研究者データベース

藤波 香織FUJINAMI Kaoriフジナミ カオリ

所属部署名工学研究院 先端情報科学部門
職名教授
Last Updated :2023/08/08

業績情報

氏名・連絡先

  • 氏名

    フジナミ カオリ, 藤波 香織, FUJINAMI Kaori
  • 個人ホームページ

    http://tuat-dlcl.org

主たる所属・職名

  • 工学研究院 先端情報科学部門, 教授

その他の所属

  • 教授
    工学部 知能情報システム工学科
  • 教授
    生物システム応用科学府 生物機能システム科学専攻

経歴

  • 日本電信電話株式会社
    自 1995年04月, 至 1999年08月
  • NTTコムウェア株式会社
    自 1999年09月, 至 2003年04月
  • 日本学術振興会
    特別研究員
    自 2003年09月, 至 2005年03月
  • 早稲田大学理工学術院
    情報・ネットワーク専攻
    客員講師
    自 2005年04月, 至 2006年12月31日
  • 東京農工大学
    共生科学技術研究院 システム情報科学部門
    特任助教授(テニュアトラック)
    自 2007年01月01日, 至 2009年03月31日
  • 東京農工大学
    大学院 工学研究院 先端情報科学部門
    特任准教授(テニュアトラック)
    自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
  • 東京農工大学
    大学院 工学研究院 先端情報科学部門
    准教授
    自 2011年04月01日, 至 2018年06月30日
  • 東京農工大学
    大学院 工学研究院 先端情報科学部門
    教授
    自 2018年07月01日

学歴

  • 早稲田大学
    理工学部
    電子通信学科
    至 1993年03月, 卒業
  • 早稲田大学大学院
    理工学研究科
    電気工学専攻
    至 1995年03月, 修了, 修士
  • 早稲田大学大学院
    理工学研究科
    情報科学専攻
    至 2005年03月, 修了, 博士後期

学位

  • 博士(情報科学)
    早稲田大学

研究分野

  • A289 情報通信, A61020 ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • A289 情報通信, A60050 ソフトウェア
  • A289 情報通信, A60080 データベース
  • A289 情報通信, A61010 知覚情報処理

研究キーワード

  • ユビキタスコンピューティング,ウェアラブルコンピューティング,統合センシング,ヒューマン・コンピュータインタラクション,インタラクティブシステムデザイン,機械学習応用

研究テーマ

  • 行動変容システムの長期利用を可能とするための,馴れや飽き,システムへの不信感の低減
    自 201904
  • 機械学習モデルの個人適合化
    自 201804
  • 空間投影型拡張現実感の応用開拓と要素技術開発
    自 200904
  • 組立作業時の手と視線の動きに着目した迷いの検出と分類
    自 202004
  • 視線解析による自己効力感の推定
    自 202204
  • アニマルウェルフェア向上や野生動物管理のための装着型センサによる動物行動認識
    自 201904
  • 個人適応と信頼感維持機構による省資源行動強化のためのインタラクティブシステム
    自 201101, 至 201212
  • 化学実験における安全教育支援システムに関する研究
    自 200904, 至 201203
  • 生活空間に遍在した意欲継続メディアに関する研究
    自 200711, 至 200903
  • 身体装着型センサによる行動認識に拡張性と信頼性をもたらす基盤システム
    自 200704, 至 200903
  • 人間行動理解のための装着型センサによる大規模データベースの構築
    自 201104, 至 201403

共同・受託研究希望テーマ

  • 視線データ解析による認知状態分析
    目は口ほどにものを言う・・・を実践し,意識的に表現しにくい人間の内部状態を視線解析装置から得られた視線データで推定します.現在は,PC作業中の集中/非集中/疲労状態の推定や,組立作業時の迷いの推定,自己効力感の定量化などを研究しています.
    大学等の研究機関との共同研究を希望
  • ICTによる行動変容システムに関する研究
    様々な活動を行うにあたっての意欲を向上させたり維持させるために必要な情報や処理方法,その伝達方式を研究します.これまでに,室内での運動促進や,電気や水などの資源の低消費化,ゴミの排出削減,ステイホーム下における運動増進などにとりくんできました.
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望
  • オフィス・家庭における作業支援のためのヒューマン・コンピュータインタラクション技術
    必要な情報にアクセスしたり,気づかないことに気づかせるための状況(コンテキスト)センシングや情報提示方式に関する研究です.
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望
  • ウェアラブルセンサによる人間や動物の行動認識
    主として身体に装着した慣性センサから収集したデータを用いて機械学習により行動推定を行います.行動の自動推定により長期間の行動パターンの変化を定量化できます.人間だけでなく鶏や熊,犬などの実績があります.
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望
  • プロジェクタ・カメラシステムによる空間投影型拡張現実感
    実物体に直接情報を重畳させることで情報と物体との意味づけを強固なものにすることが出来る「空間投影型拡張現実感」の応用開拓および要素技術開発です.アイロン掛けや料理支援,化学実験時の安全学習支援,高齢者向け自立型歩行支援,床面や壁面を利用したパブリックディスプレイなどの応用開拓とそこで必要な技術開発を行ってきました.
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望

担当授業科目

  • 工学基礎実験
    2021年, 専門科目等
  • 知能情報システム工学実験1A(学部・分担)
    2021年, 専門科目等
  • BASE概論(大学院・分担)
    2021年, 専門科目等
  • 基礎技術演習II(大学院・分担)
    2021年, 専門科目等

