研究者データベース

神谷 秀博KAMIYA Hidehiroカミヤ ヒデヒロ

所属部署名役員
職名理事
Last Updated :2023/08/08

業績情報

氏名・連絡先

  • 氏名

    カミヤ ヒデヒロ, 神谷 秀博, KAMIYA Hidehiro
  • 生年

    1958
  • Fax番号

    042-388-7068
  • eメールアドレス

    kamiyacc.tuat.ac.jp
  • 個人ホームページ

    http://www.tuat.ac.jp/~kamihide/

主たる所属・職名

  • 役員, 理事

その他の所属

  • 生物システム応用科学府 食料エネルギーシステム科学専攻
  • 工学部
  • グローバルイノベーション研究院
  • 副学長
    工学研究院
  • 経営協議会委員
    生物システム応用科学府
  • 評議員
    工学部

学歴

  • 名古屋大学
    工学部
    化学工学科
    至 1981年, 卒業
  • 名古屋大学大学院
    工学研究科
    前期課程化学工学専攻
    至 1983年, 修了, 博士前期
  • 名古屋大学大学院
    工学研究科
    後期課程化学工学専攻
    至 1986年, 修了, 博士後期

学位

  • 工学博士(工博第495号)
    名古屋大学

教育・研究活動状況

  • 大きさが1mmの千分の1以下、微粒子や超微粒子と呼ばれる物質は、分子と大きな固体の中間的な不思議な性質を持っています。その理由は、同じ重さの物質を用意してその物質をどんどん小さく砕いていくと表面積が増加します。表面は原子の結合が切断されているため物質の内部に比べ表面にエネルギーが貯えられるため、固体と気体・液体と反応が活発になります。ファインセラミックスなどの新しい材料の原料として使ううと簡単に焼結でき、従来の材料にない細かい微構造を持つため新しい機能をもたせることも可能です。 ところが、表面が活性のため粒子同志が付着・凝集しやすくなり、性能はいいのですがコントロールが難しくなります。微粒子の挙動制御は材料開発や実用化の大切な基盤となる技術になっています。さらに、微粒子は、ゴミや石炭を燃やした時にも発生します。ダイオキシンや重金属など有害物質がこの微粒子状の灰に吸着するため、微粒子をいかに排ガスから除去しクリーンにするかは、エネルギー・環境問題にとっても大切なテーマです。 この他、微粒子は様々な場面に登場します。(詳しくは、私も執筆者の一人となっている日本粉体技術協会編「不思議な粉の世界」、日刊工業新聞社を参照ください。)微粒子の表面の構造と粒子の間に働く相互作用の関係を基礎的に解明しながら、微粒子の性質と運動を自由に操る技術を開発することで、微粒子が材料、環境・エネルギーの他、化学、医薬品、バイオなど幅広い分野で利用できる微粒子工学の研究を進めています。

研究分野

  • A489 ナノテク・材料, A26020 無機材料、物性
  • A689 ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), A27010 移動現象、単位操作
  • A689 ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), A27010 移動現象、単位操作
  • A689 ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), A27010 移動現象、単位操作

研究キーワード

  • 微粒子、ナノ粒子の表面間相互作用の評価と設計。材料、エネルギー・環境、医薬品等への微粒子、ナノ粒子の応用。

研究テーマ

  • セラミックス材料の高信頼性化のための粉体プロセシング
    自 1993
  • 微粒子の付着・凝集特性の制御
    自 9999
  • 石炭及び廃棄物燃焼,ガス化プロセスにおける灰微粒子挙動の制御
    自 9999

共同・受託研究希望テーマ

  • コロイドプローブAFM法による無機微粒子間の相互作用に及ぼす分散財の影響とその解析
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望

科学研究費助成事業

  • 挑戦的研究(開拓)
    持続的農業システムのための食料生産プロセス工学の開拓
    自 2018年, 至 2020年
  • 基盤研究(A)
    界面構造設計による高密度ナノ流体・ナノ構造体機能制御
    自 2016年, 至 2018年
  • 基盤研究(B)(一部基金)
    固定発生源からの微粒子状物質排出挙動の国際的調査
    自 2013年, 至 2015年
  • 挑戦的萌芽研究
    擬液状重合性ナノ粒子体の開発と相分離特性を用いたポリマー中でのナノ粒子配列制御
    自 2012年, 至 2013年
  • 基盤研究(A)
    界面構造設計した高機能化ナノ粒子の太陽電池デバイスへの応用
    自 2011年, 至 2013年
  • 新学術領域研究(研究領域提案型)(計画班)
    人為発生源におけるエアロゾルの生成と排出源同定
    自 2008年, 至 2012年
  • 基盤研究(B)一般
    機能性無機ナノ粒子の界面化学構造設計による有機無機複合材料の機能制御
    自 2008年, 至 2010年
  • 基盤研究(B)
    高度制御熱プラズマによるナノ粒子材料の非平衡・高速合成と完全分散構造体への応用
    自 2008年, 至 2008年
  • 基盤研究(B)(2)一般
    機能性ナノ粒子の有機・無機複合皮膜によるカプセル化と樹脂への高密度均一分散
    自 2004年, 至 2006年
  • 基盤研究(C)(1)企画
    第6回高温集塵世界会議に向けた高温集塵技術の現状総括と新領域の調査・開拓
    自 2004年, 至 2004年
  • 基盤研究(C)企画
    第6回高温集塵世界会議に向けた高温集塵技術の総括と新領域の調査・開拓
    自 2004年, 至 2004年
  • 基盤研究(C)企画
    生体界面機能の体系的解明によるナノバイオ・微粒子ナノテクノロジー融合学理の創出
    自 2003年, 至 2003年
  • 基盤研究(B)展開
    ナノ生体表面機能の模倣による分散性超微粒子の合成と集合状態制御
    自 2001年, 至 2003年
  • 基盤研究(C)一般
    微粒子表面構造制御による粒子間相互作用の設計と多孔体材料構造の制御
    自 1998年, 至 2000年
  • 基盤研究(B)一般
    高温極限雰囲気下での粉体表面構造と表面構造と表面間相互作用評価システムの構築
    自 1997年, 至 1999年

