi) defluorinations, (vii) C-H bond activations, and (viii) cross-dimerizations are reviewed. (C) 2019 Elsevier Ltd. All rights reserved.
    2019年09月12日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 60, 37, 0040-4039, DOI(公開)(r-map)
  • Recent Advances in the Catalytic Linear Cross-Dimerizations
    Hirano, Masafumi
    ACS CATALYSIS
    AMER CHEMICAL SOC
    Catalytic cross-dimerization is one of the powerful synthetic methods to produce linear molecules with high atom and step economy. Because this process involves a carbon-carbon-bond-forming reaction, enantioselective reactions have also been achieved. The most well-reviewed area in this field is probably hydrovinylation using ethylene, but the linear cross-dimerizations using substituted alkenes and alkynes have also been extensively developed. Not only do the products vary depending on these substrates, but they mostly differ from hydrovinylation in the mechanism. This Perspective presents a comprehensive summary on the basis of these substrates, including their brief historical background, mechanism, applications to the synthesis of biologically active compounds or contributions to the total synthesis, and the state-of-the-art advancements. The controlling factors in the chemo- and regioselectivities are also discussed.
    2019年02月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 9, 2, 2155-5435, DOI(公開)(r-map), 1408, 1430
  • Recent Advances in Linear Cross-Dimerizations
    Masafumi Hirano
    ACS Catalysis
    ACS
    2019年, 研究論文(学術雑誌), 単独, 9, DOI(公開)(r-map), 1408, 1430
  • Recent Advances of Achiral and Chiral Diene Ligands in Transition-Metal Catalyses
    Masafumi Hirano, Nobuyuki Komine, Eri Arata, Tatiana Gridneva, Atsuya Hatori, Naoki Kaizawa, Kohei Kamakura, Ayumi Kuramochi, Shinnosuke Kurita, Shuhei Machida, Harumi Okada, Asami Sawasaki, Takumi Uchino
    Tetrahedron Letters
    Elsevier
    2019年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 60, DOI(公開)(r-map), 150924
  • Catalytic Cross-Dimerisation Giving Reactive Borylated Polyenes toward Cross-Coupling
    Masafumi Hirano, Ayumi Kuramochi, Keita Shimada, Nobuyuki Komine, Sayori Kiyota, Stephen A. Westcott
    Chem. Commun
    RSC
    2019年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 55, DOI(公開)(r-map), 10527, 10530
  • 芳香族ポリイミド原料 の合成反応機構
    平野雅文
    石油学会誌「ペトロテック」
    石油学会
    2018年12月, 研究論文(学術雑誌), 単独, DOI(公開)(r-map)
  • Synthesis of and Catalytic Linear Cross-Dimerizations by an Electron-Deficient Cyclic Diene Complex of Ruthenium(0)
    Hirano, Masafumi; Tanaka, Yukino; Komine, Nobuyuki
    ORGANOMETALLICS
    AMER CHEMICAL SOC
    A ruthenium(0) complex [Ru(eta(6)-naphthalene)(eta(4)-Ph-dbcot)] (la: Ph-dbcot = 5-phenyldibenzo[a,e]cyclooctatetraene) is newly prepared in 53% yield. The IR experiment of [Ru(eta(4)-2,3-dimethylbutadiene)(eta(4)-Ph-dbcot)(CO)] (2a) shows this formal zerovalent ruthenium complex to be very electron-deficient, even though the Ph-dbcot ligand does not have any particular electron-withdrawing functional group. Complex la shows high catalytic activity toward cross-dimerization between conjugated diene with methyl acrylate with high regioselectivity.
    2018年11月26日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 37, 22, 0276-7333, DOI(公開)(r-map), 4173, 4176
  • Synthesis of and Catalytic Linear Cross-Dimerization by an Electron-Deficient Cyclic Diene Complex of Ruthenium(0)
    Masafumi Hirano, Yukino Tanaka, Nobuyuki Komine
    Organometallics
    American Chemical Society
    2018年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 37, DOI(公開)(r-map), 4173, 4176
  • Mechanistic Insights on Pd/Cu-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Dimethyl Phthalate
    Hirano, Masafumi; Sano, Kosuke; Kanazawa, Yuki; Komine, Nobuyuki; Maeno, Zen; Mitsudome, Takato; Takaya, Hikaru
    ACS CATALYSIS
    AMER CHEMICAL SOC
    Despite its industrial importance, very limited mechanistic information on the dehydrogenative coupling of dimethyl phthalate has been reported. Herein we report the detailed mechanism for dehydrogenative coupling of dimethyl phthalate catalyzed by [Pd(OAc)(2)]/[Cu(OAc)(2)]/1,10-phenanthroline center dot H2O (phen center dot H2O). The solution-phase analysis of the catalytic system by XANES shows the active species to be Pd(II), and EXAFS supports the formation of an (acetato)(dimethyl phthalyl)(phen)-palladium(II) complex from [Pd(OAc)(2)]. A formation pathway of tetramethyl 3,3',4,4'-biphenyltetracarboxylate via disproportionation of independently prepared [Pd(OAc){C6H3(CO2Me)(2)-3,4}(phen)] is observed with regeneration of [Pd(OAc)(2)(phen)].
    2018年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 8, 7, 2155-5435, DOI(公開)(r-map), 5827, 5841
  • 安価なブタジエンとアセチレン誘導体でつくる共役テトラエン −電子材料物質,医薬品の鍵構造をワンポットで合成−
    平野雅文
    月刊「化学」
    化学同人
    2018年04月18日, 研究論文(学術雑誌), 単独, DOI(公開)(r-map)
  • In Situ Routes to Catalytically Active Ru(0) Species by Reduction of Readily Available, Air-Stable Precursors
    Hirano, Masafumi; Kobayashi, Hideyuki; Ueda, Takao; Hiroi, Yuki; Abe, Ryota; Komine, Nobuyuki; Colebatch, Annie L.; Bennett, Martin A.
    ORGANOMETALLICS
    AMER CHEMICAL SOC
    Cross-dimerization of a conjugated diene with a substituted alkene catalyzed by in situ reduction of an air-stable Ru(II) catalyst precursor has been achieved. Reaction of 2,3-dimethylbutadiene with styrene is catalyzed by [Ru(acac)(2)(/eta(4)-1,5-COD)] (2a) (5 mol %) with BuLi (10 mol %) at 50 degrees C for 6 h in hexane, giving the cross-dimers in 99% yield ((E)-4,5-dimethyl-1-phenylhexa-1,4-diene (3a)/(E)-4,5-dimethyl-1-phenylhexa-2,4-diene (3b)/isomers = 84/9/7). Because neither 2a nor BuLi separately catalyzes the cross-dimerization and reduction of 2a with BuLi in the presence of naphthalene produces [Ru(eta(6)-naphthalene)(eta(4)-1,5-COD)] (1a), the active species in this catalysis is considered to be a Ru(0) compound. Interestingly, this in situ reduction method of Ru(II) using BuLi can be applied to the cross-dimerization using an ester such as methyl acrylate. Alternatively, an air-stable Ru(II) complex having a labile arene ligand such as [RuCl2(eta(6)-anisole)](2) (5c) (5 mol %) with Na2CO3 (40 mol %) in the presence of 1,5-COD (20 mol %) at 100 degrees C for 6 h in 2-butanol also catalyzes the same cross-dimerization in 62% yield. These protocols provide facile methods for production of unsaturated linear compounds by the cross-dimerization using air-stable Ru(II) catalyst precursors.
    2018年04月09日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 37, 7, 0276-7333, DOI(公開)(r-map), 1092, 1102
  • Ru(0)-Catalyzed Straightforward Synthesis of Conjugated Tetraenes: An Approach using Two Internal Alkynes with 1,3-Butadiene
    Kiyota, Sayori; Hirano, Masafumi
    ORGANOMETALLICS
    AMER CHEMICAL SOC
    The Ru(0)-catalyzed straightforward synthesis of conjugated tetraenes has been achieved in up to 85% yield by coupling of 2 equiv of internal alkynes with 1,3-butadiene at room temperature. The stoichiometric reaction of [Ru(eta(4)-cisoid-1,3-butadiene)(eta(4)-1,5-COD)-(NCMe)] with 2 equiv of 3-hexyne produces a tetraene complex of Ru(0), [Ru{36-eta(4)-(3E,5E,7E,9E)-4,9-diethyldodeca-3,5,7,9-tetraene}(eta(4)-1,5-COD)(NCMe)], in 98% yield, which releases the conjugated tetraene ligand in 92% yield by exposure to 1,3-butadiene.
    2018年01月22日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 37, 2, 0276-7333, DOI(公開)(r-map), 227, 234
  • Selective Alkene Insertion into Inert Hydrogen-Metal Bonds Catalyzed by Mono(phosphorus ligand)palladium(0) Complexes
    Komine, Nobuyuki; Ito, Ryo; Suda, Hiromi; Hirano, Masafumi; Komiya, Sanshiro
    ORGANOMETALLICS
    AMER CHEMICAL SOC
    Isolated mono(phosphorus ligand)palladium(0) complexes catalyzed alkene insertions into hydrogen tungsten bonds. These insertions using WHCp(CO)(3) with ethyl acrylate and dimethyl fumarate smoothly gave the corresponding alkyltungsten complexes. Kinetic studies involving the stoichiometric reactions and DFT calculations suggest the following steps: (i) formation of a mono(phosphorus ligand)mono(alkene)palladium(0) species, (ii) subsequent reaction of a metal hydride with the palladium(0), (iii) insertion of the coordinated alkene into the resulting palladium hydride, and (iv) reductive elimination between the alkyl and metal on the palladium center to release the alkylmetal species with regeneration of a palladium(0) by a reaction with alkene.
    2017年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 36, 21, 0276-7333, DOI(公開)(r-map), 4160, 4168
  • Selective Alkene Insertion into Inert Hydrogen-Metal Bond Catalyzed by Mono(phosphorus ligand)palladium(0) Complexes
    Nobuyuki Komine, Ryo Ito, Hiromi Suda, Masafumi Hirano, Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2017年10月17日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 36, DOI(公開)(r-map), 4160, 4168
  • Ru(0)-catalyzed C3-selective Coupling Reactions of Unsaturated 5-Membered Heterocycles with Methyl Methacrylate and Methacryl Amide
    Hirano, Masafumi; Moritake, Masahiro; Murakami, Tasuku; Komine, Nobuyuki
    CHEMISTRY LETTERS
    CHEMICAL SOC JAPAN
    C3-selective direct coupling reactions of unsaturated 5-membered heterocycles such as 2,5-dihydrofuran, N-tosyl-2,5-dihydropyrrole, and 3-sulfolene with methyl methacrylate or methacryl amide are catalyzed by [Ru(eta(6)-naphthalene)(eta(4)-bicyclo[3.3.1]nona-2,6-diene)] (1b). As an application of this method, a pesticide lead, 2-methyl-3-(tetrahydrofuran-3-yl)propanamide (6ab) is prepared in 2 steps from 2,5-dihydrofuran in 62% total yield.
    2017年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 46, 10, 0366-7022, DOI(公開)(r-map), 1522, 1524
  • Regioselectivity Control by Added MeCN in Ru(0)-Catalyzed Cross-Dimerization of Internal Alkynes with Methyl Methacrylate
    Sayori Kiyota, Seonyoung In, Nobuyuki Komine, and Masafumi Hirano
    Chemistry Letters
    2017年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 46, 1040
  • E-Selective dimerization of phenylacetylene catalyzed by cationic tris(mu-hydroxo)diruthenium(II) complex and the mechanistic insight: The role of two ruthenium centers in catalysis
    Kiyota, Sayori; Soeta, Hirofumi; Komine, Nobuyuki; Komiya, Sanshiro; Hirano, Masafumi
    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL
    ELSEVIER SCIENCE BV
    A dinuclear complex [(Me3P)(3)Ru(mu-OH)(3)Ru(PMe3)(3)](+)[OPh](-) (1) (0.5 mol%) catalyzes E-selective dimerization of phenylacetylene, which involves the C-H bond cleavage of phenylacetylene and resulting stereospecific C-C bond forming reaction, at 100 degrees C for 2h to give (E)-1,4-diphenylbut-3-en-1-yne in quantitative yield (E/Z = 91/9). Similar reactions using 4-nitro-, 4-cyano-, 4-trifluoromethyl-, 4-acetyl, and 4-methylphenylacetylene give the corresponding enynes. The kinetic study for dimerization of phenylacetylene shows the second-order and first-order reactions with regard to the phenylacetylene and I concentrations, respectively, suggesting this reaction to be catalyzed by a dinuclear ruthenium complex. Addition of PMe3 to the catalytic system strongly discourages the dimerization. These features are consistent with the scenario, where dissociation of a PMe3 ligand from 1 gives a coordinatively unsaturated diruthenium species and one of the ruthenium centers performs as a reaction site for the enyne formation and the other ruthenium center behaves as a spectator in the catalysis. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.
    2017年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 426, 1381-1169, DOI(公開)(r-map), 419, 428
  • E-Selective Dimerization of Phenylacetylene Catalyzed by Cationic Tris(mu-hydroxo)diruthenium(II) Complex and the Mechanistic Insight: The Role of Two Ruthenium Centers in Catalysis
    Sayori Kiyota, Hirofumi Soeta, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya, Masafumi Hirano
    Journal of Molecular Catalysis, A.
    2017年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 426, 419, 428
  • Ru(0)-Catalyzed Direct Coupling of Internal Alkynes with Conjugated Dienes: An Efficient Access to Conjugated Trienes
    Sayori Kiyota, Seonyoung In, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano
    Organometallics
    2016年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 35, 4033, 4043
  • Synthesis of and Catalytic Nitrile Hydration by a Cationic Tris(mu-Hydroxo)diruthenium(II) Complex having PMe3 Ligands
    Sayori Kiyota, Takako Kobori, Hirofumi Soeta, You-ichi Ichikawa, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya, Masafumi Hirano
    Polyhedron
    2016年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 120, 3, 10
  • 触媒学会 部会・研究会アニュアルレポート 有機金属研究会
    平野雅文
    触媒年鑑2015
    2016年04月, 単独, 2015
  • Ru(0)-Catalyzed C3-Selective Cross-Dimerization of 2,5-Dihydrofuran with Conjugated Dienes
    Masafumi Hirano, Yuki Hiroi, Tasuku Murakami, Hirofumi Ogawa, Sayori Kioyta, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2016年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 35, 1342, 1346
  • Oxidative Coupling Reactions at Ruthenium(0) and Their Application to Catalytic Homo- and Cross-Dimerizations
    Masafumi Hirano, Sanshiro Komiya
    Coordition Chemistry Reviews
    2016年03月, 共同, 314, 182, 200
  • Ru(0)触媒による共役ジエンとスチレンのクロスカップリング反応における置換基効果の理論的解明
    出口 光、大槻恒太、中村沙季、平野雅文、川内 進
    Journal of Computer Chemistry, Japan
    2016年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 14, 6, 215, 216
  • カルボキシラト遷移金属中間体を鍵とする炭素―水素結合活性化
    平野雅文
    近畿化学協会 OMニュース
    2015年08月, 単独, 3, 74, 79
  • Mechanistic Insights into Catalytic Linear Cross-Dimerization between Conjugated Dienes and Styrenes by a Ruthenium(0) Complex
    Masafumi Hirano, Takao Ueda, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya, Saki Nakamura, Hikaru Deguchi, and Susumu Kawauchi
    Journal of Organometallic Chemistry
    2015年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 797, 174, 184
  • Synthesis of Heterodinuclear Hydride Complexes by Oxidative Addition of a Transition-Metal Hydride to Pt(0) and Pd(0) Complexes
    Nobuyuki Komine, Ayako Kuramoto, Toshiyuki Yasuda, Tatsuya Kawabata, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Journal of Organometallic Chemistry
    2015年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 792, 194, 205
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体触媒による高活性Markovnikov型ヒドロメタル化反応:ヘテロ二核ヒドリドパラジウム中間体の合成と反応性
    小峰伸之、平野雅文、小宮三四郎
    有機合成化学協会誌
    2015年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 5, 616, 631
  • Markovnikov-selective Hydrosilylation of Electron-Deficient Alkenes with Arylsilanes Catalyzed by Mono(phosphine)palladium
    Nobuyuki Komine, Makoto Abe, Ryoko Suda, Masafumi Hirano
    Organometallics
    2015年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 34, 432, 437
  • Regio- and Enantioselective Cross-Dimerization between Conjugated Dienes and Acrylates Catalyzed by New Ruthenium(0) Complexes
    Yuki Hiroi, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya, Masafumi Hirano
    Organometallic
    2014年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 33, 6604, 6613
  • Stoichiometric Formation of Conjugated Dienyl Ketones from 1,3-Dienes with Ketenes at Ruthenium(0) Complex
    Masafumi Hirano, Takuya Okamoto, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya
    New Journal of Chemistry
    2014年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 38, DOI(公開)(r-map), 5052, 5057
  • Alkene and Alkyne Instertion into Hydrogen-Transition Metal Bonds Catalyzed by Palladium(0) Complex
    Nobuyuki Komine, Ayako Kuramoto, Kouhei Nakanishi, Masafumi Hirano, Sanshiro Komiya
    Topics in Catalysis
    2014年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 57, 960, 966
  • Direct Access to Fluorene by Successive C-O/C-H Bond Activations of 2-Phenylbenzyl Ester
    Masafumi Hirano, Sosuke Kawazu, Nobuyuki Komine
    Organometallics
    2014年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 33, 1921, 1924
  • Multiple C-H Bond Cleavage of Alkyl Group in (2,6-Dialkylphenoxo)ruthenium(II) Complex
    Masafumi Hirano, Yasuto Yanagisawa, Endin Mulyadi, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2014年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 33, 1235, 1244
  • Cross-dimerisation between different cisoid- and transoid-1,3-dienes at a ruthenium(0) centre
    Masafumi Hirano, Haruka Inoue, Takuya Okamoto, Takao Ueda, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya, Xian-qi Wang, Marting A. Bennett
    New Journal of Chemistry
    2013年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 37, DOI(公開)(r-map), 3433, 3439
  • 炭素ー水素結合の水素をプロトンとして切断する
    平野雅文
    OMニュース
    2013年08月, 単独, 3, 109
  • Stereoselective Thiirane Desulfurization Controlled by a Bridging or Terminal Acyl Ligand: Concerted vs SN2 Pathways
    Matthew T. Zamora, Kenta Oda, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Journal of Organometallic Chemistry
    2013年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 739, DOI(公開)(r-map), 6, 10
  • Asymmetric Cross-dimerization between Methyl Methacrylate and Substituted Alkenes by Ru(0)-Bicyclononadiene Complex
    Yuki Hiroi, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya, and Masafumi Hirano
    Organic Letters
    2013年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 15, 10, DOI(公開)(r-map), 2486, 2489
  • Stoichiometric and Carbon-Hydrogen Bond Cleavage Reaction in a Bis(carboxylato)ruthenium(II) Complex and Its Application to Catalytic H/D Exchange Reaction of Carboxylic Acids,
    Masafumi Hirano, Ryo Fujimoto, Kohei Hatagami, Nobuyuki Komine and Sanshiro Komiya
    ChemCatChem
    2013年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 5, DOI(公開)(r-map), 1101, 1115
  • 0価ルテニウム錯体による置換アルケンおよびジエン類の触媒的鎖状カップリング反応:酸化的カップリング機構による化学、位置およびジアステレオ選択的炭素-炭素結合形成反応
    平野雅文・小峰伸之・小宮三四郎
    有機合成化学協会誌
    2012年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 12, 31, 44
  • Stoichiometric Carbon-Carbon Bond Forming Reaction of 1,3-Diene with 1,2-Diene in a Ruthenium(0) Complex
    Masafumi Hirano, Takuya Okamoto, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2012年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 31, 4639, 4642
  • Stoichiometric and Catalytic Cross Dimerization between Conjugated dienes and Conjugated Carbonyls by a Ruthenium(0) Complex. Straightforward Access to Unsaturated Carbonyl Compounds by an Oxidative Coupling Mechanism
    Masafumi Hirano, Yasutomo Arai, Yuka Hamamura, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2012年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 31, 4006, 4019
  • Synthesis of Conjugated Diene Complexes of Ruthenium(0) Derived from (ita6-naphthalene)(1,5-COD):Z to E Isomerisation of Coordinated 1,3-Pentadiene
    Masafumi Hirano, Yumiko Sakate, Haruka Inoue, Yasutomo Arai, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya, Xian-qi Wang, and Martin A. Bennett
    Journal of Organometallic Chemistry
    2012年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 708-709, 46, 57
  • Acid-Promoted sp3 C-H Bond Cleavage in a Series of (2-Allylphenoxo)ruthenium(II) Complexes. Mechanistic Insight into the Aryloxo-Acid Interaction and Bond Cleavage Reaction
    Masafumi Hirano, Masahiro Murakami, Toshinori Kuga, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2012年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 31, 1, 381, 393
  • Carbon-Hydrogen Bond Cleavage Reaction in Four-Coordinate (2,6-Dimethylbenzenethiolato)platinum(II) Complexes. Dramatic Acceleration by Thiolato Hydrogen Acceptor
    Masafumi Hirano, Shin-ya Tatesawa, Minoru Yabukami, Yoko Ishihara, Yusuke, Hara, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2011年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 30, 5110, 5122
  • Prostereogenic Face and Orientaion Selective Oxidative Coupling Reaction between Methyl Methacrylate and 2,5-Dihydrofuran Catalyzed by Ru(0) Compound
    Yuki Hiroi, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2011年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 30, 1307, 1310
  • Stoichiometric Regio- and Stereoselective Oxidative Coupling Reactions of Conjugated Dienes with Ruthenium(0). A Mechanistic Insight into the Origin of Selectivity
    Masafumi Hirano, Yumiko Sakate, Nobuyuki Komine, Sasnshiro Komiya, Xian-qi Wang, Martin A. Bennett
    Organometallics
    2011年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 30, 768, 777
  • ルテニウム錯体の合成と特徴
    平野雅文、小宮三四郎
    錯体化学辞典
    2011年02月, 共同, -
  • Branch Selective Allylation of Acetylacetone Catalyzed by Water-soluble Rhodium Complex Catalyst
    Nobuyuki Komine, Kohtaro Ishiguro, Sachiyo Kanai, Masafumi Hirano and Sanshiro Komiya
    Journal of Organometallic Chemistry
    2011年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 696, 1927, 1930
  • Synthesis of Heterodinuclear Ruthenium-manganese Complex Having mu-Benzylidene Ligand
    Shin-ichi Tanaka, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano and Sanshiro Komiya
    Journal of Organometallic Chemistry
    2011年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 696, 632, 635
  • Stoichiometric and Catalytic Oxidative Coupling Reactions between Butadiene and Methyl Acrylate Promoted by Ruthenium(0) Complex
    Masafumi Hirano, Yasutomo Arai, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2010年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 29, 5741, 5743
  • Catalytic Tail-to-tail Selective Dimerization of Methyl Methacrylate Promoted by Ruthenium(0) Complex
    Masafumi Hirano, Yuki Hiroi, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2010年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 29, 3690, 3693
  • Carbon-Hydrogen Bond Cleavage Reaction in 5-Coordinate Bis(2,6-dimethylbenzenethiolato)ruthenium(II) Complexes
    Masafumi Hirano, Sayaka Togashi, Muneaki Ito, Yuko Sakaguchi, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2010年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 29, 3146, 3159
  • 共役カルボニル化合物のルテニウム(0)上での反応
    平野雅文
    月刊ファインケミカル
    2010年01月, 単独, 1月, 5
  • Isolation of trans-2,5-Bis(methoxycarbonyl)ruthenacyclopentane by Oxidative Coupling of Methyl Acrylate on Ruthenium(0) as an Active Intermediate for Tail-to-tail Selective Catalytic Dimerization
    Masafumi Hirano, Yumiko Sakate, Nobuyuki Komine, Sanshiro Komiya, and Martin A. Bennett
    Organometallics
    2009年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 28, 4902, 4905
  • Synthesis of Heterodinuclear (Carbene)platinum (or palladium) Complex which Gives mu-Alkenyl Type Complex by Deprotonation
    Shin-ichi Tanaka, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2009年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 28, 5368, 5381
  • Visible Light Enhanced Selective Reductive Elimination of Methylmanganese Complex from Heterodinuclear Complex
    Sanshiro Komiya, Sei Ezumi, Nobuyuki Komine, and Masafumi Hirnao
    Organometallics
    2009年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 28, 3608, 3610
  • Reaction of an Oxaruthenacycle with DMAD. Stoichiometric Transformations of 2,6-Xylenol to Allylic Phenols and Benzopyrans via sp3 C-H Bond Cleavage Reaction
    Masafumi Hirano, Izirwan Bin Izhab, Naoki Kurata, Kaori Koizumi, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Dalton Transactions
    2009年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2009, 3270, 3279
  • Synthesis and Organic Group Transfer of Organoplatinum Complex Having a 1,2-Bis(diphenylphosphino)ethane Ligand