科学研究費助成事業

  • 基盤研究(C)
    高い作業貢献感を育む組み立て作業支援システムに関する研究
    自 2021年, 至 2023年
  • 基盤研究(B)
    大学横断型統一実験プロトコルに基づくセンサ利活用の教育ビッグデータ収集
    自 2021年, 至 2021年
  • 基盤研究(B)
    大学横断型統一実験プロトコルに基づくセンサ利活用の教育ビッグデータ収集
    自 2020年, 至 2020年
  • 基盤研究(B)
    大学横断型統一実験プロトコルに基づくセンサ利活用の教育ビッグデータ収集
    自 2019年, 至 2019年
  • 基盤研究(B)
    日常使用に耐えうる携帯機器の所持位置推定とその応用
    自 2018年, 至 2020年
  • 基盤研究(C)
    能動的な安全学習と安全作業のためのスマート化学実験環境に関する研究
    自 2015年, 至 2017年
  • 基盤研究(A)
    人間行動理解のための装着型センサによる大規模データベースの構築
    自 2013年, 至 2013年
  • 基盤研究(C)
    安全配慮姿勢を育み応用力を強化する化学実験支援システムに関する研究
    自 2012年, 至 2014年
  • 基盤研究(A)
    人間行動理解のための装着型センサによる大規模データベースの構築
    自 2012年, 至 2012年
  • 基盤研究(A)
    人間行動理解のための装着型センサによる大規模データベースの構築
    自 2011年, 至 2011年
  • 基盤研究(C)一般
    化学実験非熟練者の安全技能を向上するスマート実験室に関する研究
    自 2009年, 至 2011年
  • 基盤研究(B)
    大学横断型統一実験プロトコルに基づくセンサ利活用の教育ビッグデータ収集
    自 2022年, 至 2022年