論文

  • Dispersibility of TiO2 Nanoparticles in Less Polar Solvents: Role of Ligand Tail Structures
    Sudo, T.; Yamashita, S.; Koike, N.; Kamiya, H.; Okada, Y.
    Chem. Eur. J.
    2022年12月28日, 研究論文(学術雑誌), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Photochemical Radical Cation Cycloadditions of Aryl Vinyl Ethers.
    Adachi, S.; Horiguchi, G.; Kamiya, H.; Okada, Y.
    Eur. J. Org. Chem.
    WILEY-V C H VERLAG GMBH
    Radical cation cycloadditions have long been known as unique reactions and yet are intensively studied chemical transformations in the field of modern synthetic organic chemistry. The key to developing new reactions of this class is the generation and control of highly reactive radical cation intermediates. Herein, we report TiO2 photochemical [2+2] and [4+2] cycloadditions using aryl vinyl ethers as radical cation precursors. The constructions of various four- and six-membered rings are made possible by these radical cation cycloadditions. Although detailed mechanistic aspects remain unclear, 2,3-dimethyl-1,3-butadiene (3) is found to be more radicalophilic than 2-ethyl-1-butene (2) and effectively traps the radical cation of the aryl vinyl ethers to construct six-membered rings.
    2022年11月25日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2022, 44, 1434-193X, DOI(公開)(r-map)
  • Radical cation Diels?Alder reactions of arylidene cycloalkanes
    Nakayama, K.; Kamiya, H.; Okada, Y.
    Beilstein J. Org. Chem.
    BEILSTEIN-INSTITUT
    TiO2 photoelectrochemical and electrochemical radical cation Diels-Alder reactions of arylidene cycloalkanes are described, leading to the construction of spiro ring systems. Although the mechanism remains an open question, arylidene cyclobutanes are found to be much more effective in the reaction than other cycloalkanes. Since the reaction is completed with a substoichiometric amount of electricity, a radical cation chain pathway is likely to be involved.
    2022年08月25日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 18, 1860-5397, DOI(公開)(r-map), 1100, 1106
  • Design of a Photocatalytic [2 + 2] Cycloaddition Reaction Using Redox-Tag Strategy.
    Hashimoto, Y.; Horiguchi, G.; Kamiya, H.; Okada, Y.
    Chem. Eur. J.
    WILEY-V C H VERLAG GMBH
    The design of photocatalytic processes is important for a sustainable society. Key to these photocatalytic reactions is electron transfer. This article is focused on titanium dioxide photocatalyzed organic synthesis and the design of a new [2+2] cycloaddition reaction based on the electron transfer process. Electron transfer - not only between the substrate and the photocatalyst but also inter- and intramolecularly - is crucial for the reaction design. Radical cations were generated by the photocatalyst and trapped by alkenes. The resultant cyclobutyl radical cations were immediately reduced by the aryl rings via intramolecular electron transfer to obtain cyclobutane rings. The outcome of the reaction was controlled by substitution of the aryl ring and the linker connecting the aryl ring to the enol ether. The carefully designed substrates were highly effective for photocatalytic cycloaddition.
    2022年11月21日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 28, 65, 0947-6539, DOI(公開)(r-map)
  • Controlling particle adhesion of synthetic and sewage sludge ashes in high temperature combustion using metal oxide nanoparticles
    Horiguchi, G.; Ito, M.; Ito, A.; Kamiya, H.; Okada, Y.
    Fuel
    ELSEVIER SCI LTD
    During combustion, ash particles can adhere to the internal walls of the plant due to partial melting and generate a liquid bridge force at the high operating temperatures. The adhered ashes inhibit energy recovery and stable operation of the plant. To achieve highly efficient energy recovery during combustion, it is necessary to investigate suitable methods to control adhesiveness according to each operational case. Herein, the ability of small amount (1-3 wt%) of nanoparticles (NPs: SiO2 NPs, Al2O3 NPs, and Fe3O4 NPs) as additives to control the adhesiveness at high temperatures was investigated. The controllability of each type of NP with respect to the adhesiveness of various synthetic ashes, which served as model compounds, was evaluated to clarify the role played by the different NPs. To demonstrate the practical utility of the NPs as additives, ash samples derived from the incineration of sewage sludge were investigated. Given the chemical complexity of the ash systems, it was discovered that a chemical effect and an increase in the porosity of the powder bed can effectively decrease the adhesiveness of ash particles produced at high temperatures.
    2022年08月01日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 321, 0016-2361, DOI(公開)(r-map)
  • Colloidal Stability of TiO2 Nanoparticles: The Roles of Phosphonate Ligand Length and Solution Temperature
    Yamashita, S.; Sudo, T.; Kamiya, H.; Okada, Y.
    Chem. Eur. J.
    WILEY-V C H VERLAG GMBH
    Surface ligands are essential tools for the stabilization of colloidal nanoparticles (NPs) in solvents. However, knowledge regarding the effects of the ligand shell, especially the ligand length, is insufficient and controversial. Here we demonstrate solution-based experiments on n-alkylphosphonate-capped TiO2 NPs to investigate the effects of ligand length and solution temperature on colloidal stability. A robust ligand-exchange process is achieved that draws free ligands and impurities away from the colloidal solution. In the case of 8 nm anatase NPs in toluene, the dodecylphosphonate ligand provided better colloidal stability than all the other n-alkylphosphonate ligands. In addition, relaxation studies suggested there is kinetic hysteresis in the dispersion/agglomeration transition. The proposed method is applicable to a wide range of surface ligands designed to maximize the colloidal stability of NPs.
    2022年09月06日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 28, 50, 0947-6539, DOI(公開)(r-map)
  • Particle adhesion induced by calcium carbonate nanoparticles at 900 °C
    Horiguchi, G.; Fujimoto, T.; Yoshinaga, K.; Okada, Y.; Kamiya H.
    Powder Technol.
    ELSEVIER
    Particle adhesion is a typical characteristic of particulate materials. The addition of poorly packed nanoparticles to microparticles may control their adhesiveness at high temperatures. Herein, we focused on calcium carbonate nanoparticles (CaCO3 NPs) to control particle adhesion at high temperatures. The CaCO3 NPs were added to stable and less-adhesive silica and kaolin microparticles. At 900 ?, the tensile strength of the kaolin powder bed increased 6.8 times with the addition of CaCO3 NPs, but that of SiO2 did not increase. We found that the addition of CaCO3 NPs to kaolin promoted sintering of particles at high temperatures, which was responsible for the increase in tensile strength. Size and amount of CaCO3 NPs are important factors to determine the particle adhesion. The addition of alumina nanoparticles (Al2O3 NPs) to the kaolin-CaCO3 NPs system successfully suppressed the increase in tensile strength at high temperatures caused by CaCO3 NPs.(c) 2022 Elsevier B.V. All rights reserved.
    2022年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 405, 0032-5910, DOI(公開)(r-map)
  • Oxidation of benzyl alcohol using linear paired electrolysis
    Genki Horiguchi,Hidehiro Kamiya, Kazuhiro Chiba, Yohei Okada
    Journal of Environmental Chemical Engineering
    ELSEVIER SCI LTD
    Electrochemical transformation offers a green and sustainable process in water treatment, energy conversion, and chemical synthesis. In particular, paired electrolysis systems, which produce valuable products by both anodic oxidation and cathodic reduction, can make the most efficient use of energy. Herein, we developed the oxidation of benzyl alcohols by paired electrolysis using O(2 )as the terminal oxidant and an aqueous medium as the electrolyte. The key to this system is the cathodic oxidation path, and the highly oxidizing reactive oxygen species (ROS) produced by O-2 reduction at the cathode oxidizes benzyl alcohol. This path at the cathode is an indirect oxidation path. Thus, by using both direct oxidation at the anode and indirect oxidation at the cathode, the desired benzaldehyde can be produced with high productivity and efficiency. We obtained the corresponding benzaldehyde in yields as high as 94%, and the system achieved a current efficiency as high as 146%. Especially, the ability to exceed 100% current efficiency is one of the advantages of the paired electrolysis route, and the observed results support the proposed mechanism of linear paired electrolysis.
    2022年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 10, 3, 2213-2929, DOI(公開)(r-map)
  • Shear Strength Testing of Synthetic Ash: The Role of Surface vs Interparticle Adhesions
    Nanami Aoki, Genki Horiguchi, Hidehiro Kamiya, Yohei Okada
    Ind. Eng. Chem. Res.
    AMER CHEMICAL SOC
    In thermal power plants, deposition of fly ash on the surfaces of the heat exchanger causes a significant drop in the heat-transfer efficiency and this inhibits effective fuel utilization. It is widely accepted that alkali metals such as sodium and potassium are the trigger for fly ash deposition given that the alkali metals potentially form low-melting-point materials which have adhesive properties and can be deposited on the surface of the exchanger. However, detailed mechanistic studies of this process are challenging due to the chemical complexity and diversity of fly ash samples collected from commercial thermal plants. Herein, it is demonstrated that fly ash deposition triggered by alkali metals can have different mechanisms due to the effects of interparticle and/or surface adhesions. A key enabler for facilitating detailed mechanistic studies is the combined use of tensile and shear strength testers linked to a synthetic ash strategy that utilizes chemically synthesized inorganic particles.
    2022年03月09日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 61, 9, 0888-5885, DOI(公開)(r-map), 3358, 3364
  • Porous and spherical ethyl cellulose fine particles produced by ternary system-based emulsion castings
    Hiroshi Takezaki, Takashiro Otsubo, Yuji Echigo, Hidehiro Kamiya, Yohei Okada
    Powder Technology
    ELSEVIER
    Biocompatible polymer fine particles would be promising carriers for a drug delivery system. Although biocompatible polymer fine particles containing active pharmaceutical ingredients are typically produced by oil in water (O/W) emulsion castings, this method has several limitations, such as the significant solubility of both the polymer and API being studied in typical less-polar solvents that are immiscible with aqueous media is required to form O/W emulsions. Herein, we demonstrate that ternary system-based oil in oil emulsion castings can produce porous and spherical fine particles of biocompatible ethyl cellulose (EC) with a narrow size distribution. The fine particles possess macropores with average diameter of 0.43 mu m and are quantitatively obtained from commercial EC. Several analytical techniques, including transmission electron microscopy, scanning electron microscopy in combination with energy dispersive X-ray spectroscopy, and X-ray computed tomography scan have revealed that pore networks are constructed throughout the particles, which provides the large pore volumes. (c) 2021 Published by Elsevier B.V.
    2022年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 395, 1, 0032-5910, DOI(公開)(r-map), 663, 668
  • Role of Phosphorus and Iron in Particle Adhesiveness at High Temperatures Using Synthetic Ashes
    Horiguchi, Genki; Ito, Masahiro; Ito, Atsuki; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING
    AMER CHEMICAL SOC
    During sewage treatment, phosphorus (P) is concentrated in sewage sludge, and the sludge is incinerated to produce P-concentrated ash particles. The P-containing ash particles possess high adhesiveness at high temperatures, which can cause problems for the incineration plants. Phosphorus is considered a key element for inducing ash particles adhesiveness; however, the mechanistic details remain unclear. The present study clarified the role of P in particle adhesion at high temperatures using synthetic ashes, which consist of P and Si. The tensile strength of synthetic ash powder beds was quantified using a specially developed device that could estimate adhesiveness of particles at high temperatures. Since synthetic ash has few components compared to incineration ashes collected from commercial incineration plants, evaluating the role of P is easier. Iron (Fe)-containing chemical species are used for water treatment as chemical conditioners, and Fe also is concentrated with P in the sludge-incinerated ashes. To determine the interactions between Fe and P, iron oxide nanoparticles were added to P-containing synthetic ashes and their adhesiveness was evaluated. A small addition of iron oxide nanoparticles significantly decreased the adhesiveness of P-containing synthetic ashes at high temperatures, information that can help to control adhesiveness of sewage sludge-incinerated ashes.
    2021年11月15日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 9, 45, 2168-0485, DOI(公開)(r-map), 15315, 15321
  • Ligand Exchange Reactions between Phosphonic Acids at TiO2 Nanoparticle Surfaces
    Yamashita, Shohei; Sudo, Tatsuya; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    CHEMISTRYSELECT
    WILEY-V C H VERLAG GMBH
    Understanding the surface chemistry of organic-inorganic interfaces is a prerequisite for the design of novel nanohybrid materials. Herein, we disclose that phosphonate ligands tightly bind to TiO2 nanoparticle surfaces and cannot be displaced even through repetitive decantation by methanol. However, 1D H-1 solution NMR analyses unambiguously show that they can be effectively exchanged by other phosphonic acids. A key enabler for successful measurements is the design and synthesis of a novel phosphonic acid ligand that stabilizes TiO2 nanoparticles in toluene to form homogeneous colloidal conditions.
    2021年03月26日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 6, 12, 2365-6549, DOI(公開)(r-map), 2923, 2927
  • Mechanistic Determination of the Role of Aluminum in Particle Adhesiveness at High Temperatures Induced by Sodium and Potassium Using a Synthetic Ash Strategy
    Horiguchi, Genki; Beppu, Yuta; Yoshinaga, Kentaro; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING
    AMER CHEMICAL SOC
    Energy recovery from various fuels with high efficiency is an important objective to realize sustainable energy conversion systems. During the combustion process, ash particles are produced that can form aggregates inside of combustion plants, which inhibit stable and effective plant operation. This is a serious problem for plant operation, and the control of ash particle aggregation under high-temperature conditions is an important objective. In this research, a method to effectively suppress the adhesiveness of particles at high temperatures is proposed based on a synthetic ash strategy. Synthetic ashes were prepared from a base material with sodium (Na) or potassium (K) as target elements to induce adhesiveness. The base material included both silicon (Si) and aluminum (Al). The tensile strengths of powder beds of the prepared synthetic ash with various alkali concentrations were measured at high temperatures, by which it was confirmed that Na could induce higher adhesiveness than K at low alkali concentrations. This difference was ascribed to the presence of Al. The role of Al in particle adhesiveness was clarified by control of the Al concentration through the addition of aluminum oxide (Al2O3) nanoparticles, and the ratio of alkali to Al (Na/Al or K/Al) had an effect on particle adhesiveness at high temperatures, that is, the particle adhesiveness could be suppressed by a decrease of these ratios.
    2021年03月15日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 9, 10, 2168-0485, DOI(公開)(r-map), 3727, 3734
  • Evaluation and control of the adhesiveness of cohesive calcium carbonate particles at high temperatures
    Horiguchi, Genki; Kamiya, Hidehiro; Garcia-Trinanes, Pablo
    ADVANCED POWDER TECHNOLOGY
    ELSEVIER
    Understanding the adhesiveness of fine particulate materials at high temperatures is important to achieving the stable, economical operation of various industrial systems. In the present research, two types of calcium carbonate (CaCO3 ) particles having different mean particle sizes (often used as heat carriers in energy systems) were evaluated. The tensile strengths of beds of these materials were determined at various temperatures by tensile strength measurement tester. The adhesiveness was found to increase greatly at 500 degrees C even without chemical reactions or sintering, and X-ray diffraction analyses showed thermal expansion of the CaCO3 crystals at 500 degrees C. Pure alumina (Al2O3) and silica (SiO2) microparticles did not exhibit the same pronounced increases in tensile strength or crystal expansion at this same temperature. Because the surface distances between these primary particles were presumably small, it is proposed that van der Waals forces between the particles greatly increased at high temperatures. The addition of Al2O3 nanoparticles to the CaCO3 decreased the tensile strengths of the powder beds both at ambient temperature and at 500 degrees C. The experimental data confirm that the surface distances between primary particles were increased upon incorporating the nanoparticles, such that the tensile strength decreased during heat treatment. (c) 2020 The Society of Powder Technology Japan. Published by Elsevier B.V. and The Society of Powder Technology Japan. This is an open access article under the CC BY-NC-ND license (http://creativecommons. org/licenses/by-nc-nd/4.0/).
    2021年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 32, 2, 0921-8831, DOI(公開)(r-map), 283, 289
  • Engineering Plastic Fine Particles: Emulsion Castings Enabled by a Ternary System
    Takezaki, Hiroshi; Asano, Itaru; Echigo, Yuji; Kobayashi, Hiroshi; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH
    AMER CHEMICAL SOC
    Fine particles of condensation polymers, including engineering plastics, are in high demand for a wide range of applications since their chemical and/or physical properties have been improved compared to traditional radical polymers. However, the production of condensation polymer fine particles must be creative because oil-in-water (O/W) emulsion polymerizations are not applicable and O/W emulsion castings are also limited to those polymers that are soluble in typical less-polar solvents that are immiscible with aqueous media. Herein, we demonstrate that oil-in-oil emulsions can be formed by a ternary system composed of two different polymers and one solvent, which offers spherical templates for the casting of condensation polymers. The ternary system has enabled the production of fine particles of various engineering plastics with narrow size distributions.
    2021年01月20日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 60, 2, 0888-5885, DOI(公開)(r-map), 1067, 1070
  • Direct Measurement of the Shear Strength of Fly Ash Powder Beds
    Aoki, Nanami; Okada, Yohei; Kamiya, Hidehiro
    ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING
    AMER CHEMICAL SOC
    Control of the adhesion properties of fly ash represents a considerable challenge for the maintenance and operation of a wide range of combustion plants throughout the world. This is especially true for biomass combustion, which has seen growing interest as a renewable energy production source given that biomass usually contains a significant amount of chlorine, sulfur and alkali metals. These elements are known to cause severe fly ash adhesion in combustion plants and are also responsible for plant corrosion. However, an understanding of the mechanistic aspects of the adhesion process remains challenging, partly due to the chemical complexity of fly ash and the lack of analytical methods that can directly measure adhesion force at high temperatures. In the present study, a novel testing system was developed to provide direct measurement of the shear strength of fly ash powder beds. It is believed that the shear strength of these powder beds is closely linked to the adhesion force acting between the fly ash particles and the containment surfaces. Our experiments indicated that the shear strength of biomass fly ash powder beds that exhibit high shrinkage can be measured directly with the new testing system, which had not been previously possible with a tensile strength testing system.
    2020年12月28日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 8, 51, 2168-0485, DOI(公開)(r-map), 18864, 18868
  • Mechanistic Studies on TiO2 Photoelectrochemical Radical Cation [2+2] Cycloadditions
    Horiguchi, Genki; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY
    ELECTROCHEMICAL SOC INC
    In addition to electrochemical and photochemical approaches, the photoelectrochemical method using semiconductors as photoelectrodes is a third type of approach in the field of synthetic organic chemistry that enables precise control of single electron transfer (SET) reactions. Herein, we report mechanistic studies on TiO2 photoelectrochemical redox neutral reactions, where both reductive and oxidative SET are involved, using radical cation [2 + 2] cycloadditions as models. In the presence of platinum nanoparticles or molecular oxygen as electron sink or electron acceptor, respectively, the mechanistic details for the photoelectrochemical reactions can be investigated because the excited electron at the conduction band of TiO2 is removed.
    2020年12月01日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 167, 15, 0013-4651, DOI(公開)(r-map)
  • EC-Backward-E Electrochemistry in Radical Cation Diels-Alder Reactions
    Nakayama, Kaii; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY
    ELECTROCHEMICAL SOC INC
    Cascade processes, including electron transfer (E), chemical reaction (C), and backward electron transfer (E), are known as EC-backward-E mechanisms; however, they are rarely observed directly. Herein, we demonstrate that direct observation of EC-backward-E processes in radical cation Diels-Alder reactions is possible using cyclic voltammetry measurements. Formal expressions for the plausible reaction mechanisms provide a reasonable understanding of the processes, which are also supported by the highest occupied molecular orbitals and spin density distributions plotted from density functional theory calculations.
    2020年12月01日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 167, 15, 0013-4651, DOI(公開)(r-map)
  • Engineering magnetosomes with chimeric membrane and hyaluronidase for efficient delivery of HIF-1 siRNA into deep hypoxic tumors
    Lyu, Chengliang; Lu, Guihong; Bao, Weier; Li, Feng; Wang, Shuang; Zhang, Fan; Gao, Xiaoyong; Kamiya, Hidehiro; Ma, Guanghui; Wei, Wei
    CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL
    ELSEVIER SCIENCE SA
    Hypoxia-inducible factor-1 (HIF-1) plays a critical role in tumor development and chemotherapy resistance, and suppression of HIF-1 has emerged as a captivating antitumor approach. To efficiently silence HIF-1 in deep hypoxic tumors, we herein developed a versatile small interfering RNA delivery system that could overcome multiple physiological barriers. The system is comprised of an Fe3O4 magnetic nanocluster as the core, pre-engineered chimeric membrane for the cloak, and decorated hyaluronidase on the surface, which succeeded in prolonged circulation time, magnetic resonance imaging guidance, magnetic tumor accumulation, hypoxic site penetration, homotypic tumor targeting, and cytoplasmic trafficking. Such versatile and programmed delivery performance enabled the engineered magnetosomes to achieve the remarkable silencing of HIF-1, potent therapeutic effect and chemoresistance amelioration with few abnormalities, showing a promising modality for anticancer therapy.
    2020年10月15日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 398, 1385-8947, DOI(公開)(r-map)
  • Understanding the Mechanism of Particle Adhesion in High-Temperature Combustion Induced by Sodium and Potassium: Use of a Synthetic Ash Strategy
    Horiguchi, Genki; Fujii, Ryosuke; Beppu, Yuta; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH
    AMER CHEMICAL SOC
    During high-temperature combustion of coal, biomass, and municipal waste, ash particles can agglomerate and adhere to the internal surfaces of the plant under high-temperature conditions, resulting in a decrease in operating efficiency. It is known that the presence of small amounts of Na and K in the ash can facilitate adhesion; however, mechanistic details of the process are unclear. In this paper, a synthetic ash strategy consisting of a base material of SiO2 involving controlled additions of simple chemical components is proposed as a novel and convenient way to investigate adhesion. The synthetic ash consisted of SiO2 as the base material, and trace amounts of Na or K were added as target elements to examine their potential role in facilitating the adhesion process. It became clear that small amounts of Na and K increased the propensity for adhesiveness at high temperatures. The effect of the addition of Al2O3 nanoparticles to the synthetic ashes, which was expected to prevent adhesion, was also investigated. Therefore, it was found that the effect of Al2O3 would depend on the elements, which may increase the adhesiveness. It is projected that the present research can contribute to stable operation of many types of combustion plants.
    2020年09月16日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 59, 37, 0888-5885, DOI(公開)(r-map), 16185, 16190
  • Controlling fly ash adhesion at high temperatures via porosity effect
    Ito, Masahiro; Horiguchi, Genki; Hariu, Takafumi; Ito, Atsuki; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    POWDER TECHNOLOGY
    ELSEVIER
    Fly ash adhesion is a universal occurrence in a wide range of combustion plants and causes severe problems that disturb the stable and long-term operation of the facilities, such as decreased heat-transfer efficiency and blocked gas flows. Consequently, controlling fly ash adhesion is a challenge for combustion plants worldwide. Herein, we demonstrate that not only a chemical effect, i.e., changing the composition of fly ash to prevent the formation of eutectic systems with relatively low melting points, but also a porosity effect can be a key enabler for controlling fly ash adhesion at high temperatures. In particular, the addition of fine particles to fly ash powder beds is an effective method for increasing the porosity, which leads to the suppression of tensile strength. (C) 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.
    2020年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 374, 0032-5910, DOI(公開)(r-map), 492, 495
  • Direct Measurement of Single-Particle Adhesion Behaviors on Metal Surfaces at High Temperatures Using Model and Modified Pulverized Coal Combustion Ash
    Gao, Juguan; Aozasa, Takashi; Tsukada, Mayumi; Matsuda, Hiromitsu; Makino, Hisao; Kamiya, Hidehiro
    ENERGY & FUELS
    AMER CHEMICAL SOC
    Using a developed system that can measure the adhesion force between a spherical fine ash particle and a polished metal surface for superheaters under high-temperature conditions, the adhesion force of two kinds of spherical particles was determined at different experimental conditions. One sample was prepared from pure spherical silica particles and alkali metal, and another was modified pulverized coal ash samples with different Ca contents, prepared from pulverized coal by drop-tube furnace combustion. The adhesion force of each particle was dependent upon the maximum compressive force, temperature, and chemical composition. In combination with thermomechanical behavior measurements and calculations, it can be deduced that mechanical properties influenced by the temperature are among the factors that determine the adhesion behaviors of a particle. Because a particle maintains a solid or elastic deformation state during compression at relatively low temperatures, the adhesion force will not increase with increasing compression force. In contrast, as slag-phase formation or softening partially occurred at the contact point between particles at a high temperature, the adhesion force increases with increasing compressive force as a result of the expansion of the contact area via plastic deformation between a particle and a plate. Moreover, by adding CaO in pulverized coal for drop-tube furnace combustion, a complex change in the adhesion force of modified ash samples with different Ca concentrations was observed at different compression forces and temperatures. Overall, this system provides a new method to quantify single-particle adhesion force, and the experimental results contribute to the fundamental study of ash adhesion and deposition phenomena.