    Nobuyuki Komine, TOmoko Ishiwata, Jun-ya Kasahara, Erino Matsumoto, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Canadian Journal of Chemistry
    2009年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 87, 176, 182
  • Acid Promoted Hydrogen Migration in 2-Allylphenoxoruthenium(II) to Form an η3-Allyl Complex
    Masafumi Hirano, Toshinori Kuga, Mariko Kitamura, Susumu Kanaya, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2008年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 27, 3635, 3638
  • E-Selective Allyl Transfer Reaction in μ-η12-crotylplatinum-cobalt Complex
    Nobuyuki Komine, Takuma Hirota, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2008年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 27, 9, 2145, 2148
  • Mechanical Stirring Speed in Water/Hexane Biphasic Catalyst Controls Regioselectivity of Pd-catalyed Allylation Reaction
    Sanshiro Komiya, Akari Sako, Hirofumi Kosuge, Masafumi Hirano, Nobuyuki Komine
    Chemiistry Letters
    2008年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 37, 640, 641
  • Synthesis and Reactions of Heterodinuclear Organopalladium Complex Having an Unsymmetrical PN Ligand
    Nobuyuki Komiya, Susumu Tsutsuminai, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Journal of Organometallic Chemistry
    2007年10月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 692, 4486, 4494
  • Synthesis of Di-, Tri- Tetra- and Pentacyclic Arene Complexes of Ruthenium(II): [Ru(η6-polycyclic arene)(1-5-η5-cyclooctadienyl)]PF6 and Their Reactions with NaBH4
    Takao Shibasaki, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano and Sanshiro Komiya
    Journal of Organometallic Chemnistry
    2007年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 682, 2385, 2394
  • Carbon-Oxygen and Carbon-Hydrogen Bond Cleavage Reactions of ortho-substituted Phenols by Ruthenium(II) Complex
    Masafumi Hirano, Hiromi Sato, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiiya
    Organometallics
    2007年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 26, 8, 2005, 20016
  • Synthesis and Reactions of Heterodinuclear Organopalladium-cobalt Complexes Acting as Copolymerization Catalyst for Aziridine and Carbon Monoxide
    Shin-ichi Tanaka, Hideko Hoh, Yoshifumi Akahane, Susumu Tsutsuminai, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    J. Organomet. Chem.
    2007年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 692, 1-3, 26, 35
  • Synthesis and Structures of Heterodinuclear Organoplatinum(or -palladium)–molybdenum(or -tungsten) Complexes: Unexpected Structural Deformation of Heterodinuclear Propionylplatinum–tungsten Complex Having 1,2-Bis(diphenylphosphino)ethane Ligand
    Nobuyuki Komine, Susumu Tsutsuminai, Hideko Hoh, Toshiyuki Yasuda, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Inorganic Chimica Acta
    2006年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 359, 2699, 3708
  • Synthesis of Momo-, Di and Trinuclear Ruthenium(0) Complexes Having a Triphenylene Ligand
    Takao Shibasaki, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2006年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 25, 2, 523, 527
  • Insertion into and -Hydrogen Elimination of Hydrogen-molybdenum and -Tungsten Bonds. Synthesis and Reactions of Heterodinucelar Hydrido Complexes of Palladium and Platinum with Molybdenum and Tungsten
    Ayako Kuramoto, Kouhei Nakanishi, Tatstuya Kawabata, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2006年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 25, 2, 311, 314
  • Stoichiometric and Catalytic sp3 C-H/D2 Exchange Reactions of ortho-Substituted Benzenethiol and Phenols by a Ruthenium(II) Complex. Effect of a Chalcogen Anchor on the Bond Cleavage Reaction
    Masafumi Hirano, Yuko Sakaguchi, Toshiaki Yajima, Naoki Kurata, Nobuyuki Komine and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2005年09月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 24, 20, 4799, 4809
  • Enhanced Reductive Elimination of Dialkylold(III) COmplexes in Water
    Nobuyuki Komine, Kaoru Ichikawa, Anna Mori, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Chemistry Letters
    2005年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 34, 1704, 1705
  • Dehydrogenative Formation of a (η4-Enone)ruthenium(0) Complex as a Key Intermediate in the Catalytic Isomerization of Allylic Alcohol to Ketone
    Kanaya, Susumu; Imai, Yuya; Komine, Nobuyuki; Hirano, Masafumi; Komiya
    Organometallics
    2005年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 6, 1059, 1061
  • Synthesis, Structure, and Fluxional Behavior of κ1-O-Enolatoiron(II) Complexes Derived from 1,3-Dicarbonyl Compounds
    Kiyota, Sayori; Tamuki, Jun-ichi; Komine, Nobuyuki; Hirano, Masahumi; Komiya
    Chemistry Letters
    2005年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 34, 4, 498, 499
  • Selective allylation of arenethiols using water-soluble palladium complex catalyst in recyclable water/hexane biphasic media
    Komine, Nobuyuki; Sako, Akar; Hirahara, Shin-ya; Hirano, Masafumi; Komiya
    Chemistry Letters
    2005年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 34, 2, 246, 247
  • Copolymerization of Aziridines and Carbon Monooxide Catalyzed by a Heterodinuclear Organopalladium-cobalt Complex
    Nobuyuki Komine, Shin-ichi Tanaka, Susumu Tsutsuminai, Y. Akahane, M.asafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Chem. Lett.
    2004年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 34, 858, 859
  • Synthesis and Reactions of Heterodinuclear Organoplatinum Complexes Having an Unsymmetrical PN Ligand
    Susumu Tsutsuminai, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 23, 21, 22
  • Enhanced C-C Bond Formation of Heterodinuclear Methylplatinum-molybdenum Complexes Having an Hemilabile Ligand with Dialkylaceylenedicarboxylate
    Susumu Tsutsuminai, Nobuyuki Komine, Masafumi Hirano, and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 23, 44, 53
  • Synthesis and reactions of polyareneruthenium complexes
    共著者 Masafumi Hirano, Takao Shibasaki, Nobuyuki Komine and Sanshiro Komiya
    35th International Conference of Coordination Chemistry(Heidelberg, Germany)
    2003年07月, 共同
  • Reaction of Ru(COD)(COT) with Lewis bases
    共著者 Masafumi Hirano, Chifumi Nagata, Koji Onuki, Jose G. Planas, Nobuyuki Komine, and Sanshiro Komiya
    20th International Conference on Organometallic Chemistry(Colfu, Greece)
    2003年07月, 共同
  • カルベン錯体の新しい動向
    近畿化学協会 オルガノメタリックニュース
    2003年05月, 研究論文(学術雑誌), 単独
  • Bond Activation by Low Valent Ruthenium Complexes
    Sanshiro Komiya and Masafumi Hirano
    Dalton Trans.
    2003年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1439, 1453
  • 遷移金属錯体によるエチレン/極性ビニルモノマー共重合への挑戦
    日本化学会 化学と工業
    2003年04月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 4
  • Regioselective C-H or N-H bond cleavage reactions of heterocyclic compounds by Ru(1,5-COD)(1,3,5-COT)/monodentate phosphine
    Masafumi Hirano, Koji Onuki, Yuichi Kimura, Nobuyuki Komine and Sanshiro Komiya
    Inorg. Chim. Acta
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 352, 160
  • Ligand displacement reaction of Ru(h4-1,5-COD)(h6-1,3,5-COT) with Lewis bases
    Masafumi Hirano, Rie Asakawa, Chifumi Nagata, Takashi Miyasaka, Nobuyuki Komine and Sanshiro Komiya
    Organometallics
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 22, 2378, 2386
  • Synthesis and b-Hydrogen elimination of water-soluble dialkylplatinum(II) complexes
    Sanshiro Komiya, Miho Ikuine, Nobuyuki Komine, and Masafumi Hirano
    Bull. Chem. Soc. Jpn.
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 76, 183, 188
  • 低原子価ルテニウム錯体による選択的結合切断反応の開発
    平野雅文、小峰伸之、小宮三四郎
    有機合成化学協会 有機合成化学協会誌
    2002年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同
  • オルセー美術館の印象派絵画とその展示について
    繊維博物館 繊維博物館ニュース
    2002年10月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単独, 47
  • Synthesis of and stereospecific hydride migration in cationic (tricyclic arene)(cyclooctadiene)ruthenium(II) complexes
    Masafumi HIrano, Takao Shibasaki, Sanshiro Komiya and Martin A. Bennett
    Organometallics
    2002年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 21, 5738, 5745
  • Synthesis and reactions of water-soluble diorganoplatinum(II) complexes
    Sanshiro Komiya, Miho Ikuine, Nobuyuki Komine, and Masafumi Hirano
    Chem. Lett.
    2002年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 72, 73
  • Crystal and solution structures of photochromic spirobenzothiopyran. first full characterization of the meta-stable colored species
    Masafumi Hirano, Kohtaro Osakada, Hiroyuki Nohira, and Akira Miyashita
    J. Org. Chem.
    2002年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 67, 533, 540
  • Enhancement of CO insertion into Pd-C bond on Pd-Co heterodinuclear complex
    Atsushi FUKUOKA, Sumiko FUKAGAWA, Masafumi HIRANO, Nobuaki KOGA, Sanshiro KOMIYA
    Organometallics
    2001年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 20, 2065, 2075
  • Preferential bond activation of sp3 C-H over sp2 C-H in a,b-unsaturated carboxylic acids by ruthenium complex
    Susumu Kanaya,Nobuyuki Komine, Masafumi HIRANO and Sanshiro Komiya
    Chem. Lett.
    2001年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1284, 1285
  • Preparation of highly dispersed nano-scale platinum composite polymer using reactive organoplatinum complexes
    Sanshiro KOMIYA, Masaru KUWAHARA, Naoko AWAZU, Jyuichi FUKATANI, Masafumi HIRANO
    J. Mater. Sci. Lett.
    2001年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 20, 743, 744
  • sp3C-H Bond activation of 2,6-dimethylbenzenethiol with ruthenium complex. An application to catalytic H/D exchange reaction
    Masafumi HIRANO, Yuko SAKAGUCHI, Toshiaki YAJIMA, Sanshiro KOMIYA
    2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(Honolulu, USA)
    2000年12月, 共同
  • Oxidative addition of organocobalt(I) and ?molybdenum(II) complexes to palladium(0) complexes to give heterodinuclear organometallic complexes
    Nobuyuki KOMINE, Hideko HOH, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Organometallics
    2000年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 19, 5251, 5253
  • Versatile coordination modes and transformation of cyclooctatriene ligand in Ru(C8H10)L 3
    Sanshiro KOMIYA, Jose Giner PLANAS, Koji ONUKI, Zhaobin LU, Masafumi HIRANO
    Organometallics
    2000年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 19, 4051, 4059
  • Michael addition of N-bonded enolato ligand in Fe and Ru complexes to acrylonitrile
    Masafumi HIRANO, Sayori KIYOTA, Masataka IMOTO, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Commun.
    2000年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1679, 1680
  • Successive O-H and sp3 C-H bond activations of ortho substituted phenols by a ruthenium(0) complex
    Masafumi HIRANO, Naoki KURATA, Sanshiro KURATA
    J. Organomet. Chem.
    2000年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 607, 18, 26
  • Carbon-oxygen and carbon-sulfur bond activation of vinyl esters, ethers and sulfides by low valent ruthenium complexes
    Jose Giner PLANAS, Tsuyoshi MARUMO, Yooichi ICHIKAWA, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    J. Chem. Soc., Dalton Trans.
    2000年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2613, 2625
  • 第10回有機合成を指向した有機金属化学国際会議(OMCOS-10)参加報告
    (社)触媒学会 触媒年鑑
    2000年04月, 研究論文(学術雑誌), 単独
  • C-Si Bond cleavage of trihalomethyltrimethylsilane by alkoxo- and aryloxogold or -copper complexes
    Yoko USUI, Junko NOMA, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Inorg. Chim. Acta.
    2000年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 309, 151, 154
  • Synthesis of hydridoplatinum-molybdenum (or tungsten) heterodinuclear complexes by b hydrido elimination of (dppe)EtPt-WCp(CO)3. Selective hydride transfer from Pt to Mo ( or W)
    Sanshiro KOMIYA, Toshiyuki YASUDA, Atsushi FUKUOKA, Masafumi HIRANO
    J. Catal., A
    2000年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 159, 63, 70
  • Regio- and stereoselective insertion reactions of thiiranes into Pt-Mn(or Re) bond in organoplatinum-manganese or ?rhenium heterodinuclear complexes as intermediate toward desulfurization reaction
    Sanshiro KOMIYA, Shin-ya MUROI, Masaki FURUYA, Masafumi HIRANO
    J. Am. Chem. Soc.
    2000年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 122, 170, 171
  • Ring opening reactions of thiiranes by alkoxo- and aryloxogold(I) complexes
    Yoko USUI, Junko NOMA, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    J. Chem. Soc., Dalton Trans.
    1999年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 4397, 4406
  • Regioselective 1,2-insertion of Ru into C-S bond in 3-substituted thiophenes
    Jose Giner PLANAS, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Comm.
    1999年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1793, 1794
  • Synthesis and ligand exchange control of Ru(h2-C2H3YPh)(cod)(depe) (Y = O, S)
    Jose Giner PLANAS, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1999年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 953, 954
  • Synthesis of N-bonded enolatoruthenium(II) by oxidative addition of alkyl cyanocarboxylate to a ruthenium(0) complex
    Masafumi HIRANO, Atsushi TAKENAKA, Yuji MIZUHO, Makiko HIRAOKA Sanshiro KOMIYA
    J. Chem. Soc., Dalton Trans.
    1999年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3209, 3216
  • Successive O-H/S-H and sp3 C-H bond activation of ortho-substituted phenols by a ruthenium(0) complex
    共著者  Masafumi HIRANO,Naoki KURATA, Sanshiro KOMIYA
    10th IUPAC Symposium on Organo-Metallic Chemistry directed toward Organoic Synthesis(Versailles, France)
    1999年07月, 共同
  • Effect of Pt precursors on N2/N2O selectivity for selective reduction of NO by hydrocarbon on supported Pt catalysts
    Reiko DOUMEKI, Masaharu HATANO, Hiroo KINOSHITA, Emi YAMASHITA, Masafumi HIRANO, Atsushi FUKUOKA, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett
    1999年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 515, 516
  • Highly Z-selective isomerization of 2-allylphenol catalyzed by Ru(cod)(cot)/PR3
    Takehiro SATO, Nobuyuki KOMINE, Masafumi HIRANO,Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1999年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 441, 442
  • Polymerization of alkyl methacrylate catalyzed by hydridorhenium complexes
    Sanshiro KOMIYA, Tomoko CHIGIRA, Toru SUZUKI, Masafumi HIRANO
    Chem. Lett.
    1999年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 347, 348
  • Water-soluble rhodium and iridium complexes with tris(hydroxymethyl)phosphine and their activity in biphasic hydroformylation and hydrogenation
    Atsushi FUKUOKA, Wataru KOSUGI, Fumiaki MORISHITA, Masafumi HIRANO, Louise McCAFFERY, William HENDERSON, Sanshiro KOMIYA
    J. Chem. Soc., Chem. Commun.
    1999年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 489, 490
  • Synthesis of organo(siloxo)platinum and -palladium complexes and preparation of supported nanoclusters by facile ligand reduction
    Atsushi FUKUOKA, Akihiro SATO, Kin-ya KODAMA, Masafumi HIRANO,Sanshiro KOMIYA
    Inorg. Chim. Acta,
    1999年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 294, 266, 274
  • C-S, C-H, and N-H Bond cleavage of heterocycles by a zerovalent Iron complex, Fe(N2)(depe)2 [depe = 1,2-bis(diethylphosphino)ethane]
    Takashi MORIKITA, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Inorg. Chim. Acta.
    1999年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 291, 341, 354
  • C-O and C-S Bond activation of allyl esters, ethers, and sulfides by low valent ruthenium complexes
    Jose Giner PLANAS, Tsuyoshi MARUMO, Yoichi ICHIKAWA, Masafumi HIRANO,Sanshiro KOMIYA
    J. Mol. Cat.
    1999年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 147, 137, 154
  • Synthesis and structure of thiolato bridged early-late heterobimetallic complexes with methyl group
    Naofumi NAKAHARA, Masafumi HIRANO, Atsushi FUKUOKA, Sanshiro KOMIYA
    J. Organomet. Chem.
    1999年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 572, 81, 85
  • Michael reactions promoted by h1-enolatoruthenium(II) complexes derived from Ru(cod)(cot), diphosphine, and dimethyl malonate
    共著者  Salvador G. ALVAREZ, Sachi HASEGAWA, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Tetrahedron Lett.
    1998年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 39, 5209, 5212
  • Tail-to-tail dimerization of acrylonitrile catalyzed by low-valent ruthenium complexes
    共著者  AtsushiFUKUOKA, Takeyuki NAGANO, Shuichi FURUTA, Michito YOSHIZAWA, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Bull. Chem. Soc. Jpn.
    1998年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 71, 1409, 1415
  • N-Bonded enolatorhenium(I) complexes having dimethylphenylphosphine ligands as active key intermidates in catalytic Knoevenagel and Michael reactions
    Masafumi HIRANO, Miwa HIRAI, Yuji ITO, Tsutomu TSURUMAKI, Atsushi BABA, Atsushi FUKUOKA, Sanshiro KOMIYA
    J. Organomet. Chem.
    1998年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 569, 3, 14
  • C-S Bond cleavage of allyl thioethers by zerovalent Ru complexes
    Jose G. PLANAS, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1998年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 123, 124
  • Synthesis, structure and reactivity of (h6-naphthalene)iron(0) complex having a 1,2-bis(dicyclohexylphosphino)ethane Ligand
    Hiroaki KUBO, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    J. Organomet. Chem.
    1998年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 556, 89, 95
  • Successive O-C/O-H and sp3C-H bond activation of ortho-substituents in allyl phenyl ethers and phenols by a ruthenium(0) complex
    Masafumi HIRANO, Naoki KURATA, Tsuyoshi MARUMO, Sanshiro KOMIYA
    Organometallics
    1998年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 17, 501, 503
  • Hydrogen transfer in Pt-Mo heterodinuclear hydride complexes promoted by alkynes
    Toshiyuki YASUDA, Atsushi FUKUOKA, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1998年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 29, 30
  • Activation of coordinated carbon dioxide in Fe(CO2)(depe)2 by Group 14 electrophiles
    Masafumi HIRANO, Masatoshi AKITA, Kazuo TANI, Kuninori KUMAGAI, Noriko C. KASUGA, Atsushi FUKUOKA, Sanshiro KOMIYA
    Organometallics
    1997年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 16, 4206, 4213
  • Hydrogen abstraction from transition metal hydrides by gold alkoxides giving gold containing heterodinuclear complexes
    Yoko USUI, Masafumi HIRANO, Atsushi FUKUOKA, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1997年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 981, 982
  • Synthesis and structural study of photochromic transition metal complexes, (h6-spirobenzopyran)Cr(CO)3
    Akira MIYASHITA, Atsushi IWAMOTO, Tomoya KUWAYAMA, Hiroaki SHITARA, Yoshio AOKI, Masafumi HIRANO, Hiroyuki NOHIRA
    Chem. Lett.
    1997年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 965, 966
  • Synthesis and reactions of dinitrogen complex of iron(0), Fe(N2)(depe)2
    Masafumi HIRANO, Masatoshi AKITA, Takashi MORIKITA, Hiroaki KUBO, Atsushi FUKUOKA, Sanshiro KOMIYA
    J. Chem. Soc., Dalton, Trans.
    1997年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3453, 3458
  • Synthesis of Organometallic Compounds - A Practical Guide -
    共著者 Sanshiro KOMIYA, Masafumi HIRANO
    John Wiley and Sons
    1997年06月, 共同
  • Insertion of CO into a CH3-Pd bond in a heterodinuclear complex (dpe)MePd-Co(CO)4. Preferential insertion of coordinated CO on a cobalt moiety
    Atsushi FUKUOKA, Sumiko FUKAGAWA, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1997年03月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 377, 378
  • Enhancement of b-hydrogen elimination reaction on platinum-containing heterodinuclear complexes
    Atsushi FUKUOKA, Takeshi SUGIURA, Toshiyuki YASUDA, Tomoya TAGUCHI, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1997年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 329, 330
  • Unexpected ligand displacement of Ru(cod)(cot) with trimethylphosphine to give fac-Ru(6-h1:1-3-h3-C8H10)(PMe3)3
    Masafumi HIRANO, Tsuyoshi MARUMO, Takashi MIYASAKA, Atsushi FUKUOKA, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1997年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 297, 298
  • 有機ヘテロ二核・クラスター錯体の触媒化学
    福岡 淳、平野雅文、小宮三四郎
    (社)触媒学会 触媒
    1996年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 38, 281
  • Condensation reactions of benzaldehyde catalyzed by gold alkoxides
    Sanshiro KOMIYA, Takuo SONE, Yoko USUI, Masafumi HIRANO, Atsushi FUKUOKA
    Gold Bulletin
    1996年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 29, 131, 136
  • Synthesis and reactivity of organoplatinum-rhenium heterobimetallic complexes having sulfur ligand
    Atsushi FUKUOKA, Yutaka MINAMI, Nobumasa NAKAJIMA, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    J. Mol. Catal.
    1996年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 107, 323, 328
  • Ruthenium-catalyzed aldol and Michael reactions of nitriles. Carbon-carbon bond formation by a?C-H activation of nitriles
    Shun-ichi MURAHASHI, Takeshi NAOTA, Hiroshi TAKI, Masahiko MIZUNO, Hikaru TAKAYA, Sanshiro KOMIYA, Yuji MIZUHO, Naohiko OYASATO, Makiko HIRAOKA, Masahumi HIRANO, Atsushi FUKUOKA
    J. Am. Chem. Soc.
    1995年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 117, 12436, 12451
  • Synthesis and structure of novel organo(siloxo)platinum complexes. Facile reduction by dihydrogen
    Atsushi FUKUOKA, Akihiro SATO, Yuji MIZUHO, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1994年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1641, 1644
  • C-O Bond oxidative addition of allyl carboxylate to rutheniumu(0) complex. Isolation of (p-allyl)(trifluoroacetato)tris(triethylphosphine)-ruthenium(II)
    共著者  Sanshiro KOMIYA, Takashi KABASAWA, Koji YAMASHITA, Masafumi HIRANO, Atsushi FUKUOKA
    J. Organomet. Chem.
    1994年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 471, C6, C7
  • Synthesis, structure and reactions of a carbon dioxide complex of iron(0) containing 1,2-bis(diethylphosphino)ethane ligands
    Sanshiro KOMIYA, Masatoshi AKITA, Noriko KASUGA, Masafumi HIRANO, Atsushi FUKUOKA
    J. Chem. Soc., Chem. Commun.
    1994年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1115, 1116
  • ルテニウムを用いたインドール合成
    (社)近畿化学協会 Organometallic News
    1994年04月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 3, 90
  • Homogeneous bimetallic catalysts for production of carboxylic acids from carbon dioxide, hydrogen, and organic iodides
    Atsushi FUKUOKA, Naotaka GOTOH, Norikazu KOBAYASHI, Masafumi HIRANO, Sanshiro KOMIYA
    Chem. Lett.
    1994年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 567, 568
  • Study of photochromic chromium complexes having a spiropyran ligand
    埼玉大学
    1993年03月, 単独
  • Synthesis and photochemical properties of novel spirobenzoselenazolinobenzopyrans
    Masafumi HIRANO, Akira MIYASHITA, Hiroaki SHITARA, Hiroyuki NOHIRA
    Chem. Lett.
    1991年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1873, 1876
  • Synthesis and metastable structure of new photochromic spiroindolinobenzothiopyran
    Masafumi HIRANO, Akira MIYASHITA, Hiroyuki NOHIRA
    Chem. Lett.
    1991年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 209, 212