論文

  • 精密農業のための観測可視化ローバー 〜不整地対応台車を利用した圃場走破小型6輪農業用ロボットの開発〜
    寺田憲司,藤波香織,木下研吾,田村千晴
    機械化農業
    (株)新農林社
    2023年01月, (MISC)総説・解説(商業誌), 共同
  • Poster: A Preliminary Investigation on Eye Gaze-based Concentration Recognition during Silent Reading of Text
    Saki Tanaka, Airi Tsuji, and Kaori Fujinami
    In Proc. of the 2022 ACM Symposium on Eye Tracking Research & Applications (ETRA’22)
    ACM
    2022年06月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • A Preliminary Comparative Study on Image Stabilization Techniques Projected on the Floor through Chest-mounted Projector
    Yuji Chiba, Airi Tsuji, and Kaori Fujinami
    HCI International 2022 Posters. HCII 2022. Communications in Computer and Information Science, vol 1583.
    Springer, Cham.
    2022年06月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • A Study on Projection-Based Public Displays that Attract People with Peripheral Vision
    Chihiro Hantani, Airi Tsuji, and Kaori Fujinami
    In Proc. 10th International Conference on Distributed, Ambient and Pervasive Interactions (DAPI2022)
    Springer, Cham
    2022年06月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • An Exercise Promoting System for Exercising while Doing Desk Work
    Mizuki Kobayashi, Airi Tsuji, and Kaori Fujinami
    In Proc. 10th International Conference on Distributed, Ambient and Pervasive Interactions (DAPI2022)
    Springer, Cham
    2022年06月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Recognizing Confusion in Assembly Work Based on a Hidden Markov Model of Gaze Transition
    Kaori Fujinami and Tensei Muragi
    In Proc. the 2022 IEEE 11th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2022)
    IEEE
    2022年10月19日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map), 416, 417
  • Recognition of the States of Confusion During Assembly Work Based on Electrodermal Activity
    Akinobu Watanabe, Tensei Muragi, Airi Tsuji, and Kaori Fujinami
    In Proc. the 2022 IEEE 11th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2022)
    IEEE
    2022年10月19日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map), 457, 461
  • A Context-Aware Exercise Facilitation System While Doing Other Tasks
    Mizuki Kobayashi, Airi Tsuji, and Kaori Fujinami
    In Proc. the 2022 IEEE 11th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2022)
    IEEE
    2022年10月20日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map), 759, 760
  • Customizability in Preventing Loss of Interest in Ambient Displays for Behavior Change
    Shiori Kunikata and Kaori Fujinami
    In Proceedings of the 12th International Conference on Ambient Computing, Applications, Services and Technologies (AMBIENT 2022)
    IARIA
    2022年11月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, 2326-9324
  • ニワトリの福祉の自動定量化の試み
    新村毅,佐藤逸史,宅野亮,藤波香織
    養鶏の友
    日本畜産振興会
    2021年08月, (MISC)総説・解説(商業誌), 共同, 32, 35
  • Software Structure Exploration in an Immersive Virtual Environment
    Tatsushi Aoki, Airi Tsuji, and Kaori Fujinami
    Proceedings of the 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2021)
    IEEE
    2021年10月12日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, 946, 947
  • Involvement of a System to Keep Users Interested in the Contents of Ambient Persuasive Display
    Shiori Kunikata, Airi Tsuji, and Kaori Fujinami
    Proceedings of the 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2021)
    IEEE
    2021年10月12日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, 37, 38
  • Attempts toward Behavior Recognition of the Asian Black Bears using an Accelerometer
    Kaori Fujinami, Tomoko Naganuma, Yushin Shinoda, Koji Yamazaki, and Shinsuke Koike
    Proceedings of 3rd International Conference on Activity and Behavior Computing (ABC 2021)
    2021年10月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map), 57, 79
  • A Sensor-augmented Belt toward Abdominal Shape Measurement System
    Yukihiro Oishi, Airi Tsuji, and Kaori Fujinami
    Sensors and Materials
    In this study, we developed a system for measuring the shape of a wearer's abdominal circumference using a belt-type wearable device for the daily assessment of metabolic syndrome. The force applied to the belt from the abdomen was estimated using force sensors, and the shape of the abdominal circumference when the belt was not worn was estimated by considering the effect of outward force on the belt shape estimation. Using the developed device, we conducted evaluation experiments on eight adult males: two with a thin body type (BMI < 18.5), four with a standard body type (18.5 <= BMI < 25), and two with an overweight body type (25 <= BMI). The results showed that it was possible to estimate the shape of the nonwearing abdominal circumference with an average error of 3.73%. As a result of comparing the sensor values in the reference situation and the state in which each state changed, it was clarified that the system could detect the upright and exhale states appropriate for measurement.
    2021年12月16日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 33, 12(1), DOI(公開)(r-map), 4113, 4133
  • New Position Candidate Identification via Clustering towards Extensible On-Body Smartphone Localization System
    Mitsuaki Saito and Kaori Fujinami
    Sensors
    MDPI
    On-body device position awareness plays an important role in providing smartphone-based services with high levels of usability and quality. Traditionally, the problem assumed that the positions that were supported by the system were fixed at the time of design. Thus, if a user stores his/her terminal into an unsupported position, the system forcibly classifies it into one of the supported positions. In contrast, we propose a framework to discover new positions that are not initially supported by the system, which adds them as recognition targets via labeling by a user and re-training on-the-fly. In this article, we focus on a component of identifying a set of samples that are derived from a single storing position, which we call new position candidate identification. Clustering is applied as a key component to prepare a reliable dataset for re-training and to reduce the user’s burden of labeling. Specifically, density-based spatial clustering of applications with noise (DBSCAN) is employed because it does not require the number of clusters in advance. We propose a method of finding an optimal value of a main parameter, Eps-neighborhood (eps), which affects the accuracy of the resultant clusters. Simulation-based experiments show that the proposed method performs as if the number of new positions were known in advance. Furthermore, we clarify the timing of performing the new position candidate identification process, in which we propose criteria for qualifying a cluster as the one comprising a new position.
    2021年02月11日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 21, 4, DOI(公開)(r-map), Article 1276
  • Personalizing Activity Recognition Models by Selecting Compatible Classifiers with a Little Help from the User
    Trang Thuy Vu; Fujinami, Kaori
    SENSORS AND MATERIALS
    MYU, SCIENTIFIC PUBLISHING DIVISION