    2020年05月21日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 34, 5, 0887-0624, DOI(公開)(r-map), 6338, 6345
  • Radical-Cation Vinylcyclopropane Rearrangements by TiO2 Photocatalysis
    Maeta, Naoya; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY
    AMER CHEMICAL SOC
    Radical cation vinylcyclopropane rearrangements by TiO2 photo-catalysis in lithium perchlorate/nitromethane solution are described. The reactions are triggered by oxidative single electron transfer, which is followed by immediate ring-opening of the cyclopropanes to generate distonic radical cations as unique reactive intermediates. This approach can also be applied to vinylcyclobutane, leading to the construction of six-membered rings. A stepwise mechanism via distonic radical cations is proposed based on preliminary mechanistic studies, which is supported by density functional theory calculations.
    2020年05月15日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 85, 10, 0022-3263, DOI(公開)(r-map), 6551, 6566
  • Modification of Phosphorus-Rich Sewage Sludge Combustion Ash Using Pure Source Materials for Analysis of Ash Adhesion Behavior at High Temperature
    Gao, Juguan; Kamiya, Hidehiro
    ENERGY & FUELS
    AMER CHEMICAL SOC
    The deposition of combustion ash on the inner surface of the incinerator wall and the bed materials in a fluidized bed hinder the stable operation of sewage sludge incineration plants and damage the relevant facilities. Ash particles comprise various main and trace elements and form complex chemical compounds. Removing certain elements during the combustion of ash particles is impossible when discussing the effect of the target element on ash adhesion at high temperature. Herein, to analyze the effects of certain elements on ash adhesion, we prepared model ash particles containing the target elements by using pure nanosized particles and chemical compounds. We focused on seven main elements, i.e., Si, Al, Ca, Mg, Na, K, and P, present in real sewage sludge ash and synthesized the model ash with almost the same chemical compounds as those in real combustion ash without the trace elements. The adhesion property of each ash particle was characterized based on the tensile strength of the ash powder bed developed in our previous study, and the synthetic ash showed a similar adhesion property to that of the real ash under high temperature. To discuss the effects of Ca, Mg, and Al on the adhesion behavior, two types of model ash with only five elements, Si, Al, Na, K, and P, were prepared, and their adhesion behavior at high temperature was characterized. In this model ash, Ca and Mg were replaced with Al, and the other elements were fixed at the same concentration as that in the seven-element ash. The tensile strength of the five-element model ash was greater than that of the seven-element model ash. The equilibrium calculation and FE-SEM results before and after heat treatment suggest that the existence of Ca and Mg is important to stabilize phosphorus-rich sewage sludge combustion ash at high temperature.
    2020年03月19日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 34, 3, 0887-0624, DOI(公開)(r-map), 3797, 3804
  • Probing Intramolecular Electron Transfer in Redox Tag Processes
    Maeta, Naoya; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    ORGANIC LETTERS
    AMER CHEMICAL SOC
    Herein, we show that redox tag-guided intermolecular formal [2 + 2] cycloaddition can be used as a probe to investigate intramolecular single-electron transfer (SET) mechanisms. The efficacy of intramolecular SET can be evaluated in association with concomitant carbon-carbon bond formation and/or cleavage, leading to cycloaddition or cross-metathesis. Experimental and theoretical results suggest that the intramolecular SET is under both thermodynamic and kinetic control and can also occur through bonds, not only through space.
    2019年11月01日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 21, 21, 1523-7060, DOI(公開)(r-map), 8519, 8522
  • Improved Tag-Assisted Liquid-Phase Peptide Synthesis: Application to the Synthesis of the Bradykinin Receptor Antagonist Icatibant Acetate
    Okada, Yohei; Takasawa, Rico; Kubo, Daisuke; Iwanaga, Natsumi; Fujita, Shuji; Suzuki, Kosuke; Suzuki, Hideaki; Kamiya, Hidehiro; Chiba, Kazuhiro
    ORGANIC PROCESS RESEARCH & DEVELOPMENT
    AMER CHEMICAL SOC
    A cost- and time-effective synthetic method is a prerequisite to producing therapeutic peptides on a commercial scale. Herein we demonstrate that a solubletag-assisted liquid-phase peptide synthesis (LPPS) using a hydrophobic benzyl alcohol as a support is applicable to the 100 g scale production of therapeutic peptides using the bradykinin receptor antagonist icatibant acetate as a model. The use of sacrificial propylamine to trap the activated amino acids enables one-pot sequential couplings and deprotections without detectable double hits. With the modified procedure, precipitations at every other step are sufficient for the overall process, significantly reducing the amount of MeCN required. The complete consumption of starting materials (<0.05% remaining) at each step can be confirmed by a facile in-process control using HPLC, realizing the preparation of icatibant acetate with high purity (>99%).
    2019年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 23, 11, 1083-6160, DOI(公開)(r-map), 2576, 2581
  • Sulfur-free Surfactant for Carbide Nanoparticle Characterization in Steel Using Asymmetric Flow Field-Flow Fractionation Hyphenated Inductively Coupled Plasma-Mass Spectrometry
    Itabashi, Daisuke; Mizukami, Kazumi; Taniguchi, Shunsuke; Nishifuji, Masayuki; Kamiya, Hidehiro
    ANALYTICAL SCIENCES
    JAPAN SOC ANALYTICAL CHEMISTRY
    An asymmetric flow field-flow fractionation (AF4) combined with inductively coupled plasma mass spectrometry (ICP-MS) was applied to measure the concentration and size distribution of nanometer-sized carbides in steel sheets, such as titanium carbides (TiC) and vanadium carbides (VC). Prior to AF4-ICP-MS measurement, TiC and VC nanoparticles in steel were extracted into a solution via selective potentio-static etching by electrolytic dissolution (SPEED) method. The SPEED method enabled the selective dissolution of iron and the carbide nanoparticles were dispersed as primary particles in solution with surfactant. However, sulfur-free surfactant was required in AF4-ICP-MS carrier solutions because sulfur in SDS, generally used to disperse various nanoparticles, causes a spectral interference with titanium and vanadium in ICP-MS analysis. In this study, sulfur-free sodium cholate (SC) was applied as the dispersant of carbide nanoparticles for the SPEED method and AF4 measurements. SC provides a high absolute value of zeta potential on a particle surface and membrane of an AF4 separation channel to prevent particle adsorption on the membrane. Additionally, SC does not generate the spectral interference due to sulfur, in contrast to SDS. Thus, it enabled the sensitive detection of titanium and vanadium in carbide nanoparticles extracted from a steel sheet in AF4-ICP-MS. These results indicate that sulfur-free surfactants are useful for analyzing some precipitates in steels using AF4-ICP-MS.
    2019年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 35, 9, 0910-6340, DOI(公開)(r-map), 995, 1001
  • Toward Stable Operation of Sewage Sludge Incineration Plants: The Use of Alumina Nanoparticles to Suppress Adhesion of Fly Ash
    Gao, Juguan; Matsushita, Mild; Horiguchi, Genki; Fujii, Ryosuke; Tsukada, Mayumi; Okada, Yohei; Kamiya, Hidehiro
    ENERGY & FUELS
    AMER CHEMICAL SOC
    In sewage sludge incineration plants, fly ash can adhere to the surfaces of both the incinerator and dust filter and then accumulate over time. Since this grown layer can potentially block the gas flow and damage the filter, thus preventing stable and long-term operation of incineration plants, fly ash adhesion must be monitored carefully and suppressed as much as possible. Herein, we used three different fly ash samples to demonstrate that the merger of experimental and theoretical approaches enabled a rational choice of additive that could suppress fly ash adhesion. The tensile strength of ash powder beds provided a benchmark for the adhesive properties, which were further studied by thermodynamic calculations. Experimental and theoretical results suggest that the use of alumina nanoparticles is a promising approach to suppress the adhesion of fly ash containing a relatively high concentration of phosphorus components.
    2019年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 33, 9, 0887-0624, DOI(公開)(r-map), 9363, 9366
  • Alumina particle surface interaction in copolymer of isobutylene and maleic anhydride aqueous solution characterized by colloidal probe atomic force microscopy
    Yamamoto, Masahiro; Shimai, Shunzo; Oguma, Kazuki; Wang, Shiwei; Kamiya, Hidehiro
    POWDER TECHNOLOGY
    ELSEVIER
    By the addition of isobutylene-maleic anhydride copolymer, Al2O3 aqueous suspensions retain fluidity for approximately 1 h and then gelation occurs. The bi-functionality mechanism as dispersant and gelling-agent of the copolymer was investigated by colloidal probe atomic force microscopy. The time-dependent surface interaction between Al2O3 particles and sapphire substrates were compared to those of SiO2, the suspension of which did not appear experience gelation. After 40 min, repulsive forces increased slightly and attractive forces decreased dramatically with short-range character, corresponding to the dispersant action of the copolymer in aqueous Al2O3. As aging time increased to 2 h. a large repulsive force and long-range attractive force developed. With the aging time going to 3 h, the repulsive force disappeared and only long-range attractive forces remained. On the contrary, in the case of SiO2, long-range repulsive force was only observed after the addition of ISOBAM, and long-range attractive interactions were not observed with increased of aging time. However, no time-dependent long-range attractive interaction was observed in the SiO2 suspension. Therefore, it seems gelation of the Al2O3 aqueous suspension was correlated to the long-range attractive interaction between Al2O3 surfaces. (C) 2019 Elsevier B.V. All rights reserved.
    2019年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 354, 0032-5910, DOI(公開)(r-map), 369, 376
  • Radical Cation Diels-Alder Reactions by TiO2 Photocatalysis
    Nakayama, Kaii; Maeta, Naoya; Horiguchi, Genki; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    ORGANIC LETTERS
    AMER CHEMICAL SOC
    Radical cation Diels-Alder reactions by titanium dioxide (TiO2) photocatalysis in lithium perchlorate/nitromethane solution are described. TiO2 photocatalysis promotes reactions between electron-rich dienes and dienophiles, which would otherwise be difficult to accomplish due to electronic mismatching. The reactions are triggered by hole oxidation of the dienophile and are completed by the excited electron reduction of the radical cation intermediate at the dispersed surface in the absence of any sacrificial substrate.
    2019年04月05日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 21, 7, 1523-7060, DOI(公開)(r-map), 2246, 2250
  • Toward Stable Operation of Coal Combustion Plants: The Use of Alumina Nanoparticles to Prevent Adhesion of Fly Ash
    Genki Horiguchi, Ryousuke Fujii, Yusuke Yamauchi, Harumi Okabe, Mayumi Tsukada, Yohei Okada, and Hidehiro Kamiya
    Energy Fuels
    2018年10月25日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 32, 12, DOI(公開)(r-map), 13015, 13020
  • CNTプローブAFM法によるキトサン修飾リポソームとムチン間相互作用の評価
    Yamamoto, Masahiro; Tsuchiya, Tadashi; Iijima, Motoyuki; Takeuchi, Hirofumi; Kamiya, Hidehiro
    YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN
    PHARMACEUTICAL SOC JAPAN
    In order to characterize the adhesion and deformation behavior between chitosan-modified liposomes and the mucin layer of the small intestine, mucin was coated on hydrophobic surface-modified carbon nanotube (CNT) probe of an atomic force microscope. The interaction between this mucin layer and the liposomes with or without chitosan modification in phosphoric acid buffer solution was determined by atomic force microscopy. The pH of the buffer solution was controlled at 2.8 and 7.0. The chitosan modification increased the attractive force between the liposomes and mucin layer during the separation process under both pH conditions. This result corresponded with that from a previous study about the liposome adhesion behavior on the surface of the small intestine of rats. By using the mucin-coated CNT probe, the long range and different types of attractive forces between the chitosan-modified liposomes and mucin layer was observed. Furthermore, the small-scaled deformation behavior change on the liposomal surfaces due to chitosan modification was also observed by the CNT probe. The detail deformation and adhesion behavior of the liposomes with or without chitosan modification was detected.
    2018年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 138, 9, 0031-6903, DOI(公開)(r-map), 1191, 1199
  • Direct Ordering of Anchoring Events at the Surface of Iron Oxide Nanoparticles Enabled by A Stepwise Phase-Transfer Strategy
    Okada, Yohei; Asama, Hitomi; Koike, Natsumi; Yamashita, Shohei; Maeta, Naoya; Uesaka, Atsuko; Kamiya, Hidehiro
    CHEMISTRYSELECT
    WILEY-V C H VERLAG GMBH
    For most nanoparticle applications, understanding the strength of anchoring events at the surface is necessary to design effective ligand exchange processes. The present report demonstrates the ability to direct the ordering of phosphonic acid, catechol, and carboxylic acid as anchoring groups for iron oxide nanoparticles, enabled by a stepwise phase-transfer strategy. A key feature was the use of a cyclohexane-based thermomorphic system that provided a unique homogeneous field for ligand-exchange processes, where hydrophobic nanoparticles and a hydrophilic ligand, or hydrophilic nanoparticles and a hydrophobic ligand, effectively mixed together within a moderate temperature range.
    2018年08月07日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3, 29, 2365-6549, DOI(公開)(r-map), 8458, 8461
  • Direct Monitoring of Molecular Events at the Surface: One-Step Access to Flexibly Stable Colloidal Ag Nanoparticles
    Maeta, Naoya; Kamiya, Hidehiro; Okada, Yohei
    LANGMUIR
    AMER CHEMICAL SOC
    Design, control, and direct characterization of surface properties are prerequisites to all the practical applications of nanoparticles. Since stable and homogeneous colloidal conditions are required for most applications, the amenability of nanoparticles to in-solution processing must also be addressed. Herein, we demonstrate that solution H-1 NMR spectroscopy is an effective tool for direct monitoring of the production of Ag nanoparticles. The production consists of two stages, complexation and reduction, which are both clearly observed by H-1 NMR spectroscopy. Design and synthesis of a series of amphiphilic amines have led to the one-step production of ”flexibly” stable colloidal Ag nanoparticles, which form clear stable brown solutions in a wide range of solvents.
    2018年05月15日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 34, 19, 0743-7463, DOI(公開)(r-map), 5495, 5504
  • TiO2 Photocatalysis in Aromatic ”Redox Tag”-Guided Intermolecular Formal [2+2] Cycloadditions
    Okada, Yohei; Maeta, Naoya; Nakayama, Kaii; Kamiya, Hidehiro
    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY
    AMER CHEMICAL SOC
    Since the pioneering work by Macmillan, Yoon, and Stephenson, homogeneous photoredox catalysis has occupied a central place in new reaction development in the field of organic chemistry. While heterogeneous semi-conductor photocatalysis has also been studied extensively, it has generally been recognized as a redox option in inorganic chemistry where such ”photocatalysis” is most often used to catalyze carbon carbon bond cleavage and not in organic chemistry where bond formation is usually the focal point. Herein, we demonstrate that titanium dioxide photocatalysis is a powerful redox option to construct carbon carbon bonds by using intermolecular formal [2 + 2] cycloadditions as models. Synergy between excited electrons and holes generated upon irradiation is expected to promote the overall net redox neutral process. Key for the successful application is the use of a lithium perchlorate/nitromethane electrolyte solution, which exhibits remarkable Lewis acidity to facilitate the reactions of carbon-centered radical cations with carbon nucleophiles. The reaction mechanism is reasonably understood based on both intermolecular and intramolecular single electron transfer regulated by an aromatic ”redox tag”. Most of the reactions were completed in less than 30 min even in aqueous and/or aerobic conditions without the need for sacrificial reducing or oxidizing substrates generally required for homogeneous photoredox catalysis.
    2018年05月04日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 83, 9, 0022-3263, DOI(公開)(r-map), 4948, 4962
  • ナノ粒子集合構造の制御
    神谷 秀博
    ケミカルエンジニヤリング
    ケミカルエンジニヤリング
    2018年04月, (MISC)総説・解説(学術雑誌), 単独, 63, 4, 259, 264
  • Understanding the Colloidal Stability of Nanoparticle-Ligand Complexes: Design, Synthesis, and Structure-Function Relationship Studies of Amphiphilic Small-Molecule Ligands
    Okada, Yohei; Ishikawa, Kodai; Maeta, Naoya; Kamiya, Hidehiro
    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL
    WILEY-V C H VERLAG GMBH
    For effective application of nanoparticles, their amenability to in-solution processing must be addressed, and stable, homogeneous solvent conditions are required. Although organic ligands have been used as surface-modifying reagents for nanoparticles to increase their colloidal stability and homogeneity in solution, the structure-function relationships of nanoparticle-ligand complexes remain elusive and controversial. Herein, a series of novel amphiphilic small-molecule ligands were designed, synthesized, and applied as surface-modifying reagents for aqueous, transparent TiO2 and ZrO2 nanoparticles. The colloidal stability of the resulting nanoparticle-ligand complexes was found to depend not only on the chain length, but also on the relative balance between hydrophobicity and hydrophilicity. The structure of the ligands can be fine-tuned to achieve ”flexible colloidal stability”, thus significantly increasing complex stability in a variety of organic solvents.
    2018年02月06日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 8, 0947-6539, DOI(公開)(r-map), 1853, 1858
  • ナノ粒子架橋型新規シリコーンポリマーフィルム
    平野 敬祐 , 飯島 志行 , 神谷 秀博
    粉体工学会誌 55(1), 29-35, 2018
    粉体工学会
    2018年01月10日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 55, 1, DOI(公開)(r-map), 29, 35
  • Formation of fine and encapsulated mefenamic acid form I particles for dissolution improvement via electrospray method
    Zolkepali, Nurul Karimah; Abu Bakar, Noor Fitrah; Naim, M. Nazli; Anuar, Nornizar; Aripin, Nurul Fadhilah Kamalul; Abu Bakar, Mohd Rushdi; Lenggoro, I. Wuled; Kamiya, Hidehiro
    PARTICULATE SCIENCE AND TECHNOLOGY
    TAYLOR & FRANCIS INC
    The potential of using electrostatic atomizer or electrospray in producing fine and encapsulated particle of mefenamic acid (MA) form I with -cyclodextrin (CD) was demonstrated in this study. Encapsulated MA-CD with a molar ratio of 1:2 was prepared in water-ethanol suspension, followed by the electrospray process to atomize the droplet into fine dried particles. The working distance (WD) between the electrospray needle tip and the substrate were varied from 15 to 25cm. The sizes of encapsulated MA-CD particles were found to decrease from 91 +/- 26 to 42 +/- 35nm as the WD increased. The dissolution rate of encapsulated particles of MA-CD was found to be higher compared to the particles of as-received MA and the unencapsulated MA. The presence of the encapsulated MA-CD was proven by a thermal analysis with the disappearance of MA peak after the atomization process. The x-ray diffraction and FTIR analysis showed that the encapsulation occurred with the existence of new solid phase that was expected from interaction between MA and CD and the appearance of C=C. Further analysis by transmission electron microscopy showed the size and morphology of MA-CD particles when immersed in water and acetone. Encapsulated MA-CD particles were solubilized in water but suspended as spherical shape in acetone.
    2018年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 36, 3, 0272-6351, DOI(公開)(r-map), 298, 307
  • 固定発生源からのPM2.5, ナノ粒子の排出挙動評価と排出抑制
    神谷 秀博
    静電気学会誌
    静電気学会
    2018年, (MISC)総説・解説(学術雑誌), 単独, 42, 5, 232, 237
  • Hydrophobic Magnetic Nanoparticle Assisted One-Pot Liquid-Phase Peptide Synthesis
    Okada, Yohei; Asama, Hitomi; Wakamatsu, Hiroki; Chiba, Kazuhiro; Kamiya, Hidehiro
    EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY
    WILEY-V C H VERLAG GMBH
    2017年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, 1434-193X, DOI(公開)(r-map), 5942, 5942
  • Understanding the Colloidal Stability of Nanoparticle-Ligand Complexes: Design, Synthesis, and Structure-Function Relationship Studies of Amphiphilic Small-Molecule Ligands.
    Yohei Okada, Kodai Ishikawa, Naoya Maeta, Hidehiro Kamiya
    Chemistry - A European Journal
    2017年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, DOI(公開)(r-map), 1853–1858
  • 医薬錠剤における表面吸着水の水素結合状態と粒子間結合力との関係
    Ito, Taketoshi; Kamiya, Hidehiro
    YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN
    PHARMACEUTICAL SOC JAPAN
    Influence of water contents to the pharmaceutical tablet strength is known empirically, and participation of hydrogen bonding force among adsorbed water molecules has been presumed. However, the detailed mechanisms of hydrogen bonding phenomena have not been reported. In this study, the hydrogen bonds states of the surface adsorbed waters on the excipient particles of the tablets were focused upon, and the relationship to the interparticle binding force determined by the Rumpf equation was discussed using a near-infrared spectroscopy (NIR). As for the results, NIR peaks of OH groups of surface water were shifted by a humidity change, and the degrees of the peak shifts correlated to interparticle binding force.
    2017年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 137, 9, 0031-6903, DOI(公開)(r-map), 1155, 1160
  • Hydrophobic Magnetic Nanoparticle-Assisted One-Pot Liquid Phase Peptide Synthesis
    Yohei Okada, Hidehiro Kamiya, Hitomi Asama, Hiroki Wakamatsu, Kazuhiro Chiba
    European Journal of Organic Chemistry
    2017年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2017, 08
  • 微粉炭燃焼火力用低低温電気集じん装置の微粒子捕集性能
    野田直希 ,水野文菜 ,牧野尚夫 ,塚田まゆみ ,濱尚矢 ,Wuled Lenggoro,神谷秀博
    粉体工学会誌
    2017年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 54, 6, DOI(公開)(r-map), 398, 401
  • pH 応答性薬剤カプセルと粘膜の表面間力に対してカプセル内部の架橋が及ぼす影響のコロイドプローブ AFM 法による評価
    山本昌弘,田嶋真一 ,飯島志行 ,市川秀喜 ,福森義信 ,神谷秀博
    粉体工学会誌
    2017年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 54, 5, DOI(公開)(r-map), 305, 310
  • 高速回転ミキサーを用いた均一エマルジョン調製
    金澤 賢次郎、神谷 秀博
    化学工学論文集
    2017年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 43, 1, 1, 15
  • 高速回転ミキサーを用いた均一エマルジョン調製
    Kanazawa, Kenjiro; Kamiya, Hidehiro
    KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU
    SOC CHEMICAL ENG JAPAN
    The cylindrical-wall revolving mixer (CRM) is a high velocity revolution mixer used in industry to produce emulsions with uniform droplet size. However, fundamental verification data and the mechanism by which this mixer imparts size uniformity have not been clarified. In this study, we compared the droplet size distributions of emulsions produced by a CRM and a general rotor-stator mixer. We also conducted an impulse response experiment and analyzed mixer flow using flow visualizations and computational fluid dynamics (CFD) simulations. The preparation results showed that the CRM produces more uniform emulsions than the general rotor-stator mixer operated with a clearance of 0.5-2.0 mm between the rotor and stator. The impulse response results showed that the holding time distribution of processing liquid is approximately the same for the CRM and the general rotor-stator mixer. The flow visualization results near the clearance showed a uniform steady flow state in the CRM but a turbulent flow state with unsteady flow in the general rotor-stator mixer. The CFD simulations indicated that the CRM had a significant supply of the processing liquid in the high velocity gradient region, and that the velocity gradient tended to be uniformly even. These results suggested that the flow state near the clearance and the velocity gradient are important factors for generating a uniform emulsion.
    2017年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 43, 1, 0386-216X, DOI(公開)(r-map), 1, 15
  • Liquid penetration as a simple detection method for structural differences in particulate films prepared from slurries
    Hayato Miyazaki, Yosuke Nomura, Hiroki Sugai, Motoyuki Iijima, Susumu Inasawa, Hidehiro Kamiya
    Powder Technology
    2016年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 303, 12, 59, 67
  • ナノ粒子均一分散および集合状態制御のために界面設計と評価
    神谷秀博
    塗装工学
    2016年11月, 単独, 51, 11, 378, 386
  • Formation kinetics of particulate films in directional drying of a colloidal suspension
    Susumu Inasawa, Yu Oshimi, Hidehiro Kamiya
    Soft Matter
    2016年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2016, 12, 6851, 6857
  • Effect of surface modification of silica particles on interaction forces and dispersibility in suspension
    Takeshi Mori, Yohei Okada, Hidehiro Kamiya
    Advanced Powder Technology
    2016年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 27, 3, 830–838
  • ナノ粒子界面設計による分散挙動の評価と制御
    神谷秀博、飯島志行
    化学工学
    2016年03月, 共同, 80, 3, 168, 170
  • Numerical and experimental study of tensile stresses of biomass combustion ash with temperature variation
    Yingjuan Shao, Nanami Aoki, Zhenbo Tong, Wenqi Zhong, Aibing Yu, Hidehiro Kamiya
    Advanced Powder Technology
    2016年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 27, 1, 215, 222
  • A Two-Stage Virtual Impactor for In-Stack Sampling of PM2.5 and PM10 in Flue Gas of Stationary Sources
    Masashi Wada, Mayumi Tsukada, Norikazu Namiki, Wladyslaw W. Szymanski, Naoki Noda, Hisao Makino, Chikao Kanaoka, Hidehiro Kamiya
    Aerosol and Air Quality Research
    2016年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 16, 36, 45
  • Non-aqueous colloidal processing route for fabrication of highly dispersed aramid nanofibers attached with Ag nanoparticles and their stability in epoxy matrixes
    Motoyuki Iijima, Hidehiro Kamiya
    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects
    2015年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 482, 195, 202
  • Hydrophobic benzyl amines as supports for liquid-phase C-terminal amidated peptide synthesis: application to the preparation of ABT-510
    Emiko Matsumoto, Yuko Fujita, Yohei Okada, Esko I. Kauppinen, Hidehiro Kamiya, Kazuhiro Chibaa
    Journal of Peptid Science
    2015年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2015, 21, 691–695
  • 処理によるアモルファスおよびルチル型 TiO2 粒子の光触媒活性向上
    吉岡 謙, 神谷 秀博
    粉体工学会誌
    2015年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 52, 5, 260, 267
  • 高粘性高分子溶液中でのコロイドプローブ AFM 法による表面間力の評価
    森 剛志,岩方 裕一,松田 智宏,神谷 秀博1
    粉体工学会誌
    2015年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 52, 4, 188, 195
  • Computational fluid dynamics (CFD) investigation of the gas–solid flow and performance of Andersen cascadeimpactor
    S.J. Flynnz, Z.B. Tong, R.Y. Yang, H. Kamiya, A.B. Yu, H.K. Chan
    Powder Technology
    2015年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1, 10