著書

  • 文部科学省検定教科書 高等学校理科用 「化学」
    啓林館
    2022年04月01日
  • 文部科学省検定教科書 高等学校理科用 「化学基礎」
    啓林館
    2022年04月01日
  • 文部科学省検定教科書 中学校理科用 「未来へひろがるサイエンス3」
    第1分野
    啓林館
    2022年04月01日
  • 文部科学省検定教科書 中学校理科用 「未来へひろがるサイエンス2」
    第1分野
    啓林館
    2022年04月01日
  • 文部科学省検定教科書 中学校理科用 「未来へひろがるサイエンス1」
    第1分野
    啓林館
    2022年04月01日
  • 触媒年鑑「触媒技術の動向と展望2022」
    触媒学会
    2022年04月01日
  • 触媒年鑑「触媒技術の動向と展望2021」
    触媒学会
    2021年04月
  • 文部科学省検定教科書 中学校理科「未来へひろがるサイエンス」指導書
    啓林館
    2021年04月01日
  • 文部科学省検定教科書 中学校理科用 「未来へひろがるサイエンス3」
    第1分野
    啓林館
    2021年04月01日
  • 文部科学省検定教科書 中学校理科用 「未来へひろがるサイエンス2」
    第1分野
    啓林館
    2021年04月01日
  • 文部科学省検定教科書 中学校理科用 「未来へひろがるサイエンス1」
    第1分野
    啓林館
    2021年04月01日
  • 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「化学」改訂版
    啓林館
    2021年04月01日
  • 触媒年鑑「触媒技術の動向と展望2020」
    触媒学会
    2020年04月
  • 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「化学基礎」改訂版
    啓林館
    2020年04月01日
  • 錯体化合物事典
    ルテニウム
    朝倉書店
    2019年09月10日
  • 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「化学基礎」改訂版
    啓林館
    2019年04月01日
  • 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「化学」改訂版
    啓林館
    2019年04月01日
  • 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「化学基礎」改訂版
    啓林館
    2018年04月01日
  • 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「化学」改訂版
    啓林館
    2018年04月01日
  • 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用「化学基礎」改訂版
    啓林館
    2017年04月01日
  • 錯体化学辞典
    平野雅文、小宮三四郎
    朝倉書店
    2012年02月
  • Ruthenium in Organic Synthesis
    Sanshiro Komiya, Masafumi Hirano
    2004年08月
  • 実験化学講座第5版 有機遷移金属化合物・超分子錯体 マンガン、テクネチウム
    2003年
  • 化学便覧
    小宮三四郎、梶谷正次、溝部裕司、石井洋一、平野雅文
    2003年06月
  • Activation of Polar Single Bond
    Sanshiro KOMIYA, Masafumi HIRANO
    2003年04月
  • An Organometallic Approach to Synergistic Effect in Catalysis; Synthesis and Reactions of Heterodinuclear Organotransition Metal Complexes
    共著者 Sanshiro KOMIYA, Atsushi FUKUOKA, Masafumi HIRANO
    1997年06月