    In daily life, people perform activities every moment differently from one another. Thus, it is necessary to develop a robust system that can recognize human activities and cope with their individual differences. In this article, we propose a new method of individualizing a classifier by choosing the most suitable one based on the estimation of compatibility with a set of classifiers, which we call compatibility-based classifier personalization (CbCP). To make CbCP effective and reduce the burden on the user, the number of activities that a user needs to perform to provide data should be as small as possible. We propose two methods of ranking activities that are as effective in estimating the compatibility as using all activities: difference based and correlation-based approaches. Additionally, we evaluated four methods of handling a case when more than two classifiers have the same level of compatibility, i.e., multi-compatible classifier handling, random choice, average compatibility reference, and ensemble classification with and without weighting. An offline experiment was carried out using two public datasets, i.e., Physical Activity Monitoring for Aging People 2 (PAMAP2) and Daily Life Activities (DaLiAc), to understand the characteristics of these methods. The results showed that the correlation based method for activity ranking and the average compatibility reference for multi-compatible classifier handling are the best combination in terms of classification performance, the burden on the user, and computational complexity.
    2020年09月18日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 32, 9, 0914-4935, DOI(公開)(r-map), 2999, 3017
  • Acoustic-sensing-based Gesture Recognition Hierarchical Classifier
    Kawato, Miki; Fujinami, Kaori
    SENSORS AND MATERIALS
    MYU, SCIENTIFIC PUBLISHING DIVISION
    A gestural input to control artifacts and access the digital world is an essential part of highly usable systems. In this article, we propose a gesture recognition method that leverages the sound generated by the friction between a surface such as a table and a finger or pen, in which 17 different gestures are defined. The gesture recognition process is regarded as a 17-class classification problem; 89 classification features are defined to represent the envelope of each input sound, while a hierarchical classifier structure is employed to increase the accuracy of confusable classes. Offline experiments show that the highest accuracy is 0.954 under a condition where the classifiers are customized for each user, while an accuracy of 0.854 is obtained under a condition where the classifiers are trained without using the data from test users. We also confirm the effectiveness of the hierarchical classifier approach compared with a single-flat-classifier approach and that of a feature engineering approach compared with a feature learning approach. The information of individual features is also presented.
    2020年09月18日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 32, 9, 0914-4935, DOI(公開)(r-map), 2981, 2998
  • Unknown On-body Device Position Detection Based on Ensemble Novelty Detection
    Saito, Mitsuaki; Fujinami, Kaori
    SENSORS AND MATERIALS
    MYU, SCIENTIFIC PUBLISHING DIVISION
    In recent years, on-body device position recognition has attracted a lot of attention from the ubiquitous computing community with a view to providing reliable services to users. The existing work has focused on the recognition of classes included in a training dataset, but handling a new position that the recognition system does not know is still impossible. The unknown position should be handled in an appropriate way to avoid incorrect behavior and adapt to each user's way of carrying the device. In this article, we propose a new detection method based on the ensemble learning principle, in which the final results are obtained from a collection of judgments by a weak novelty detector. We devise a method of finding a threshold that maximizes overall accuracy, rather than a mere majority vote. This method is evaluated with three datasets and various conditions to confirm the effectiveness of ensemble novelty detection and the threshold estimation method.
    2020年01月09日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 32, 1, 0914-4935, DOI(公開)(r-map), 27, 40
  • A Comparison of Visual and Auditory Feedbacks towards Hand Occlusion Management in Tabletop Work Support Systems Using a Projector
    Saki Shibayama and Kaori Fujinami
    International Journal of Inspired Education, Science and Technology (IJIEST)
    2020年01月07日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 1, 2, 2612-6990, 35, 42
  • Estimating Visibility of Annotations for View Management in Spatial Augmented Reality based on Machine-Learning Techniques
    Keita Ichihashi, Kaori Fujinami
    Sensors 2019
    MDPI
    Augmented Reality (AR) is a class of “mediated reality” that artificially modifies the human perception by superimposing virtual objects on the real world, which is expected to supplement reality. In visual-based augmentation, text and graphics, i.e., label, are often associated with a physical object or a place to describe it. View management in AR is to maintain the visibility of the associated information and plays an important role on communicating the information. Various view management techniques have been investigated so far; however, most of them have been designed for two dimensional see-through displays, and few have been investigated for projector-based AR called spatial AR. In this article, we propose a view management method for spatial AR, VisLP, that places labels and linkage lines based on the estimation of the visibility. Since the information is directly projected on objects, the nature of optics such as reflection and refraction constrains the visibility in addition to the spatial relationship between the information, the objects, and the user. VisLP employs machine-learning techniques to estimate the visibility that reflects human’s subjective mental workload in reading information and objective measures of reading correctness in various projection conditions. Four classes are defined for a label, while the visibility of a linkage line has three classes. After 88 and 28 classification features for label and linkage line visibility estimators are designed, respectively, subsets of features with 15 and 14 features are chosen to improve the processing speed of feature calculation up to 170%, with slight degradation of classification performance. An online experiment with new users and objects showed that 76.0% of the system’s judgments were matched with the users’ evaluations, while 73% of the linkage line visibility estimations were matched.
    2019年02月22日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 19, 4, DOI(公開)(r-map), Article No. 939
  • Painting an Apple with an Apple: A Tangible Tabletop Interface for Painting with Physical Objects
    Kaori Fujinami, Mami Kosaka, and Bipin Indurkhya
    Proceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (PACM-IMWUT)
    ACM