  • コロイドプローブAFM法による表面処理した酸化チタンナノ粒子のシリコーンオイル中での分散特性解析
    花田 洋子, 野村 睦子, 鈴木 博久, 神谷 秀博
    粉体工学会誌
    2015年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 52, 3, 139‐144
  • PM2.5をめぐる動向と排出挙動の評価および抑制技術
    神谷 秀博
    粉体技術
    2015年02月, 単独, 7, 2, 21-26
  • Multi-Scale Modelling of Powder Dispersion in a Carrier-Based Inhalation System
    Zhenbo Tong, Hidehiro Kamiya, Aibing Yu, Hak-Kim Chan, Runyu Yang
    Pharmaceutical research
    2015年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1, 11
  • 高速ローター・ステーターミキサーを用いたアルミナ凝集体サスペンションの分散効率のCFD解析
    金澤 賢次郎、森安 信彦、神谷 秀博
    粉体工学会誌
    2014年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 51, 12, 837, 845
  • Fabrication of transparent Y2O3 ceramics via aqueous gelcasting
    Yi Suna, Shunzo Shimai, Xiang Penga, Guohong Zhoua, Hidehiro Kamiya, Shiwei Wang
    Ceramics International
    2014年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, 6, 8841–8845
  • Toward continuous LC-MS analysis: surface modification of magnetic microparticles with TiO2 for phosphate adsorption
    Issei Akutagawa, Yoshitake Akiyama, Yutaka Takahashi, Motoyuki Iijima, Yohei Okada, Hidehiro Kamiya, Kazuhiro Chiba
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry
    2014年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 78, 5, 748, 754
  • 層状錫化合物を含む複合粉末の生成と電気抵抗率に及ぼす合成条件の影響
    鈴岡 健司, 加藤 和彦, 田平 泰規, 八島 勇, 飯島 志行, 神谷 秀博
    粉体工学会誌
    2014年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 51, 7, 500, 507
  • ホウ素含有モデル燃焼排ガスを用いた凝縮性ナノ粒子生成挙動
    前田洋輔、江島達弥、塚田まゆみ、Wuled Lenggoro、野田直希、牧野尚夫、神谷秀博
    粉体工学会誌
    2014年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 51, 5, 363, 367
  • Fabrication of composite particles by attaching surface-modified nanoparticles to core particles by wet processing in organic solvents
    Motoyuki Iijima, Kazuki Oguma, Aki Kurumiya, Hidehiro Kamiya
    Colloids and Surfaces A: Physicochem. Eng. Aspects
    2014年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 452, 51, 58
  • Carbon Nanotube/Nanofibers and Graphite Hybrids for Li-Ion Battery Application
    Yosuke Nomura, Ilya V. Anoshkin, Chikaaki Okuda, Motoyuki Iijima, Yoshio Ukyo, Hidehiro Kamiya, Albert G. Nasibulin, and Esko I. Kauppinen
    Journal of Nanomaterials
    2014年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2014, DOI(公開)(r-map), Article ID 586241
  • A method for gelcasting high-strength alumina ceramics with low shrinkage
    Sun, Yi; Shimai, Shunzo; Peng, Xiang; Dong, Manjiang; Kamiya, Hidehiro; Wang, Shiwei
    Journal of Materials Research
    2014年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 29, 02, 247, 251
  • 固定発生源におけるエアロゾルの生成と排出挙動
    神谷 秀博,並木 則和,塚田まゆみ,Wuled Lenggoro,和田 匡司, 野田 直希,牧野 尚夫,峰島 知芳, W. W.Szymanski
    エアロゾル研究
    2014年01月, 共同, 29(2014), S1 特別, p. s27, s37
  • Composites of SnO2/layered SnOx compounds and their electrical properties
    Kenji Suzuoka, Kazuhiko Katoh, Yasunori Tabira, Isamu Yashima, Motoyuki Iijima and Hidehiro Kamiya
    RSC Advances
    2013年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3, DOI(公開)(r-map), 22931, 22934
  • Effect of TiO2 nanoparticles aggregation in silicate thin coating films on photocatalytic behavior for antifouling materials
    Ken Yoshioka, Tetsuya Okuda, Hisashi Fujii, Yoshihito Kamimoto, Hidehiro Kamiya
    Advanced Powder Technology
    2013年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 5, 886, 890
  • Analysis of dispersion and aggregation behavior of carbon black particles in aqueous suspension by colloid probe AFM method
    Yoko Hanada, Shoichi Masuda, Motoyuki Iijima, Hidehiro Kamiya
    Advanced Powder Technology
    2013年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 5, 844, 851
  • Spontaneous gelcasting of translucent alumina ceramics
    Shunzo Shimai, Yan Yang, Shiwei Wang, Hidehiro Kamiya
    OPTICAL MATERIALS EXPRESS
    2013年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3, 8, 1000, 1006
  • Free-standing, roll-able, and transparent silicone polymer film prepared by using nanoparticles as cross-linking agents
    M. Iijima, S. Omori, K. Hirano, H. Kamiya
    Adv. Powder Technol.
    2013年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 3, DOI(公開)(r-map), 625, 631
  • Dispersion of inorganic electrolytes in low-polarity solvents assisted by surface modified magnetic nanoparticles and their base catalytic properties
    Motoyuki Iijima, Takahiko Otsubo, Hidehiro Kamiya
    Chemical Engineering Science,
    2013年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 91, 22, 65, 69
  • Effect of structure of cationic dispersants on stability of carbon black nanoparticles and further processability through layer-by-layer surface modification
    M. Iijima, M. Yamazaki, Y. Nomura, H. Kamiya
    Chem. Eng. Sci.
    2013年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 85, 30, 37
  • Free-standing, roll-able, and transparent silicone polymer film prepared by using nanoparticles as cross-linking agents
    M. Iijima, S. Omori, K. Hirano, H. Kamiya
    Advanced Powder Technology
    2012年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, dx.doi.org/10.1016
  • ナノ粒子で架橋したシリコーンポリマーシートの物性に及ぼす粒子濃度の影響
    大森さやか、飯島志行、平野敬祐、神谷秀博
    粉体工学会誌
    2012年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 49, 12, 876, 881
  • Hydrophobic Group Fucntionalization of Polyethyleneimine for Controlling Dispersion Behavior of Silicon Carbide Nanoparticles in Aqueous Suspension
    Y. Nomura, M. Iijima, H. Kamiya
    Journal of the American Ceramic Society
    2012年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 95, (2012), 3448, 3454
  • 無機ナノ粒子の分散・集合状態制御と材料プロセスへの応用
    神谷秀博、飯島志行
    セラミックス
    2012年08月, 共同, 47, 8, 576, 583
  • ナノ粒子の安全な利用とその管理
    神谷秀博
    クリーンテクノロジー
    2012年05月, 単独, 22, 5, 31, 36
  • リン酸オレイルを修飾した酸化チタンナノ粒子の再分散特性
    飯島志行、田嶋真一、山﨑美和、神谷秀博
    粉体工学会誌
    2012年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 49, 2, 108, 115
  • Measurement of Model Aerosols Containing Two Metal Components Formed via Cooling and Dilution Routes
    N.Hama, Y.Takashima, M.Gen, M.Tsukada, H.Kamiya, W.Lenggoro
    Earozoru Kenkyu
    2011年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 26, 4, 7, 15
  • ナノ粒子の分散挙動制御とその応用
    神谷秀博、飯島志行
    粉砕
    2011年12月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, 55, 12, 18
  • 球状溶融シリカのTEOS処理による付着性の変化
    小林 晃、吉田 雅矢、飯塚 慶至、神谷 秀博
    粉体工学会誌
    2011年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 48, 10, 686, 691
  • Measurelment and analysis of rlne particulate matters(PM10/PM2.5)and condensable nanoparticles eⅡ lission from stationary sources
    H.Kamiya, K.Hada, T.Sekizawa, M.Yamada, M.Tsukada, W.Lenggoro, M.Wada, N.Kogure, Y.Yuping, W.W.Szymanski
    Sustainable Chemistry
    2011年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 71, 81
  • Effect of additive ratio of mixed silane alkoxides on reactivity eith TiO2 nanoparticle surface and their stability in organic solvents
    M.Iijima, S.Takenouchi, I.W.Lenggoro, H.Kamiya
    Adv. Powder Techol
    2011年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 22, 5, 663, 668
  • ナノ物質曝露防止対策の概要
    神谷秀博
    クリーンテクノロジー
    2011年05月, 単独, 21, 5, 1, 2
  • Highly dispersed behavior of thermal plasma-synthesized TiO2 nanoparticles in water
    Kimitoshi SATO, Masashi IKEDA, Ji-Guang LI, Hidehiro KAMIYA, Takamasa ISHIGAKI
    The Ceramic Society of Japan
    2011年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 119, 4, 303, 306
  • Pd シード粒子液相反応法による均一球状白金粒子の合成と粒径制御
    本間正洋, 甕晋一, 川角眞六, 神谷秀博
    粉体工学会誌
    2010年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 47, 12, 814, 819
  • Layer-by-Layer Surface Modification of Functional Nanoparticles for Dispersion in Organic Solvents
    Iijima, Motoyuki; Kamiya, Hidehiro
    Langmuir
    2010年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 26, 23, 17943, 17948.
  • Electrical-driven disaggregation of the two-dimensional assembly of colloidal polymer particles under pulse DC charging.
    Naim, M. Nazli; Iijima, Motoyuki; Sasaki, Keitaro; Kuwata, Masahiko; Kamiya, Hidehiro; Lenggoro, I. Wuled.
    Advanced Powder Technology
    2010年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 21, 5, 534, 541.
  • Surface modification and characterization for dispersion stability of inorganic nanometer-scaled particles in liquid media
    Hidehiro Kamiya, Motoyuki Iijima
    Science and Technology of Advanced Materials
    2010年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 11, 4, 1, 7
  • Influence of the functional groups on carbon black particles on the zeta-potential.
    Kawaraya, Masahide; Shimizu, Sumiyo; Hisashi, Hideyuki; Kamiya, Hidehiro.
    Ceramic Transactions
    2010年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 219, 255, 261
  • Dispersion Behavior and Surface Interaction Control of SiC Nanoparticles in Aqueous Media by Using Polymeric Dispersants
    Yosuke Nomura, Motoyuki Iijima, Hidehiro Kamiya
    Ceramic Transactions
    2010年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 219, 117, 122
  • Dispersion Behavior of Carbon Black Nanoparticles with a Silane Coupling Agent in an Organic Solvent
    Kenji Takebayashi, Yoshinori Tsuji, Shuji Sasabe, Motoyuki Iijima, Hidehiro Kamiya
    Ceramic Transactions
    2010年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 219, 137, 142
  • TiO2 Supported on Porous Aluminosilicate Prepared in Cationic Surfactant Solution for Acetaldehyde Decomposition with a Protection of Organic Base Materials
    Masanori Nikaido, Sachiko Furuya, Soichi Kondo, Motoyuki Iijima, Hidehiro Kamiya
    Journal of the American Ceramic Society
    2010年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 93, 7, 2048, 2054
  • Electrostatic Deposition of Aerosol Particles Generated from an Aqueous Nanopowder Suspension on a Chemically Treated Substrate
    M. Nazli Naim, Noor Fitrah Abu Bakar, Motoyuki Iijima, Hidehiro Kamiya, I. Wuled Lenggoro
    Jpn. J. Appl. Phys.
    2010年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 49, 6, 06GH17
  • Electrophoretic packing structure from aqueous nanoparticle suspension in pulse DC charging
    M. Nazli Naim, Motoyuki Iijima, Hidehiro Kamiya, I. Wuled Lenggoro
    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects
    2010年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 360, 1-3, 13, 19
  • 微小ビーズ媒体攪拌ミルを用いた気相合成複合酸化物ナノ粒子の有機溶媒中での表面修飾と分散
    竹林賢治、笹辺修司、飯島志行、神谷秀博
    粉体工学会誌
    2010年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 47, 5, 310, 316
  • PM2.5/PM10の背景と現状、排出挙動の評価法とその標準化
    神谷秀博
    航空環境研究
    2010年04月, 単独, 14, 15, 20
  • パラジウム予備被覆によるアルミナ粒子表面への白金均一被覆
    本間正洋, 甕晋一, 川角眞六,神谷秀博
    粉体工学会誌
    2010年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 47, 2, 80, 84
  • ナノ粒子の実用化動向と安全な利用
    神谷秀博、飯島志行
    クリーンテクノロジー
    2010年02月, 共同, 20, 2, 42, 45
  • ナノ粒子の液中完全分散法
    神谷秀博, 飯島志行
    M & E
    2010年01月, 共同, 37, 1, 52, 56
  • オゾン酸化処理カーボンブラックの特性
    久英之、中野正典、瓦家正英、神谷秀博
    粉体工学会誌
    2010年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 47, 1, 11, 16
  • Surface Modification for Improving the Stability of Nanoparticles in Liquid Media
    Motoyuki Iijima, Hidehiro Kamiya
    KONA Powder and Particle Journal
    2009年12月, 共同, 27, 119, 129
  • Surface modification of BaTiO3 particles by silane coupling agents in different solvents and their effect on dielectric properties of BaTiO3/epoxy composites
    Motoyuki Iijima, Nobuhiro Sato, I. Wuled Lenggoro,Hidehiro Kamiya
    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects
    2009年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 352, 1-3, 88, 93
  • Photocatalytic behavior of TiO2 nanoparticles supported on porous aluminosilicate surface modified by cationic surfactant
    Masanori Nikaido, Sachiko Furuya, Toshio Kakuia, Hidehiro Kamiya
    Advanced Powder Technology
    2009年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 20, 6, 598, 604
  • Anionic Surfactant with Hydrophobic and Hydrophilic Chains for Nanoparticle Dispersion and Shape Memory Polymer Nanocomposites
    Motoyuki Iijima, Murino Kobayakawa, Miwa Yamazaki,Yasuhiro Ohta, Hidehiro Kamiya
    Journal of the American Chemical Society
    2009年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 131, 45, 16342, 16343
  • Tuning the stability of TiO2 nanoparticles in various solvents by mixed silane alkoxides
    Motoyuki Iijima, Murino Kobayakawa, Hidehiro Kamiya,
    J. Colloid and Interface Sci.
    2009年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 337, 1, 61, 65
  • 微粒子ナノテクノロジー分科会、海外開催報告
    神谷秀博
    粉体技術
    2009年08月, 単独, 1, 8, 73, 74
  • ナノ粒子の液中凝集・分散挙動の制御
    神谷秀博、飯島志行
    粉体工学会誌
    2009年08月, 共同, 46, 8, 605, 614
  • Iron nanoparticles dispersible in both ethanol and water for direct silica coating
    Yonghua Leng, Kimitoshi Sato , Ji-Guang Li, Takamasa Ishigaki, Motoyuki Iijima,Hidehiro Kamiya , Takayuki Yoshida
    Powder Technology
    2009年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 196, 80, 84
  • Rapid magnetic catch-and-release purification by hydrophobic interactions
    Motoyuki Iijima, Yuzuru Mikami, Tomohiko Yoshioka, Shokaku Kim, Hidehiro Kamiya
    Langmuir
    2009年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 25, 18, 11043, 11047
  • Flash Creation法により合成した酸化物および複合ナノ粒子の微構造と界面特性
    竹林賢治、渡辺晃、藤井元治、笹辺修司、福井武久、神谷秀博
    粉体工学会誌
    2009年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 46, 7, 520, 525
  • 固定発生源煙道内PM10/PM2.5質量濃度測定用multi-stage VIS impactorの分級特性
    和田匡司、塚田まゆみ、近藤光、小倉信之、W.Lenggoro、W.W.Szymanski、内藤牧男、金岡千嘉男、神谷秀博
    粉体工学会誌
    2009年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 46, 6, 467, 475
  • 業種別にみる粉体技術の活用 電子分野における粉体技術
    飯島志行、神谷秀博
    化学装置
    2009年05月, 共同, 51, 5, 43, 48
  • 針状鉄コバルトナノ粒子の耐酸化シリカ被覆
    佐藤仁俊、飯島志行、冷永華、李継光、倉嶋敬二、吉田基行、神谷秀博、石垣隆正
    粉体および粉末冶金
    2009年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 56, 5, 232, 235
  • ナノ粒子の分散・凝集挙動の評価と制御
    神谷秀博、飯島志行
    色材協会誌
    2009年05月, 共同, 82, 5, 24, 28
  • リチウム二次電池用電極材料の微細化・分散技術とスラリーの調整・塗布・乾燥 機能性粒子の有機溶媒中への分散挙動の評価と制御
    神谷秀博
    月刊Material Stage
    2009年03月, 単独, 18, 12, 69, 71
  • 高分子吸着多孔体担持TiO2ナノ粒子の光触媒作用及び樹脂保護効果のコロイドプローブAFM法による解析
    二階堂雅則、金子和希、神谷秀博
    粉体工学会誌
    2009年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 46, 2, 98-105
  • Dispersion of TiO2 nanoparticles in surfactant-containing aqueous suspension by a pulsed DC charging-mode electrophoresis
    M. N. Naim, M. Kuwata, H. Kamiya, I. W. Lenggoro
    Journal of the Ceramic Society of Japan
    2009年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 117, (1), 127, 132
  • 針状鉄ナノ粒子の有機溶媒中における分散挙動
    佐藤仁俊、古川紀行、冷永華、李継光、倉嶋敬二、神谷秀博、石垣隆正
    粉体工学会誌
    2008年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 45, 11, 773, 779
  • Fractal analysis of the influence of surface roughness of toner particles on their flow properties and adhesion behavior
    M. Tanaka, M. Komagata, M. Tsukada, H. Kamiya
    Powder Technology
    2008年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 188, 1, 1, 8
  • Surface Modification of Silicon Carbide Nanoparticles by Azo Radical Initiators
    Motoyuki Iijima, Hidehiro Kamiya
    J. Phys. Chem. C
    2008年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 112, 31, 11786, 11790
  • 表面相互作用の制御によるナノ粒子分散技術
    神谷秀博
    マテリアルインテグレーション
    2008年07月, 単独, 21, 07, 21, 26
  • Direct Measurement of Interactions between Stimulation-Responsible Drug Delivery Vehicles and Artificial Mucin Layers by Colloid Probe Atomic Force Microscopy
    Motoyuki Iijima, Motoyasu Yoshimura, Tadashi Tsuchiya, Mayumi Tsukada, Hideki Ichikawa, Yoshinobu Fukumori, Hidehiro Kamiya
    Langmuir
    2008年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 8, DOI(公開)(r-map), 3987, 3992
  • 産官学連携に関する昨今の雑感と若干の取り組み
    神谷秀博
    粉体と工業
    2008年05月, 単独, 40, 5, 51, 56
  • Evaluation of the particle-particle interactions in a toner by colloid probe AFM
    M.Tanakaa, M.Komagata, M.Tsukada and H.Kamiya
    Powder Technology
    2008年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 183, 2, 273, 281
  • 超音波分散した酸化チタンナノ粒子スラリーの安定性
    佐藤仁俊、李 継光、神谷秀博、石垣隆正
    粉体および粉末冶金
    2008年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 55, 4, 263, 269
  • セラミックスナノ粒子の分散と凝集制御
    神谷秀博
    セラミックス
    2008年03月, 単独, 43, 3, 165, 169
  • Preface to the special issue of Gas Cleaning at High Temperature
    Hidehiro Kamiya, Hisao Makino, Chikao Kanaoka
    Powder Technology
    2008年03月, 共同, 180, 1-2, 14
  • Low-temperature synthesis of redispersible iron oxide nanoparticles under atmospheric pressure and ultradense reagent concentration
    Motoyuki Iijimaa, Kimitoshi Sato, Keiji Kurashima,Takamasa Ishigaki, Hidehiro Kamiya
    Powder Technology
    2008年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 181, 1, 45, 50
  • パルスジェット用ろ布における圧力損失特性の経時変化に及ぼすろ布 表面状態の影響
    姚宇平, 和田匡司, 毛 寧,神谷秀博, 金岡千嘉男
    粉体工学会誌
    2008年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 45, 1, 4, 11
  • Dry gas cleaning in coal gasification systems for fuel cells using composite sorbents
    Mayumi Tsukada, Kouetsu Abe, Yuichi Yonemochi, Ayu Ameyama, Hidehiro Kamiya, Shinji Kambara, Hiroshi Moritomi, Takashi Uehara
    Powder Technology
    2008年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 180, 1-2, 232, 238
  • Analysis of adhesion behavior of waste combustion ash at high temperatures and its control by the addition of coarse particles
    Mayumi Tsukada, Kyohei Kawashima, Hajime Yamada, Yuping Yao, Hidehiro Kamiya
    Powder Technology
    2008年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 180, 1-2, 259, 264
  • Emission potential of condensable suspended particulate matter from flue gas of solid waste combustion
    Mayumi Tsukada, Nakaha Nishikawa, Aiko Horikawa, Masashi Wada, Yuyu Liu, Hidehiro Kamiya
    Powder Technology
    2008年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 180, 1-2, 140, 144
  • Evaluation of flow properties of toner powder using conical rotor
    M. Tanaka and H. Kamiya
    Powder Technology
    2008年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 181, 1, 36, 44
  • Low-temperature synthesis of redispersible iron oxide nanoparticles under atmospheric pressure and ultradense reagent concentration
    Motoyuki Iijima, Kimitoshi Sato, Keiji Kurashima, Takamasa Ishigaki and Hidehiro Kamiya
    Powder Technology
    2008年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 181, 1, 45, 50
  • ナノ粒子の大きさを計測する技術開発-課題と現状
    神谷秀博
    現代化学
    2007年12月, 単独, 12, 14, 16
  • 最近の粉体素材の技術動向と課題
    神谷秀博
    工業材料
    2007年11月, 単独, 55, 11, 25, 29
  • Influence of Solid Fraction on the Optimum Molecular Weight of Polymer Dispersants in Aqueous TiO2 Nanoparticle Suspensions
    Kimitoshi Sato, Soichi. Kondo, Mayumi. Tsukada, Takamasa. Ishigaki and Hidehiro. Kamiya
    Journal of American Ceramic Society
    2007年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 90, 11, 3401, 3406
  • 微粒子の液中凝集・分散特性の評価と制御
    神谷秀博、飯島志行
    品川技報
    2007年10月, 共同, 50, 11, 20
  • Emission Behavior of Condensable Suspended Particulate Matter from a Laboratory Scale RDF Fluidized Bed Combustor
    Mayumi TSUKADA, Aiko HORIKAWA, Keiichi SUGIMOTO, Kouetsu ABE, Masashi, WADA, Yuyu Liu and Hidehiro KAMIYA
    Journal of Chemical Engineering of Japan
    2007年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, 10, 869, 873
  • Dispersion Behavior of Barium Titanate Nanoparticles Prepared by Using Various Polycarboxylic Dispersants
    Motoyuki Iijima, Nobuhiro Sato, Mayumi Tsukada, Hidehiro Kamiya
    Journal of American Ceramic Society
    2007年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 90, 9, 2741, 2746
  • 固定発生源からの浮遊粒子状物質の評価・解析法の国際企画化と研究開発動向
    神谷秀博
    エアロゾル研究
    2007年08月, 単独, 22, 4, 296, 301
  • Influence of surface-adhered nanoparticles and nanoporous structure on bulk flowability of silica
    Toshiyuki Kani, Takahiro Suzuki, Mayumi Tsukada, Hidehiro Kamiya
    Powder Technology
    2007年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 176, 109, 114
  • Influence of surface-adhered nanoparticles and nanoporous structure on particle–particle interaction of silica
    Toshiyuki Kani, Maki Tamonoki, Takahiro Suzuki, Mayumi Tsukada, Hidehiro Kamiya
    Powder Technology
    2007年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 176, 99, 107
  • Effect of particle size on surface modification of silica nanoparticles by using silane coupling agents and their dispersion stability in methylethylketone
    Motoyuki Iijima, Mayumi Tsukada, Hidehiro Kamiya
    Journal of Colloid and Interface Science
    2007年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 301, 2, 418, 421
  • The Optical Control Effects of Titania-Coated Mica Dyed in Carmine Acid on the Complexion Correction
    Toshiyuki Kani, Hidehiro Kamiya
    J. Jpn. Soc. Colour Mater.
    2007年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 80, 5, 193, 198
  • マイクロカプセル ナノ粒子内包型マイクロカプセルにおける有機/無機界面耕造設計
    神谷秀博, 鈴木暢 飯島志行
    化学工学
    2007年02月, 共同, 71, 2, 119, 122
  • 高機能材料を支える粉体制御,分散技術-界面構造設計による無機系ナノ粒子の有機溶媒および樹脂中への均一分散
    神谷秀博
    ポリファイル
    2007年02月, 単独, 44, 2, 30, 32
  • Effect of surface interaction of silica nanoparticles modified by silane coupling agents on viscosity of methylethylketone suspension
    Motoyuki Iijima, Mayumi Tsukada, Hidehiro Kamiya
    Journal of Colloid and Interface Science
    2007年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 305, 2, 315, 321
  • ナノ粒子からできる新機能材料,新製品
    神谷秀博
    化学と教育
    2006年12月, 単独, 54, 12, 644, 645
  • 高分子材料および有機溶媒中へのナノ粒子の分散・凝集制御
    神谷秀博
    ファインケミカル
    2006年12月, 単独, 35, 12, 5, 13
  • Possibility of Comb-Graft Copolymers as Dispersants for SiC Suspensions in Ethanol
    Toshio Kakui, Mitsuru Ishii, and Hidehiro Kamiya
    Ceramic Transactions
    2006年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 190
  • DISPERSION CONTROL AND MICROSTRUCTURE DESIGN OF NANOPARTICLES BY USING MICROBIAL DERIVED SURFACTANT
    Hidehiro Kamiya, Yuichi Iida, Kenjiro Gomi, Yuichi Yonemochi, Shigekazu Kobiyama, Motoyuki Iijima and Mayumi Tsukada
    Ceramic Transactions
    2006年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 190, 61, 69
  • 等方超高圧成形により粒子間マクロ細孔を除去したメソポーラスシリカ成形体の脱硝触媒特性
    神谷 秀博, 太田 弥穂, 中原 裕子, 塚田 まゆみ, 稲垣 伸二
    粉体工学会誌
    2006年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 43, 10
  • 巻頭言 粉体工学,次なる展開は?
    神谷秀博
    粉体工学会誌
    2006年08月, 単独, 43, 8, 549
  • 「第6回高温ガス精製に関する国際会議」開催報告
    神谷秀博
    粉体工学会誌
    2006年07月, 単独, 43, 7, 529, 533
  • 微粒子の付着・凝集現象の評価・制御法とその応用展開
    神谷秀博
    化学装置
    2006年07月, 単独, 47, 7, 9, 11
  • Microstructure control of iron hydroxide nanoparticles using surfactants with different molecular structures
    Motoyuki Iijima, Yuichi Yonemochi, Mayumi Tsukada and Hidehiro Kamiya
    Journal of Colloid and Interface Science
    2006年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 298, 1, 202, 208
  • 微粒子の付着・凝集特性の評価と制御
    神谷秀博
    鉱山
    2006年05月, 単独, 59, 5, 35, 41
  • ナノ粒子研究開発の新局面、応用展開の可能性とその課題
    神谷秀博
    化学装置
    2006年05月, 単独, 48, 6, 20, 26
  • 固定発生源からの浮遊粒子状物質の排出挙動の評価と制御に関する国際調査
    神谷秀博
    粉体工学会誌
    2006年04月, 単独, 43, 4, 296, 299
  • ナノ粒子の分散・凝集技術
    神谷秀博
    ケミカルエンジニアリング
    2006年02月, 単独, 51, 2, 115, 118
  • Synthesis and microencapsulation of organo-silica particles
    Asako Noguchi, Miho Kikuchi, Hidehiro Kamiya and Kazuyuki Maeda
    J. Mater. Chem
    2006年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 16, 2170, 2174
  • Analysis of the grinding of toner sheets using Vickers hardness as an index of grindability
    M. Tanaka, H. Kamiya
    Powder Technology
    2006年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 164, 2, 82, 88
  • 高分子材料中への粒子分散に関するコメント
    粉砕
    2005年12月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 49, 59, 61
  • コロイドプローブ原子間力顕微鏡(AFM)法を用いた微粒子の凝集・分散挙動の解析
    色材協会誌
    2005年07月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 78, 7, 304, 309
  • Preparation of agglomeration-free hematite particles coated with silica and their reduction behavior in hydrogen
    Motoyuki Iijima, Yuichi Yonemochi, Mitsumasa Kimata, Masahiro Hasegawa, Mayumi Tsukada, Hidehiro Kamiya
    Journal of Colloid and Interface Science
    2005年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 287, 2, 526, 533
  • 最近の微粉体素材における機能向上と応用性
    工業材料
    2005年02月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 53, 2, 18, 21
  • Microstructure of iron particles reduced from silica coated hematite in hydrogen
    Y. Yonemochi, M. Iijima, M. Tsukada, H. Jiang, E. I. Kauppinen, M. Kimata, M. Hasegawa, H. Kamiya
    Advanced Powder Technology
    2005年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 16, 6, 621, 637
  • Analysis of the action mechanism of polymer dispersant on dense ethanol alumina suspension using colloical probe AFM
    T. Kakui, T. Miyauchi and H. Kamiya
    J. European Ceramic Society
    2005年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 25, 5, 655, 661
  • Effect of Sodium Aromatic Sulfonate Group in Anionic Polymer Dispersant on the Viscosity of Coal-Water Mixtures
    共著者:T. Kakui, H. Kamiya
    Enegy and Fuels
    2004年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 18, 3, 652, 658
  • Adhesion force measurement of a DPI size pharmaceutical particle by coloid probe atomic force microscopy
    M.TSUKADA, R. IRIE, Y. YONEMOCHI, R. NODA, H. KAMIYA, W. WATANABE, E. I. KAUPPINEN
    Powder Technol.
    2004年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 141, 3, 262, 269
  • ZrC(O)-Al2O3複合セラミックスの常圧燃結挙動
    佐藤仁俊、石垣隆正、守吉佑介
    粉体および粉末冶金
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 51, 10, 741, 748
  • Microstructure of iron particles reduced from silica coated hematite in hydrogen
    Y. Yonemochi, M. Iijima, M. Tsukada, H. Jiang, E. I. Kauppinen, M. Kimata, M. Hasegawa, H. Kamiya
    Advanced Powder Technology, submitted
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同
  • Agglomeration Free Silica Coating on Hematite Particles Prepared by Gel-Sol Method and Reduction Behavior in Hydrogen
    M. Iijima, Y. Yonemochi, M. Tsukada and H. Kamiya
    Journal of Colloid and Interface Science
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同
  • Hydrogen Reduction of Iron Oxide Particles with Different Diameter Prepared by Gel-Sol Method
    Y. Yonemochi, M. Iijima, M. Kimata, M. Hasegawa, M. Tsukada and H. Kamiya
    Journal of Colloid and Interface Science
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同
  • A novel fluidized bed process to produce fine-grade artificial lightweight aggregates
    Satoshi Kimura, Kaoru Kimura, Hidehiro Kamiya, Masayuki Horio
    Powder Technology
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 146, 1/2, 111, 120
  • 常圧焼結TiC/Al2O3複合材料のエロージョン摩耗特性-市販加圧焼結品との比較-
    佐藤仁俊 (東海高熱工業), 塚田まゆみ, 神谷秀博 (東京農工大 大学院生物システム応用科学研究科)
    日本セラミックス協会学術論文誌
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 単独, 112, 117, 120
  • Analysis of the action mechanism of polymer dispersant on dense ethanol alumina suspension using colloical probe AFM
    共著者:T. Kakui, T. Miyauchi and H. Kamiya
    J. European Ceramic Society
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 単独, 印刷中
  • Analysis of Action Mechanism of Anionic Polymer Dispersant with Different Molecular Structure in Dense Silicon Nitride Suspension by Using Colloidal Probe AFM
    H. Kamiya, S. Matsui and T. Kakui,
    Ceramic Transactions
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 単独, 152, 83, 92
  • Preparation of Highly Dispersed Ultra-fine Barium Titanate Powder by Using Acrylic Oligomer with High Density of Hydorophilic Group
    共著者:Y. YONEMOCHI, Y. IIDA, K. OGINO, H. KAMIYA
    Ceramics Transactions
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 152, 27, 35
  • TiC-Al2O3複合材料のエロージョン摩耗特性
    共著者:佐藤仁俊、神谷秀博
    日本セラミックス協会学術論文集
    2003年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 111, 7, 485, 490
  • 材料・ナノテク分野への化学工学の役割
    ケミカル・エンジニアリング,48(1)
    2003年01月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 48, 1, 7, 11
  • チタン酸バリウム微粒子のゾル-ゲル合成に及ぼす混合条件の影響
    共著者:五味健二郎,田中謙次,神谷秀博
    日本セラミックス協会学術論文誌
    2003年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 111, 1, 67, 72
  • チタン酸バリウム超微粒子の超高圧CIP成形
    共著者:五味健二郎、田中謙次、神谷秀博
    日本セラミックス協会学術論文誌
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 111, 4, 271, 276
  • ゲル-ゾル法によるミクロンサイズ単分散ヘマタイト粒子の合成
    共著者:米持雄一、木俣光正,吉本孝一、長谷川政裕,塚田まゆみ,神谷秀博
    粉体工学会誌
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, 2, 150, 156
  • Influence of molecular structure of an anionic polymer dispersant on dense silicon carbide suspension behavior and microstructure of green body prepared by slip casting
    共著者:M. Nojiri, H. Hasegawa, T. Ono,, T. Kakui, M. Tsukada and H. Kamiya
    J.Ceram.Soc. Jpn,111(5)
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 111, 5, 327, 332