研究発表、招待講演等

  • Cobalt-Catalyzed Divergent Cycloadditions of Alkynes with Conjugated Dienes
    International Symposium on Catalysis and FIne Chemicals 2023
    2023年12月05日, 口頭発表(一般)
  • Synthesis of Conjugated Polyene Oligomers by Alternating Addition Polymerization Catalyzed by Ru(0) Complex
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2023
    2023年12月05日, 口頭発表(一般)
  • La(III)-Catalylzed Depolymerizations of Polyesters and Polycarbonates
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2023
    2023年12月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • トランスエステル化を利用したポリカーボネートとポリウレタンの触媒的分解
    第73回錯体化学討論会
    2023年09月21日, 口頭発表(一般)
  • エナンチオ選択的鎖状交差二量化を起点とする四連続不斉テトラヒドロフランの合成:立体選択性発現に対する理論化学的考察
    第132回触媒討論会
    2023年09月15日, 口頭発表(一般)
  • ポリ-L-乳酸の触媒分解による乳酸エステルおよび乳酸アミドの合成
    第132回触媒討論会
    2023年09月15日, 口頭発表(一般)
  • エナンチオ選択的交差二量化を起点とする四連続不斉テトラヒドロフランのジアステレオ選択的合成
    第132回触媒討論会
    2023年09月15日, 口頭発表(一般)
  • 交互付加重合による共役ポリエンオリゴマーの合成
    第132回触媒討論会
    2023年09月15日, 口頭発表(一般)
  • 1,3-エンインと共役ジエンの鎖状交差二量化による共役テトラエンの触媒的合成と応用
    第132回触媒討論会
    2023年09月15日, 口頭発表(一般)
  • Synthesis of Cyclopropanes with Tree Contiguous Chiral Centers via Enantioselective Linear Cross-Dimerization
    第69回有機金属化学討論会
    2023年09月13日, ポスター発表
  • A Tale from the Bottom of a Schlenk Tube: Shedding Light on Hidden Reactions of Alkynes with Dienes
    International Workshop on Molecular Catalysis
    2023年07月14日, 口頭発表(招待・特別)
  • A Borylated Polyene Chemistry with Memories of Steve
    2023年06月07日, 口頭発表(一般)
  • Di- and Triaryl Compounds Cross-Linked by Conjugated Trienyl Groups: Their Synthesis, Photo- and Electrochemical Properties
    Canadian Chemical Conference and Exhibition (CSC 2023)
    2023年06月06日, 口頭発表(一般)
  • ランタン触媒を用いたポリエステルのモノマーへの分解
    令和5年繊維学会北陸支部学術普及講演会
    2023年04月20日, 口頭発表(招待・特別)
  • モノホスフィンパラジウム(0)錯体を触媒としたヒドロシリル化によるボリルシリル化合物の合成
    第84回有機合成化学協会関東地区シンポジウム
    2023年05月13日, 口頭発表(一般)
  • 共役トリエニル基で架橋されたπ共役芳香族分子の光科学的挙動
    日本化学会第103春季年会
    2023年03月25日, 口頭発表(一般)
  • ランタン(III)触媒によるポリカーボネートの炭酸ジメチルとビスフェノールAへの分解
    日本化学会第103春季年会
    2023年03月25日, 口頭発表(一般)
  • ポリ-L-乳酸をキラルビルディングブロックとするL-乳酸エステルの触媒的合成
    日本化学会第103春季年会
    2023年03月25日, 口頭発表(一般)
  • ボリル化共役トリエンのヒドロシリル化における位置選択性制御
    日本化学会第103春季年会
    2023年03月23日, 口頭発表(一般)
  • Cobalt-Catalyzed Cycloaddition of Conjugated Trienes with Alkynes giving Bicyclo[3.2.1]octa-2,6-dienes
    日本化学会第103春季年会
    2023年03月23日, 口頭発表(一般)
  • ルテニウム触媒を用いた1,3-エンインと1,3-ジエンによる共役テトラエンの直截的:ヒドロキシデカテトラエン酸メチル合成への展開
    日本化学会第103春季年会
    2023年03月22日, 口頭発表(一般)
  • La(III)-Catalyzed Transterifications for Degradation of Polyesters
    South-Eastern Regional Meeting of American Chemical Society 2022
    2022年10月20日, 口頭発表(招待・特別)
  • Synthesis of New Molybdenum Complexes with Imido and Cyclic Amido Ligands
    第72回錯体化学討論会
    2022年09月26日, ポスター発表
  • Study on the Dynamic Behavior of Bis(tert-butylimido)(1,2-dimethoxyethane)molybdenum Dichloride
    第72回錯体化学討論会
    2022年09月26日, ポスター発表
  • Synthesis of Donor-Acceptor Molecules Cross-Linked by Conjugated Trienyl Unit: The Mechanistic Insights and the Photochemical-electronic Properties
    第72回錯体化学討論会
    2022年09月26日, 口頭発表(一般)
  • イミノアルキンと共役ジエンの形式的[4+1]アニュレーションによる多置換ピロール合成
    第130回触媒討論会
    2022年09月22日, 口頭発表(一般)
  • La(Ⅲ)錯体を触媒としたポリエステルのモノマー化反応
    第130回触媒討論会
    2022年09月22日, 口頭発表(一般)
  • 新規な鎖状交差二量化反応の創成と電子材料物質・天然物合成への展開
    新化学技術推進協会 先端化学・材料技術部会講演会
    2022年02月15日, 口頭発表(招待・特別)
  • 共役ジエンとアルキンとの分子間環化二量化によるビシクロ[3.1.0]ヘキセンの位置及びジアステレオ選択的合成
    日本化学会第102春季年会
    2022年03月23日, 口頭発表(一般)
  • 位置およびエナンチオ選択的鎖状交差二量化反応によるキラルシリル化スキップジエンの合成
    日本化学会第102春季年会
    2022年03月26日, 口頭発表(一般)
  • 鎖状交差二量化反応による共役イミノトリエンの生成とそれらを中間体とする多置換ピロールの新規合成
    日本化学会第102春季年会
    2022年03月26日, 口頭発表(一般)
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体を触媒としたボリル化共役ジエンの1,4-選択的ヒドロシリル化:gem-ボリルシリル化アリル化合物の合成と応用
    日本化学会第102春季年会
    2022年03月26日, 口頭発表(一般)
  • Enantioselective Synthesis of C3-Substituted Dihydrofurans by Cross-Dimerization
    ECCS2021- A Celebration of Catalysts 10th Anniversary
    2021年10月21日, 口頭発表(招待・特別)
  • 共役トリエンでクロスリンクされた芳香族分子の合成と物性評価
    第128回触媒討論会
    2021年09月15日, 口頭発表(一般)
  • 鎖状交差三量化による芳香族複素環を含む共役ポリエン分子の合成
    第128回触媒討論会
    2021年09月15日, 口頭発表(一般)
  • 非対称1,6-ジボリル-1,5-ジエンの直截的合成と位置選択的クロスカップリングへの応用
    第128回触媒討論会
    2021年09月15日, 口頭発表(一般)
  • 1,3-エンインと1,3-ジエンを用いた共役テトラエンの直截的合成
    第128回触媒討論会
    2021年09月15日, 口頭発表(一般)
  • Synthesis of Borylated-Conjugated Triene Building Blocks by Cross-Dimerization and Their Use in Cross-Coupling Reactions
    第67回有機金属化学討論会
    2021年09月09日, 口頭発表(一般)
  • Enantioselective Cross-Dimerization Giving Chiral Borylated Skipped Dienes
    第67回有機金属化学討論会
    2021年09月07日, ポスター発表
  • Synthesis of Silylated-Conjugated Triene Building Blocks by Cross-Dimerization and Their Use in Cross-Coupling Reactions
    第67回有機金属化学討論会
    2021年09月07日, ポスター発表
  • エナンチオ選択的交差二量化反応によるボリル化スキップジエンの合成
    JACI GSCシンポジウム
    2021年06月29日, ポスター発表
  • ジボリル化非共役ジエンをビルディングブロックとする位置選択的構造導入
    JACI GSCシンポジウム
    2021年06月29日, ポスター発表
  • 1,3-エンインと1,3-ジエンを用いた共役テトラエンの直截的合成
    JACI GSCシンポジウム
    2021年06月29日, ポスター発表
  • モノホスフィンパラジウム(0)錯体による1,3-ジエニルまたは1,3,5-トリエニルボロン酸ピナコールエステルのヒドロシリル化
    第126回触媒討論会
    2020年09月16日, 口頭発表(一般)
  • 鎖状交差二量化によるボリル化ジエンの触媒的合成と応用
    第126回触媒討論会
    2020年09月16日, 口頭発表(一般)
  • モノホスフィンパラジウム(0)錯体による電子不足アルケン、ジエンおよびトリエンの位置選択的ヒドロシリル化反応
    日本化学会第100春季年会
    2020年03月25日, 口頭発表(一般)
  • フェロセニル共役トリエンの触媒的合成と物性
    日本化学会第100春季年会
    2020年03月23日, 口頭発表(一般)
  • 交差二量化反応によるシリル化共役トリエンの触媒的合成とクロスカップリングへの応用
    日本化学会第100春季年会
    2020年03月23日, 口頭発表(一般)
  • Ru-Catalyzed Cross-Dimerizations: The Historical Background and the Future
    SUSTech Symposium 2020
    2020年01月10日, 口頭発表(招待・特別)
  • フタル酸ジメチルの脱水素アレーンカップリングにおける反応機構 ―銅触媒の機構研究―
    第124回触媒討論会
    2019年09月20日, 口頭発表(一般)
  • シリル化共役トリエンの触媒的合成とプロト脱シリル化反応
    第124回触媒討論会
    2019年09月20日, 口頭発表(一般)
  • Catalytic Synthesis of Reactive Skipped Dienylboronate Esters and Their Applications to Building Blocks
    第69回有機金属化学討論会
    2019年09月14日, ポスター発表
  • Direct Synthesis of Conjugated Polyenes Having a Reactive Boronate and Their Synthetic Application
    第69回有機金属化学討論会
    2019年09月14日, ポスター発表
  • Ru(0)-Catalyzed Chemo-, Regio- and Enantioselective Linear Cross-Dimerization: From Mechanism to Applications
    102nd Canadian Chemistry Conference and Exhibition
    2019年06月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • 非対称内部アルキンと共役ジエンを用いた共役トリエンの触媒的合成:位置選択性に及ぼす電子的及び立体的置換基効果
    日本化学会第99春季年会
    2019年03月17日, 口頭発表(一般)
  • 反応活性なホウ素置換基を有する共役トリエンビルディングブロックの触媒的合成
    日本化学会第99春季年会
    2019年03月16日, 口頭発表(一般)
  • 反応活性なホウ素置換基を有するスキップジエンビルディングブロックの触媒的合成
    日本化学会第99春季年会
    2019年03月16日, 口頭発表(一般)
  • (キラルビシクロヘプタジエン)ルテニウム(0)錯体を触媒とする共役ジエンとアクリル酸メチルとの触媒的不斉交差二量化反応
    日本化学会第99春季年会
    2019年03月16日, 口頭発表(一般)
  • Direct Coupling of Nonprotected Alkynylboronate with Conjugated Dienes
    The International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2018
    2018年12月12日, ポスター発表
  • Ligand‐controlled Regiodivergent Hydrosilylation of Conjugated Dienes Ligand‐controlled Regiodivergent Hydrosilylation of Conjugated Dienes Catalyzed by Mono(phoshine)palladium(0) Complexes
    The International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2018
    2018年12月11日, 口頭発表(招待・特別)
  • Pd/Cu-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Dimethyl Phthalate---Synchrotron Radiation Sheds Light on the Mechanism
    International Conference on Catalysis and Fince Chemicals 2018
    2018年12月10日, 口頭発表(招待・特別)
  • ジエンのヒドロシリル化反応:ホスフィン配位子による位置選択性制御
    第122回触媒討論会
    2018年09月28日, 口頭発表(一般)
  • ジメチレンシクロヘキサンと置換アルケン間の鎖状交差二量化反応
    第122回触媒討論会
    2018年09月27日, 口頭発表(一般)
  • 直接カップリングによる共役ポリエンの合成とその位置選択性制御
    第65回有機金属化学討論会
    2018年09月20日, 口頭発表(一般)
  • カップリングによるシリル置換共役トリエンの合成とプロト脱シリル化反応
    第65回有機金属化学討論会
    2018年09月20日, 口頭発表(一般)
  • Mechanistic Insights on Pd/Cu-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Dimethyl Phthalate
    第68錯体化学討論会
    2018年07月28日, 口頭発表(一般)
  • Ru(0)-Catalyzed Direct Synthesis of Linear Conjugated Tetraenes
    International Conference of Organometallic Chemistry
    2018年07月19日, ポスター発表
  • Direct Approach to Conjugated Polyenes and the Mechanistic Insights
    International Conference on Organometallic Chemistry
    2018年07月18日, 口頭発表(一般)
  • 共役ジエンとシリルアルキンの直接カップリングによるシリル置換共役トリエンの合成とプロト脱シリル化反応
    日本化学会第98春季年会
    2018年03月23日, 口頭発表(一般)
  • Ru(0)-Catalyzed Synthesis of Conjugated Trienes and Tetraenes by Direct Coupling of Conjugated Dienes with Internal Alkynes
    日本化学会第98春季年会
    2018年03月23日, 口頭発表(一般)
  • フタル酸ジメチルの脱水素アレーンカップリング反応における機構研究:溶液XAFSによるパラジウム錯体触媒の解析
    日本化学会第98春季年会
    2018年03月22日, 口頭発表(一般)
  • Recent Development on Ru(0)-Catalyzed Direct Synthesis of Conjugated Polyene Molecules
    TUM-PetroMat Joint Mini-Symposium on Catalysis and Advanced Materials
    2018年01月31日, 口頭発表(招待・特別)
  • Recent Development on Ru(0)-Catalyzed Cross-Dimerizations
    Research School of Chemistry, The Australian National University
    2017年11月13日, 口頭発表(一般)
  • カーバイド内包Fe5Ni1 6核クラスターの合成と反応
    第67回錯体化学討論会
    2017年09月17日, その他
  • Synthesis, Structure and Catalytic Properties of 5-Phenyldibenzocyclooctatetraene Complex of Ru
    第67回錯体化学討論会
    2017年09月17日, その他
  • Computational Insights on Ru(0)-Catalyzed Linear Cross-Dimierzation of Conjugated Dienes with Internal Alkynes and Conjugated Carbonyl Compoun
    第67回錯体化学討論会
    2017年09月17日, その他
  • Ru(0)錯体触媒によるベンゼン環結合型共役トリエン、ヘキサエンおよびノナエンの直截的合成
    第120回触媒討論会
    2017年09月14日, その他
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体触媒による共役ジエンの位置および立体選択的ヒドロシリル化反応
    第120回触媒討論会
    2017年09月13日, その他
  • Ru(0)-Catalyzed Direct Synthesis of Linear Conjugated Tetraenes and Trienes
    第64回有機金属化学討論会
    2017年09月08日, ポスター発表
  • (Chiral diene)ruthenium(0)-Catalyzed C3- and Enantioselective Coupling of Dihydrofuran with Conjugated Dienes
    第64回有機金属化学討論会
    2017年09月08日, ポスター発表
  • 5-フェニルジベンゾシクロオクタテトラエンを配位子とするルテニウム(0)錯体の合成と共役ジエンを用いた交差二量化反応への応用
    第6回JACI GSCシンポジウム
    2017年07月04日, ポスター発表
  • Ru(0)触媒によるジ及びトリイニルベンゼンと共役ジエンの直接カップリング:ベンゼン環結合型ヘキサエン及びノナエンの合成
    第6回JACI GSCシンポジウム
    2017年07月04日, ポスター発表
  • 0価ルテニウム触媒を用いた共役ジエンと2,5-ジヒドロフランの エナンチオ選択的鎖状交差二量化反応
    第6回JACI GSCシンポジウム
    2017年07月04日, ポスター発表
  • フタル酸ジメチルの脱水素アレーンカップリング反応における機構研究
    第6回JACI GSCシンポジウム
    2017年07月04日, ポスター発表
  • Mono(phosphine)palladium(0)-Catalyzed Hydrosilylation of Electron-Deficient Alkynes and 1,3-Dienes: The Mechanistic Insights
    OMCOS19
    2017年06月, ポスター発表
  • Synthesis of and Enantioselective Cross-Dimerization between 2,5-Dihydrofuran and Conjugated Dienes by New Ru(0) Complex bearing a Pseudo C2 Symmetric Chiral Diene Ligand
    OMCOS19
    2017年06月, ポスター発表
  • Mechanistic Study for Dehydrogenative Arene Coupling of Dimethyl Phthalate
    OMCOS19
    2017年06月, ポスター発表
  • Ru(0)-Catalyzed Direct Coupling of Di- and Triynylbenzenes with Conjugated Dienes giving Benzene-fused Hexaenes and Nonaen
    OMCOS19
    2017年06月, ポスター発表
  • Synthesis of and Catalytic Cross–Dimerization Using Conjugated Dienes by a Ru(0) Complex Having 5–Phenyldibenzo[a,e]cyclooctatetraene
    OMCOS19
    2017年06月, ポスター発表
  • Direct Access to Conjugated Trienes by Ru(0)-Catalyzed Coupling of Internal Alkynes with Conjugated Dienes
    100th Canadian Chemistry Conference
    2017年05月30日, 口頭発表(一般)
  • Ru(0)-Catalyzed Direct Coupling of Internal Alkynes with Conjugated Dienes: The Mechanistic Insights
    International Green Catalysis Symposium
    2017年03月25日, ポスター発表
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体触媒による共役ジエンの 選択的ヒドロシリル化反応
    第119回触媒討論会
    2017年03月22日, ポスター発表
  • フタル酸ジメチルの脱水素アレーンカップリング反応における機 構研究
    日本化学会第97春季年会
    2017年03月19日, その他
  • パラジウム錯体を触媒とするトリフルオロ酢酸ベンジル誘導体の連続的C-O/C-H結合活性化反応
    日本化学会第97春季年会
    2017年03月19日, その他
  • 5-フェニルジベンゾシクロオクタテトラエンを配位子とするルテニウム(0)錯体の合成と置換アルケンを用いた交差二量化反応への応用
    日本化学会第97春季年会
    2017年03月16日, その他
  • Ru(0)触媒によるジイニルベンゼンと共役ジエンの直接カップリング:ヘキサエン誘導体の直截的合成
    日本化学会第97春季年会
    2017年03月16日, その他
  • キラルビシクロヘプタジエン配位子を有する新規 Ru(0)錯体触媒 の合成と共役ジエンとジヒドロフランのエナンチオ選択的交差二 量化反応
    日本化学会第97春季年会
    2017年03月16日, その他
  • A New Protocol for Catalytic Synthesis of Conjugated Trienes
    C&FC2016
    2016年11月12日, ポスター発表
  • Cross-Dimerizations using Unsaturated Five-Membered Heterocyclic Compounds
    C&FC2016
    2016年11月12日, 口頭発表(招待・特別)
  • Mono(phosphine)palladium(0)-Catalyzed Hydrosilylation of Electron-Deficient Alkynes
    C&FC2016
    2016年11月11日, ポスター発表
  • Pd(0)-Catalyzed Successive C-O/C-H Bond Activation of 2-Substituted Benzyl Esters
    International Symposium on C-O Bond Activation
    2016年10月25日, 口頭発表(招待・特別)
  • 不飽和ヘテロ5員環化合物と共役カルボニル化合物のC3位選択的鎖状交差二量化
    第118回触媒討論会
    2016年09月23日, その他
  • ヘテロ二核ヒドリドパラジウム中間体を鍵とする触媒的ヒドリドメタル化反応:その機構と応用
    第118回触媒討論会
    2016年09月22日, 口頭発表(一般)
  • Ru(0)-Catalyzed C3-Selective Dimerization of Dihydrofuran and Dihydropyrrole with Conjugated Dienes
    第63回有機金属化学討論会
    2016年09月16日, ポスター発表
  • Ru(0)-Catalyzed Cross-Dimerization of Conjugated Dienes with Internal Alkynes: An Efficient Access to Conjugated Trienes