    We introduce UnicrePaint, a digital painting system that allows the user to paint with physical objects by acquiring three parameters from the interacting object: the form, the color pattern and the contact pressure. The design of the system is motivated by a hypothesis that integrating direct input from physical objects with digital painting offers unique creative experiences to the user. A major technical challenge in implementing UnicrePaint is to resolve the conflict between input and output, i.e., to be able to capture the form and color pattern of contacting objects from a camera, while at the same time be able to present the captured data using a projector. We present a solution for this problem. We implemented a prototype and carried out a user study with fifteen novice users. Additionally, five professional users with art-related backgrounds participated in a user study to obtain insights into how professionals might view our system. The results show that UnicrePaint offers unique experiences with painting in a creative manner. Also, its potentials beyond mere artwork are suggested.
    2018年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2, 4, DOI(公開)(r-map), Article No. 162
  • Visible Position Estimation in Whole Wrist Circumference Device towards Forearm Pose-aware Display
    Yuki Tanida and Kaori Fujinami
    EAI Endorsed Transaction on Context-aware Systems and Applications
    EAI
    2018年03月14日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 18, 13, DOI(公開)(r-map), Article e4
  • Realizing Loose Communication with Tangible Avatar to Facilitate Recipient’s Imagination
    Shinichi Endo and Kaori Fujinami
    Information
    2018年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 9, 2, DOI(公開)(r-map), Article No. 32
  • Fine-graned Accelerometer-based Smartphone Carrying States Recognition during Walking
    Kaori Fujinami, Tsubasa Saeki, Yinchuan Li, Tsuyoshi Ishikawa, Takuya Jimbo, Daigo Nagase, and Koji Sato
    International Journal of Advanced Computer Science and Applications
    2017年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 8, 8, DOI(公開)(r-map), 447, 456
  • A Projector-Camera System for Ironing Support with Wrinkle Enhancement
    Kimie Suzuki and Kaori Fujinami
    EAI Endorsed Transaction on Ambient Systems
    2017年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 17, 14, DOI(公開)(r-map), e2
  • Understanding Where to Project Information on the Desk for Supporting Work with Paper and Pen
    Mai Tokiwa and Kaori Fujinami
    Virtual, Augmented and Mixed Reality
    HCI International
    2017年07月13日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Impressive Picture Selection from Wearable Camera Toward Pleasurable Recall of Group Activities
    Eriko Kinoshita and Kaori Fujinami
    International Conference on Universal Access in Human-Computer Interaction
    HCI International
    2017年07月13日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • A Projector-Camera System for Augmented Card Playing and a Case Study with the Pelmanism Game
    Nozomu Tanaka and Kaori Fujinami
    EAI Endorsed Transaction on Ambient Systems
    2017年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 17, 13, DOI(公開)(r-map), e6
  • Gathering Courses for Physical Exercises based on Gamification
    Kazuki Asai and Kaori Fujinami
    International Journal of Software Engineering and Its Applications
    2017年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 11, 2, DOI(公開)(r-map), 27, 40
  • 実空間投影型拡張現実感技術のアイロン掛け支援システムへの応用
    藤波香織,鈴木喜光江
    画像ラボ
    2016年12月, 共同, x, y
  • Smartphone-based environmental sensing using device location as meta data
    Kaori Fujinami
    International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems
    2016年12月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 9, 4, 2257, 2275
  • Unsupervised grouping of moving objects based on agglomerative hierarchical clustering
    Kaori Fujinami
    International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems
    2016年12月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 9, 4, 2276, 2296
  • Smartphone-Based Pedestrian’s Avoidance Behavior Recognition towards Opportunistic Road Anomaly Detection
    Tsuyoshi Ishikawa and Kaori Fujinami
    ISPRS International Journal of Geo-Information
    2016年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 5, 10, DOI(公開)(r-map), Article No. 182
  • On-body Smartphone Localization with an Accelerometer
    Kaori Fujinami
    Information
    2016年03月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 7, 2, DOI(公開)(r-map), Article No. 21
  • UnicrePaint: Digital Painting through Physical Objects for Unique Creative Experiences
    Mami Kosaka, Kaori Fujinami
    10th Anniversary Conference on Tangible Embedded And Embodied Interaction (TEI’16),
    ACM
    2016年02月15日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Spot and Set: Controlling Lighting Patterns of LEDs Through a Smartphone
    Daigo Nagase and Kaori Fujinami
    The 2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2015)
    IEEE
    2015年10月28日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Pedestrian’s Avoidance Behavior Recognition for Road Anomaly Detection in the City
    Tsuyoshi Ishikawa and Kaori Fujinami
    The 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp’15)
    ACM
    2015年09月09日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Detecting Mischoice of Public Transportation Route based on Smartphone and GIS
    Takuya Jimbo and Kaori Fujinami
    The 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp’15)
    ACM
    2015年09月09日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • 警告メッセージの内容と提示場所における多義性に着目した化学実験の安全作業支援
    宗官祥史,江木啓訓,藤波香織
    情報処理学会論文誌
    2015年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 56, 4, 1269, 1277
  • Nonoverlapped View Management for Augmented Reality by Tabletop Projection
    Makoto Sato and Kaori Fujinami
    Journal of Visual Language and Computing
    2014年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 25, 6, DOI(公開)(r-map), 891, 902
  • サイバーフィジカルシステムにおける説得工学の利用
    吉井章人,藤波香織
    情報処理
    2014年09月, 共同, 55, 9, 950, 951
  • An Ironing Support System with Superimposed Information for Beginners
    Kimie Suzuki and Kaori Fujinami
    The 2nd IEEE International Workshop on Consumer Devices and Systems (CDS2014)
    IEEE
    2014年07月23日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Posing Questions during Experimental Operations for Safety Training in University Chemistry Experiments
    Kaori Ito, Hiroaki Taguchi and Kaori Fujinami
    International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering (IJMUE)
    2014年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 9, 3
  • 高位合成系JavaRock による Reconfigurable Androidにおけるハードウェア・アクセラレーション
    榎戸健二,三好健文,小池恵介,船田悟史,藤波香織,中條拓伯
    情報処理学会論文誌 組み込みシステム工学 特集号
    2013年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, x, y, aa, bb
  • A Wearable Projector-based Gait Assistance System and its Application for Elderly People
    Satoshi Murata, Masanori Suzuki, and Kaori Fujinami
    The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp’13)
    Organizing committees of the 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp’13)
    2013年09月10日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Pointing Gesture Recognition using Compressed Sensing for Training Data Reduction
    Masahiro Iwasaki and Kaori Fujinami
    The 1st International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and its Applications (HASCA2013)
    Organizing committees of the 1st International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and its Applications (HASCA2013)
    2013年09月08日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • A Human-Probe System that Considers On-body Position of a Mobile Phone with Sensors
    Kaori Fujinami, Yuan Xue, Satoshi Murata and Shigeki Hosokawa