  • Measurement of Stress Deformation on Characteristics for a Polypropylene Particle of Fluidized Bed Polymerization for DEM simulation
    共著者:M.Horio, N.Furukawa, H.Kamiya and Y.Kaneko
    Polymer Reaction Engineering
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 11, 2, 199, 212
  • Preparation of highly dispersed ultra-fine barium titanate powder by using microbial- derived surfactant
    共著者:H.Kamiya, K.Gomi, Y.Iida, K.Tanaka, T.Yoshiyasu and T.Kakiuchi
    J.Am.Ceram.Soc.
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 89, 12, 2011, 2018
  • Fluidized bed binderless granulation of hydrophobic drug with fine lactose powder
    共著者:K.Takano, N.Murayama, K.Nishii, H.Kamiya and M.Horio
    Adv. Powder Technology
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 14, 8, 369, 381
  • Analysis of Biomass Combustion Ash Behavior at Elevated Temperatures
    共著者:M.TSUKADA, H YAMADA, H. KAMIYA
    Advanced Powder Technology
    2003年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 14, 6, 707, 717
  • 微粒子ナノテクノロジーとは
    粉体と工業
    2002年10月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 34, 10, 34, 40
  • バイオナノインダストリー創出に向けて
    共著者:阿尻雅文他
    化学工学
    2002年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 66, 10, 554, 557
  • Effect of Slurry Flocculation on the Microstructure of Alumina Green Body Prepared by Slip Casting
    共著者:Y. Hotta, H. Abe, M. Naito, H. Kamiya and K. Uematsu
    Ceramic Transactions
    2002年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 133
  • Analysis of Anionic Polymer Dispersant in Dense Alumina Suspension with Various Additive Content by Using Colloidal Probe AFM
    共著者:H.KAMIYA, J.YONEYAMAY.FUKUDA, H.ABE, M.NAITO
    Ceramic Transactions
    2002年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 133
  • Development of a Split-type Tensile- strength Tester of Inorganic Fine Powder Bed for High-Temperature Conditions
    共著者:H.KAMIYA, A.KIMURA, T.YOKOYAMA, M.NAITO, G.JIMBO
    Powder Technology
    2002年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 127, 3, 239, 245
  • 講座「計算粉体工学」をはじめるにあたって
    粉体工学会誌
    2002年04月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 39, 4
  • カーボンブラック添加によるフライアッシュの力学的特性の改善
    共著者:情野香、福井武久、内藤牧男木村明、神谷秀博
    化学工学論文集
    2002年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 28, 2, 224, 226
  • Binderless granulation of Pharmaceutical lactose powder
    共著者:K.TAKANO, K.NISHIIA. MUKOYAMA, Y.IWADATEH.KAMIYA, M.HORIO
    Powder Technology 122(2/3)
    2002年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 122, 2/3, 212, 221
  • AFMを用いたスラリー特性評価技術
    セラミックス 37(2)
    2002年02月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 37, 2, 77, 80
  • Analysis of the high-temperature cohesion behavior of ash particles using pure silica powders coated with alkali metals
    共著者:H. KAMIYA, A. KIMURA, M.TSUKADA,M. NAITO
    Energy & Fuel
    2002年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 16, 2, 457, 461
  • 幅広い産業分野を支える粉体技術
    日刊工業新聞 2001年11月5日付け
    2001年11月, 単独
  • Optical Polarization Technique for Observing Filler Packing- structure in the Ceramic -powder Filled Resin Polymer Composite Systems
    共著者:Y.TAKAO, H.KAMIYA, M.NAITO,H.OKUMA
    T. IEE Japan
    2001年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 121, 11, 1019, 1024
  • Action Mechanism of Anionic Polymer Dispersant on SiC Particles and Suspension Characteristics
    共著者:M.NOJIRI, H.HASEGAWA,H.KAMIYA, T.ONO
    Ceramic Transactions
    2001年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 112, 191, 196
  • Effect of pH on Dense Alumina Suspension with Anionic Polymer Dispersant
    共著者:Y.FUKUDA, H.ISHII, H.ABE,M.NAITO, H.KAMIYA
    Ceramic Transactions
    2001年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 112, 197, 202
  • ナノスケール微粒子の凝集分散特性の評価と制御
    粉砕
    2001年10月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 45, 41, 46
  • Variation of microstructure and fracture strength of alumina ceramics made from different slurry preparing condition
    共著者:H. ABE, T. HOTTA, T. KUROYAMA Y. YASUROMI, M. NAITOH. KAMIYA, K. UEMATSU
    Ceramic Transactions
    2001年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 112, 191, 196
  • Influence of Additive Content of Anionic Polymer Dispersant on Dense Alumina Suspension Viscosity
    共著者:Y.FUKUDA, T.TOGASHI, Y.SUZUKI, M.NAITO, H.KAMIYA
    Chem. Eng. Sci.
    2001年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 56, 3005, 3010
  • Origin of Strength Variation of Silicon Nitride Ceramics with CIP Condition Powder Compaction Process
    共著者:H.ABE, T.HOTTA, M.NAITO,N.SHINOHARA, M.OKUMIYA,H.KAMIYA, K.UEMATSU
    Powder Technology
    2001年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 119, 194, 200
  • 顆粒体の圧壊強度に及ぼす雰囲気の影響
    共著者:中平兼司、阿部浩也、内藤牧男 宮川直通、神谷秀博、植松敬三
    化学工学論文集
    2001年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 27, 3, 416, 418
  • Analysis of Electro-steric Interaction of Polymer Dispersant in Dense Alumina Suspensions with Different Counter ion Densities Using Atomic Force Microscope
    共著者:Y.FUKUDA, T.TOGASHI,M.NAITO, H.KAMIYA
    J.Ceram.Soc.Jpn.
    2001年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 109, 6, 516, 520
  • 液中凝集特性の評価と解析
    セラミックス
    2001年05月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 36, 5, 345, 48
  • ナノ粒子の凝集と分散の評価と制御
    粉体と工業
    2001年04月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 33, 4, 69, 77
  • Analysis of Anionic Polymer Dispersant Behavior in Dense Silicon Nitride and Carbide Suspensions Using an AFM
    共著者:M.NOJIRI, S.MATSUI,H.HASEGAWA,T.ONO, Y.FUKUDA,M.TSUKADA, H.KAMIYA
    J.Nanoparticle Research
    2001年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3, 237, 244
  • 金属アルコキシドから合成したシリカゲル乾燥体構造と表面特性
    共著者:神谷秀博、吉田雅也
    粉体工学会誌
    2001年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 38, 4
  • Increasing Phenomena of Pressure Drop during Dust Removal Using Rigid Ceramics Filter at High Temperature
    共著者:H.KAMIYA, K.DEGUCHI, J.GOTOU,M.HORIO
    Powder Technology
    2001年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 118, 160, 165
  • Thermal Stress Fracture of Rigid Ceramic Filter Due to Char Combustion in Collected Dust Layer on Filter Surface
    共著者:H. KAMIYA, Y. SEKIYA, M. HORIO
    Powder Technology
    2001年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 115, 139, 145
  • Contribution of Particle Structure to the Viscosity of SiO2 Particle-filled Epoxy Resin Composite System
    共著者:Y.TAKAO, M.NAITO,H.KAMIYA
    Advanced Powder Technology, 12 (1)
    2001年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 12, 1, 17, 31
  • 最前線レポート「液中粒子分散技術最前線」
    化学工学
    2001年01月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 65, 1, 52, 53
  • Modeling of Sintering of Iron Particles in High Temperature Gas Fluidization
    共著者: P.C. KNIGHT, J. SEVILLE,H. KAMIYA, M. HORIO
    Chem.Eng.Sci.
    2000年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 55, 4783, 4787
  • RDF燃焼におけるNOx生成挙動の基礎的解析
    共著者:神谷秀博,香川幸子,堀尾正靭, 畔上統雄
    化学工学論文集
    2000年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 126, 5, 738, 740
  • ゼータ電位測定の意義 -粒子の凝集・分散状態の評価
    パーテイクルビュー
    2000年09月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単独, 3
  • Diametal Compression Characteristics of Cohesive Ash Powder Pellets at High Temperature
    共著者:H. KAMIYA, A. KIMURA, M. HORIO,J.SEVILLE, E. KAUPPINEN
    J.Chem.Eng.Jpn.
    2000年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 33, 4, 654, 656
  • 廃棄物再生燃料(RDF)流動層燃焼条件下での塩素分配挙動の基礎的解析
    共著者:神谷秀博,香川幸子,堀尾正靭
    化学工学論文集
    2000年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 26, 3, 462, 466
  • 機能材料・素子プロセスの体系化にむけて-MS&Tからの提案-
    共著者:山口他9名
    化学工学
    2000年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 64, 5
  • Microscopic Analysis of Electrostatic Interaction of Anionic Polymer Dispersant in Dense Ceramic Suspension by AFM
    共著者:H. KAMIYA, Y. FUKUDA,M. TSUKADA, T. KAKUI, M. NAITO
    Fine Powder Processing Proc.
    2000年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 184, 191
  • North Dakota大学EERC訪問記
    日本エネルギ-学会誌
    2000年01月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 79, 1, 87
  • Influence of Particle Diameter on Surface Silanol Structure, Hydration Forces and Aggregation Behavior of Alkoxide-derived Silica Particles
    共著者:H. KAMIYA, M. MITSUI, S. MIYAZAWA, H.TAKANO
    J.Am.Ceram.Soc.
    2000年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 83, 2, 287, 293
  • Effect of Polymer Dispersant Structure on Electrosteric Interaction and Dense Alumina Suspension Behavior
    共著者:H. KAMIYA, Y. FUKUDA, Y. SUZUKI, M. TSUKADA, T. KAKUI, M. NAITO
    J.Am.Ceram.Soc.
    1999年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 82, 12, 3407, 3412
  • Microscopic Analysis of Dense Suspension Behavior for Ceramic Powder Processing by Atomic Force Microscope
    H.Kamiya, Y.Fukuda, Y.Suzuki, M.Tukada, M.Naito and T.Kakui
    Proc. 8th Nissin Engineering Particle Technology International Seminar
    1999年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 151, 160
  • Analysis of Increasing Phenomena of Pressure Drop during Dust Removal Using Rigid Ceramic Filter at High Temperatures
    共著者:H. KAMIYA, K. DEGUCHI,J. GOTOU, M. HORIO
    High Temperature Gas Cleaning
    1999年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2
  • Granulation of Fines in a Circulating Fluidized Bed
    共著者:M. HORIO, A. MUKOYAMA, Y. IWADATE, H. KAMIYA, K. NISHII
    Circulating Fluidized Bed Technology Ⅵ, DECHEMA
    1999年10月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, 579, 584
  • On the Scaling-up of a Two-stage Air Blown Entrained Flow Coal Gasifier
    共著者:C. CHEN, T. MIYOSHI, H. KAMIYA, M. HORIO, T.KOJIMA
    The Canadian Journal of Chemical Engineering
    1999年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 77, 745, 750
  • 流動層造粒・凝集過程の粉体力学的解析
    共著者:堀尾正靭, 神谷秀博, 三上敬史,岩楯由貴
    ホソカワ粉体工学振興財団年報
    1999年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 6, 20, 23
  • 粉体の高温付着性とセラミックスフィルタ-技術
    日本学術振興会 石炭利用技術第148委員会
    1999年05月, 単独, 9, 16
  • Particle Adhesive Force Measurable in High-Temperature Environments
    New Technology Japan
    1999年02月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 27, 1, 14, 15
  • 廃棄物再生燃料(RDF)による高効率エネルギーリサイクル
    化学工学
    1999年02月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 63, 2, 95, 98
  • Reinforcement of Porous Mullite Ceramics Using Ultra Fine Mullite Precursor Powders
    共著者:Y. I.CHO, H. SUZUKI, H. KAMIYA
    The Korean Journal of Ceramics
    1999年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 5, 2, 137, 141
  • 流動層炉における固形廃棄物の燃焼時間に及ぼす形状と大きさの影響
    共著者:喜多照行,杉山秀子神谷秀博,堀尾正靭
    化学工学論文集
    1999年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 25, 1, 37, 44
  • 傾斜分散板を持つ流動層における廃棄物の混合・偏析特性
    共著者:喜多照行,神谷秀博, 堀尾正靭
    化学工学論文集
    1998年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 6, 901, 906
  • Numerical Simulation of Cohesive Powder Behavior in a Fluidized Bed
    共著者:T. MIKAMI, H. KAMIYA M. HORIO
    Chemical Engineering Sci.
    1998年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 53, 10, 1927, 1940
  • クエスチョンボックス・ワンポイント“粉体の付着性”
    化学工学
    1998年06月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 62, 6, 333
  • Microscopic Analysis on Consolidation Process of Granules Bed
    共著者:M.NAITO, K. NAKAHIRA, T. HOTTA, M. ITO, T.YOKOYAMA, H. KAMIYA
    Powder Technology
    1998年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 95, 214, 219
  • 粉の運動も複雑系
    えれきてる
    1998年04月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単独, 67, 5
  • Analysis of Hetero-Coagulation Structure of Colloidal Mullite Precursor Powder-Experimental Approach and Computer Simulation
    共著者:Y. I.CHO, H. KAMIYA, M. HORIO, H. SUZUKI
    Proc. Materials Research Soc.
    1998年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 501
  • Influence of Surface Silanol Structure and Hydration Forces on Alkoxide- derived Silica Gel Structure
    共著者:H. KAMIYA, M. YOSHIDA, M. MITSUI
    Proc. Materials Research Soc.
    1998年04月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, 501
  • Processing of Mullite ceramics from alkoxide-derived silica and colloidal alumina with ultra-high cold isostatic pressing
    共著者:Y.I. CHO, H. KAMIYA, M. HORIO and H. SUZUKI
    J. Europ. Ceram. Soc.
    1998年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 18
  • 流動層燃焼における固形廃棄物のNOx排出特性におよぼす廃棄物形状の影響
    共著者:喜多照行; 杉山秀子, 神谷秀博,堀尾正靭
    タクマ技報
    1998年02月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, VOL.6, NO.1
  • 粉体の基礎的特性,微粉を操るためのまめ知識
    食品機械装置
    1998年02月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単独, 35
  • コロイド混合法により調製したムライト前駆体微粒子の液中ヘテロ凝集構造の解析
    共著者:趙庸翼,神谷秀博,鈴木能大,堀尾正靭,鈴木久男
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1998年02月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, 106(2)
  • Chlorine Behavior in Fluidized Bed Incineration of Refuse-derived Fuels
    共著者:H. SUGIYAMA, S. KAGAWA, H. KAMIYA, M. HORIO
    Environmental Eng. Sci.
    1998年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 15(1)
  • Densification of Sol Gel Derived Mullite after Cold Isostatic Pressing to 1GPa
    共著者:H. KAMIYA, H. SUZUKI, T. ICHIKAWA, Y.I. CHO, M. HORIO
    J. Am. Ceram. Soc.
    1998年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同,
    81(1)
  • 廃棄物再生燃料(RDF)の流動層燃焼におけるNOx排出特性
    共著者:香川幸子,神谷秀博,畔上統雄,堀尾正靭
    化学工学論文集
    1997年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 23(6)
  • Preparation of Fine Mullite Powder with high surface area by Agglomeration Control Alkoxide- derieved precursor sol
    共著者:H.Suzuki, M.Shimizu, H.Kamiya, T. Ohta, M.Takahashi
    Adv. Powder Technology,
    1997年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, Vol.8, No. 4
  • RDFの流動層燃焼特性 -擬定常伝熱律速未反応核モデルによる解析-
    共著者:蜂屋直樹,喜多照行,神谷秀博,堀尾正靭
    日本エネルギ-学会誌
    1997年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 76, 10
  • Powder Processing for the Fabrication of Si3N4 Ceramics : II, Influence of Spray- dried Granule Strength on Properties and Strength of Ceramics
    共著者:H. KAMIYA, M.NAITO, T. HOTTA, K. OSOMURA, J. TSUBAKI, K. UEMATSU
    Am. Ceram. Soc. Bull.
    1997年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 76, 10
  • リサイクルの科学技術廃棄物からのエネルギーリサイクル
    月間「化学装置」韓国化学工業調査会
    1997年10月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単独
  • 粉体工学の材料,エネルギー・環境分野への展開 「欧米のいくつかの研究機関をたずねて」
    粉体と工業
    1997年09月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 29, 9
  • アメリカ粉体工学の新しい息吹 「フロリダ大学ERC訪問記」
    粉体工学会誌
    1997年08月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単独, 34, 8, 617, 621
  • リサイクルの科学技術廃棄物からのエネルギーリサイクル
    化学工業
    1997年04月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 48, 4, 334, 340
  • ファインセラミックス粉体の分散科学と技術
    セラミックス
    1997年04月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単独, 32, 4276-279
  • 流動層内凝集・沈降法による還元鉄粉製造法
    共著者:三上敬史,神谷秀博,堀尾正靭
    化学工学論文集
    1997年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 23, 2, 208, 215
  • Three- Dimension Imaging of Particle Clusters in Dilute Gas-Solid Suspension Flow
    共著者:M. TSUKADA, M. ITO, H. KAMIYA, M. HORIO
    Canadian J. Chem. Eng.
    1997年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 75, 4, 466, 470
  • Optimization of Suspension Characteristics for Shaping Processes
    共著者:M.NAITO, Y. FUKUDA, N. YOSHIKAWA, H. KAMIYA, J. TSUBAKI
    J. Europ. Ceram. Soc.
    1997年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 17 (2/3), 251, 257
  • アルコキシド法前駆体ゾルの凝集制御による高比表面積ムライト微粉体の調整
    共著者:鈴木久男,清水政範,神谷秀博,高橋実,太田敏孝
    粉体工学会誌
    1997年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 34(3), 170, 175
  • 国際粉体工業展カメラルポ
    粉体と工業29(2)
    1997年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同
  • アルコキシド法により調整した組成の異なるムライト前駆体の結晶化過程と比表面積変化
    共著者:清水政範,鈴木政男,神谷秀博,高橋実,太田敏孝
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1997年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 105(2), 131, 135
  • ムライト超微粒子の合成と低温焼結
    共著者:鈴木久男, 神谷秀博
    ケミカル・エンジニヤリング
    1996年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 763, 768
  • 表面処理粉体の圧力スイング造粒物の評価
    共著者:岩楯由貴, 神谷秀博,堀尾正靭
    粉体工学会誌
    1996年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 33, 9, 722, 727
  • 廃棄物からのエネルギーリサイクルシステム
    化学装置
    1996年09月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 38, 9
  • Influence of Viscous Deformation at the Contact Point of Primary Particles on Compaction of Alkoxide-Derived Fine SiO2 Granules under Ultra-high Isostatic Pressure
    共著者:H. KAMIYA, H. SUZUKI, D. KATO, G. JIMBO
    J. Am. Ceram.Soc.
    1996年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 79, 9, 2257, 2265
  • アメリカセラミックス協会 1995年秋季大会基礎科学部門(Basic Science Division) 見聞録(New Orleans)
    化学工学60
    1996年06月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 60, 6, 62
  • Effect of Shape of Solid Wastes on NOx Formation during Fluidized Bed Combustion
    共著者:T.KITA, H.SUGIYAMA, H. KAMIYA, M. HORIO
    AIChE Symposium Series
    1996年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 92, 313, 120, 129
  • The mechanism of defluidization of iron particles in a fluidized bed
    共著者:T. MIKAMI, H. KAMIYA, M. HORIO
    Powder Technology
    1996年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 89, 231, 238
  • 石炭灰の付着・溶融機構
    共著者:神谷秀博,寺前 剛
    化学工学シンポジウムシリーズ48, 21世紀をめざす石炭利用技術
    1995年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, pp.249, 258
  • 噴霧乾燥法により作製された顆粒体ならびに成形体特性に及ぼすスラリー調整条件の影響
    共著者:内藤牧男,福田悦幸,吉川亘弘,神谷秀博,椿淳一郎
    粉体工学会誌
    1995年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 32, 9, pp.617, 623
  • Creep Failure Process for Fine Powder Beds by Tensile Loading
    共著者:H.KAMIYA, M.NAITO,J.TSUBAKI, G.JIMBO
    KONA
    1995年08月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, 13, pp.223, 231
  • セラミックスプロセス科学技術に関する国際会議(ドイツ.1994年9月)見聞録
    化学工学
    1995年05月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 59, 5, pp.59
  • Densification of Mullite Precursor Powders Isostatically Pressed of Ultra-high Pressure
    共著者:H. KAMIYA, H. SUZUKI, M. KOBAYASHI, S. MORI, M. HORIO, G. JIMBO
    Transactions51
    1995年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, pp.567, 571
  • Effect of Mechanical Stirring of YBCO Mixed Powders during Heat Treatment on Super-conductive Behavior
    共著者:M.Naito, H.Kondo, Y.Yokoyama, H.Kamiya, T.Iwahara, M.Kobayashi, G.Jimbo
    Advanced Powder Technology, vol.6 No. 2
    1995年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 6, 2, p.103, 110
  • Influence of Slurry Flocculation on the Character and Compaction of Spray-Dried Silicon Nitride Granules
    共著者:H.Tahakashi, N.Shinohara, N.Okuyama, K.Uematsu, T.Tsubaki, Y.Iwamoto and H.Kamiya
    J.Am.Ceram.Soc., 78(4)
    1995年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 78, 4, pp.903-908
  • セラミックス微粒子の凝集現象と充填構造のコンピュ-タ-シミュレ-ションによる解析
    ニュ-セラミックス8(2)
    1995年02月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 8, 2, pp.15, 20
  • Powder Processing for the Fabrication of Si3N4 Ceramics :I, Influence of Strength of Spraydried Granule on Green Micro-structure
    共著者:H. KAMIYA, K. ISOMURA, G. JIMBO, J. TSUBAKI
    J. Am. Ceram. Soc. 78(1)
    1995年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 78, 1
  • Fluidization Characteristics of Fine Powders Treated with Different Adsorbate Species
    共著者:Y. IWADATE, Y. OHWADA, K. NISHII, H. KAMIYA, M. HORIO
    Advances in Multiphase Flow
    1995年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, pp.689, 700,pp.49-57
  • Application of Pressure Swing Granulation to Hard Metal Granulation Process
    共著者:K. NISHII, H. SONODA  H. KAMIYA, M. HORIO
    J.Jpn.Soc.Powder and Powder Metallurgy41(10)
    1994年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 41, 10, pp.428, 431
  • Effect of Y2BaCuO Particle Size on the Properties of YBaCuO7-x Superconductor
    共著者:H. KAMIYA, A. KONDO, T. YOKOYAMA, M.NAITO, G. JIMBO, S. NAGAYA, M. MIYAJIMA, I.HIRABAYASHI
    Adv. Powder Technology3(2)
    1994年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3, 2, pp.339, 351
  • 微粒子の凝集現象と充填構造 -セラミックス製造プロセスおよび計算機シミュレ-ションとの関係-
    粉体と工業
    1994年09月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 26, 9, pp.41, 47
  • High-pressure Cold Isostatic Pressing of Ultra-fine Oxide Powders
    共著者:H.KAMIYA, C.Nakayama, G.Jimbo
    KONA
    1994年08月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単独, 12, pp.161, 172
  • 金属アルコキシドから合成したシリカ微粒子の液中凝集分散特性
    共著者:神谷秀博、小島美香、堀尾正靭
    化学工学
    1994年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 58, 8, pp.648, 649
  • 微粉体層のクリープ引っ張り破断過程
    共著者:神谷秀博、神保元二、内藤牧男、椿淳一郎
    化学工学論文集
    1994年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 20, 4, pp. 556, 563
  • Microstrucutre Evolution and Mechanical Strength of Silicon Nitride Ceramics
    共著者:Y.IWAMOTO, H.NOMURA, I.SUGIURA, J.TSUBAKI, H.TAKAHASHI, K.ISHIKAWA, N.SHINOHARA, M.OKUMIYA, T.YAMADA, H.KAMIYA, K.UEMATSU
    J. MaterialsResearch9(5)
    1994年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 9, 5, pp.1208, 1213
  • Erosion Wear Properties of Tetragonal ZrO(YO) Thoughened Al2O3 Composites
    共著者: H. Kamiya, M. Sakakibara,Y. Sakutai, G. Jimbo, S. Wada
    J. Am. Ceram.Soc.77(3)
    1994年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 77, 3, pp.666, 672
  • Erosion Wear Properties of Toughened Ceramics and Composites
    共著者:H. KAMIYA, T. TAKAHARA,Y. SAKURAI, G. JIMBO
    Mat. Res. Soc. Symp. Proc.Ceramic
    1994年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, pp.20, 23
  • セラミックス超微粒子の等方高圧成形によるナノ多結晶体の製造
    共著者:神谷秀博、鈴木久男、神保元二
    まてりあ(日本金属学会誌)
    1994年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 33, 2, pp.155, 164
  • 最近の微粒子制御技術 第二章 組成及び組織の制御(1) 2.1 均質化
    粉体工学会誌
    1993年11月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 30, 11, pp.805, 814
  • 酸化物系超微粒子の等方超高圧成形
    共著者:神谷秀博、仲山千秋、神保元二
    化学工学論文集
    1993年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 19, 2, pp.220, 229
  • 窒化ケイ素の粉体特性および成形体構造による焼結特性の変化
    共著者:神谷秀博、磯村賢児、神保元二、堀田禎、椿淳一郎
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1993年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 101, 3, pp. 285
  • 超微粒子凝集体の充填シミュレーション--充填構造に及ぼすシミュレーション条件の影響--
    共著者:神谷秀博、八木恵美子、神保元二
    粉体工学会誌
    1993年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 30, 3, pp.148, 154
  • Direct Obsevation of Microstructure Change during Densification of Silicon Nitride Ceramics with a Novel Characterization Method
    共著者:Y.IWAMOTO, H.NOMURA, I.SUGIURA, J.TSUBAKI, H.TAKAHASHI, K.ISHIKAWA, N.SHINOHARA, M.OKUMIYA, Y.YAMADA, H.KAMIYA, K.UEMATSU
    Mat. Res. Soc. Symp. Proc., vol.287
    1993年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 287, pp.435, 440
  • Densification of Alkoxide-Derived Fine SiO2 Powder Compacts by Ultra-High Pressure Isostatic Pressing
    共著者:H. KAMIYA, H.SUZUKI,D. KATO, G.JIMBO
    J. Am. Ceram. Soc.
    1993年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 76, 1, pp.54, 64
  • Ultra-high Pressure Cold Isostatic Pressing?Low Temperature Sintering of Alkoxide-Derived Mullite Precursor Powders?
    共著者:H. KAMIYA, H. SUZUKI T. ICHIKAWA, G. JIMBO
    Ceram. Eng. and Sci. Proc.13(7-8)
    1992年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 13, 7-8, pp.563, 570
  • ムライト焼結体の摺動摩耗特性
    共著者:H. KAMIYA, G. JIMBO
    KONA
    1992年09月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, 10, pp.131, 144
  • ムライト焼結体の摺動摩耗特性
    共著者:西川直宏、神谷秀博、河辺幸治、高津學
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1992年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 100, 7, pp.912, 917
  • 超微粒子の三次元充填シミュレーション
    共著者:神谷秀博、神保元二
    ケミカルエンジニアリング
    1992年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 37, pp.520, 527
  • YBaCu系複合酸化物製造プロセスにおける液中混合粉砕が製品の超伝導特性に及ぼす影響
    共著者:横山豊和、吉田宜央、近藤光内藤牧男、吉川雅浩、神谷秀博、神保元二
    粉体工学会誌28(8)
    1991年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 28, 8, pp.501, 507
  • 超微粒子凝集体の充填シミュレーションとBrownian dynamic methodによる凝集過程の解析
    共著者:神谷秀博、神保元二
    化学工学論文集
    1991年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 17, 4, pp.837, 845
  • 乾式振動ボールミル処理がYBaCu系複合酸化物の超伝導特性に及ぼす影響
    共著者:横山豊和、近藤光、内藤牧男、吉川雅浩、神谷秀博、神保元二
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1990年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 98, 10, pp.1097, 1102
  • SiCの摺動条件による摩耗機構の変化-摩耗状態図(Wearmap)による考察
    共著者:高津學、神谷秀博、久保田賢、関和彦
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1990年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 98, 9, pp.964, 970
  • Al2O3及びAl2O3- ZrO2系複合焼結体の微細組織による繰り返し疲労特性の変化
    共著者:神谷秀博、高津學、大矢寛二、安藤雅史、服部晃好
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1990年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 98, 5, pp.456, 463
  • Al2O3-ZrO2系複合焼結体の摺動摩耗特性
    共著者:神谷秀博、高津学、久保田賢、児玉浩亨
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1990年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 98, 1, pp.13, 21
  • Cyclic Fatigue Test of PSZ by Using a Piezo- electric Bimorph Actuator -- Effect of Stress Amplitude and Frequency ?
    共著者:K. OHYA, K. OGURA,M. TAKATSU, H. KAMIYA
    Proc. MRS Int'l.Mtg. on Adv.Mat.,
    1989年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 5, pp.557, 565
  • エネルギ-解放率
    粉体工学会誌
    1989年05月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 26, 5, pp.557, 565
  • セラミックスの摺動摩耗特性に及ぼす材料の組合せ効果の影響ー摺動面表面粗度の変化に着目した解析
    共著者:神谷秀博、高津学、山口勝之
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1989年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 97, 4, pp.461, 466
  • 部分安定化ジルコニアの疲労特性に及ぼす応力波形の影響
    共著者:大矢寛二,小倉幸治,高津 学, 神谷秀博
    材料
    1989年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 38, 425, pp.144, 148
  • 臨界応力拡大係数、(Kc)
    粉体工学会誌
    1989年02月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 26, 2, pp.84
  • ファインセラミックスの特性-- 金属との比較 --
    共著者:G. JIMBO, R. YAMAZAKI. TSUBAKI, H. KAMIYA
    トライボロジスト
    1989年02月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, 34, 2
  • 線形破壊力学
    粉体工学会誌
    1989年01月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 26, 1, pp.39
  • セラミックスの繰り返し疲労特性
    共著者:高津学、神谷秀博
    旭硝子工業技術奨励会研究報告
    1989年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 54
  • セラミックスの振動疲労特性に及ぼす応力負荷条件の影響
    共著者:高津學、神谷秀博、大矢寛二、小倉幸治、木下寿治
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1988年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 96, 10, pp.990, 996
  • Decomposition Behaviours of Dopant-Free and Doped Solid Solutions in the TiO2-SnO2 System
    共著者:J. TAKAHASHI, M. KUWAYAMA,H. KAMIYA, M. TAKATSU,T. OOTA, I. YAMAI
    J. Mat. Sci. 23
    1988年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, pp.337, 342
  • Development of Measuring and Characterizing Methods of Mechanical Properties of Powder Particles
    共著者:G. JIMBO, R. YAMAZAKI J. TSUBAKI, H. KAMIYA
    Memories of the Faculty of Engineering, Nagoya University
    1988年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, 1
  • 酸化物系焼結体における摺動摩耗特性のIndentation Fracture Modelによる解析
    共著者:高津 學,神谷秀博,大島 隆, 高橋順一
    日本セラミックス協会学術論文誌
    1988年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 96, 3, pp.259, 264
  • Cyclic Fatigue Test of Fine Ceramics by Using Pizostack
    共著者:K. OHYA, K. OGURA, M. TAKATSU, H. KAMIYA
    Sintering ’87 Vol.2
    1988年02月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, pp.866, 871
  • 微粉体層の時間依存型力学特性に関する研究
    粉体工学会誌
    1988年02月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 25, 2, pp. 101, 103
  • 時間依存型圧密履歴を受けた粉体層の力学的性質の変化
    共著者:神谷秀博,岸 伸展,椿淳一郎,神保元二
    粉体工学会誌
    1986年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 23, 12, pp.832, 838
  • Statistical Analysis of the Fatigue Failure Phenomenon of Powder Bed by Loading with Dynamic Repeated Tensile Stress
    共著者:H. KAMIYA, J. TSUBAKI,  G. JIMBO
    KONA 4
    1986年10月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, pp.46, 83
  • 「微粉体層の時間依存型力学特性に関する研究」
    名古屋大学Solvent
    1986年03月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 単独
  • 履歴による粉体層の強度変化とクリープ破断現象
    共著者:神谷秀博,古川真一,椿淳一郎,神保元二
    粉体工学会誌
    1985年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 22, 9, pp.618, 625
  • 粉体層の繰り返し引っ張り負荷による応力-変位関係の変化
    共著者:神谷秀博,椿淳一郎,神保元二
    化学工学論文集
    1985年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 11, 3, pp.356, 358
  • 粉体層の動的繰り返し引っ張り負荷による疲労破断現象における変位量増加過程
    共著者:神谷秀博,椿淳一郎,神保元二
    化学工学論文集
    1985年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 11, 2, pp.210, 216
  • 粉体層の動的繰り返し引っ張り負荷による疲労破断現象の統計的解析
    共著者:神谷秀博,椿淳一郎,神保元二
    化学工学論文集
    1985年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 11, 2, pp.186, 191
  • Extraction of Copper by LIX65N in a Vessel and a Multi-stage Colum under Stirred Conditions
    共著者:K. TAKAHASHI, H. KAMIYA, S. UCHIDA, H. TAKEUCHI
    Extraction andIon Exchange1(2)
    1983年02月, 研究論文(大学,研究機関紀要), 共同, pp.311, 336