    第63回有機金属化学討論会
    2016年09月15日, その他
  • Ru(0)錯体触媒を用いた交差二量化反応の最近の進歩
    慶應義塾大学大学院講演会
    2016年09月08日, 口頭発表(招待・特別)
  • Ru(0)-Catalyzed C3-Selective Cross-Dimerizations Using 5-Membered Heterocyclic Compounds
    The 27th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC)
    2016年07月19日, その他
  • Synthesis of and Catalytic Nitrile Hydration by a Catalytic Tris(mu-hydroxo)diruthenium(II) Complex having PMe3 Ligands
    The 12th International Symposium on Organic Reactions
    2016年04月22日, ポスター発表
  • Ru(0)錯体触媒による共役ジエンとジヒドロフランおよびジヒドロピロール誘導体のC3位選択的カップリング反応
    日本化学会第96春季年会
    2016年03月24日, その他
  • Ru(0)-Catalyzed Conjugated Triene Synthesis using Conjugated Diene and Alkyne
    日本化学会第96春季年会
    2016年03月24日, その他
  • Markovnikov-Selective Catalytic Hydrosilylation of Electron-Deficient Alkenes by a Mono(phosphine)palladium(0) Complex
    PACIFICHEM2015
    2015年12月19日, ポスター発表
  • Selective Alkene Insertion into Transition Metal-Hydrogen Bonds Assisted by Mono(phosphorus ligand)palladium(0) Complexes
    PACIFICHEM2015
    2015年12月19日, ポスター発表
  • Internal Concerted Carbocation Transfer in Formation of Ruthenacycle by C-O Bond Cleavage
    PACIFICHEM2015
    2015年12月19日, ポスター発表
  • Catalytic Cross-Dimerization of Diarylacetylene with Methyl Methacrylate by a Ruthenium(0) Complex
    PACIFICHEM2015
    2015年12月19日, ポスター発表
  • Stoichiometric and Catalytic Reactions using (Naphthalene)ruthenium(0) Complexes. A Fine Walk around Martin's Chemistry and the Serendipitous Findings
    Symposium on Molecular Design
    2015年11月16日, 口頭発表(基調)
  • Diastereo- and Enantioselective Linear Coupling Cross-Dimerizations of Conjugated Dienes Compounds with Substituted Alkenes by a Ru(0) Complex
    5th Latin American Symposium on Coordination and Organometallic Chemistry (SILQCOM)
    2015年10月21日, 口頭発表(招待・特別)
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体による電子不足アルキンと共役ジエンのヒドロシリル化
    第65回錯体化学討論会
    2015年09月22日, その他
  • Catalytic Cross-Dimerization of Diarylacetyele with Methyl Methacrylate by a Ruthenium(0) Complex
    第65回錯体化学討論会
    2015年09月22日, その他
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体による電子不足アルケンのマルコフニコフ選択的ヒドロシリル化
    第116回触媒討論会
    2015年09月18日, その他
  • ルテニウム(0)触媒を用いた多置換アルケンの高効率合成
    第116回触媒討論会
    2015年09月17日, 口頭発表(一般)
  • 分子内求電子置換機構による炭素ー水素結合活性化
    慶應義塾大学大学院講演会
    2015年09月11日, 口頭発表(招待・特別)
  • Catalytic Cross-Dimerization of 2,3-Dimethylbutadiene with Substituted Alkene by in situ Reaction of a Ruthenium(II) Complex
    第62回有機金属化学討論会
    2015年09月09日, その他
  • Mechanistic Study of Selective Alkene Insertion into Transition Metal-Hydrogen Bond Assisted by Mono(phosphine)palladium(0) Complex
    第62回有機金属化学討論会
    2015年09月08日, ポスター発表
  • Catalytic Transformation of 2-Subsituted Benzyl Esters by Successive C-O/C-H Bond Activations
    OMCOS 18
    2015年06月29日, ポスター発表
  • 低原子価ルテニウムおよびパラジウム錯体の合成と触媒反応への展開:機構解明からのブレークスルー
    京都大学化学研究所 講演会
    2015年06月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • モノホスフィンPd(0)錯体によるマルコフニコフ選択的ヒドロシリル化反応:その機構的研究
    日本化学会第95春季年会
    2015年03月28日, その他
  • Catalytic Linear Cross-Dimerization between COnjugated DIene and Alkene by RUthenium(II) Complexes with Reductant
    日本化学会第95春季年会
    2015年03月28日, その他
  • 炭素ー水素結合活性化の新展開:機構の理解から反応デザインへ
    近畿化学協会第4回例会
    2015年01月27日, 口頭発表(招待・特別)
  • Catalytic Cross-Dimerisation between Dihydrofuran and Conjugated Compounds by Ru(0) Complex
    Vietnam Malaysia International Chemical Congress
    2014年11月07日, 口頭発表(招待・特別)
  • Cross-Dimerisation between Dienes and Styrenes by Ru(0) Complex
    18th Malaysian Chemical Congress
    2014年11月04日, 口頭発表(招待・特別)
  • Direct Access to Fluorene by Successive C-O/C-H Bond Activations of 2-Phenylbenzyl Ester
    The 16th Japan-Korea Joint Symposium on Organometallic and Coordination Chemistry
    2014年10月24日, 口頭発表(招待・特別)
  • 電子不足アルケンおよび低反応性シランを用いた高効率・高選択的ヒドロシリル化反応
    第4回CSJ化学フェスタ
    2014年10月16日, ポスター発表
  • 2-フェニルベンジルエステルを用いたフルオレンの触媒的合成
    第4回CSJ化学フェスタ
    2014年10月16日, ポスター発表
  • μ-η1:η2-アリル白金-マンガン二核錯体における還元的脱離反応
    第114回触媒討論会
    2014年09月27日, その他
  • ベンジルエステルの連続的C-O/C-H結合活性化によるフルオレンの触媒的合成
    第114回触媒討論会
    2014年09月27日, その他
  • 0価ルテニウム錯体による共役ジエンと2,5-ジヒドロフランの触媒的鎖状交差二量化
    第114回触媒討論会
    2014年09月26日, その他
  • Stoichiometric Linear Cross-dimerization between Conjugated Dienes and Ketenes at Ruthenium(0) Complex
    第61回有機金属化学討論会
    2014年09月24日, ポスター発表
  • Regio- and Enantioselective Linear Cross-Dimerizations between Conjugated Dienes and Substituted Alkenes Catalyzed by New Ru(0) Complexes
    第61回有機金属化学討論会
    2014年09月24日, その他
  • 可視光により促進されるトリオルガノ(ビピリジン)白金―マンガン二核錯体の有機基移動反応
    第64回錯体化学討論会
    2014年09月19日, その他
  • ルテニウム(0)錯体触媒による共役ジエンとスチレンの鎖状交差二量化
    第64回錯体化学討論会
    2014年09月19日, その他
  • ルテニウム上での協奏的なカルボカチオン脱離反応
    有機反応研究会
    2014年09月01日, 口頭発表(一般)
  • Chemo- and Enantioselective Cross-Dimerizations of Conjugated Compounds by Ru(0) Catalyst
    New South Wales University
    2014年08月14日, 口頭発表(一般)
  • Selective Cross-Dimerization of Conjugated Compounds by Ruthenium(0) Catalyst
    The Australian National University RSC Seminar
    2014年08月13日, 口頭発表(一般)
  • Synthesis of New Ru(0) Complexes Having a Cyclic Diene Ligand and Their Application to Catalytic Cross-Dimerization of Substituted Alkenes
    International Conference on Organometallic Chemistry
    2014年07月17日, ポスター発表
  • Catalytic Cross-Dimerization between Conjugated Dienes and Styrenes by a Ruthenium(0) Complex
    International Conference on Organometallic Chemistry
    2014年07月17日, ポスター発表
  • Selective Alkene and Alkyne Insertion into Hydrogen-Metal Bond Assisted by Mono(phosphorus ligand)palladium(0) Complexes
    International Conference on Organometallic Chemistry
    2014年07月16日, 口頭発表(一般)
  • Synthesis of Fluorene by Successive C-O and C-H Bond Cleavage Reactions of 2-Phenylbenzyl Ester by Pd(0)
    International Conference on Organometallic Chemistry
    2014年07月15日, ポスター発表
  • Selective Cross-Dimerizations of 1,3-Dienes with Substituted Alkenes by Ru(0) Catalyst
    International Sympsium on Homogeneous Catalysis
    2014年07月09日, 口頭発表(一般)
  • Markovnikov-Selective Hydrosilylation of Electron-Deficient Alkenes Catalyzed by Mono(phosphine)palladium(0) Complexes
    International Symposium on Homogeneous Catalysis
    2014年07月08日, ポスター発表
  • Stoichiometric C-O Bond Oxidative Addition and Electrophilic C-H Bond Activation, and Their Application toward Catalysis
    Canada/Japan Workshop: Pre-Symposium of International Symposium of Homogeneous Catalysis
    2014年07月06日, 口頭発表(招待・特別)
  • Ru(0)錯体による共役ジエンとスチレンとの触媒的交差二量化反応
    JACI/GSCシンポジウム
    2014年05月23日, ポスター発表
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体による不活性な遷移金属ヒドリドへのマルコフニコフ選択的アルケン挿入反応
    JACI/GSCシンポジウム
    2014年05月23日, ポスター発表
  • Pd(0)錯体による2-フェニルベンジルエステルのC-OおよびC-H結合の連続的切断反応によるフルオレンの合成
    日本化学会第94春季年会
    2014年03月29日, その他
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体により促進される電子不足アルケンのマルコフニコフ選択的ヒドロシリル化反応
    日本化学会第94春季年会
    2014年03月29日, その他
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体による不活性な遷移金属ヒドリドへのマルコフニコフ選択的アルケン挿入反応
    日本化学会第94春季年会
    2014年03月29日, その他
  • ビス(アリールオキソ)ルテニウム(Ⅱ)の生成を鍵とする2-メトキシフェノキソ基からの協奏的カルボカチオン脱離
    日本化学会第94春季年会
    2014年03月27日, その他
  • 環状ジエンを支持配位子とする新規ルテニウム0価錯体の合成と置換アルケンの触媒的交差二量化反応への応用
    日本化学会第94春季年会
    2014年03月27日, その他
  • Catalytic Cross-Dimerization between Conjugated Dienes and Styrenes by Ruthenium(0) Complex
    日本化学会第94春季年会
    2014年03月27日, その他
  • Chemo-, Regio-, Diastereo- and Enantioselective Coupling of Substituted Alkenes by Ru(0)
    Minisymposium on Design of Efficient Molecular Catalysis for Environmental Benigh Chemical Process and Materials
    2014年01月30日, 口頭発表(招待・特別)
  • Regio-, Diastereo- and Enantioselective Coupling Using Methyl Methacrylate by Ru(0) Complex
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2013
    2013年12月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • Controlled Dimerization Using Acrylates Catalyzed by Ru(0) Complexes
    Surface and Catalysis for Greener Future: C&FC Pre-Symposium in Himeji
    2013年11月29日, 口頭発表(招待・特別)
  • Synthesis of Chiral Bicyclo[3.3.1]nonadiene Complexes of Ru(0) and Their Use in Catalytic Cross-Dimerization of ALkenes
    The International Symposium on Organic Reactions, ISOR
    2013年11月22日, 口頭発表(招待・特別)
  • Ru(0)錯体上での共役ジエンと置換アルケンとの反応における位置選択性
    第63回錯体化学討論会
    2013年11月03日, その他
  • ルテニウム(0)錯体上での配位共役ジエンとクムレン型化合物の酸化的カップリング反応
    第63回錯体化学討論会
    2013年11月03日, その他
  • モノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体により促進されるアルケンのタングステンーヒドリド結合への挿入反応
    第112回触媒討論会
    2013年09月20日, その他
  • ルテニウム(0)錯体上での配位共役ジエンと共役ジエンおよび置換アルケンとの反応機構
    第112回触媒討論会
    2013年09月18日, その他
  • アシル架橋二核錯体によるチイラン類の直接的な脱硫反応に関する機構研究
    第60回有機金属化学討論会
    2013年09月12日, ポスター発表
  • キラルジエンを支持配位子とする新規ルテニウム0価錯体の合成と置換アルケンのエナンチオ選択的鎖状交差二量化反応への応用
    第60回有機金属化学討論会
    2013年09月12日, ポスター発表
  • Enantioselective Cross-dimerization between Methyl Methacrylate and Substituted Alkene through Oxidative Coupling Step
    OMCOS 17
    2013年07月29日, ポスター発表
  • Chemo-, Regio-, Diastereo- and Enantioselective Coupling of Substituted Alkenes by Ru(0) Complex
    The 3rd International Symposium on Molecular Activation
    2013年07月27日, 口頭発表(一般)
  • Asymmetric Linear Cross-dimerization using Methyl Methacrylate by Ru(0) Complexes
    96th Canadian Chemistry Conference and Exhibition
    2013年05月29日, 口頭発表(一般)
  • キラルジエンを支持配位子とする新規ルテニウム0価錯体の合成とメタクリル酸エステルと置換オレフィンの不斉鎖状交差二量化反応への応用
    日本化学会第93春季年会
    2013年03月25日, その他
  • ルテニウム(0)錯体上での配位共役1,3-ジエンとケテンの酸化的カップリング反応
    日本化学会第93春季年会
    2013年03月25日, その他
  • (共役ジエン)ルテニウム0価錯体と置換アルケンとの酸化的カップリング反応における位置選択性支配因子
    日本化学会第93春季年会
    2013年03月25日, その他
  • オルトエチル基の連続的C-H結合切断反応による不飽和オキサルテナサイクルの形成と反応
    日本化学会第93春季年会
    2013年03月25日, その他
  • 可視光により促進されるジメチルアリール(ビピリジン)白金-マンガンヘテロ二核錯体のメチル基移動反応
    日本化学会第93春季年会
    2013年03月25日, その他
  • Formation of a Thiocarboxylato-Bridged Pt-Mn Complex by Desulfurization of Thiiranes: Mechanism and Reactivity
    日本化学会第93春季年会
    2013年03月25日, その他
  • 高いヒドロメタル化触媒活性を有するモノ(ホスフィン)パラジウム(0)錯体とフマル酸ジメチルの反応
    日本化学会第93春季年会
    2013年03月24日, その他
  • 酸化還元活性な2,6-ビス(ピロリル)ピリジン型配位子を有するパラジウムおよび白金錯体の合成と反応
    日本化学会第93春季年会
    2013年03月24日, その他
  • 0価ルテニウム錯体触媒による置換アルケン類の化学、位置および立体選択的鎖状二量化反応
    触媒学会埼玉地区講演会
    2013年01月11日, 口頭発表(招待・特別)
  • Stoichiometric and Catalytic Dimerization of Conjugated Compounds by a Ruthenium(0) Catalyst
    National Taiwan University
    2012年12月13日, 口頭発表(招待・特別)
  • Mechanistic Insights into Acid-Promoted sp3 C-H Bond Activation in (Aryloxo)ruthenium(II)
    The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry
    2012年11月12日, ポスター発表
  • Stoichiometric C−H Bond Cleavage Reaction in a Bis(carboxylato)ruthenium(II) Complex and Its Application to Catalytic H/D Exchange Reaction of Carboxylic Acids
    新学術領域研究第2回国際シンポジウム
    2012年11月11日, ポスター発表
  • Synthesis and Reactivity Differences of Bridged and Non-Bridged Dinuclear Pt/Mn Complexes with Thiiranes
    The 11th International Symposium on Advanced Technology (ISAT-Special)
    2012年10月30日, 口頭発表(一般)
  • A Mechanistic Insight into sp3 Carbon-Hydrogen Bond Activation in (2-Allylaryloxo)ruthenium(II) Promoted by Acid
    17th Malaysian Chemical Conference (17MCC) 2012
    2012年10月15日, 口頭発表(一般)
  • ルテニウム(0)錯体上での1,3-ジエンと1,2-ジエンの位置および面選択性酸化的カップリング反応
    第110回触媒討論会
    2012年09月26日, 口頭発表(一般)
  • μ-η1:η2-アリル白金-マンガン(またはレニウム)二核錯体の合成とE 体選択的還元的脱離反応
    第110回触媒討論会
    2012年09月24日, 口頭発表(一般)
  • モノまたはビス(リン配位子)パラジウム(0)錯体触媒によるヒドリドタングステンのアルケンやアルキンへの付加反応
    錯体化学会第62回討論会
    2012年09月22日, 口頭発表(一般)
  • 2,6-ジメチルベンゼンカルコゲナト基を持つ10族金属錯体の分子内sp3炭素ー水素結合切断反応
    錯体化学会第62回討論会
    2012年09月21日, 口頭発表(一般)
  • VISIBLE LIGHT INDUCED M.C BOND FORMING REDUCTIVE ELIMINATION OF HETERODINUCLEAER ORGANOPLATINUM-MANGANESE COMPLEX
    International Conference "Catalysis in Organic Synthesis"
    2012年09月17日, ポスター発表
  • REACTIONS OF 1,3-DIENE COMPLEX OF Ru(0) WITH CONJUGATED CARBONYLS, 1,3-DIENES OR 1,2-DIENES: STRAIGHTFORWARD ACCESS TO UNSATURATED CARBONYL COMPOUNDS BY A Ru(0) CATALYST
    International Conference "Catalysis in Organic Synthesis"
    2012年09月17日, ポスター発表
  • Synthesis and Reactivity Differences of Bridged and Non-Bridged Dinuclear Pt/Mn Complexes with Thiiranes
    59th Symposium on Organometallic Chemistry, Japan
    2012年09月15日, 口頭発表(一般)
  • Selective Homo- and Cross Dimerizations os Substituted Alkenes Catalyzed by Ruthenium(0) Complex Having a Cyclic Diene Ligand
    59th Symposium on Organometallic Chemistry, Japan
    2012年09月14日, 口頭発表(一般)
  • E-Selective Reactions in Heterodinuclear h1:h2-Crotylplatinum-transion Metal Complexes
    International Conference on Coordination Chemistry
    2012年09月09日, ポスター発表
  • REGIO- AND PROSTEREOGENIC FACE SELECTIVE OXIDATIVE COUPLING REACTIONS OF COORDINATED 1,3-DIENE WITH 1,2-DIENE AT RUTHENIUM(0) COMPLEX
    XXV INTERNATIONAL CONFERENCE on ORGANOMETALLIC CHEMISTRY
    2012年09月06日, ポスター発表