    the 1st International Conference on Distributed, Ambient and Pervasive Interactions (DAPI2013)
    Organizing committees of the 1st International Conference on Distributed, Ambient and Pervasive Interactions (DAPI2013)
    2013年07月24日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • 携帯機器の帯同場所のセンシング-このデータはどこから来たのか?-
    藤波香織
    情報処理
    2013年06月, 単独, 54, 6, 20, 23
  • Android におけるJavaアプリケーションのFPGAアクセラレーション
    小池恵介、太田淳、大島浩太、藤波香織、郡信幸、竹本正志、中條拓伯
    情報処理学会論文誌
    2012年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 53, 12, 2740, 2751
  • An On-body Placement-aware Heatstroke Alert on a Smartphone
    Yuan Xue, Shigeki Hosokawa, Satoshi Murata, Satoshi Kouchi and Kaori Fujinami
    The 2012 International Conference on Digital Contents and Applications (DCA 2012)
    DCA 2012 organizing committees
    2012年12月16日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Recognizing a Mobile Phone’s Storing Position as a Context of a Device and a User
    Kaori Fujinami and Satoshi Kouchi
    The 9th International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MobiQuitous2012)
    MobiQuitous 2012 organizing committees
    2012年12月12日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • PerFridge: An Augmented Refrigerator that Detects and Presents Wasteful Usage for Eco-Persuasion
    Satoshi Murata, Shota Kagatsume, Hiroaki Taguchi, and Kaori Fujinami
    The 10th IEEE/IFIP International Conference on Embedded and Ubiquitous Computing (EUC’12)
    EUC 2012 organizing committees
    2012年12月06日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Design and Implementation of an On-body Placement-aware Smartphone
    Kaori Fujinami, Satoshi Kouchi, and Yuan Xue
    International Workshop on Sensing, Networking, and Computing with Smart Phones (PhoneCom 2012)
    Phonecom2012 organizing committees
    2012年06月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Nondirective Information Presentation for On-site Safety Training in Chemistry Experiments
    Kaori Fujinami and Akifumi Sokan
    ACM International Working Conference on Advanced Visual Interfaces (AVI 2012)
    ACM AVI2012 organizing committees
    2012年05月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • A Middleware for a Tabletop Procedure-aware Information Display
    Kaori Fujinami, Nobuhiro Inagawa, Kosuke Nishio and Akifumi Sokan
    Multimedia Tools and Applications
    2012年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 57, 2, DOI(公開)(r-map), 269, 293
  • A Tangible Experiment Support System with Presentation Ambiguity for Safe and Independent Chemistry Experiments
    Akifumi Sokan, Ming Wei Hou, Norihide Shinagawa, Hironori Egi and Kaori Fujinami
    Journal of Ambient Intelligence and Humanized Computing
    2011年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, x, y, DOI(公開)(r-map), Online First publishing
  • Detecting Water Waste Activities for Water-Efficient Living
    Trang Thuy Vu, Akifumi Sokan, Hironori Nakajo, Kaori Fujinami, Jaakko Suutala, Pekka Siirtola, Tuomo Alasalmi, Ari Pitkänen and Juha Röning
    The 13rd International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2011)
    ACM Ubicomp2011 organizing committees
    2011年09月19日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • A Case Study on Information Presentation to Increase Awareness of Walking Exercise in Everyday Life
    Kaori Fujinami
    International Journal of Smart Home
    2010年10月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 4, 4, 11, 26
  • Persons Tracking with Gaussian Process Joint Particle Filtering
    Jaakko Suutala, Kaori Fujinami, and Juha Röning
    IEEE International Workshop on Machine Learning for Signal Processing (MLSP2010)
    IEEE
    2010年08月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • A Smart Object Centric Indoor Location Model for Future Ubiquitous and Grid Services
    Fahim Kawsar, Kaori Fujinami, Jong Hyuk Park, Tatsuo Nakajima, Jeong Bae Lee, and Kee Wook Rim
    Journal of Internet Technology
    2009年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 10, 5, 483, 495
  • Page-Flipping Detection and Information Presentation for Implicit Interaction with a Book
    Kaori Fujinami and Nobuhiro Inagawa
    International Journal of Mobile and Ubiquitous Engineering
    2009年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 4, 3, 92, 112
  • A Portable Toolkit for Supporting End-User Personalization and Control in Context-Aware Applications
    Fahim Kawsar, Kaori Fujinami, Tatsuo Nakajima, Jong Hyuk Park and Sang-Soo Yeo
    Multimedia Tools and Applications
    2009年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 47, 3, 409, 432
  • Deploy Spontaneously: Supporting End-Users in Building and Enhancing a Smart Home
    Fahim Kawsar, Kaori Fujinami, and Tatsuo Nakajima
    Tenth International Conference on Ubiquitous Computing (UBICOMP2008)
    ACM
    2008年09月22日, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Prottoy Middleware Platform for Smart Object Systems
    Fahim Kawsar, Kaori Fujinami, and Tatsuo Nakajima
    International Journal of Smart Home
    2008年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2, 3, 1, 18
  • A Document centric approach for supporting Incremental Deployment of Pervasive Applications
    Fahim Kawsar, Kaori Fujinami, and Tatsuo Nakajima
    The Fifth Annual International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (Mobiquitous2008)
    Mobiquitous
    2008年07月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • 鏡を拡張したコンテクストアウェア情報表示装置
    藤波香織,カウサル ファヒム,中島達夫
    情報処理学会論文誌
    2008年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 49, 6
  • A Case Study on an Ambient Display as a Persuasive Medium for Exercise Awareness
    藤波香織,リエッキ ユッカ
    The 3rd International Conference on Persuasive Technology (Persuasive2008)
    International Conference on Persuasive Technology
    2008年06月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Software Infrastructures for Building Ubiquitous Computing Environments
    Tatsuo Nakajima, Eiji Tokunaga, Hiro Ishikawa, Daiki Ueno, Kaori Fujinami, Midori Sugaya, and Shuichi Oikawa
    Journal of Computer Systems Science and Engineering
    2007年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 22, 3
  • 知的人工物を用いた知的空間構築のための情報管理基盤
    藤波香織,中島達夫
    情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム(ACS)
    2006年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 47, SIG12, 399, 410
  • Bazaar: A Middleware for Physical World Abstraction
    Kaori Fujinami and Tatsuo Nakajima
    Journal of Mobile Multimedia
    2006年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2, 2, 124, 145
  • AwareMirror: A Personalized Display using a Mirror
    Kaori Fujinami, Fahim Kawsar and Tatsuo Nakajima
    In Proceedings of the 3rd International Conference on Pervasive Computing (Pervasive 2005), LNCS 3468
    Springer
    2005年05月, 研究論文(国際会議プロシーディングス), 共同, DOI(公開)(r-map), 315, 332
  • コンテクストアウェアなアプリケーションフレームワークにおけるメタコンテクスト情報の利用方法の提案とその応用
    藤波香織,中島達夫
    コンピュータソフトウェア
    2004年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 21, 1, 46, 59
  • コンテクストアウェアなアプリケーション構築のためのフレームワーク
    藤波香織,中島達夫
    情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム(ACS)
    2003年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 44, SIG10, 107, 118
  • 超音波画像を用いたファジィ理論による脂肪肝診断支援
    藤波香織,斎藤恵一,橋本洋,内山明彦
    電気学会論文誌C
    1995年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 115-C, 12, 1432, 1437