著書

  • 高分子微粒子ハンドブック
    藤本啓二、神谷秀博、他
    シーエムシー出版
    2017年07月, 978-4-7813-1253-8
  • ナノ粒子の表面修飾と分析評価技術
    神谷 秀博、蟹江 澄志、山田 保治、他
    株式会社情報機構
    2016年01月, 978-4-86502-097-7
  • 光散乱法の基礎と応用
    神谷秀博、柴山充弘、佐藤尚弘、岩井俊昭、木村康之
    講談社
    2014年11月
  • 基礎粉体工学
    日高重助、神谷秀博 編著
    日刊工業新聞社
    2014年07月, 978-4-526-07185-0
  • 分散・塗布・乾燥の基礎と応用
    神谷秀博・山口由岐夫・辻佳子・淵上修三・山村方人
    株式会社テクノシステム
    2014年03月
  • はじめての集じん技術
    神谷秀博、金岡千嘉男、牧野尚夫、福井国博、池野栄宣、野田直希
    日刊工業新聞社
    2013年01月
  • ナノ粒子安全性ハンドブック
    神谷秀博、伊ヶ崎文和、江見準、遠藤茂寿、奥山喜久夫、明星敏彦、牧野尚夫
    日刊工業新聞社
    2012年09月
  • 初歩から学ぶ粉体技術
    内藤牧男・牧野尚夫・神谷秀博他
    森北出版㈱
    2011年12月
  • 粒子分散系塗布膜を中心とした高粘度スラリーの調液・塗布・乾燥技術
    椿淳一郎、森隆昌、神谷秀博 他
    技術情報協会
    2011年03月
  • 入門 粉体材料設計
    内藤牧男・牧野尚夫・多々見純一・米屋勝利・神谷秀博
    日刊工業新聞社
    2011年03月
  • 電池の未来を拓く粉体技術
    内藤牧男、金村聖志、棟方裕一、牧野尚夫、神谷秀博、他
    日刊工業新聞社
    2010年11月
  • 初歩から学ぶ粉体技術
    内藤牧男、牧野尚夫、神谷秀博 他
    ㈱工業調査会
    2010年06月, 978-4-7693-4239-7
  • 究極のエネルギーと環境調和
    内藤牧男、牧野尚夫、神谷秀博、他
    日刊工業新聞社
    2010年02月
  • スラリーの安定化技術と調整事例
    神谷秀博、飯島志行、他35名
    株式会社情報機構
    2008年08月
  • 究極の粉をつくる
    内藤牧男、神谷秀博、Wuled Lenggoro他
    日刊工業新聞社
    2008年02月
  • マイクロ/ナノカプセルの新規調製と次世代製品開発技術 第六章第二節ナノ粒子内包型マイクロカプセルにおける有機無機界面構造設計
    神谷秀博
    技術情報協会
    2008年02月
  • エレクトロニクス・光学材料用途におけるナノ粒子の表面処理、分散凝集制御と活用術 第一章
    神谷秀博
    技術情報協会
    2008年01月
  • Nanoparticle Technology Handbook
    Hidehiro Kamiya++
    Elsevier
    2007年05月
  • ナノ粒子分散系の科学と技術,第13章セラミックス分散系のレオロジー
    角田光雄監修
    シーエムシー出版
    2006年12月
  • 新機能微粒子材料の開発とプロセス技術,第Ⅲ編 微粒子プロセス技術 第3章分散と凝集技術
    日高重助監修
    シーエムシー出版
    2006年08月
  • 生物に学び新しいシステムを創る, 第3章ナノテクノロジーから「微粒子のはたらきーあらゆる分野に顔を出す微粒子の不思議
    生物に学び新しいシステムを創る編集員会編
    博友社
    2006年04月
  • 乾燥大全集
    神谷秀博 他37名
    情報機構
    2006年04月
  • ナノパーティクルテクノロジーハンドブック
    細川益男監修、ナノパーティクルテクノロジーハンドブック編集委員会編
    日刊工業新聞社
    2006年04月
  • Direct Measurement of Adhesion Force for Single ash Particle at High Temperature
    H. Kamiya, T. Aozasa, M. Tsukada, H. Matsuda and H. Makino
    2005年
  • Analysis of Ash Adhesion Behavior at High Temperature Condition --- Relation between Powder Bed Strength and Microscopic Behavior
    M. Tsukada, H. Yamada and H. Kamiya
    2005年
  • Influence of Molecular Structure of Polymer Dispersant on Dense SiC Aqueous Suspension Behavior
    K. Sato, M. Hasegawa, M. Tsukada and K. Kamiya
    2005年
  • Effect of Polymer Dispersant Molecular Structure on Dense Ceramics Suspension Behavior in Nonaqueous System
    T. Kakui and H. Kamiya
    2005年
  • ナノマテリアル工学大系 第1巻ニューセラミックス・ガラス編
    平尾一之他126名
    フジ・テクノシステム
    2005年10月
  • 先進セラミックスの作り方と使い方
    (独)日本学術振興会 高温セラミック材料第124委員会
    日刊工業新聞社
    2005年03月
  • Preparation of Highly Dispersed Ultra-fine Barium Titanate Powder by Using Acrylic Oligomer with High Density of Hydorophilic Group
    共著者:Y. YONEMOCHI, Y. IIDA, K. OGINO, H. KAMIYA
    2004年
  • レオロジー~種別コントロール・評価・チャート集・パラメータ特許~
    2004年12月
  • エアロゾル用語集
    2004年08月
  • 超臨界流体とナノテクノロジー
    監修/阿尻雅文
    2004年08月
  • 有機、無機材料における表面処理・改質の上手な方法およびその評価
    神谷秀博他48名
    2004年03月
  • ナノ微粒子の調整および分散・凝集コントロールとその制御
    共著者:奥山喜久夫,他33名
    2003年05月
  • Functionalization and Surface Treatment of Nanoparticles
    Editor: M.-I.Baraton, 共著者:内藤牧男、全13章で構成、著者18名
    2002年11月
  • セラミックス工学ハンドブック(第2版)
    共著者:佐々木義典、他490名
    2002年03月
  • 微粒子工学体系,第2巻 応用技術
    共著者:柳田博明、他157名
    2002年01月
  • 図解ナノテクノロジーのすべて
    共著者:川合知二、他92名
    2001年11月
  • 微粒子工学体系,第1巻 基本技術
    共著者:柳田博明、他149名
    2001年10月
  • CO2削減に向けた次世代エネルギー技術ハンドブック
    共著者:堀尾正靭、西宮昌編
    2001年05月
  • 粉体工学用語辞典,改訂版
    共著者:向坂保雄他多数
    2000年03月
  • 微粒子の付着・凝集メカニズムと実用系における評価,制御
    共著者:奥山喜久夫、他25名
    2000年01月
  • 流動層ハンドブック
    共著者:石井理、他57名
    1999年03月
  • 粉体工学便覧-第2版
    共著者:荒川敏彦、他109名
    1998年03月
  • 不思議な粉の世界「粉を科学する」
    共著者:伊ヶ崎文和、神谷秀博、浜田醇二、山田昌治、山本英夫
    1996年10月
  • 最近の化学工学45、粉粒体工学
    共著者:外山茂樹、他14名
    1993年11月
  • 化学工学の進歩27、知的プロセスシステム
    共著者:戸苅吉孝、他18名
    1993年10月