  • SYNTHESIS OF RU(0) COMPLEXES HAVING A BICYCLONONADIENE LIGAND AND THEIR APPLICATION TO CATALYTIC SELECTIVE DIMERIZATION OF SUBSTITUTED ALKENES
    XXV INTERNATIONAL CONFERENCE on ORGANOMETALLIC CHEMISTRY
    2012年09月06日, ポスター発表
  • INTRAMOLECULAR SP3 C-H BOND CLEAVAGE REACTION OF BIS(2,6-DIMETHYLBENZENETHIOLATO)GROUP 10 METAL COMPLEXES
    XXV INTERNATIONAL CONFERENCE on ORGANOMETALLIC CHEMISTRY
    2012年09月06日, ポスター発表
  • CATALYTIC ADDITION OF TUNGSTEN HYDRIDE TO ALKENES AND ALKYNES PROMOTED BY MONO(PHOSPHINE OR PHOSPHITE)PALLADIUM(0) COMPLEX
    XXV INTERNATIONAL CONFERENCE on ORGANOMETALLIC CHEMISTRY
    2012年09月05日, ポスター発表
  • Cross Dimerization between Substituted 1,3-Dienes and Electron Deficient Olefins by Ru(0) Complex
    International Symposium on Homogeneous Catalysis
    2012年07月13日, 口頭発表(一般)
  • 架橋および非架橋アシル白金ーマンガン二核錯体によるチエタンの開環反応機構
    第92日本化学会春季年会
    2012年03月28日, その他
  • μ-η1:η2-クロチル白金-マンガン二核錯体の合成とE選択的金属間アリル基移動反応
    第92日本化学会春季年会
    2012年03月28日, その他
  • モノ(ホスフィンまたはホスファイト)パラジウム(0)錯体触媒によるタングステンヒドリドのアルケンまたはアルキンへの付加反応
    第92日本化学会春季年会
    2012年03月28日, その他
  • ビス(2,6-ジメチルベンゼンチオラト)ニッケル(II)錯体の合成と分子内sp3炭素ー水素結合の切断反応
    第92日本化学会春季年会
    2012年03月28日, その他
  • (2,6-ジエチルフェノキソ)ルテニウム(II)錯体のオルトエチル基の連続的C-H結合の切断反応
    第92日本化学会春季年会
    2012年03月26日, その他
  • ビシクロノナジエンを配位子として持つRu(0)錯体の合成と置換オレフィンの選択的共二量化反応への応用
    第92日本化学会春季年会
    2012年03月26日, その他
  • ルテニウム(0)錯体を用いた分岐型共役ジエンと分岐型共役カルボニル化合物の化学選択的共二量化反応
    第92日本化学会春季年会
    2012年03月26日, その他
  • ルテニウム(0)錯体上での配位共役ジエンとアレンの酸化的カップリング反応
    第92日本化学会春季年会
    2012年03月26日, その他
  • Chemo-, Regio- and Diastereoselective Cross Dimerization between Methyl Methacrylate and 2,5-Dihydrofuran Catalyzed by Ru(0) Complex
    International Green Catalysis Symposium
    2012年03月08日, 口頭発表(一般)
  • New sp3 C-H Bond Activation Mechanism Promoted by Acid: Mechanistic Insight into the Interaction between (2-Allylphenoxo)ruthenium(II) and Acid Molecules
    International Green Catalysis Symposium
    2012年03月07日, ポスター発表
  • Chemo-, Regio- and Diastereoselective Cross Dimerization between Methyl Methacrylate and 2,5-Dihydrofuran Catalyzed by Ru(0) Complex
    International Green Catalysis Symposium
    2012年03月07日, ポスター発表
  • 酸によって促進されるsp3炭素―水素結合の新規活性化機構:2-アリルフェノキソルテニウム(II)錯体と酸との相互作用の解明
    新学術領域研究「分子活性化」第2回公開セミナー
    2012年01月19日, その他
  • Intramolecular sp3 C-H Bond Cleavage Reaction of (ortho-Alkyl substituted phenoxo)ruthenium(II) Complex
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2011
    2011年12月06日, ポスター発表
  • Cis-selective Addition of Tungsten Hydride to Dimethyl Acetylenedicarboxylate Promoted by Palladium(0)/phosphite Complex Catalyst
    Internatioinal Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2011
    2011年12月06日, ポスター発表
  • Chemoselective Cross Dimerization between Conjugated Diene and Conjugated Carbonyl Compound by Ruthenium(0) Complex
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2011
    2011年12月06日, ポスター発表
  • Dramatic Acceleration Effect by Hydrogen Acceptor on Internal sp3 Carbon-Hydrogen Bond Cleavage Reaction in Platinum(II) Complexes
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2011
    2011年12月06日, 口頭発表(一般)
  • Carbon-Hydrogen Bond Cleavage Reaction in Four-Coordinate (2,6-Dimethylbenzenethiolato)platinum(II) Complexes. Dramatic Acceleration by Thiolato Hydrogen Acceptor
    The 1st International Symposium on Molecular Activation
    2011年11月09日, その他
  • 0価ルテニウ ム錯体触媒による共役化合物の化学、位置およびジアス テレオ選択的カップリング反応
    第108回触媒討論会
    2011年09月22日, 口頭発表(基調)
  • パラジウム(0)/ホスファイト系錯体触媒によるアセチレンジカルボン酸ジメチルへのヒドリドタングステンのシス選択的付加反応
    第108回触媒討論会
    2011年09月21日, その他
  • ルテニウム(0)錯体を触媒とするメタクリル酸メチルとジヒドロフランの化学,位置およびジアステレオ選択的共二量化反応
    第108回触媒討論会
    2011年09月20日, その他
  • 単色可視光により促進されるジメチルアリール白金-遷移金属ヘテロ二核錯体の有機基移動反応
    第61回錯体化学討論会
    2011年09月18日, ポスター発表
  • 撹拌により位置選択性が制御される水/ヘキサン二相系アリル化錯体触媒反応
    第61回錯体化学討論会
    2011年09月18日, その他
  • ルテニウム(0)錯体上での異種共役ジエンの共二量化反応
    第61回錯体化学討論会
    2011年09月18日, その他
  • (オルトアルキル置換フェノキソ)ルテニウム(II)錯体の分子内sp3 C-H結合の切断反応
    第61回錯体化学討論会
    2011年09月18日, その他
  • Synthesis and Intramolecular sp3 C-H Bond Cleavage Reaction of Bis(2,6-dimethylbenzenthiolato)palladium(II) Complex
    第58回有機金属化学討論会
    2011年09月09日, ポスター発表
  • Chemoselective Cross Dimerization between Conjugate Diene and Conjugate Carbonyl Compound by Ruthenium(0) Complex
    第58回有機金属化学討論会
    2011年09月09日, その他
  • Chemoselective Oxidative Coupling Reactions by Ru(0) Complex
    The 14th Asian Chemical Congress
    2011年09月06日, 口頭発表(招待・特別)
  • Chemoselective Oxidative Coupling Reactions by Ru(0) Complex
    14ACC Satellite Meeting
    2011年09月03日, 口頭発表(一般)
  • ルテニウム(0)錯体上での異種共役ジエンの共二量化反応
    日本化学会第91春季年会
    2011年03月28日, その他
  • (2,6-ジメチルフェノキソ)ルテニウム(II)錯体の分子内sp3C-H結合の切断反応における中間体の研究
    日本化学会第91春季年会
    2011年03月28日, その他
  • ルテニウム(0)錯体を用いた共役ジエンと共役カルボニル化合物の化学選択的共二量化反応
    日本化学会第91春季年会
    2011年03月28日, その他
  • Ru(naphthalene)(1,5-COD)を触媒とするメタクリル酸メチルと2,5-ジヒドロフランとの化学、位置およびジアステレオ選択的共二量化反応
    日本化学会第91春季年会
    2011年03月28日, その他
  • メチルパラジウムへテロ二核錯体とチイランとの反応による(3-オキソブチル)チオラト架橋錯体の生成
    日本化学会第91春季年会
    2011年03月26日, その他
  • ビス(2,6-ジメチルベンゼンチオラト)パラジウム(II)錯体の合成と分子内sp3炭素‐水素結合切断反応
    日本化学会第91春季年会
    2011年03月26日, その他
  • Isomerization Involving C-H Bond Cleavage Promoted by Lewis and Brfnsted Acids in (2-Allylaryloxo)ruthenium(II) Complex
    The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem)
    2010年12月17日, 口頭発表(一般)
  • sp3 Carbon-hydrogen bond cleavage reaction in 5-coordinated (2,6-dimethylbenzenethiolato)- and (2,7-dimethylphenoxo)ruthenium(II) complexes
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem)
    2010年12月17日, ポスター発表
  • Stoichiometric and catalytic homo/hetero coupling reactions of conjugated dienes and acrylates by ruthenium(0) complex.
    The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem)
    2010年12月16日, 口頭発表(一般)
  • sp3 Carbon-hydrogen bond cleavage reaction in 5-coordinated (2,6-dimethylbenzenethiolato)- and (2,6-dimethylphenoxo)ruthenium(II) complexes
    第7回東京農工大学・電気通信大学合同シンポジウム「ナノ未来材料とコヒーレント光科学」
    2010年12月11日, ポスター発表
  • 三級ホスフィン配位子を有するヒドリドパラジウムヘテロ二核錯体の合成とその動的挙動
    第60回錯体化学討論会
    2010年09月30日, その他
  • 架橋型カルベン配位子をもつルテニウム-マンガンへテロ二核錯体の合成と性質
    第60回錯体化学討論会
    2010年09月29日, その他
  • Lewis酸又はBrfnsted酸によって促進される(2-アリルアリールオキソ)ルテニウム(II)錯体からh3―アリル錯体への異性化反応
    第60回錯体化学討論会
    2010年09月29日, その他
  • Intramolecular sp3 C-H Bond Cleavage Reaction of (2,6-dimethylbenzenechalcogenato)ruthenium(II) Complex. Effect of Anionic Ligands as Hydrogen Acceptors
    第57回有機金属化学討論会
    2010年09月18日, ポスター発表
  • Water/Hexane Interface Controlled Regioselective in Pd-catalyzed Allylation of Benzenethiol
    第57回有機金属化学討論会
    2010年09月18日, ポスター発表
  • Regio-, Stereo- and Chemoselective Oxidative Coupling of Acrylates by Ruthenium(0) Complex
    第57回有機金属化学討論会
    2010年09月16日, ポスター発表
  • 可視光により誘起されるジメチルアリール白金-マンガンヘテロ二核錯体の還元的脱離
    第22回配位化合物の光化学討論会
    2010年08月03日, 口頭発表(招待・特別)
  • Stoichiometric and Catalytic Homo/Hetero Coupling Reactions of Acrylates on Ruthenium(0)
    24th International Conference on Organometallic Chemistry
    2010年07月, その他
  • Visible-light Enhanced Methyl Transfer from Platinum to Manganese in Heterodinuclear Triorganoplatinum-munganese Complex
    24th International Conference on Organometallic Chemistry
    2010年07月, その他
  • Synthesis and Reaction of Heterodinuclear Hydridopalladium Complexes Showing Catalytic Insertion of Alkene and Alkyne into Transitionmetal-hydride
    24th International Conference on Organometallic Chemistry
    2010年07月, ポスター発表
  • sp3 C-H Bond Cleavage Reaction of 2,6-Dimethylphenol and 2,6-Dimethylbenzenethiol by Ru(II). Effect of Hydrogen Acceptor on Bond Cleavage Reaction
    24th International Conference on Organometallic Chemistry
    2010年07月, ポスター発表
  • Catalytic tail-to-tail type dimerization of methyl methacrylate promoted by ruthenium(0) complex
    6th Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology
    2010年07月, ポスター発表
  • (不飽和カルボキシラト)ルテニウム(Ⅱ)錯体の位置選択的炭素-水素結合活性化及び選択的H/D交換反応への応用
    第59回有機合成化学協会関東支部シンポジウム
    2010年05月22日, その他
  • 酸によって促進される2-(アリルアリールオキソ)ルテニウム(II)錯体の分子内炭素-水素結合切断反応
    第59回有機合成化学協会関東支部シンポジウム
    2010年05月22日, その他
  • ルテニウム(0)錯体上での配位共役ジエンとアクリル酸メチルのカップリング反応
    第90日本化学会春季年会
    2010年03月, その他
  • Ru(0)錯体触媒によるメタクリル酸メチルのtail-to-tail選択的二量化反応
    第90日本化学会春季年会
    2010年03月, その他
  • 架橋型カルベン配位子をもつルテニウム-マンガン二核錯体の合成と性質
    第90日本化学会春季年会
    2010年03月, その他
  • 三級ホスフィン配位子を有するヒドリドパラジウムへテロ二核錯体の合成とその動的挙動
    日本化学会第90春季年会
    2010年03月26日, その他
  • TPPTSを配位子とする水溶性cis-ジメチルパラジウム(II)錯体の還元的脱離への重水の加速効果
    日本化学会第90春季年会
    2010年03月26日, その他
  • 水/ヘキサン二相界面により制御されたベンゼンチオールの位置選択的アリル化触媒反応
    日本化学会第90春季年会
    2010年03月26日, その他
  • Water/Hexane Biphasic Interface Controlled Regioselective Palladium-catalyzed Allylation of Benzenethiol
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals
    2009年12月16日, 口頭発表(招待・特別)
  • Regioselective Carbon-Hydrogen Bond Activation in (Unsaturated carboxylato)ruthenium(II) Complex and Its Application to Selective H-D Exchange Reaction
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals
    2009年12月16日, ポスター発表
  • Carbon-Oxygen Bond Oxidative Addition of Vinylic and Allylic Esters to Ruthenium(0)
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals
    2009年12月16日, ポスター発表
  • Mechanistic Insights of Acid-Promoted Intramolecular C-H Bond Cleavage Reaction in (2-Allylaryloxo)ruthenium(II) Complex
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2009
    2009年12月16日, ポスター発表
  • Tail-to-tail Dimerization of Methyl Acrylateon Ruthenium(0). The Mechanistic Insights
    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2009
    2009年12月16日, 口頭発表(招待・特別)
  • Regioselective Carbon-Hydrogen Bond Activation in (Unsaturated carboxylato)ruthenium(II) and Its Application to Selective H-D Exchange Reaction
    第6回合同シンポジウム「ナノ未来材料とコヒーレント光科学」
    2009年12月05日, ポスター発表
  • Carbon-Hydrogen Bond Oxidative Additon of Vinylic and ALlylic Esters to Ruthenium(0)
    第6回合同シンポジウム「ナノ未来材料とコヒーレント光科学」
    2009年12月05日, ポスター発表
  • 酸により促進される(2-アリルフェノキソ)ルテニウム(II)錯体の炭素ー水素結合切断反応 ーブレンステッド酸による協奏機能的結合切断反応ー
    第104回触媒討論会
    2009年09月30日, その他
  • ルテニウム(0)錯体上でのアクリル酸メチルのtail-to-tail型二量化反応
    第104回触媒討論会
    2009年09月29日, その他
  • (2,6-ジメチルベンゼンチオラト)白金(II)錯体による分子内C-H結合切断反応 ー加速効果とその機構ー
    第59回錯体化学討論会
    2009年09月25日, その他
  • μ-η12-アリル白金-遷移金属二核錯体における動的挙動
    第59回錯体化学討論会
    2009年09月25日, その他
  • Intramolecular Carbon-Hydrogen Bond Cleavage Reaction in (Unsaturated ccarboxylato)ruthenium(II) Complex and Its Application to Regioselective Deuteration of Unsaturated Carboxylic Acids
    第56回有機金属化学討論会
    2009年09月10日, ポスター発表
  • Visible Light Accelerated Methyl Transfer Reaction of Triorganoplatinum-Manganese Heterodinuclear Complex
    第56回有機金属化学討論会
    2009年09月10日, ポスター発表
  • ヘテロ二核Fischer型白金カルベン錯体の合成と脱プロトン化によるμアルケニル錯体の生成
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月30日, その他
  • 可視光により促進されるトリオルガノ白金ーマンガン二核錯体のメチル基移動反応
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月30日, その他
  • dppeを配位子とするμ-η1:η2-アリル白金ーマンガン二核錯体の合成と反応
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月30日, その他
  • 1,3,5-トリアザ-7-ホスファアダマンタンを配位子とする水溶性ジアルキルパラジウム錯体の合成と水中での還元的脱離
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月30日, その他
  • 1,3,5-トリアザ-7-ホスファアダマンタンを配位子とする水溶性有機パラジウムーコバルトへテロ二核錯体の合成と反応性
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月30日, その他
  • (ペルフルオローμーカルボキシラト)ルテニウム(II)錯体の簡便な合成とMOCVD法によるルテニウム薄膜の作成
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月29日, その他
  • ルテニウム(0)上でのエノンの二量化によるビス(オキ サπアリル)型錯体の生成
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月28日, その他
  • :(カルボキシラト)ルテニウム(II)錯体の位置選択的C-H結合切断反応
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月28日, その他
  • ビス(2,6-ジメチルベンゼンチオラト)白金(II)錯体の合成と分子内sp3 炭素‐水素結合の切断反応
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月28日, その他
  • ルテニウム(0)錯体によるアリルエステルおよびエーテルの炭素-酸素結合の酸化的付加反応
    第89日本化学会春季年会
    2009年03月28日, その他
  • Methyl Transfer Rreaction of Trimethyl or Dimethylphenylplatinum-manganese Heterodinuclear Complexes
    第55回有機金属化学討論会
    2008年09月30日, ポスター発表
  • 酸によって促進される2-アリルフェノキソルテニウム(II)錯体からのη3-アリル錯体への変換反応機構
    第55回有機金属化学討論会
    2008年09月29日, ポスター発表
  • 2,6-キシレノールから誘導されるオキサルテナサイクルとアセチレン類の反応によるベンゾピランの生成機構
    第102回触媒討論会
    2008年09月26日, その他
  • ヘテロ二核カルベン白金錯体の合成と脱プロトン化によるμアルケニル白金錯体の生成
    第58回錯体化学討論会
    2008年09月21日, その他
  • μ-η12-アリル白金-コバルト二核錯体の合成と性質
    第58回錯体化学討論会
    2008年09月21日, その他
  • 有機白金ーマンガン二核錯体によるチエタン類の開環反応における立体化学制御
    第58回錯体化学討論会
    2008年09月21日, その他
  • ビス(2,6-ジメチルベンゼンチオラト)ルテニウム(II)錯体による炭素-水素結合の切断反応機構
    第58回錯体化学討論会
    2008年09月20日, その他
  • (1,3-ペンタジエン)ルテニウム(0)錯体の合成とジエン配位子の立体制御
    第58回錯体化学討論会
    2008年09月20日, その他
  • Synthesis and E-Selective Allyl Transfer Reaction in μ-η12-Crotrylplatinum-cobalt Complex
    238th ACS National Meetings & Exposition
    2008年08月19日, その他
  • Synthesis of and sp3-C-H Bond Cleavage Reaction by (Dithiolato)ruthenium(II) Ru(SC6H3Me3)2(PMe3)3
    38th International Conference of Coordination Chemistry