著書

  • Sensor- and Video-based Activity and Behavior Computing
    editorial
    Springer Singapore
    2022年05月, 978-981-19-0360-1
  • Activity and Behavior Computing
    Md Atiqur Rahman Ahad, Sozo Inoue, Daniel Roggen, and Kaori Fujinami
    編著
    Springer Singapore
    Focusing on the vision-based and sensor-based recognition and analysis of human activity and behavior, this book gathers extended versions of selected papers presented at the International Conference on Activity and Behavior Computing (ABC 2020), held in Kitakyushu, Japan on August 26 – 29, 2020. The respective chapters cover action recognition, action understanding, gait analysis, gesture recognition, behavior analysis, emotion and affective computing, and related areas. The book addresses various challenges and aspects of human activity recognition in both the sensor-based and vision-based domains, making it a unique guide to the field.
    2021年02月16日, 978-9811589430
  • VR/AR技術の開発動向と最新応用事例
    藤波香織(他,56名)
    第9章第3節
    技術情報協会
    2018年02月, 978-4-86104-694-0
  • Handbook of Research on Ambient Intelligence and Smart Environments: Trends and Perspectives
    Kaori Fujinami and Fahim Kawsar
    IGI-Global
    2011年05月

研究発表、招待講演等

  • 複合現実感技術を用いた「記憶の宮殿」型暗記技術習得支援
    情報処理学会第84回全国大会
    2022年03月05日, 口頭発表(一般)
  • テキスト黙読時の非集中状態検出のための視線行動解析
    情報処理学会第84回全国大会
    2022年03月05日, 口頭発表(一般)
  • 「ながら運動」促進のための運動種目推薦機構の検討
    情報処理学会第84回全国大会
    2022年03月05日, 口頭発表(一般)
  • ヒナの摂食誘導システムにおける個体検出精度向上のための訓練データ拡張
    情報処理学会第84回全国大会
    2022年03月05日, 口頭発表(一般)
  • 鶏の行動学的分析を支援するための行動推定と行動パターンの可視化
    情報処理学会第84回全国大会
    2022年03月05日, 口頭発表(一般)
  • 行動変容向けアンビエントディスプレイに対する興味の維持を目的としたシステム
    情報処理学会第84回全国大会
    2022年03月04日, 口頭発表(一般)
  • オンライン講演者の快適性向上のための視聴者の心的状態推定と伝達
    情報処理学会第84回全国大会
    2022年03月04日, 口頭発表(一般)
  • 組み立て作業における手と視線の移動に着目した「迷い」の検出と分類
    情報処理学会第84回全国大会
    2022年03月03日, 口頭発表(一般)
  • 頭部装着型ディスプレイを用いたソフトウェア構造の理解を支援するシステム
    情報処理学会第84回全国大会
    2022年03月03日, 口頭発表(一般)
  • ながら運動促進システム実現のための基礎検討
    第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)
    2021年08月26日, 口頭発表(一般)
  • 長期利用における行動改善効果維持のためのアンビエントディスプレイ
    第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)
    2021年08月26日, 口頭発表(一般)
  • 没入型ソフトウェア可視化システムにおける複雑構造理解に適したインタラクション手法
    第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)
    2021年08月26日, 口頭発表(一般)
  • 統一プロトコルによるグループディスカッションにおけるマルチモーダルデータ収集
    第35回人工知能学会全国大会
    2021年06月10日, 口頭発表(一般)
  • イラストレーションメイキング動画における注目箇所の探索効率化
    第83回情報処理学会全国大会
    2021年03月20日, 口頭発表(一般)
  • デスクワークを対象としたながら運動促進システム
    第83回情報処理学会全国大会
    2021年03月19日, 口頭発表(一般)
  • ベルト型デバイスを用いた腹囲形状計測システムのセンサ位置の検討
    第83回情報処理学会全国大会
    2021年03月19日, 口頭発表(一般)
  • 装着型プロジェクタを用いた移動中の床上投影の高度安定化
    第83回情報処理学会全国大会
    2021年03月19日, 口頭発表(一般)
  • VRソフトウェア可視化システムにおける複雑構造探索に効果的なインタラクション手法
    第83回情報処理学会全国大会
    2021年03月18日, 口頭発表(一般)
  • プロジェクタを用いた卓上作業支援における投影遮蔽を考慮した情報提示手法
    第83回情報処理学会全国大会
    2021年03月18日, 口頭発表(一般)
  • 鶏の快適性向上に向けた動物行動学的分析を支援するための 装着型センサによる行動推定
    第83回情報処理学会全国大会
    2021年03月18日, 口頭発表(一般)
  • アンビエントディスプレイの長期利用における行動改善効果維持のための情報提示手法
    第83回情報処理学会全国大会
    2021年03月18日, 口頭発表(一般)
  • 投影型公共ディスプレイにおける誘目性の高い情報提示方法
    第83回情報処理学会全国大会
    2021年03月18日, 口頭発表(一般)
  • 携帯機器の所持位置認識対象を逐次追加する機構の実利用を想定した評価
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第24回研究会
    2021年03月03日, 口頭発表(一般)
  • 腹囲形状計測のためのベルト型デバイス
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第24回研究会
    2021年03月03日, 口頭発表(一般)
  • 装着型センサを用いたニワトリの行動の時空間的解析
    第39回日本動物行動学会大会
    2020年11月20日, 口頭発表(一般)
  • Water Waste Detection and Activity Recognition at the Sink Towards Promoting Water Conservation