研究発表、招待講演等

  • 微粒子、ナノ粒子の表面間相互作用の評価と設計
    化学工学会 第 52 回秋季大会
    2021年09月22日, 口頭発表(招待・特別)
  • 炭酸カルシウム微粒子の高温付着性評価と制御
    化学工学会第86年会
    2021年03月21日, 口頭発表(一般)
  • 高分子添加剤構造によるハイドロキシアパタイト微粒子間相互作用の評価
    化学工学会秋季大会
    2020年09月25日, 口頭発表(一般)
  • 磁性ナノ粒子の液中分散における分散剤の構造機能相関
    粉体工学会2020年度春季研究発表会
    2020年05月26日, 口頭発表(一般)
  • コロイド溶液におけるナノ粒子表面へのリガンド分子の吸脱着観測
    粉体工学会2020年度春期研究発表会
    2020年05月26日, 口頭発表(一般)
  • Effect of alkali metals for ash particle adhesion phenomena at high temperature
    APCChE 2019
    2019年09月25日, ポスター発表
  • Nano and Fine Particles Behavior Characterization and Control for Energy Conversion and Storage Materials
    ISECSM 2019
    2019年08月01日, 口頭発表(招待・特別)
  • 高分子分散剤構造によるリン酸カルシウム表面間相互作用の変化
    粉体工学会2019年度春期研究発表会
    2019年05月09日, 口頭発表(一般)
  • 石炭燃焼灰の組成による高温付着性の変化
    粉体工学会2019年度春期研究発表会
    2019年05月09日, 口頭発表(一般)
  • 石炭燃焼灰の高温付着性増加現象に関する解析
    化学工学会第84年会
    2019年03月15日, 口頭発表(一般)
  • Deposition behaviors characterization of sewage sludge combustion ash at high temperature by using modified inorganic particles
    化学工学会第84年会
    2019年03月15日, 口頭発表(一般)
  • 酸化チタンナノ粒子分散系における分散剤の構造機能相関
    化学工学会第84年会
    2019年03月14日, 口頭発表(一般)
  • Nanomaterials and nanoparticles processing for aggregation and dispersion behavior control
    6 th International Roundtable on Nanotechnology(IRN)2018
    2018年10月24日, 口頭発表(招待・特別)
  • 材料応用に向けたナノ粒子の凝集分散制御
    化学工学会 第50回秋季大会
    2018年09月19日, 口頭発表(一般)
  • 二相溶媒系を利用したナノ粒子界面の配位子交換現象の解析
    化学工学会 第50回秋季大会
    2018年09月19日, 口頭発表(一般)
  • 下水汚泥焼却灰の高温場における付着性の評価
    化学工学会 第50回秋季大会
    2018年09月19日, 口頭発表(一般)
  • Nano and Fine particles Aggregation and Adhesion behavior Control for Applications in Various Fields
    1st China-Japan Particuology Forum organized by the Chinese Society of Particuology
    2018年08月11日, 口頭発表(招待・特別)
  • 柔軟な分散性を有するコロイドナノ粒子の一段階合成
    粉体工学会2018年度春期研究発表会
    2018年05月15日, その他
  • 石炭燃焼灰の高温場での付着性増加現象及び低減法の解析
    粉体工学会2018年度春期発表会
    2018年05月15日, その他
  • Analysis and Control of Adhesion Behavior of Sewage Sludge Combustion Ashes at High Temperature
    8th World Congress on Particle Technology
    2018年04月24日, その他
  • 相間移動を活かしたナノ粒子-リガンド間の吸着強度の可視化評価
    化学工学会第83年会
    2018年03月14日, ポスター発表
  • 微粉炭ボイラにおける伝熱面への付着灰成長挙動に関する研究
    化学工学会第83年会
    2018年03月14日, その他
  • ナノ粒子界面構造設計による挙動制御
    高分子学会 高分子表面研究会
    2018年01月26日, 口頭発表(一般)
  • 高温場での微粒子付着現象評価・解析とそ制御
    第55回粉体に関する討論会
    2017年11月13日, その他
  • Interface structure design for inorganic nanoparticles dispersion behavior control in organic solvents and polymer
    Formula IX
    2017年10月16日, 口頭発表(招待・特別)
  • 機能性ナノ粒子分散ポリマー複合体のための粒子界面設計
    粉体工学会2017年度秋期研究発表会
    2017年10月10日, その他
  • 廃棄焼却灰の高温場での付着性増加現象の評価と解析
    粉体工学会2017年度秋期研究発表会
    2017年10月10日, その他
  • 界面分子構造設計によるナノ粒子の分散挙動の制御
    第68回コロイドおよび界面化学討論会
    2017年09月06日, 口頭発表(一般)
  • Fine and nano particle behavior control for the application in various field
    International Symposium on Nanocarbon Materials
    2017年09月01日, 口頭発表(招待・特別)
  • Molecular design of organic ligands for functional inorganic nanoparticles dispersion in organic solvents and polymer
    ECerS2017
    2017年07月12日, 口頭発表(招待・特別)
  • Organic Ligands Structure Design for Concentrated TiO2 Nanoparticle Dispersions in various organic solvents and polymer
    PACRIM 12
    2017年05月24日, 口頭発表(招待・特別)
  • Nano and Fine particles Aggregation and Adhesion behavior Control for Applications in Various Fields
    IFPRI Particle Technology Education in the Twenty-First Century Workshop
    2017年04月10日, 口頭発表(招待・特別)
  • 低品位炭混焼灰の高温付着現象の解析と付着低減法
    化学工学会第82年会
    2017年03月06日, ポスター発表
  • 低品位炭混焼灰の高温付着現象の解析と付着低減法
    第19回化学工学会学生発表会
    2017年03月04日, ポスター発表
  • Fine and nano-particle technology for energy and material systems towards sustainable future
    ICGSCE 2017
    2017年02月16日, 口頭発表(招待・特別)
  • Design, Synthesis, and Structure-Function Relationship of Amphiphilic Organic Ligands for Stable Nanoparticle Dispersions in various solvents
    ICACC 2017
    2017年01月25日, 口頭発表(招待・特別)
  • 選択的リン酸吸着のための酸化チタン材料の開発
    粉体工学会 2016年度 秋期研究発表会
    2016年11月29日, その他
  • Design, Synthesis, and Structure-Function Relationship of Amphiphilic Organic Ligands for Stable Nanoparticle Dispersions in Various Solvents
    2016 AIChE Annual Meeting
    2016年11月16日, その他
  • One-Pot Peptide Synthesis Assisted By Hydrophobic Magnetic Nanoparticles
    2016 AIChE Annual Meeting
    2016年11月15日, ポスター発表
  • Soluble Tag-Assisted Liquid-Phase Peptide Synthesis Using Hydrophobic Benzyl Alcohols
    2016 AIChE Annual Meeting
    2016年11月13日, その他
  • 高速回転ミキサーを用いた均一エマルジョン調製
    化学工学会第48回秋季大会
    2016年09月08日, その他
  • 柔軟な分散性を有する銀ナノ粒子の直接合成
    化学工学会第48回秋季大会
    2016年09月07日, その他
  • 磁性ナノ粒子の分散性に与えるカルボン酸分子構造の影響
    化学工学会第48回秋季大会
    2016年09月06日, その他
  • ホスホン酸系リガンドを用いたTiO2ナノ粒子の分散制御
    化学工学会第48回秋季大会
    2016年09月06日, その他
  • 汚泥燃焼灰の高温付着現象の解析と付着防止法の提案
    第25回日本エネルギー学会大会
    2016年08月10日, その他
  • 疎水性磁性ナノ粒子を用いたワンポットペプチド合成法
    粉体工学会 2016年度 春期研究発表会
    2016年05月17日, その他
  • ナノ粒子の界面構造制御による分散機構の解析
    粉体工学会 2016年度 春期研究発表会
    2016年05月17日, その他
  • Dispersion and time dependent gelation processes of fine ceramic powder aqueous suspension by using poly-isobutylene-alt
    PARTEC 2016
    2016年04月20日, 口頭発表(一般)
  • 表面修飾剤の分子構造設計によるナノ粒子の液中分散制御
    化学工学会第81年会
    2016年03月14日, ポスター発表
  • 疎水性ベンジルアルコール担体を用いたペプチド液相合成法の開発
    化学工学会第81年会
    2016年03月14日, ポスター発表
  • Time dependent dispersion and gelation phenomena of fine alumina powder aqueous suspension for advanced gel casting process by using poly-isobutylene- altmaleic anhydride
    ICACC 2016
    2016年01月26日, 口頭発表(招待・特別)
  • Nano and Fine Particles Behavior Control in Liquid for Ceramic Powder Processing
    Advanced Materials Challenges for Alternative Energy Solutions
    2015年12月18日, 口頭発表(招待・特別)
  • Nano and fine ceramic powder processing for application of various energy devices
    ACTSEA 2015
    2015年11月11日, 口頭発表(招待・特別)
  • Evaluation of Dispersion Behavior of Surface-Modified Silica Particles from the Direct Measurement of Interaction ForcesInteraction Forces
    AIChE, 2015 Annual Meeting
    2015年11月09日, その他
  • モデル灰粒子による燃焼灰高温付着現象の解析
    粉体工学会 2015年度 秋期研究発表会
    2015年10月13日, その他
  • イソブチレン-無水マレイン酸系重合体を用いたアルミナ微粒子の分散・ゲル化過程の解析
    第53回粉体に関する討論会
    2015年09月29日, その他
  • Nano and Fine Particles Aggregation and Adhesion Behavior Control for Applications in Various Fields
    APT 2015
    2015年09月16日, 口頭発表(基調)
  • 粒子分散液の乾燥過程に於ける粒子充填挙動の解析
    化学工学会第47回秋季大会
    2015年09月11日, その他
  • イソブチレン‐無水マレイン酸共重合体を用いた高濃度アルミナスラリーのゲル化挙動の解析
    化学工学会第47回秋季大会
    2015年09月10日, その他
  • 固定発生源排出凝縮性微粒子計測における排ガス希釈条件が生成粒子特性に及ぼす影響
    化学工学会第47回秋季大会
    2015年09月10日, その他
  • ナノ粒子界面設計と分散挙動の評価と制御
    化学工学会第47回秋季大会
    2015年09月10日, 口頭発表(招待・特別)
  • Nano and Fine Particles Aggregation / Dispersion Behavior Control for Ceramic and other Materials Processing
    PACRIM 11
    2015年09月02日, 口頭発表(招待・特別)
  • CFD analysis of dispersion efficiency and uniformity of alumina aggregates in suspension using high-speed rotor-stator mixer and R.C.A mixer
    ICCCI2015
    2015年07月08日, ポスター発表
  • Dispersion behavior of surface-modified silica particles assessed by colloidal probe AFM method
    ICCCI2015
    2015年07月08日, ポスター発表
  • Influence of powder surface properties on tensile strength and oral disintegrating behavior of pharmaceutical tablets
    ICCCI2015
    2015年07月08日, ポスター発表
  • Drying behavior of ceramic powder hydrogels used organic co-polymer
    ICCCI2015
    2015年07月08日, その他
  • Characterization of Condensable Nanoparticles Formed at Stationary Sources by Using Dilution Samplers
    9th Asian Aerosol Conference (AAC2015)
    2015年06月25日, 口頭発表(一般)
  • 非球形粒子の粉体特性と粒子間相互作用
    粉体工学会春期研究発表会
    2015年05月20日, その他
  • 表面修飾ナノ粒子の分散・吸着特性とコロイドプローブAFM法による解析
    粉体工学会 春期研究発表会
    2015年05月19日, その他
  • 粒子表面修飾条件による分散性と粒子間相互作用の差異
    化学工学会第80年会
    2015年03月21日, その他
  • 可溶性担体を用いた液相ペプチド合成プロセス
    化学工学会 第80年会
    2015年03月21日, その他
  • 凝縮性微粒子の生成挙動に及ぼす固相粒子の表面構造の影響
    化学工学会第80年会
    2015年03月20日, その他
  • コロイド分散液乾燥過程での粒子充填機構の解析
    化学工学会第80年会
    2015年03月20日, その他
  • コロイドプローブAFM 法を用いたアルミナスラリーの分散及びゲル化過程における粒子間力変化の解析
    日本セラミックス協会2015年会
    2015年03月19日, その他
  • イソブチレン-無水マレイン酸系共重合体によるアルミナ微粒子の水中分散およびゲル化機構の解析
    日本セラミックス協会2015年会
    2015年03月19日, その他
  • 銀ナノ粒子を吸着したアラミドナノファイバーの分散性を維持した母材微粒子への固定化
    日本セラミックス協会2015年会
    2015年03月19日, その他
  • 塗布乾燥過程での粒子充填状態に及ぼす乾燥速度および粒子表面修飾の影響
    粉体工学会 2014年度 秋期研究発表会
    2014年11月25日, その他
  • イソブチレン-無水マレイン酸系重合体によるアルミナ微粒子の水中分散及びゲル化過程の解析
    粉体工学会 2014年度 秋期研究発表会
    2014年11月25日, その他
  • 医薬錠剤の引張強度、崩壊性に及ぼす粉体表面構造の影響
    化学工学会第46回秋季大会
    2014年09月19日, その他
  • 高粘性高分子溶液中でのコロイドプローブAFM 法 による粒子間相互作用の評価
    化学工学会 第46回秋季大会
    2014年09月18日, その他
  • Multi-scale modelling of dispersion of a carrier-based dry powder inhalation system
    Particulate Processes in the Pharmaceutical Industry IV
    2014年09月15日, 口頭発表(招待・特別)
  • ゲル化成形による高強度アルミナセラミックス
    日本セラミックス協会 第27回秋季シンポジウム
    2014年09月10日, その他
  • ナノ粒子、微粒子分散系プロセスの評価と制御
    第65回コロイドおよび界面化学討論会
    2014年09月03日, その他
  • 油中で酸化チタンナノ粒子を安定分散させるための表面処理の因子解明
    粉体工学会第50回夏期シンポジウム
    2014年08月07日, 口頭発表(一般)
  • Numerical and experimental study of effect of inhaler designs on the aerosolisation
    粉体工学会 第50回夏期シンポジウム
    2014年08月06日, 口頭発表(一般)
  • NANOPARTICLES AND CARBON NANOMATERIAL COATING ON FINE PARTICLES PREPARED THROUGH COLLOIDAL AND CVD COMBINED PROCESS
    ModTech2014 International Conference
    2014年07月14日, 口頭発表(招待・特別)
  • 表面設計したSiO2ナノ粒子の分散配列制御による機能性分子の集積化法の検討
    粉体工学会 2014年度 春期研究発表会
    2014年05月30日, 口頭発表(一般)
  • 低抵抗層状錫化合物の析出状態と機能性に及ぼす合成条件の影響
    粉体工学会2014年度 春期研究発表会
    2014年05月29日, その他
  • 高速ローター・ステーターミキサーを用いたナノ粒子凝集体の分散特性に及ぼすクリアランスの影響
    粉体工学会 2014年度 春期研究発表会
    2014年05月29日, その他
  • モデル灰粒子を用いたバイオマス燃焼灰高温付着性の解析
    化学工学会第79回年会
    2014年03月19日, ポスター発表
  • ナノ細孔を有するモデルエアロゾルを用いた拡散荷電型表面積濃度計の評価
    化学工学会第79回年会
    2014年03月18日, ポスター発表
  • 異なる凝集状態の高濃度微粒子サスペンション挙動の解析
    日本セラミックス協会 2014 年年会
    2014年03月17日, その他
  • 機能性分子を修飾したSiO₂ ナノ粒子の有機ナノファイバーを介した配列化プロセス
    日本セラミックス協会 2014 年年会
    2014年03月17日, その他
  • Surface interaction control and characterization of microcapsule and biological molecules for pharmaceutical application
    38th International Conference and Exposition on Advanced Ceramics and Composites
    2014年01月30日, 口頭発表(招待・特別)
  • Nanoparticles and carbon nanomaterial coated fine particles prepared through colloidal and CVD combined process
    5th International Symposium on Advanced Ceramics (ISAC-5)
    2013年12月11日, 口頭発表(招待・特別)
  • Nanoparticle and nanomateriak dispersion behavior and packing structure control for applications in polymer composites and Li-ion batteries
    THERMEC 2013
    2013年12月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • Numerical and Experimental Study of the Correlation Between Bulk Stresses and Interparticle Force in the Biomass Combustion Ash
    2013 AIChE Annual Meeting
    2013年11月07日, 口頭発表(一般)
  • Carbon Nanomaterial Dense Layer Formation On Graphite Particles for Li-Ion Battery Anode By Using Colloidal and CVD Combined Process
    2013 AIChE Annual Meeting
    2013年11月07日, 口頭発表(一般)
  • 固定発生源からのPM2.5、ナノ粒子の排出挙動と排出抑制技術
    静電気学会-エアロゾル学会合同シンポジウム「大気汚染物質の除去に関する特別講演会」
    2013年10月21日, 口頭発表(招待・特別)
  • 固定発生源からの凝縮性SPM生成挙動のモデル燃焼排ガスを用いた考察
    粉体工学会 2013年度秋期研究発表会
    2013年10月09日, その他
  • 毛管液浸透時間によるリチウムイオン電池電極構造の評価
    粉体工学会 2013年度秋期研究発表会
    2013年10月08日, その他
  • 高速ローター・ステーターミキサーを用いたナノ粒子凝集体分散安定化
    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム
    2013年09月04日, その他
  • 水溶性共重合体によるアルミナの室温ゲル化形成
    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム
    2013年09月04日, その他
  • コロイドプローブAFM 法を用いた有機溶媒中での微粒子複合過程における表面間相互作用の評価
    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム
    2013年09月03日, その他
  • 固定発生源からの凝縮性SPM生成挙動のモデル燃焼排ガスを用いた考察
    日本エアロゾル学会第30回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2013年08月27日, その他
  • Effect of Surface Chemical Structure of Ag Nanoparticles on Supporting Behavior into TiO2 Porous Films and their Optical Properties
    12th International Conference on Ceramic Processing Science
    2013年08月07日, その他
  • Controlling Stability of Functional Nanoparticles in Organic Solvents and Polymeric Materials: From Homogeneous Dispersion to Nano-scale Alignment
    12th International Conference on Ceramic Processing Science
    2013年08月05日, その他
  • Characterization of Condensable Nanoparticles Formation Behavior from Stationary Sources by Using Dilution Method
    The 9th Asia Pacific Conference on Sustainable Energy & Environmental Technologies(APCSEET2013)
    2013年07月06日, 口頭発表(一般)
  • NANOPARTICLES SURFACE DESIGN AND DISPERSION BEHAVIOR CONTROL FOR FUNCTIONAL MATERIAL APPLICATIONS
    ModTech 2013
    2013年06月28日, 口頭発表(招待・特別)
  • 湿式プロセスによる機能性微粒子の表面改質と液中分散制御
    粉体工学会第48回技術討論会
    2013年06月14日, 口頭発表(招待・特別)
  • Transparent Silicone Polymer Composite Films with Silica and Functional Nanoparticles
    10th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology
    2013年06月06日, 口頭発表(招待・特別)
  • Preparation of SnO2/layered SnOx compound composites and their electrical properties
    10th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology
    2013年06月04日, ポスター発表
  • Nanoparticle and nanomaterial dispersion behaviour control forapplication in polymer composites and Li-ion batteries
    PARTEC 2013
    2013年04月25日, 口頭発表(基調)
  • 固定発生源煙道ガス中の凝縮性成分を含むPM2.5およびナノ粒子の分析
    化学工学会第78年会
    2013年03月19日, その他
  • Numerical and experimental study of effect of dry powder inhaler design on the aerosolisation of the carrier-based formulation
    化学工学会第78年会
    2013年03月18日, 口頭発表(招待・特別)
  • 配位子交換法による疎水性Agナノ粒子の表面修飾条件が粒子分散性に及ぼす影響
    化学工学会第78年会
    2013年03月17日, その他
  • Agナノ粒子を修飾したアラミドナノファイバーの調製とその分散特性
    化学工学会第78年会
    2013年03月17日, その他
  • Synthesis of carbon nanofibers/graphite hybrid material
    日本セラミックス協会2013年年会
    2013年03月17日, その他
  • Nanoparticle surface design for controlling their dispersion stability and processing functional composite materials
    The American Ceramic Society, 37th International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites
    2013年01月31日, 口頭発表(招待・特別)
  • Aerosol Formation and Emission Behavior Characterization from Stationary Sources
    International Symposium on Aerosols in East Asia and Their Impacts on Plants and Human Health
    2012年11月30日, 口頭発表(一般)
  • Evaluation of Fine Particle Emission from Stationary Sources by Surface Area Concentration
    International Symposium on Aerosols in East Asia and Their Impacts on Plants and Human Health
    2012年11月30日, その他
  • 固体燃料燃焼飛灰の高温場での固着現象の解析
    粉体工学会2012年度秋期研究発表会
    2012年11月27日, その他
  • 高分散性ナノ粒子を修飾剤として用いた微粒子の液中分散安定化法の検討
    第50回粉体に関する討論会
    2012年10月30日, その他
  • Nanoparticles Surface Design Process for Aggregation and Dispersion Behavior Control in Liquid to Apply Functional Material
    2012 AIChE Annual Meeting
    2012年10月29日, 口頭発表(一般)
  • Nanoparticle Dispersion and Packing Behavior Control by Surface Structure Design for Application of Energy Related Devices
    Materials Science & Technology 2012 Conference & Exhibition
    2012年10月11日, 口頭発表(招待・特別)
  • 球形シリカ粒子の凝集状態による水系サスペンション粘度特性への影響
    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム
    2012年09月20日, その他
  • 表面修飾ナノ粒子のシリカ微粒子表面への有機溶媒中での湿式複合化と液中分散性
    化学工学会第44回秋季大会
    2012年09月20日, その他
  • 局所親水性場を有する磁性ナノ粒子を利用した無機電解質の分散と機能発現
    化学工学会 第44回秋季大会
    2012年09月20日, 口頭発表(一般)
  • 個数濃度によるPM10/PM2.5測定用バーチャルインパクタの分級性能評価と固定発生源実測への適用
    化学工学会第44回秋季大会
    2012年09月20日, その他
  • SURFACE MOLECULAR STRUCTURE DESIGN OF Ag NANOPARTICLES TO CONTROL THEIR ADSORPTION BEHAVIOR ON TiO2 POROUS FILM AND OPTICAL PROPERTIES
    ICCCI2012
    2012年09月03日, 口頭発表(一般)
  • 固定発生源からの微粒子排出挙動の表面積濃度による評価
    第29回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2012年08月28日, その他
  • Nanoparticle Aggregation and Dispersion Behaviour Control for Material Processing
    ModTech 2012
    2012年05月24日, 口頭発表(招待・特別)
  • ナノ粒子で架橋したシリコーンポリマーシートの機能制御
    粉体工学会 2012年度 春期研究発表会
    2012年05月22日, その他
  • Suspension behavior and particle packing structure control with nano carbon materials for Li ion battery
    10th CMCEE
    2012年05月21日, 口頭発表(一般)
  • Nano-scale dispersion of inorganic salts in low polar solvents using local hydrophilic pool on nanoparticle surface
    14th IACIS
    2012年05月17日, その他
  • Processing Silicone Polymers into Flexible and Transparent Nanocomposite Film: Nanoparticles as Cross-linkers and Functional Fillers
    2012 MRS Spring Meeting
    2012年04月11日, その他
  • 「固定発生源から排出される凝縮性成分を含む浮遊粒子状物質の希釈器を用いた計測
    第17回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム
    2011年11月22日, その他
  • 疎水基を修飾したポリエチレンイミンを用いたカーボンブラック粒子の分散制御
    粉体工学会2011年度秋期研究発表会
    2011年10月19日, その他
  • カチオン系およびアニオン系分散剤を交互吸着したシリカ微粒子の有機溶媒中での分散挙動
    粉体工学会2011年度秋期研究発表会
    2011年10月18日, その他
  • 粒子表面の局所親水性場を利用した無機塩の有機溶媒への分散
    化学工学会 第43回秋季大会
    2011年09月16日, その他
  • Front- and rear-side deposition of submicron aerosols derived from charged droplets containing particles
    化学工学会 第43回秋季大会
    2011年09月15日, その他
  • ナノ粒子表面の局所親水性場を利用したAg/SiO2複合ナノ粒子の調製
    化学工学会 第43回秋季大会
    2011年09月14日, その他
  • ナノ粒子を架橋剤に用いた透明シリコーンポリマーシートの調製
    第24回秋季シンポジウム
    2011年09月08日, その他
  • 新規層状錫酸化物の合成と粉体特性
    第24回秋季シンポジウム
    2011年09月07日, その他
  • PM10/PM2.5質量濃度測定用バーチャルインパクタの分級特性評価と固定発生源実測への適用
    第28回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2011年08月27日, その他
  • 異なる構造の希釈器を用いた固定発生源からの凝縮性 ナノ粒子生成・排出挙動の評価
    第28回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2011年08月27日, その他
  • PM10/PM2.5質量濃度測定用バーチャルインパクタの分級特性評価と固定発生源実測への適用
    第28回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2011年08月27日, その他
  • Deposition of submicron aerosols on both sides of a substrate derived from charged droplets of aqueous suspension
    7th Asian Aerosol Conference, Xi'an
    2011年08月18日, ポスター発表
  • Measurement and analysis of fine particulate matters (PM10/PM2.5)and condensable nanoparticles emission from stationary sources
    International Conference on Sustainable Chemistry
    2011年07月06日, 口頭発表(招待・特別)
  • リチウムイオン二次電池電極原料スラリー特性と塗膜構造
    第46回技術討論会
    2011年06月15日, その他
  • 液中気泡形成によるエアロゾル微粒子の捕集
    粉体工学会 2011年度 春期研究発表会
    2011年05月25日, その他
  • 微粉炭燃焼試験炉排ガスからの凝縮性浮遊粒子状物質の計測とその液中捕捉性
    粉体工学会 2011年度 春期研究発表会
    2011年05月25日, その他
  • 有機溶媒及び高分子への微粒子の分散設計とその評価
    日本接着学会平成23年度第1回構造接着委員会講演会
    2011年05月20日, 口頭発表(招待・特別)
  • ばく露防止対策の事例
    国際粉体工業展東京2010 ナノ物質ばく露防止技術セミナー
    2010年12月03日, 口頭発表(招待・特別)
  • RPF・石炭燃焼飛灰の伝熱管表面固着現象の解析
    粉体工学会秋期研究発表会
    2010年11月30日, その他
  • Characterization of conductive paste prepared from platinum coated alumina particles
    ICCP3
    2010年10月15日, 口頭発表(一般)
  • 色素増感太陽電池におけるチタニア多孔質構造と銀ナノ粒子の表面プラズモン効果の関係
    化学工学会第42回秋季大会
    2010年09月08日, その他
  • 石炭燃焼排ガスからの凝縮性浮遊粒子状物質排出特性評価における希釈条件の影響
    化学工学会第42回秋季大会
    2010年09月06日, その他
  • 構造設計した経口投与用ナノカプセル‐生体分子間相互作用の評価
    第46回夏期シンポジウム
    2010年08月09日, その他
  • 廃棄物燃焼モデル排ガスを用いた凝縮性浮遊粒子状物質の生成挙動に及ぼす希釈条件の影響
    第27回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2010年08月03日, その他
  • マレーシアの医療廃棄物焼却プラントからのPM10/PM2.5排出挙動のVirtual impactorによる測定
    第27回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2010年08月03日, その他
  • 交互吸着法によるSiO2ナノ粒子の表面修飾と有機溶媒への分散
    粉体工学会2010年度春期研究発表会
    2010年05月26日, その他
  • 無機塩の有機溶媒へのナノ分散法
    粉体工学会2010年度春期研究発表会
    2010年05月25日, その他
  • Surface Modification of Carbon and Silicon Carbide Nanoparticles for their Improvement of Dispersion Stability in Liquid Media
    World Congress on Particle Technology 6
    2010年04月27日, その他
  • 酸化物粉末の加熱時の結晶成長における炭素系粒子の影響
    第12回化学工学会学生発表会
    2010年03月06日, その他
  • シランカップリング剤を用いたAgナノ粒子の表面修飾
    第12回化学工学会学生発表会
    2010年03月06日, その他
  • 希釈器を用いた石炭燃焼排ガスからの凝縮性SPM生成・排出挙動の計測
    第15回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム
    2009年12月11日, その他
  • 経口ペプチド送達用刺激応答性コアーシェル型微粒子の構造設計と特性評価
    第47回粉体に関する討論会
    2009年12月02日, 口頭発表(一般)
  • パルス電気泳動法を用いたポリスチレン微粒子による二次元構造の形成
    第47回粉体に関する討論会
    2009年12月01日, 口頭発表(一般)
  • コロイドプローブAFM法により粒子表面間力測定とその応用
    第47回粉体に関する討論会
    2009年11月30日, 口頭発表(一般)
  • ナノ粒子の有機溶媒および樹脂への均一分散に向けた表面設計法への検討
    第47回粉体に関する討論会
    2009年11月30日, 口頭発表(一般)
  • Characterization and Control of Ceramic Nanoparticle Dispersion and Aggregation Behavior in Liquid
    The 26th International Japan-Korea Seminar on Ceramics
    2009年11月25日, 口頭発表(招待・特別)
  • PM2.5の背景と現状、排出挙動評価法とその標準化
    大気環境委員会
    2009年10月29日, 口頭発表(招待・特別)
  • カーボンを添加した酸化物粒子の加熱時の形態変化と結晶成長
    2009年度秋期研究発表会
    2009年10月22日, その他
  • シランカップリング剤の複合添加によるナノ粒子の液中分散制御
    2009年度 秋期研究発表会
    2009年10月22日, その他
  • 表面修飾剤を介在させた酸化亜鉛ナノ粒子の水熱合成
    2009年度 秋期研究発表会
    2009年10月22日, その他
  • Diels-Alder反応を用いた炭素系ナノ粒子の表面設計
    2009年度秋期研究発表会
    2009年10月21日, その他
  • MULTI-STAGE VIS-IMPACTOR FOR IN-STACK SAMPLING OF PM10/PM2.5 IN FLUE GAS OF STATIONARY SOURCES
    the Fourth Asian Particle Technology Symposium
    2009年09月16日, 口頭発表(一般)
  • CNTプローブを用いたDDS用リポソーム/生体分子間相互作用の評価
    化学工学会秋季大会
    2009年09月16日, その他
  • 複合的表面処理によるTiO2ナノ粒子の有機溶媒・ポリマー中での分散安定化
    化学工学会秋季大会
    2009年09月16日, その他
  • 二種の金属を含むモデル排ガスの冷却・希釈過程で凝縮した粒子の計測
    化学工学会秋季大会
    2009年09月16日, その他
  • 気中に浮遊する可溶性と不溶性微粒子の液体捕集
    化学工学会秋季大会
    2009年09月16日, その他
  • マイクロエマルジョン法によりシリカ被覆した鉄ナノ粒子における耐酸化性と磁気特性
    日本セラミックス協会秋季シンポジウム
    2009年09月16日, その他
  • 材料プロセスと機能発現に及ぼす応力・歪みの重要性
    日本セラミックス協会秋季シンポジウム
    2009年09月16日, その他
  • 高分子分散剤構造によるSiCナノ粒子の水中分散挙動と表面間相互作用の制御
    日本セラミックス協会秋季シンポジウム
    2009年09月16日, その他
  • CNTプローブを用いた DDS用リポソーム/生体分子間相互作用の評価
    化学工学会 第41回秋季大会
    2009年09月16日, その他
  • 複合的表面処理によるTiO2ナノ粒子の有機溶媒・ポリマー中での分散安定化
    化学工学会 第41回秋季大会
    2009年09月16日, その他
  • 二種の金属を含むモデル排ガスの冷却・希釈過程で凝縮した粒子の計測
    化学工学会 第41回秋季大会
    2009年09月16日, その他
  • 気中に浮遊する可溶性と不溶性微粒子の液体捕集
    化学工学会 第41回秋季大会
    2009年09月16日, その他
  • 固定発生源からのPM10/PM2.5の質量濃度測定法の国際標準化
    ISO/IEC国際標準化セミナー
    2009年09月03日, 口頭発表(招待・特別)
  • 水中に分散させたカーボン粒子のエアロゾル化と基板への沈着
    エアロゾル科学・技術研究討論会
    2009年08月19日, その他
  • Characterization and control of nanoparticle dispersion and aggregation behavior
    NIMS WEEK 2009
    2009年07月24日, 口頭発表(招待・特別)
  • 固定発生源煙道内におけるPM10/PM2.5質量濃度想定用multi-stage VIS Impactorの分級特性
    粉体工学会第44回技術討論会
    2009年06月17日, その他
  • Transparent TiO2/Epoxy Composites Prepared by Using a Surfactant with Hydrophobic and Hydrophilic Chains
    13th IACIS International Conference on Surface Science & Colloid Science / 83rd ACS Colloid & Surface Science Symposium
    2009年06月15日, その他
  • 有機鎖に親水基と疎水基を有する界面活性剤で修飾した無機ナノ粒子の分散特性
    粉体工学会2009年春期研究発表会
    2009年05月26日, その他
  • TiCl4による有機系工業排水凝集浄化特性と処理残渣からのTiO2ナノ粒子製造
    粉体工学会2009年春期研究発表会
    2009年05月26日, その他
  • pH温度応答性ナノカプセル/生体分子間相互作用
    粉体工学会2009年度春期研究発表会
    2009年05月26日, その他
  • Aggregation and dispersion control of nanoparticles, applications for various fields
    International Powder Technology Forum 2009
    2009年05月13日, 口頭発表(招待・特別)
  • ヘテロ系微粒子サスペンジョン挙動に及ぼす構造の異なる高分子分散剤添加及び混合プロセスの影響
    耐火物技術協会年次学術講演会
    2009年04月20日, 口頭発表(一般)
  • ナノ粒子の実用化動向と安全な利用
    製剤機械技術研究会平成21年度特別講演会
    2009年04月10日, 口頭発表(招待・特別)
  • パラジウム予備被覆によるアルミナ粒子表面への白金均一被覆
    日本セラミックス協会2009年会
    2009年03月, その他
  • Surface Modification of Nanoparticles Toward their Complete Dispersion in Various Solvents
    Oral, 237th American Chemical Society National Meeting & Exposition
    2009年03月22日, その他
  • アニオン性界面活性剤の構造と有機溶媒中でのTiO2ナノ粒子の分散挙動
    化学工学会年会春季研究発表会
    2009年03月19日, その他
  • Flash creation法により合成した複合酸化物ナノ粒子の有機溶媒中での分散
    日本セラミックス協会2009年会
    2009年03月17日, その他
  • 表面修飾剤を介在させた酸化亜鉛ナノ粒子の水熱合成
    日本セラミックス協会2009年会
    2009年03月17日, その他
  • 付着性微粒子及びナノ粒子の粒子・流体プロセス工学
    平成20度 化学工学会 粒子・流体プロセス部会セミナー 「粒子・流体プロセス技術の将来展望」
    2009年01月28日, 口頭発表(招待・特別)
  • 二段バーチャルインパクト及びカスケードインパクタによる固定発生源排ガス中のPM10/PM2.5質量濃度測定
    第14回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム
    2008年12月12日, その他
  • 固定発生源からの凝縮性ナノ粒子排出挙動の計測
    第14回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム
    2008年12月12日, その他
  • Surface molecular structure and interaction design to control dispersion behavior of nanoparticles in organic solvents
    The 9th International Symposium of Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications
    2008年11月13日, 口頭発表(招待・特別)
  • SiCナノ粒子の水中分散挙動と粒子間相互作用の制御
    粉体工学会、2008年度秋期研究発表会
    2008年10月30日, その他
  • 原料粒子の表面設計による化粧品機能の評価と制御
    粉体工学会、2008年秋期研究発表会
    2008年10月30日, その他
  • ビーズミルと科学的表面処理による無機ナノ粒子のNMP中での分散制御
    粉体工学会、2008年度秋期研究発表会
    2008年10月30日, その他
  • ナノ粒子を用いた二成分系酸化物粒子の合成ー液体原料との比較
    粉体工学会、2008年度秋期研究発表会
    2008年10月30日, その他
  • 固定発生源からのPM10/PM2.5排出挙動測定用in-stack型バーチャルインパクタ
    大気環境学会
    2008年09月, その他
  • 高分子樹脂中への無機ナノ粒子の物理プロセスによる分散
    化学工学会第40回秋季大会2007年9月24~26日
    2008年09月25日, その他
  • アニオン性界面活性剤の構造設計とTiO2ナノ粒子の有機溶媒への均一分散
    化学工学会第40回秋季大会
    2008年09月25日, その他
  • 炭化ケイ素ナノ粒子の表面設計による水中分散挙動の制御
    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム
    2008年09月17日, その他
  • BaTiO3 高分子複合体設計のための粒子表面改質
    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム
    2008年09月17日, その他
  • シランアルコキシドを用いたTiO2 ナノ粒子の表面修飾と有機溶媒への均一分散
    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム
    2008年09月17日, その他
  • 酸化チタンナノ粒子およびバリウム塩混合液からのチタン酸バリウム粒子の合成(東京農工大学)
    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム
    2008年09月17日, その他
  • Fine and nanometer scaled particle behavior characterization and control for sustainable energy and environmental technology,
    7th International Symposium on Gas Cleaning at High Temperatures
    2008年06月23日, 口頭発表(招待・特別)
  • Surface molecular structure and interaction design to control dispersion behavior of nanoparticles in organic solvents
    Particles 2008, Particle Synthesis, Characterization, and Particle-Based Advanced Materials
    2008年05月, その他
  • 高安定性水系サスペンジョン中での細線上へのナノ粒子電気泳動被覆
    日本セラミックス協会2008年年会
    2008年03月21日, その他
  • 原料粒子の表面設計による化粧品機能の評価と制御
    化学工学会第73年会
    2008年03月19日, その他
  • 固定発生源からのPM10/2.5排出挙動測定用としてのエアロゾル分級手法の比較検討
    化学工学会第73年会
    2008年03月19日, その他
  • SiCナノ粒子の化学的表面修飾と水中分散安定性の制御
    化学工学会第73年会
    2008年03月18日, その他
  • Molecular and Nanometer Scaled Surface Modification and Characterization of Fine Powder Adhesion
    16th Nisshin Engineering Particle Technology International Symposium (NEPTIS-16)
    2007年12月10日, 口頭発表(招待・特別)
  • Uniform dispersion of TiO2 nanoparticles into inorganic porous material by the design of surface interaction
    第18回日本MRS学術シンポジウム
    2007年12月08日, その他
  • 気相法による酸化物複合ナノ粒子の合成と評価
    第13回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム
    2007年12月05日, その他
  • "固定発生源からのPM10/2.5排出挙動測定用in-stack型 マルチステージバーチャルインパクター"
    第13回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム
    2007年12月05日, その他
  • Examination of Low Pressure Virtual Impactor by In-Line Separation and Measurement of Aerosol Nanoparticles
    第13回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム
    2007年12月05日, その他
  • 高分散した鉄ナノ粒子への耐酸化シリカ被覆
    粉体粉末冶金協会平成19年度秋季大会
    2007年11月19日, 口頭発表(招待・特別)
  • カップリング処理と物理的手法の組合せによるシリカナノ粒子の分散
    粉体工学会、2007年度秋期研究発表会
    2007年10月17日, その他
  • 超音波照射による酸化チタンナノ粒子の水中分散安定性
    粉体工学会、2007年度秋期研究発表会
    2007年10月17日, その他
  • アゾ重合開始剤を用いたSiCナノ粒子の表面修飾と水中分散性の制御
    粉体工学会、2007年度秋期研究発表会
    2007年10月16日, その他
  • 構造の異なる経口DDS用ナノカプセル/模擬粘膜間相互作用の評価
    化学工学会第39回秋季大会
    2007年09月14日, その他
  • シリカ/マイカ表面間付着力に及ぼすナノ粒子付着及び表面処理の影響
    化学工学会第39回秋季大会
    2007年09月14日, その他
  • 高分散した針状鉄ナノ粒子への耐酸化シリカ被覆
    日本セラミックス協会第20回秋季シンポジウム
    2007年09月13日, その他
  • 肪酸金属錯体を原料とした分散性金属酸化物および金属硫化物ナノ粒子の低温常圧合成
    日本セラミックス協会第20回秋季シンポジウム
    2007年09月13日, その他
  • 表面間力設計によるTiO2 ナノ粒子無機多孔体内均一分散
    日本セラミックス協会第20回秋季シンポジウム
    2007年09月12日, その他
  • 溶媒・樹脂への高密度均一分散を目的としたBaTiO3 粒子の界面構造設計
    日本セラミックス協会第20回秋季シンポジウム
    2007年09月12日, その他
  • Evaluation of three different separation methods for measuring PM2.5
    8th International Conference on Emission Monitoring (CEM 2007)
    2007年09月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • Influence of Separator and Diluter Structure on Emission Behavior Measurement of PM10/2.5 and Condensable Suspended Particulate Matter from Stationary Sources
    8th International Conference on Emission Monitoring (CEM 2007)
    2007年09月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • 固定発生源からの凝縮性ナノ粒子排出挙動の評価
    第24回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2007年08月10日, その他
  • ナノ粒子の配列設計を目的とした溶媒中での均一分散設計
    粉体工学会第43回夏期シンポジウム
    2007年08月06日, その他
  • Characterization of surface interaction between stimuli-responsible nano-gel particles for the oral peptide delivery and mucin layer in simulated intestinal solutions by using colloid probe AFM method
    APST2007
    2007年07月, その他
  • ポリカルボン酸系添加剤を用いた酸化物ナノ粒子の合成分散同時操作
    粉体工学会第42回技術討論会
    2007年06月20日, その他
  • 固定発生源からの浮遊性粒子状物質排出挙動の評価と制御
    第7回横浜微量成分ワークショップ
    2007年06月01日, 口頭発表(一般)
  • 固定発生源からのPM2.5分離評価法の比較検討
    粉体工学会、2006年度春期研究発表会
    2007年05月23日, その他
  • Fine and nanometer scaled particle behavior characterization and control for sustainable energy and environmental technology
    6th Asia Pacific Conference on Sustainable Energy and Environmental Technologies, APCCEET,
    2007年05月09日, 口頭発表(招待・特別)
  • Highly Dense Dispersion of TiO2 Nanoparticles into Plymer Materials bu the Combination of Mechanical Treatment and Multiple Surface Modifications
    MRS Spring Meeting
    2007年04月12日, その他
  • Effect of Molecular Structure of Stimuli-responsible Nano-gel Particles for the Oral Peptide Delivery on Interaction between Artificial Mucin Layer in Simulated Intestinal Solutions by Using Colloid Probe AFM Method
    MRS Spring Meeting
    2007年04月12日, その他
  • [研究賞受賞記念講演] 微粒子の付着・凝集挙動の評価と制御及びその応用に関する研究
    化学工学会第72年会
    2007年03月21日, 口頭発表(招待・特別)
  • ナノ粒子と環境
    日本セラミックス協会2007年年会
    2007年03月20日, 口頭発表(招待・特別)
  • 超音波照射による濃厚酸化チタンナノ粒子サスペンジョンの分散と凝集サイズ
    第17回日本MRS学術シンポジウム
    2006年12月08日, その他
  • ゾルゲル法により調製したBaTiO3ナノ粒子の水溶液中分散安定性に及ぼす界面活性剤の分子構造と重量の影響
    第17回日本MRS学術シンポジウム
    2006年12月08日, その他
  • 固体廃棄物の流動層燃焼における凝縮性浮遊粒子状物質と微量成分の排出挙動
    第12回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム
    2006年12月07日, その他
  • PROPERTIES CONTROL OF COSMETIC FINE SPHERICAL SILICA PARTICLES BY SURFACE MODIFICATION
    2nd International Technical Forum Inspiring Powder Technology (2nd ITFIPT)
    2006年11月09日, ポスター発表
  • Emission Behavior of Condensible Suspended Particulate Matter from Stationary Combustion Sources
    2nd International Technical Forum Inspiring Powder Technology (2nd ITFIPT)
    2006年11月09日, ポスター発表
  • 金属酸化物微粒子の有機溶媒中での凝集分散挙動
    粉体工学会2006年度秋期研究発表会
    2006年11月06日, その他
  • 表面修飾シリカ粒子を物理的複合化した樹脂粒子の付着特性の評価と制御
    粉体工学会2006年度秋期研究発表会
    2006年11月06日, その他
  • 構造の異なる界面活性剤存在下でのBaTiO3ナノ粒子ゾルゲル合成-分散安定性への影響-
    日本セラミックス協会秋季シンポジウム
    2006年09月19日, その他
  • TiO2/多孔質アルミノケイ酸複合体の構造および光触媒活性に与えるカチオン界面活性剤の影響
    日本セラミックス協会秋季シンポジウム
    2006年09月19日, その他
  • 有機溶媒中におけるリチウムイオン電池用正極活物質及び導電粒子の分散・凝集挙動と電極特性
    日本セラミックス協会秋季シンポジウム
    2006年09月19日, その他
  • 酸化チタンナノ粒子濃厚スラリーへの超音波照射による分散凝集挙動制御
    日本セラミックス協会秋季シンポジウム
    2006年09月19日, その他
  • 模擬腸液中での経口送達用刺激応答性ナノゲル粒子/ムチン間相互作用
    化学工学会第38回秋季大会
    2006年09月18日, その他
  • 化粧品原料用球形シリカ粒子の表面修飾による粉体物性制御
    化学工学会第38回秋季大会
    2006年09月17日, ポスター発表
  • 廃棄物・バイオマス高効率発電用高温集塵を想定した灰及び腐食性成分の高温挙動制御
    化学工学会第38回秋季大会
    2006年09月17日, その他
  • 酸化チタン粒子の無極性溶媒中への分散
    化学工学会第38回秋季大会
    2006年09月16日, その他
  • TiO2ナノ粒子の表面構造設計と物理的分散法の組み合わせによる樹脂中への高密度分散
    化学工学会第38回秋季大会
    2006年09月16日, その他
  • シリカナノ粒子の表面修飾特性と表面間相互作用に及ぼす粒子径の影響
    化学工学会第38回秋季大会
    2006年09月16日, その他
  • "Effect of Adsorption of Polyacrylic Acid Under Ultrasonic Irradiation on Dispersion and Aggregate Size of TiO2 Nanoparticles in Concentrated Aqueous Suspension"
    The Second International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materias, and Joing Technology for New Metalic Glass and Inorganic Materials (ICCCI 2006)
    2006年09月08日, その他
  • "Simulation of Filtration Process of Fabric Filter "
    The Second International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materias, and Joing Technology for New Metalic Glass and Inorganic Materials (ICCCI 2006)
    2006年09月08日, その他
  • "Cohesive Dust Cake Formation on Ceramic Tube Filter as a Main Cause of Pressure Drop Increase in High Temperature Gas Cleaning Process"
    The Second International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materias, and Joing Technology for New Metalic Glass and Inorganic Materials (ICCCI 2006)
    2006年09月08日, その他
  • "Influence of Nanoporous Structure on Silane Coupling Surface Modification Behavior and Adhesion Properties of Spherical Silica Particles"
    The Second International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materias, and Joing Technology for New Metalic Glass and Inorganic Materials (ICCCI 2006)
    2006年09月07日, その他
  • Preparation of iron oxide nanoparticles by surfactant assisted method and their dispersion stability in organic solvents
    ISHR&ICSTR2006, Joint Meeting of the 8th International Symposium on Hydrothermal Reactions (ISHR-8) and 7th International Conference on Solvothermal Reactions (ICSTR-7)
    2006年08月, その他
  • Influence of Molecular Structure and Weight of Surfactant on the Dispersion Stability of BaTiO3 Nanoparticles in Aqueous Solution Prepared by Sol-Gel Method
    ISHR&ICSTR2006, Joint Meeting of the 8th International Symposium on Hydrothermal Reactions (ISHR-8) and 7th International Conference on Solvothermal Reactions (ICSTR-7)
    2006年08月, 口頭発表(招待・特別)
  • PM2.5に対応したエアロゾル分級法の比較検討
    第23回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2006年08月08日, その他
  • 固定発生源からの凝縮性浮遊粒子状物質の排出挙動
    第23回エアロゾル科学・技術研究討論会
    2006年08月08日, その他
  • 脂肪酸金属錯体を原料とした濃厚条件下における分散性酸化鉄ナノ粒子の合成
    粉体工学会2006年度春期研究発表会
    2006年05月24日, その他
  • 球形樹脂粒子の付着力の制御と評価
    粉体工学会2006年度春期研究発表会
    2006年05月24日, その他
  • Functional Stimuli-Responsive Nanogel-Particles for Oral Peptide Delivery: Preparation, Drug-Release Behaviors and In Vitro Cellular Interaction
    NSTI Nanotech 2006
    2006年05月07日, その他
  • Interaction between Artificial Mucin Layer and Stimuli-Responsive Nanogel Particles for the Oral Peptide Delivery Observed in Simulated Intestinal Solutions by Using Colloid Probe AFM Method
    NSTI Nanotech 2006
    2006年05月07日, その他
  • Analysis of Surface Interaction between TiO2 Fine Particles with Different Surface Modification in Isoparaffin by Using Colloid Probe AFM
    NSTI Nanotech 2006
    2006年05月07日, その他
  • Evaluation of the particle-particle interactions of the toner by colloid probe AFM
    Fifth World Congress on Particle Technology, April 23-27, 2006
    2006年04月23日, その他
  • "Interaction between Artificial Mucin Layer and Stimuli-responsible Nano-gel Particles for the Oral Peptide Delivery Observed in Simulated Intestinal Solutions by Using Colloid Probe AFM Method"
    Fifth World Congress on Particle Technology, April 23-27, 2006
    2006年04月23日, その他
  • Preparation of completely dispersed magnetite nanoparticles by surfactant assited method in organic solvents
    2006 MRS Spring Meeting, , April 17-21, 2006
    2006年04月17日, その他
  • 熱プラズマプロセスによる球状酸化チタンナノ粒子のアルコール中凝集サイズの制御
    日本セラミックス協会2006年年会
    2006年03月15日, その他
  • 超音波照射による酸化チタンナノ粒子の水中分散性と凝集サイズの制御
    日本セラミックス協会2006年年会
    2006年03月15日, その他
  • コロイドプローブAFM法による表面構造設計した微粒子間相互作用の評価
    日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会第41回研究会、東京工業大学、2006年1月11, 12日
    2006年01月, 口頭発表(招待・特別)
  • EMISSION BEHAVIOR ESTIMATION OF CONDENSABLE SUSPENDED PARTICULATE MATTER FROM FLUE GAS OF SOLID WASTE COMBUSTION
    7th International Conference on Emission Monitoring (CEM 2006)
    2006年01月31日, その他
  • Protection of the Organic Materials by the Support of Photocatalytic Titania Nanoparticles on Porous Alumina Silicate Surface with Adsorbed Cationic Surfactant
    9th International Ceramic Processing Science Symposium
    2006年01月09日, その他
  • ACADEMIC AND INDUSTRIAL ISSUE OF PARTICLE SEPARATION TECHNOLOGY FROM HOT GAS STREAM BY USING CERAMIC FILTER
    6th International Symposium on Gas Cleaning at High Temperature, Osaka
    2005年10月, 口頭発表(招待・特別)
  • ナノ粒子の分散・凝集制御
    化学工学会第38回秋季大会、岡山大学、2005年9月15~17日
    2005年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • Control of phase and dispersed stability of bio-inorganic composite nano-particles by using microbial-derived surfactant
    107th Annual Meeting and Exposition, The American Ceramic Society, Baltimore Marriott Waterfront Hotel , Baltimore, MD, Apr. 10-13, 2005
    2005年04月, 口頭発表(招待・特別)
  • オレイン酸鉄を原料とした高分散性酸化鉄ナノ粒子の低温常圧合成
    化学工学会第71年会
    2005年03月30日, その他
  • 微粒子濃厚サスペンジョンの巨視的レオロジー挙動と微視的粒子間相互作用
    第54回理論応用力学講演会、日本学術会議(東京)、日本学術会議 メカニクス・構造研究連絡委員会
    2005年01月, 口頭発表(招待・特別)
  • シリカ表面のカップリング処理条件によるフェノール樹脂への分散性および成形性
    2004年11月, その他
  • 界面活性剤存在下での炭酸カルシウムナノ粒子の合成による分散性、粒子構造の制御
    2004年10月, その他
  • 分散剤構造による液中凝集状態と成形体微構造の制御
    2004年10月, その他
  • 生体由来界面活性物質を用いた無機系ナノ粒子の微構造および分散性設計
    2004年09月27日, その他
  • 高温場での灰一個粒子付着力の評価と制御
    2004年09月23日, その他
  • ナノテクの応用・・ナノテクって何ナノ、次はどっちナノ、現状と明日
    セラミックマシナリー協会2004年度第1回セミナー、名古屋
    2004年08月, 口頭発表(招待・特別)
  • The first China-Japan-Korea Symposium on Advanced Materials,
    2004年08月16日, その他
  • セラミックススラリーのレオロジーと粒子間相互作用
    日本レオロジー学会講習会:技術としての分散系レオロジー、東京
    2004年07月, 口頭発表(招待・特別)
  • アルミナナノ粒子/エタノール分散系での分子量の異なるPEIの作用機構-コロイドプローブAFM法による解析-
    2004年05月18日, その他
  • インシュリン吸入製剤粒子付着力のコロイドプローブAFM法による直接評価
    2004年05月18日, その他
  • TiO2ナノ粒子/水系挙動に及ぼす粒子濃度とPAA分子量の影響
    2004年05月18日, その他
  • ナノ粒子内包マイクロカプセル中での粒子間、粒子・膜間相互作用の評価と制御
    2004年05月18日, その他
  • 吸入製剤用薬剤微粒子/キャリヤー乳糖粒子間付着力に及ぼす諸因子の影響-コロイドプローブAFM法による解析-
    2004年04月04日, その他
  • ヘマタイト微粒子上へのシリカ被覆過程での粒子凝集・固着現象の防止
    2004年04月03日, その他
  • シリカ被覆条件によるヘマタイト微粒子の水素還元後のナノ構造及び磁性変化
    2004年04月02日, その他
  • Preparation of highly dispersed inorganic nano-particle by using microbial-derived surfactant
    Particles 2004, Orlando, FL, U.S.A.
    2004年03月, 口頭発表(招待・特別)
  • ナノ粒子の凝集分散挙動の評価と制御、およびその応用
    第37回粉体工学に関する講演討論会、大阪
    2003年, 口頭発表(招待・特別)
  • Analysis of Action Mechanism of Anionic Polymer Dispersant with Different Molecular Structure in Dense Silicon Nitride Suspension by Using Colloidal Probe AFM
    105th Annual Meeting & Exposition of The American Ceramic Society, Nashville, Tenn. U.S.A.
    2003年04月, 口頭発表(招待・特別)
  • プロセス,共通基盤技術整備を軸とした材料・ナノテク分野への化学工学の展開
    化学工学会第67年会
    2002年, 口頭発表(招待・特別)
  • 亡き師の思い出と明日をめざして
    粉体工学情報センターIP賞講演
    2002年, 口頭発表(招待・特別)
  • ナノテクの世界
    ダルトンシンポジウム2002 「ミクロン」から「ナノ」の世界へ
    2002年12月, 口頭発表(招待・特別)
  • 液中における微粒子凝集挙動の制御
    化学工学会第34回秋季大会,札幌
    2001年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • 微粒子の液中凝集分散挙動の評価と制御
    第5回電気泳動によるセラミックの高次成形法研究討論会、早稲田大学
    2001年03月, 口頭発表(招待・特別)
  • セラミックス微粒子濃厚分散系での凝集/分散メカニズム 分子からマクロ挙動までの階層的アプローチ
    化学工学会第33回秋季大会、浜松
    2000年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • Microscopic Analysis of Dense Suspension Behavior for Ceramic Powder Processing by Atomic Force Microscope
    The Eighth Nisshin Engineering Particle Technology International Seminar, Kobe (Japan)
    1999年, 口頭発表(招待・特別)
  • Microscopic Analysis of Electrosteric Interaction ofAnionic Polymer Dispersant in Dense Ceramics Suspension by Using AFM
    3rd Conference of Fine Powder Processing, State College, USA, Sep.
    1999年09月, 口頭発表(招待・特別)
  • 付着凝集性粉体挙動に関する計算機シミュレーション
    第35回粉体に関する討論会、東京都立大学
    1977年10月, 口頭発表(招待・特別)