    2008年07月24日, ポスター発表
  • Acid Promoted Hydrogen Migration in 2-Allylphenoxoruthenium(II) to Form an η3-Allyl Complex
    23rd International Conference on Organometallic Chemistry
    2008年07月17日, ポスター発表
  • Synthesis and Methyl Transfer of Trimethyl and Dimethylphenylplatinum-Transition Metal Heterodinuclear Complexes
    23rd International Conference on Organometallic Chemistry
    2008年07月14日, ポスター発表
  • Regio and Stereoselective Stoichiometric Dimeization of Conjugated Dienes on Ruthenium(0)
    23rd International Conference on Organometallic Chemistry
    2008年07月14日, ポスター発表
  • トリメチルおよびジメチルフェニル白金-マンガン二核錯体におけるメチル基選択的移動反応
    日本化学会第88春季年会
    2008年03月30日, その他
  • パラジウムまたは白金0価錯体とη3-アリル白金錯体との反応
    日本化学会第88春季年会
    2008年03月30日, その他
  • 有機白金-マンガンヘテロ二核錯体によるチエタン類の開環反応
    日本化学会第88春季年会
    2008年03月30日, その他
  • 水/ヘキサン二相系界面で起きるPd触媒によるベンゼンチオールの位置選択的アリル化反応
    日本化学会第88春季年会
    2008年03月29日, 口頭発表(一般)
  • 酸により促進される2-アリルフェノキソルテニウム(II)錯体の炭素ー水素結合の切断反応
    日本化学会第88春季年会
    2008年03月27日, その他
  • ルテニウム(0)錯体上での共役ジエンの化学量論的二量化反応における反応機構
    日本化学会第88春季年会
    2008年03月27日, その他
  • Stoichiometric Dimerization of Conjugated Dienes on Ruthenium(0) Complex
    第54回有機金属化学討論会
    2007年10月28日, ポスター発表
  • Synthesis and Selective Allyl Transfer Reaction of mn-hapto1;hapto2-Allylplatinum-cobalt, -palladium, or -platinum Dinuclear Complexes
    第54回有機金属化学討論会
    2007年10月27日, ポスター発表
  • Formation Mechanism of Sulfur-bridged Thiamanganacycle-platinum Complexes from Heterodinuclear Organoplatinum-manganese Complexes and Thietanes.
    第54回有機金属化学討論会
    2007年10月27日, ポスター発表
  • μーヒドロキソジルテニウム(II)錯体によるフェニルアセチレンのE選択的tail-to-tail型二量化反応
    日本化学会第1回関東支部大会
    2007年09月28日, その他
  • 酸により促進される2-アリルフェノキソルテニウム(II)錯体の炭素ー水素結合の切断反応
    第57回錯体化学討論会
    2007年09月26日, その他
  • ビニルエステルが配位したルテニウム(0)錯体の構造と炭素ー酸素結合の酸化的付加
    第57回錯体化学討論会
    2007年09月26日, ポスター発表
  • 水溶性ジメチルパラジウム錯体の合成と重水により促進される水中での還元的脱離反応
    第57回錯体化学討論会
    2007年09月26日, ポスター発表
  • trans-ビス(2,6-ジメチルベンゼンチオラト)ルテニウム(II)錯体の合成とオルトメチル基のC-H結合切断反応
    第57回錯体化学討論会
    2007年09月26日, ポスター発表
  • かさ高い三級ホスフィン配位子により促進されるPd(0)錯体を触媒とする置換オレフィンのヒドリドーモリブデン、タングステンおよびマンガン結合への挿入反応
    第57回錯体化学討論会
    2007年09月25日, その他
  • トリメチル白金ー遷移金属ヘテロ二核錯体の合成とメチル基移動反応
    第57回錯体化学討論会
    2007年09月25日, その他
  • トリメチル白金-遷移金属へテロ二核錯体上でのメチル基移動反応
    日本化学会第87春季年会
    2007年03月26日, その他
  • 新しいアルキリデン白金へテロ二核錯体の合成と反応
    日本化学会第87春季年会
    2007年03月26日, その他
  • 重水溶媒により加速される水溶性cis-ジメチルパラジウム(II)錯体の還元的脱離
    日本化学会第87春季年会
    2007年03月26日, その他
  • ビニルエステルが配位したルテニウム(0)錯体の構造と炭素―酸素結合の酸化的付加
    日本化学会第87春季年会
    2007年03月25日, その他
  • Ru(0) 上でのブタジエンの二量化:(η3:η3-オクタ-2,6-ジエン-1.8-ジイル)ルテニウム(II)錯体の合成と反応
    日本化学会第87春季年会
    2007年03月25日, その他
  • 多環式芳香族化合物を配位子とするカチオン性ルテニウム錯体の合成と反応
    日本化学会第87春季年会
    2007年03月25日, その他
  • μ-ヒドロキソジルテニウム(II)錯体によるアリールアセチレンのE選択的二量化反応
    日本化学会第87春季年会
    2007年03月25日, その他
  • 水中におけるジメチルパラジウム錯体の還元的脱離-オレフィンの添加による促進効果
    第98回触媒討論会
    2006年09月29日, その他
  • メチルパラジウムへテロ二核錯体とヘテロ小員環化合物の反応
    第56回錯体化学討論会
    2006年09月18日, その他
  • (エチレン)(1,5-シクロオクタジエン)ルテニウム(0)錯体の合成と不飽和エステルとの反応
    第56回錯体化学討論会
    2006年09月17日, ポスター発表
  • 酸により促進された水素移動によるπ-アリルルテニウム(II)錯体の生成
    第56回錯体化学討論会
    2006年09月17日, その他
  • PTAを配位子とするジおよびトリメチル金(III)錯体の合成、構造および水中での反応
    第56回錯体化学討論会
    2006年09月17日, その他
  • E-Preferred Reductive Elimination of μ-η1,η2-Crotylplatinum-Cobalt Dinuclear Complex
    第53回有機金属討論会
    2006年09月09日, ポスター発表
  • Palldium-Catalyzed Alkene(or Alkyne) Insetion into Hydrogen-Transition Metal Bonds
    第53回有機金属討論会
    2006年09月09日, ポスター発表
  • Enhanced Reactivity of Water-soluble η3-Allylpalladium(II) Complex Assisted by Hydoxide Anion
    第53回有機金属討論会
    2006年09月09日, ポスター発表
  • Preparation and Properties of Homo- and Heteromultinuclear Ruthenium(0) Complexes aligned on Triphenylene Ligand
    International Conference on Orgnometallic Chemistry, 2006
    2006年07月28日, ポスター発表
  • Novel Palladium-Catalyzed Insertion of Alkenes and Alkynes into Unreactive Transition Metal Hydride: Importance of Heterodinuclear Organopalladium-Transition Metal Complex
    International Conference on Organometallic Chemistry, 2006
    2006年07月26日, その他
  • Synthesis of sp3-C-H Bond Cleavage Reaction by (Dithiolato)ruthenium(II) Ru(SC6H3Me2)2(PMe3)3
    38th International Conference on Coordination Chemistry
    2006年07月24日, ポスター発表
  • 有機白金-マンガンヘテロ二核錯体によるチエタン類の開環反応
    日本化学会第88春季年会
    2006年03月30日, 口頭発表(一般)
  • dppeを支持配位子とするμ-η1,η2-アリル白金-コバルトへテロ二核錯体の合成, 構造および反応
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月30日, 口頭発表(一般)
  • メチル(チオラト)白金(II)錯体によるチオラトアンカーを利用した炭素ー水素結合切断反応の機構
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月30日, その他
  • パラジウムーコバルト二核錯体によるアジリジンとCOの共重合における化学量論的研究
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月30日, その他
  • パラジウム(0)錯体を触媒としたヒドリド遷移金属結合への新しいアルケンおよびアルキンの挿入反応
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月30日, その他
  • ヒドリドパラジウム-モリブデンヘテロ二核錯体とアルケン及びアルキンとの反応
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月30日, その他
  • 水/ヘキサン二相系界面で起きるPd触媒によるベンゼンチオールの位置選択的アリル化反応
    日本化学会第88春季年会
    2006年03月29日, 口頭発表(一般)
  • 水溶性ジメチルパラジウム(II)錯体の水中での還元的脱離反応
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月28日, 口頭発表(一般)
  • トリフェニレンを基盤とする単核、二核および三核ルテニウム錯体の合成と反応
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月27日, その他
  • ルイス酸またはブレンステッド酸によるκO-2-アリルアリールオキソルテニウム錯体からη3-アリルルテニウム錯体への触媒的変換反応
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月27日, その他
  • ビス(1,3-ジケトナト)ルテニウム(II)錯体によるルテニウム薄膜の合成
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月27日, その他
  • トリフェニレンを基盤とする単核、二核および三核ルテニウム錯体の合成と反応
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月27日, その他
  • ルテニウム錯体による1-ナフトールの炭素-水素結合切断反応
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月27日, 口頭発表(一般)
  • トリフェニレンを基盤とするルテニウムークロム二核錯体の合成と反応
    日本化学会第86春季年会
    2006年03月27日, その他
  • Synthesis and Photochemical Properties of Acrylamide Copolymer Having Spirobenzothiopyran Unit as Side Chain
    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005
    2005年12月19日, ポスター発表
  • Synthesis and Reactions of Heterodinuclear Hydridoplatinum(or palladium)-molybdenum Complexes with 1,2-Bis(diphenylphosphino)ethane Ligand
    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2005
    2005年12月16日, ポスター発表
  • Environmentally Benign Pd-catalyzed Allylation Using Allyl Alcohol in Aqueous Biphasic Media. Synthesis, Stability, and Reactions of Water-soluble h3-Allylpalladium Complexes
    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2005
    2005年12月16日, ポスター発表
  • Ligand-controlled Selective Displacement of Dyclic Olefin Ligand in (h4-cyclooctadiene)(h6-cyclooctatriene)ruthenium(0)
    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005
    2005年12月16日, ポスター発表
  • Synthesis and Reactions of Heterodinuclear Organopalladium-cobalt Complexes. Application to Catalytic Copolymerization of Aziridines and CO
    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005
    2005年12月16日, ポスター発表
  • Synhesis and reactions of dinuclear Pt-Pt and Pt-Pd complexes having M-C bond.
    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2005
    2005年12月16日, ポスター発表
  • Carbon-Heteroatom Bond Cleavage Reactions of ortho Substituted Phenols by Ruthenium Complex
    International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2005
    2005年12月15日, その他
  • ルテニウムーアリールオキソ結合をアンカーとした炭素―ヘテロ原子結合の切断反応
    第96回触媒討論会
    2005年09月23日, その他
  • Reductive Elimination of Water-Soluble Organogold(III) and palladium(II) Complexes in Water
    第55回錯体化学討論会
    2005年09月21日, ポスター発表
  • ヒドロキソ架橋ルテニウム二核錯体の合成とニトリルの水和反応への応用
    第55回錯体化学討論会
    2005年09月21日, ポスター発表
  • 硫黄原子をアンカーとしたC-H結合の切断反応による チアプラチナサイクル錯体の生成
    第55回錯体化学討論会
    2005年09月21日, その他
  • Synthesis, Structure, and Reactivity of κ1-O-Enolatoiron(II) and –ruthenium(II) Complexes Derived from 1,3-Dicarbonyl Compounds
    第52回有機金属討論会
    2005年09月16日, その他
  • Synthesis of Heterodinuclear Hydridoplatium (or palladium) Complex Showing Catalytic Insertion of Olefin into Mo-H Bond
    第52回有機金属討論会
    2005年09月15日, ポスター発表
  • 二座リン配位子を有するメチル(ビニル)ルテニウム(II)錯体の合成と反応
    日本化学会第85春季年会
    2005年03月28日, その他
  • 有機白金-コバルト二核錯体によるチエタン類の触媒的カルボニル化反応
    日本化学会第85春季年会
    2005年03月27日, その他
  • ヒドリド白金またはパラジウムへテロ二核錯体の合成と反応
    日本化学会第85春季年会
    2005年03月27日, その他
  • dppeを配位子とするμ-η1,η2-アリル白金-パラジウム(または白金)二核錯体の合成と反応
    日本化学会第85春季年会
    2005年03月27日, その他
  • Catalytic Allylation Reactions by Allylic Alcohols in Biphasic Organic Solvent/Water Medium
    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CATALYSIS AND FINE CHEMICALS 2004
    2004年12月, 口頭発表(招待・特別)
  • Water-soluble Palladium Complex Catalyzed Allylation using Allyl Alcohol in Aqueous/Organic Biphasic Media
    第51回有機金属討論会
    2004年10月23日, ポスター発表
  • Isolation and Decarbonylation of (η4-Acrolein)ruthenium(0) Complex Derived from Dehydrogenation of Allyl Alcohol by (η4-1,3,5-Cyclooctatriene)tris(triethylphosphine)ruthenium(0)
    第51回有機金属討論会
    2004年10月23日, ポスター発表
  • Pt(0)錯体への酸化的付加によるアルキル、アリー ルおよびアリル白金-白金(またはパラジウム)二核錯 体の合成と反応
    第51回有機金属討論会
    2004年10月22日, その他
  • パラジウム-コバルト二核錯体によるアジリジン類とCOの共重合反応
    第94回触媒討論会
    2004年09月29日, その他
  • 水溶性パラジウム錯体触媒を用いた水/有機溶媒2相系でのアリルアルコールによるチオールのアリル化
    第94回触媒討論会
    2004年09月29日, その他
  • 有機へテロ二核白金およびパラジウム錯体の合成、反応および触媒機能
    第94回触媒討論会
    2004年09月28日, 口頭発表(招待・特別)
  • Ru(COD)(COT)とルイス塩基の置換反応における選択性制御
    第54回錯体化学討論会
    2004年09月25日, その他
  • オルト置換アリールオキソルテニウム(II)錯体によるC-H結合の活性化
    第54回錯体化学討論会
    2004年09月25日, その他
  • 一酸化炭素存在下での水溶性η3-アリルパラジウム(II)錯体と水およびアルコール類との反応
    第54回錯体化学討論会
    2004年09月25日, その他
  • トリアルキルホスファイトを配位子とするビニルルテニウム錯体の合成と反応
    第54回錯体化学討論会
    2004年09月23日, ポスター発表
  • 三座ホスフィン配位子を持つジチオラトルテニウム(Ⅱ)の合成と反応
    第54回錯体化学討論会
    2004年09月23日, ポスター発表
  • DPPEを配位子とするPt(0)錯体へのPt-CまたはPd-C結合の酸化的付加による二核有機金属錯体の合成と反応
    日本化学会第84春季年会
    2004年03月29日, その他
  • 硫黄で架橋されたチアマンガナサイクル-白金二核錯体の水素化分解
    日本化学会第84春季年会
    2004年03月29日, その他
  • 三級ホスフィンによるRu(COD)(COT)の選択的配位子置換反応
    日本化学会第84春季年会
    2004年03月27日, 口頭発表(一般)
  • パラジウム-コバルト二核錯体によるアジリジン類とCOの共重合反応
    日本化学会第84春季年会
    2004年03月27日, 口頭発表(一般)
  • CpRu(PPh3)2Clと置換アリールオキシドの反応
    日本化学会第84春季年会
    2004年03月27日, 口頭発表(一般)
  • 三座ホスフィン配位子を有するジチオラトルテニウム(II)錯体からのチアルテナサイクル錯体の生成
    日本化学会第84春季年会
    2004年03月26日, ポスター発表
  • (シクロオクタジエン)ロジウム(I)錯体の水素化分解によるロジウムナノ微粒子の生成と反応機構
    日本化学会第84春季年会
    2004年03月26日, 口頭発表(一般)
  • Synthesis and Alkylation of Vinylruthenium(II) Complexes Derives from Oxidative Addition of Vinyl Carboxylates
    第50回有機金属討論会
    2003年09月30日, ポスター発表
  • Carbon-Heteroatom Bond Cleavage Reactions by Ruthenium Complex Assisted by Anchoring Group
    第50回有機金属討論会
    2003年09月30日, ポスター発表
  • Selective Ligand Displacement due to Facile Dissociation of N Moiety in Heterodinuclear Organoplatinum Complex with PN Ligand
    第50回有機金属討論会
    2003年09月30日, ポスター発表
  • Ru(COD)(COT)のシクロポリエン配位子とイソニトリルとの特異的配位子置換反応
    第53回錯体化学討論会
    2003年09月26日, その他
  • 配位子交換反応によるポリアレーンルテニウム(0)錯体の合成
    第53回錯体化学討論会
    2003年09月25日, その他
  • ジカルボキシラトルテニウム(Ⅱ)錯体の合成、構造と反応
    第53回錯体化学討論会
    2003年09月25日, その他
  • 三座ホスフィンを持つジチオラトルテニウム(Ⅱ)錯体の合成と反応
    第53回錯体化学討論会
    2003年09月25日, ポスター発表
  • アシル白金タングステン二核錯体の 歪んだ分子構造
    第53回錯体化学討論会
    2003年09月24日, ポスター発表
  • 水溶性η3-アリルパラジウム(Ⅱ)錯体の合成と反応
    第92回触媒討論会
    2003年09月20日, その他
  • 水/有機溶媒2相系触媒反応:アリルアルコールを用いた水溶性パラジウム錯体触媒によるアリル化反応
    第92回触媒討論会
    2003年09月20日, その他
  • TPPTSを配位子とする水溶性η3-アリルパラジウム錯体の合成と性質
    日本化学会第83春季年会
    2003年03月21日, その他
  • (1,5-シクロオクタジエン)(1,3,5-シクロオクタトリエン)ルテニウム(0)とイソニトリルとの反応
    日本化学会第83春季年会
    2003年03月20日, その他
  • ルテニウムへのアンカー配位を利用したオルト置換フェノール類の炭素―ヘテロ原子結合の切断反応
    日本化学会第83春季年会
    2003年03月20日, その他
  • 水溶性パラジウム錯体による水/有機溶媒二相系メディアにおけるアリルアルコールを用いたアミンの触媒的アリル化
    日本化学会第83春季年会
    2003年03月19日, その他
  • 有機白金へテロ二核錯体によるチイラン類及びチエタン類の開環反応
    日本化学会第83春季年会
    2003年03月18日, その他
  • 水溶性ホスフィン配位子を有するジアルキル金(III)錯体の合成と水中での還元的脱離反応
    第52回錯体化学討論会
    2002年10月02日, 口頭発表(一般)
  • 非対称P-SおよびP-オレフィン二座配位子を有する有機白金へテロ二核錯体の合成と反応
    第52回錯体化学討論会
    2002年10月02日, 口頭発表(一般)
  • ルテニウム錯体によるα,β-不飽和カルボン酸の位置選択的C-H切断と官能基化
    第52回錯体化学討論会
    2002年09月, 口頭発表(一般)
  • 白金-炭素結合の酸化的付加による新しいモノアルキル白金 二核錯体の合成と反応
    第52回錯体化学討論会
    2002年09月, ポスター発表
  • 有機モリブデンおよびタングステン錯体の白金(0)錯体への酸化的付加反応とその反応機構
    第52回錯体化学討論会
    2002年09月30日, ポスター発表
  • 三座ホスフィンを持つ Ru(0)錯体によるアリル及びビニルエステルのC-O結合活性化
    第52回錯体化学討論会
    2002年09月30日, ポスター発表
  • 水中での有機遷移金属素反応
    日本化学会第82秋季年会
    2002年09月27日, 口頭発表(招待・特別)
  • 有機白金-コバルト二核錯体を触媒とするチエタンのカルボニル化反応
    第90回触媒討論会
    2002年09月21日, その他
  • (シクロオクタジエン)(シクロオクタトリエン)ルテニウム(0)とLewis塩基との反応
    第90回触媒討論会
    2002年09月21日, 口頭発表(招待・特別)
  • Selective C-S Bond Cleavage and Catalysis of Thiiranes and Thietanes Promoted by Heterodinuclear Group 10 Organotransition Metal Complex
    第49回有機金属討論会
    2002年09月13日, その他
  • Selective Versatile Displacement of Ru(COD)(COT) with Lewis Bases Releavant to C-O and C-H Bond Cleavage Reactions
    第49回有機金属討論会
    2002年09月12日, ポスター発表
  • Synthesis and Reaction of Water-soluble Organoplatinum(II) and -palladium(II) Complexes: β-Hydrogen Elimination and Reductive Elimination in Water
    第49回有機金属討論会
    2002年09月12日, その他

外部研究資金等

  • 低原子価ルテニウム錯体によるジエン類のオリゴメリゼーション
    共同研究, 自 0000年, 至 0000年
  • ルテニウム(0)錯体を用いたジエンおよびエノン類の二量化反応
    共同研究, 自 0000年, 至 0000年
  • 光刺激応答性磁性ナノ微粒子の開発
    共同研究, 自 0000年, 至 0000年
  •  
    共同研究, 自 0000年, 至 0000年
  •  
    受託研究, 自 0000年, 至 0000年
  • 0価ポリアレーンルテニウム錯体の合成と反応
    共同研究, 自 0000年, 至 0000年
  • 高還元ルテニウム錯体触媒によるゼロ・エミッション分子変換反応の開発
    受託研究, 自 0000年, 至 0000年
  • 酸化的カップリング機構の特徴を活かした化学、位置および立体選択的鎖状炭素骨格の構築
    受託研究, 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
  • 酸化的カップリング機構の特徴を活かした化学、位置および立体選択的鎖状炭素骨格の構築
    受託研究, 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
  • 酸化的カップリング機構の特徴を活かした化学、位置および立体選択的鎖状炭素骨格の構築
    受託研究, 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
  • 酸化的カップリング機構の特徴を活かした化学、位置および立体選択的鎖状炭素骨格の構築
    受託研究, 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
  • 酸化的カップリング機構の特徴を活かした化学、位置および立体選択的鎖状炭素骨格の構築
    受託研究, 自 2012年10月01日, 至 2013年03月31日
  • 光茂樹応答性ナノ微粒子の合成および物性評価
    共同研究, 自 2006年08月16日, 至 2007年03月31日
  • 光応答性磁性ナノ微粒子に関する技術開発
    共同研究, 自 2005年, 至 2005年
  • 光応答性磁性ナノ粒子の研究
    共同研究, 自 2005年09月05日, 至 2006年03月31日

委員歴

  • International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals
    International Advisory Board
    自 20210401, 至 20240331
  • 新興出版社啓林館
    高等学校理科教科書著作編集委員会 副委員長
    自 20230401, 至 20240331
  • 新興出版社啓林館
    中学校理科教科書著作編集委員
    自 20230401, 至 20240331
  • 触媒学会
    ファインケミカルズ合成触媒研究会 世話人
    自 20230401, 至 20240331
  • 触媒学会
    有機金属部会 世話人代表
    自 20230401, 至 20240331
  • 近畿化学協会
    有機金属部会 幹事
    自 20230401, 至 20240331
  • 新化学技術推進協会
    新科学技術研究奨励賞審査員
    自 20220901, 至 20230630
  • 新興出版社啓林館
    高等学校理科教科書著作編集委員
    自 20220401, 至 20230331
  • 新興出版社啓林館
    中学校理科教科書著作編集委員
    自 20220401, 至 20230331
  • 触媒学会
    ファインケミカルズ合成触媒研究会 世話人
    自 20220401, 至 20230331
  • 触媒学会
    有機金属部会 世話人代表
    自 20220401, 至 20230331
  • 近畿化学協会
    有機金属部会 幹事
    自 20220401, 至 20230331
  • 日本学術振興会
    特別研究員等審査会専門委員
    自 20210701, 至 20220630
  • 新興出版社啓林館
    高等学校理科教科書著作編集委員
    自 20210401, 至 20220331
  • 新興出版社啓林館
    中学校理科教科書著作編集委員
    自 20210401, 至 20220331
  • 触媒学会
    ファインケミカルズ合成触媒研究会 世話人
    自 20210401, 至 20220331
  • 触媒学会
    有機金属部会 世話人代表
    自 20210401, 至 20220331
  • 近畿化学協会
    有機金属部会 幹事
    自 20210401, 至 20220331
  • 日本化学会
    錯体化学・有機金属化学ディビジョン幹事
    自 201404, 至 201903
  • 触媒学会
     
    自 2014, 至 0000
  • 近畿化学協会
    幹事
    自 2014, 至 0000

メディア報道

  • 有機合成化学協会 巻頭言
    Chem Station
    自 2023年03月21日, 至 2023年03月21日
  • いす型化合物合成しやすく
    東京農工大学の平野雅文教授らの研究チームは、ありふれた原料から炭素の環状構造が二つ連なったいす型の化合物を合成する手法を開発したと紹介される。
    日経産業新聞
    自 2022年12月05日, 至 2022年12月05日
  • Latest News Complete degradation of commercial polyester: Reducing plastic waste and creating new materials
    discovered that complexes of the rare earth element lanthanum are effective in decomposing polybutylene succinate (PBS) based on their knowledge of the transesterification decomposition of vegetable oils and the catalytic bond scission of esters of low-molecular-weight compounds.
    Science Japan
    自 2022年10月12日, 至 2022年10月12日
  • ?底分解市售聚????少塑料??,挑??造新材料
    由?京都立大学研究生院理学研究科的野村琴广教授、?京?工大学工程学院的研究生安倍亮汰、?大学工程学院?用化学系的小峰伸之助教和平野雅文教授?成的研究??,基于以往在植物油的反式?化分解和低分子化合物的?催化裂解方面的研究?果,??稀土元素“?”的?合物?于分解聚丁二酸丁二醇?(PBS)有效
    客観日本
    自 2022年09月12日, 至 2022年09月12日
  • 研究成果 市販のポリエステルを完全分解 プラごみを削減、新物質の創出にも挑戦
    東京農工大学工学府の安倍亮汰大学院生、工学研究院応用化学部門の小峰伸之助教、平野雅文教授らの研究チームは、ポリブチレンスクシネートの分解に希土類元素「ランタン」の錯体が有効であることを見出したことが紹介される。
    JSTnews 9月号
    自 2022年09月01日, 至 2022年09月01日
  • PET分解、添加剤なしで原料に 東京農工大、低環境負荷の触媒
    東京農工大学の平野雅文教授と大学院修士課程2年生の安倍亮汰さん、東京都立大学の野村琴広教授らは、ペットボトルを原料の化合物に分解する触媒を開発したと紹介される。
    日経産業新聞/WEB
    自 2022年08月10日, 至 2022年08月12日
  • 東京農工大らの研究グループ ポリエステル分解する触媒反応発見 ケミカルサイクルに応用 低コストの新技術
    東京農工大学大学院の安倍亮汰氏、小峰伸之助教、平野雅文教授らの研究チームは、ポリエステルを触媒反応によってモノマーに戻す技術を開発したと紹介される。
    繊研新聞
    自 2022年07月20日, 至 2022年07月20日
  • ペットボトルを分解する触媒反応を開発 東京農工大など、プラごみ問題への貢献期待
    ペットボトルのほか繊維や食器、自動車部品などに広く使われているプラスチックであるポリエステルを単量体(モノマー)に戻すことができる触媒反応を開発した、と東京農工大学などの研究グループが発表したことが紹介される。
    Science Portal
    自 2022年07月12日, 至 2022年07月12日
  • 経営ひと言/東京農工大学・平野雅文教授「創造的分解」
    「循環型社会に向けプラスチックの創造的分解に挑戦したい」と東京農工大学平野雅文教授のインタビューが掲載される。
    日刊工業新聞/WEB
    自 2022年07月12日, 至 2022年07月12日
  • ポリエステル→モノマー 東京農工大 酸・アルカリ使わず分解
    東京農工大学の安倍亮汰大学院生と、小峰伸之助教、平野雅文教授らは、酸やアルカリを使わずにポリエステルをモノマーに分解する触媒反応を開発したと紹介される。
    日刊工業新聞
    自 2022年07月06日, 至 2022年07月06日
  • ペットボトルの原料であるポリエステルを完全分解する触媒反応、農工大が開発
    東京農工大学(農工大)は7月1日、繊維、食器類、ペットボトル、自動車部品、農業用資材などの原材料として世界中で大量に利用されており、自然に分解しないために大きな社会問題となっているポリエステルを単量体に完全分解する触媒反応を開発したことを発表したと紹介される。
    マイナビニュース/fabcross for エンジニア/MIT Technology Review
    自 2022年07月05日, 至 2022年07月06日
  • イミノアルキンと共役ジエンの形式的[4.1]アニュレーションによる多置換ピロール合成
    Chem Station
    自 2022年05月11日, 至 2022年05月11日
  • 1-2工程で合成 多置換ピロール増殖阻害剤向け 東京農工大学
    東京農工大学の平野雅文教授と清田小織技術専門職員、小峰伸之助教らが、医薬品の有効成分や生体分子などにみられる多置換ピロールの新しい合成法を開発したと紹介される。
    日刊工業新聞
    自 2022年04月22日, 至 2022年04月22日
  • 2つの異なるホウ素置換基が導入された非共役ジエンの触媒的合成と細胞死制御分子の形式合成
    Chem Station
    自 2022年03月02日, 至 2022年03月02日
  • 東京農工大、不斉選択性触媒を開発
    東京農工大学の小峰伸之助教と平野雅文教授らが、高い不斉選択性のルテニウム触媒を開発したことが紹介される。
    日刊工業新聞/WEB
    自 2021年08月10日, 至 2021年08月10日
  •  
    "Polyene substructures are ubiquitous frameworks in many natural products and pharmaceutical molecules," said Masafumi Hirano, paper author and professor of applied chemistry at TUAT.
     
    自 2019年09月13日, 至 2019年09月13日
  • 東京農工大、ホウ素化されたポリエン骨格を1つの反応容器内で合成し他の有機分子への骨格導入に成功
    日本経済新聞
    自 2019年08月22日, 至 2019年08月22日
  • 触媒「不向きな物質」原料に東京農工大 医薬品合成に応用へ
    東京農工大学の平野正文教授と小峰伸之助教らが、これまで触媒には不向きと考えられていた物質を原料に使うことで、逆に触媒の改良につながる技術を開発したことが紹介される。
    日経産業新聞
    自 2018年11月14日, 至 2018年11月14日
  • シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明
    東京農工大学大学院工学府応用化学専攻・佐野浩介さん(博士前期課程修了生)、金沢優輝さん(博士前期課程1年)が研究成果について紹介。
    Chem station
    自 2018年07月25日, 至 2018年07月25日
  • 芳香族ポリイミド原料合成反応機構を解明農工大など
    投稿農工大学、大阪大学、京都大学の研究グループが、ほとんど不明だった芳香族ポリイミド原料の合成反応機構を解明したことが紹介される。
    化学工業日報
    自 2018年05月29日, 至 2018年05月29日
  • 工業生産されながらも未解明だった「芳香族ポリイミド原料」の合成反応機構を解明
    東京農工大学大学院工学研究院応用化学部門の平野雅文教授および小峰伸之助教らのグループが、工業生産もされていながら、これまで反応機構がほとんど未解明であった芳香族ポリイミド原料の合成反応機構をシンクロトロン放射光などを用いて解明することに成功したと発表したことが紹介される。
    マイナビニュース/infoseekニュース/gooニュース/グノシー/ニコニコニュース/exciteニュース
    自 2018年05月24日, 至 2018年05月24日
  •  
    This mechanism is now explained by synchrotron radiations. Researchers from TUAT, Kyoto University, and Osaka University have Initially concentrated on the potential intermediates, for example, [Pd(OAc){C6H3(CO2Me)2}(phen)] based on the commonly accepted catalytic cycle and they prepared them by separate reactions.
     
    自 2018年05月21日, 至 2018年05月21日
  •  
    The research group of professor Masafumi Hirando at Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT; Koganei City, Japan; www.tuat.ac.jp) has performed the world’s first one-pot synthesis of conjugated polyenes, which normally require at least seven steps by conventional methods.
    CHEMICAL ENGINEERING
    自 2018年03月01日, 至 2018年03月01日
  • 廃棄物出さず化合物合成共役テトラエン 東京農工大が手法
    平野雅文教授らが、医薬品や電子材料の基本構造である「共役テトラエン」と呼ぶ種類の化合物を廃棄物を出さずに合成する手法を開発したことが紹介される。
    日経産業新聞
    自 2018年01月19日, 至 2018年01月19日

所属学協会

  • 日本化学会
    自 2014年
  • アメリカ化学会
  • 触媒学会
    自 2014年
  • 近畿化学協会
    自 2014年
  • 有機合成化学協会
  • 錯体化学会

受賞

  • 東京農工大学
    東京農工大学職員表彰
    2021年03月31日
  • 南方技科大(SUSTech)
    SUSTech Lectureship Award
    2020年01月
  • 日本学術振興会
    日本学術振興会特別研究員等審査会専門員表彰
    2016年09月07日
  • National Science Council; Taiwan
     
    2011年12月01日
  • 平成14年度東京農工大学工学部優秀講義賞
    2002年
  • 平成13年度東京農工大学工学部優秀講義賞
    2001年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.