外部研究資金等

  • 石炭噴流ガス化プロセスにおける無機灰粒子の挙動制御
    共同研究, 自 0000年, 至 0000年
  • 石炭・廃棄物高効率発電用セラミックスフィルター高温集塵システムの開発
    共同研究, 自 0000年, 至 0000年
  • 石炭高効率発電における灰の高温付着性制御システムの開発(灰の集塵特性評価と集塵プロセスでの付着性制御の有効性確認試験)
    受託研究, 自 0000年, 至 0000年
  • 粒子の複合化に関する学術指導
    受託研究, 自 2016年06月20日, 至 2017年03月31日
  • バーチャルインパクタを用いた燃焼排ガス中ダスト測定に関する指導
    受託研究, 自 2016年02月01日, 至 2016年03月31日
  • 製品開発のためのポリマー微粒子分散技術に関する指導
    受託研究, 自 2015年04月01日, 至 2015年09月30日
  • バーチャルインパクタ及び関連JIS規格に関する指導
    受託研究, 自 2015年03月16日, 至 2015年06月12日
  • 高温条件におけるダスト付着力評価
    共同研究, 自 2014年10月01日, 至 2015年06月30日
  • 製品開発のためのポリマー微粒子分散技術に関する指導
    受託研究, 自 2014年10月01日, 至 2015年03月31日
  • 高温条件におけるダスト付着力評価
    共同研究, 自 2014年10月01日, 至 2015年03月31日
  • 製品開発のためのポリマー微粒子分散技術に関する指導
    受託研究, 自 2014年03月20日, 至 2014年03月31日
  • リチウムイオン二次電池の電極製造における原料粒子の分散度測定・評価法に関する指導
    受託研究, 自 2014年02月01日, 至 2014年03月31日
  • 循環流動層スケールアップ時の粒子挙動及び伝熱特性に関する学術指導
    受託研究, 自 2013年05月10日, 至 2014年03月31日
  • 微粒子界面制御
    受託研究, 自 2013年04月01日, 至 2013年10月31日
  • 循環流動層におけるコールドモデル試験と粉流体シミュレーションに関する指導
    受託研究, 自 2012年07月24日, 至 2013年03月31日
  • 新規炭素系ナノ物質による高性能リチウム電池負極
    受託研究, 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
  • 新規炭素系ナノ物質による高性能リチウム電池負極
    受託研究, 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
  • マルチアシストを用いたナノ粒子へのレアメタル成膜による環境負荷低減技術の開発
    受託研究, 自 2010年08月03日, 至 2011年03月31日
  • 高温排ガスにおける付着物抑制剤の開発
    共同研究, 自 2010年07月31日, 至 2011年03月31日
  • 戦略的国際標準化水推進事業/標準化フォローアップ/固定発生源からのPM2.5/10排出質量濃度測定法に関する標準化
    受託研究, 自 2010年07月29日, 至 2011年03月18日
  • 電子部品用ペーストに用いるフィラーの表面修飾技術の開発
    共同研究, 自 2010年06月30日, 至 2011年03月31日
  • コロイドプロ―ブ原子間力顕微鏡法による高分子材料表面の物性評価 ナノ粒子を架橋剤に用いた新型シリコーンポリマーの開発
    共同研究, 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
  • 高温排ガスにおける付着物抑制剤の開発、及び付着機構の解析
    共同研究, 自 2009年07月31日, 至 2010年03月31日
  • 公共的環境・エネルギー・地域再生データプラットフォームの開発
    共同研究, 自 2009年06月30日, 至 2010年03月31日
  • コロイドプローブAFM法によるポリマー表面間力評価技術の構築
    共同研究, 自 2009年05月25日, 至 2010年03月31日
  • 極性自動応答型新規界面活性剤の設計とナノ粒子の分散安定化
    共同研究, 自 2009年05月25日, 至 2010年03月31日
  • 固定発生源からのPM2.5/10排出質量濃度測定法に関する標準化事業
    受託研究, 自 2009年05月08日, 至 2010年02月26日
  • 極性自動応答型新規界面活性剤の設計とナノ粒子の分散安定化
    共同研究, 自 2008年11月28日, 至 2009年03月31日
  • 高温排ガスにおける付着物抑制剤の開発、及び付着抑制機構の解析
    共同研究, 自 2008年07月29日, 至 2009年03月31日
  • 固定発生源からのPM2.5/10排出質量濃度測定法
    受託研究, 自 2008年06月16日, 至 2009年03月19日
  • 水の浄化処理における汚泥(スラッジ)の無公害化と産業への再生利用開発
    共同研究, 自 2008年06月02日, 至 2009年03月31日
  • 公共的環境・エネルギー・地域再生データプラットフォームのに関する研究
    共同研究, 自 2008年04月18日, 至 2009年03月31日
  • 化粧品原料粉体の表面設計と粒子間、粒子皮膚間相互作用の評価・解析
    共同研究, 自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
  • コロイドプローブAFM法によるポリマー表面間力評価技術の構築
    共同研究, 自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
  • ナノ粒子の分散性、表面改質性及び表面改質機構の評価解析
    共同研究, 自 2008年04月01日, 至 2009年03月20日
  • 表面性状および分散剤相互作用制御によるカーボンブラック分散液性能の設計
    共同研究, 自 2007年08月17日, 至 2008年03月31日
  • 皮膚と粉体付着のAFM分析に関する研究
    共同研究, 自 2007年07月17日, 至 2008年03月31日
  • コロイドプローブAFM法によるポリマー表面間力評価技術の構築
    共同研究, 自 2007年06月27日, 至 2008年03月31日
  • 固定発生源からの浮遊性微粒子状物質の評価・解析法の研究開発
    受託研究, 自 2007年04月01日, 至 2008年03月19日
  • ナノ粒子の分散性、表面改質性及び表面改質機構の評価解析
    共同研究, 自 2007年04月01日, 至 2007年11月30日
  • 煙道閉塞対策に関する研究
    共同研究, 自 2007年01月15日, 至 2007年03月31日
  • ナノ粒子コロイド光学現象の評価と解析
    共同研究, 自 2006年, 至 2006年
  • ナノ粒子の分散性、表面改質性及び表面改質機構の評価解析
    共同研究, 自 2006年07月06日, 至 2007年03月20日
  • 『コロイドプローブAFM法による無機微粒子間の相互作用に及ぼす分散剤の影響とその解析』
    共同研究, 自 2006年06月01日, 至 2007年03月31日
  • 固定発生源からの浮遊性微粒子状物質の評価・解析法の研究開発
    受託研究, 自 2006年04月03日, 至 2007年03月12日
  • ナノ粒子コロイド光学現象の評価と解析
    共同研究, 自 2006年04月01日, 至 2007年03月31日
  • 化粧品用途を目的とした新規粉体加工技術に関する研究
    共同研究, 自 2006年03月02日, 至 2006年06月30日
  • コロイドプローブAFM法による無機微粒子間の相互作用に及ぼす分散剤の影響とその解析
    共同研究, 自 2006年01月10日, 至 2006年03月31日
  • 焼却施設における無機物の反応・溶融特性の熱力学平衡解析
    受託研究, 自 2006年01月05日, 至 2006年03月31日
  • 固定発生源からの浮遊性微粒子状物質の評価・解析法の研究開発
    受託研究, 自 2005年09月01日, 至 2006年03月10日
  • ナノ機能/カプセル壁相互作用の解明に基づくナノ機能粒子のカプセル壁取り込まれ防止手段の開発、および有機・無機ハイブリッド粒子の開発
    受託研究, 自 2005年08月01日, 至 2006年03月10日
  • 磁性微粉体高密度充填樹脂材料製造プロセスに関する研究
    共同研究, 自 2005年04月20日, 至 2006年03月31日
  • 無機系微粉体高密度充填樹脂材料製造プロセスに関する研究
    共同研究, 自 2005年01月05日, 至 2005年03月31日
  • 微細粒子の付着力の測定
    共同研究, 自 2005年01月01日, 至 2006年03月31日
  • ナノ粒子コロイド光学現象の評価と解析
    共同研究, 自 2004年12月22日, 至 2006年03月31日
  • ナノ機能粒子/カプセル壁相互作用の解明に基づいたナノ機能粒子のカプセル壁内取り込まれ防止手段の開発
    受託研究, 自 2004年08月17日, 至 2005年03月18日
  • モデリングエンジン及び推論エンジンの開発
    共同研究, 自 2004年07月15日, 至 2005年03月20日
  • 無機系微粒子高密度充填樹脂材料製造プロセスに関する研究
    共同研究, 自 2004年04月01日, 至 2005年03月31日
  • ナノ機能粒子/カプセル壁相互作用の解明およびそれを基にするナノ機能粒子のカプセル壁内取り込まれ防止手段の開発
    受託研究, 自 2003年, 至 2003年
  • 磁性金属ナノ粒子の合成と樹脂への高密度分散技術の開発
    共同研究, 自 2003年, 至 2003年
  • モデリングエンジン及び推論エンジンの開発
    共同研究, 自 2003年, 至 2003年
  • 燃料電池用石炭・バイオマスガス化ガスの乾式高度ガス精製法研究開発
    共同研究, 自 2003年, 至 2003年
  • 無機系微粉体高密度充填樹脂材料製造プロセスに関する研究
    共同研究, 自 2003年, 至 2003年
  • 界面機能制御無機/有機ナノハイブリッド粒子を用いたマイクロカプセル構造設計
    受託研究, 自 2002年, 至 2002年
  • モデリングエンジン及び推論エンジンの開発
    共同研究, 自 2002年, 至 2002年
  • 微粉炭燃焼システムからの超微粒子状凝縮性浮遊物質の生成機構
    共同研究, 自 2002年, 至 2002年
  • 樹脂中へのガラス系微粉体高密度充填法および焼結体への展開に関する研究
    共同研究, 自 2002年, 至 2002年
  • 微粉炭燃焼システムからの凝縮性微粒子状浮遊物質(PM2.5)の生成挙動
    共同研究, 自 2001年, 至 2002年
  • モデリングエンジン及び推論エンジンの開発
    受託研究, 自 2001年, 至 2001年
  • AFM等による材料表面と汚れ物質の相互作用測定
    受託研究, 自 2001年, 至 2001年
  • AFM等による材料表面と汚れ物質の相互作用測定
    共同研究, 自 2001年, 至 2001年
  • 微粉炭燃焼システムからの凝縮性微粒子状浮遊物質(PM2.5)の生成挙動
    共同研究, 自 2000年, 至 2000年
  • 石炭高効率発電における灰の高温付着性制御システムの開発
    受託研究, 自 1999年, 至 2001年
  • 廃棄物/微粉炭ハイブリッド燃料の流動・燃焼特性の制御
    共同研究, 自 1999年, 至 1999年
  • ファインセラミックスの試験・評価方法に関する基盤調査
    受託研究, 自 1997年, 至 1999年

委員歴

  • 化学工学会
    国際交流委員会、副委員長
    自 2005, 至 0000
  • 日本機械学会
    評議員
    自 2005, 至 0000
  • 日本セラミックス協会
    「セラミックス誌」編集委員
    自 1998, 至 0000
  • 粉体工学会
    学会誌編集委員
    自 1991, 至 0000

メディア報道

  • 「オレイル型分散剤」の優れた粒子分散機能の鍵は分子の二重結合にあった、農工大が検証
    東京農工大学は2月1日、ナノ粒子の材料応用の際に多用されている「オレイル型分散剤」が、優れた粒子分散機能を有する理由として、同分散剤の分子中央にある二重結合の存在が寄与していることを解明したと発表したと紹介される。
    マイナビニュース
    自 2023年02月02日, 至 2023年02月02日
  • 東京農工大学、ナノ粒子の分散機序を解明 応用後押し
    東京農工大学大学院の須藤達也氏らの研究グループは、ナノ粒子の材料応用の際に多用されている「オレイン酸構造の分散剤(オレイル型分散剤)」が優れた粒子分散機能を有する要因を解明したと紹介される。
    日経XTECH/NIKKEI Tech Foresight
    自 2023年02月16日, 至 2023年02月16日
  • news ZERO
    新型コロナウイルス感染拡大に伴う生活要支援学生への本学独自の緊急支援策について、神谷秀博理事がインタビュー取材を受ける。
    日本テレビ
    自 2020年04月29日, 至 2020年04月29日
  • 東京農工大学、ナノ粒子の特性を発揮させる分散剤のオーダーメイド化に成功
    東京農工大学大学院工学研究院の岡田洋平助教、神谷秀博教授らのグループは、ナノ粒子を水にも油にも安定に分散させることに成功したことが紹介される。
    大学ジャーナル
    自 2018年01月11日, 至 2018年01月11日
  • ナノ粒子 分散させる薬剤東京農工大 様々な溶媒で効果
    東京農工大学の岡田洋平助教と神谷秀博教授らが、様々な溶媒中にナノ粒子を分散させる薬剤を開発したことが紹介される。
    日経産業新聞
    自 2018年01月09日, 至 2018年01月09日
  • わが友わが母校/静岡県立浜松南高校 東京農工大学教授・神谷秀博氏
    社交性身につく
    日刊工業新聞
    自 2017年09月20日, 至 2017年09月20日

所属学協会

  •  
  •  
  •  
  • 日本レオロジー学会
  • 日本エアロゾル学会
  • 日本エネルギー学会
  • 化学工学会
    自 2005年
  • 日本機械学会
    自 2005年
  • 日本セラミックス協会
    自 1998年
  • 粉体工学会
    自 1991年

受賞

  • 化学工学会研究賞
    2006年
  • 粉体工学会
     
    Best paper award on 2013
    2014年11月25日
  • 微粒子工学の体系的基盤研究に関する業績により日本粉体工学情報センター学術奨励賞(IP奨励賞)
    2001年
  • 国際粉体工業展賞
    2005年
  • 日本機械学会・産業化学機械部門・貢献表彰
    2001年
  • 公益財団法人鉄鋼環境基金
    (公財)鉄鋼環境基金助成研究成果表彰 鉄鋼技術賞
    2011年06月01日
  • 社団法人色材協会
    2010JSCM Most Accessed Review Award
    2011年02月28日
  • 永井化学技術財団永井奨励賞
    1991年
  • ホソカワ粉体工学振興財団
    ホソカワ粉体工学振興財団 令和4年度 KONA賞
    Particle adhesion and aggregation behavior characterization and control
    粉体に関する研究に従事し、優れた研究業績を挙げた個人への褒章
    2022年
  • 化学工学会
    化学工学会 令和4年度学会賞(池田亀三郎記念賞)
    微粒子、ナノ粒子の界面構造設計による粒子間相互作用の制御
    化学工学に関する優れた研究を行い,学術上特に大局的に顕著な業績のあった個人を表彰
    2022年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.