    In Proceedings of the 2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2020)
    2020年10月13日, ポスター発表
  • Applicability of DBSCAN in Identifying the Candidates of New Positions in on-Body Smartphone Localization Problem
    In Proceedings of the 2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2020)
    2020年10月13日, 口頭発表(一般)
  • 鶏の快適性向上に向けた動物行動学的分析を支援するための装着型センサによる行動推定
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第67回研究発表会(UBI67)
    2020年09月29日, 口頭発表(一般)
  • プロジェクタを用いた図形トレース支援におけるハンドオクルージョンの対処法
    第19回情報科学技術フォーラム(FIT2020)
    2020年09月01日, 口頭発表(一般)
  • New Class Candidate Generation applied to On-Body Smartphone Localization
    Proceedings of the 2nd International Conference on Activity and Behavior Computing (ABC2020)
    2020年08月28日, 口頭発表(一般)
  • Hand Occlusion Management Method for Tabletop Work Support Systems Using a Projector
    Proc. of International Conference on New Computer Science Generation
    2020年03月13日, 口頭発表(一般)
  • Transferring Information Between Connected Horizontal and Vertical Interactive Surfaces
    Proc. of International Conference on New Computer Science Generation
    2020年03月13日, 口頭発表(一般)
  • CrosSI:作業領域拡張のための水平・垂直タッチディスプレイ連携機構
    インタラクション2020
    2020年03月11日, ポスター発表
  • 要素行動の含有度合いを用いたゼロショット行動認識手法に関する研究
    第82回情報処理学会全国大会
    2020年03月07日, 口頭発表(一般)
  • 音響センシングを用いた任意平面に対するジェスチャ入力
    第82回情報処理学会全国大会
    2020年03月07日, 口頭発表(一般)
  • イラストレーションメイキング動画における注目箇所の効率的な探索システム
    第82回情報処理学会全国大会
    2020年03月06日, 口頭発表(一般)
  • フレーム間差分に着目したイラストレーションメイキング動画のキーフレーム要約
    第82回情報処理学会全国大会
    2020年03月06日, 口頭発表(一般)
  • 公共空間における誘目性が高い情報投影機構
    第82回情報処理学会全国大会
    2020年03月06日, 口頭発表(一般)
  • ニワトリの集団行動理解のためのセンシングとデータ処理
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第65回研究発表会
    2020年03月05日, ポスター発表
  • 曲げセンサを用いた曲率推定による腹囲形状計測
    第34回人間情報学会オーラルセッション
    2019年12月11日, 口頭発表(一般)
  • 案内ロボットの回避行動が利用者に与える心理的影響の調査
    第34回人間情報学会オーラルセッション
    2019年12月11日, 口頭発表(一般)
  • Examining Hierarchy and Granularity of Classifiers in Compatibility-based Classifier Personalization
    Proceedings of the 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2019)
    2019年10月15日, 口頭発表(一般)
  • Evaluation of Novelty Detection Methods in On-Body Smartphone Localization Problem
    Proceedings of the 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2019)
    2019年10月15日, 口頭発表(一般)
  • Extensible On-Body Smartphone Localization: A Project Overview and Preliminary Experiment
    Proceedings of the 17th IEEE International Conference on Pervasive Intelligence and Computing (PICom 2019)
    2019年08月05日, ポスター発表
  • A Framework for Human-centric Personalization of Context Recognition Models on Mobile Devices
    Proceedings of the 17th IEEE International Conference on Pervasive Intelligence and Computing (PICom 2019)
    2019年08月05日, ポスター発表
  • アンサンブル型Novelty Detectionによる未知の携帯機器所持位置の検出
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第62回研究発表会(UBI62)
    2019年06月06日, 口頭発表(一般)
  • Understanding Compatibility-based Classifier Personalization in Activity Recognition
    In Proceedings of the 1st International Conference on Activity and Behavior Computing (ABC2019)
    2019年05月30日, 口頭発表(一般)
  • モバイル端末とAI技術による人間と環境の状態把握
    第7回はむらイブニングサロン
    スマートフォンやスマートウォッチに代表されるモバイル端末には、その位置や方角、加わっている力、周辺の明るさや音量などを取得可能なセンサが搭載されている。そしてAI技術を用いることで、人や環境に関する様々な状態を時間や場所に縛られずに取得可能になる。本講演では様々な事例紹介を通じて、その可能性と課題について議論する。
    2019年03月20日, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 投影型卓上作業支援システムにおけるハンドオクルージョン管理方法の提案
    情報処理学会第81回情報処理学会全国大会
    2019年03月16日, 口頭発表(一般)
  • 携帯機器の所持場所認識対象の逐次追加のための新規検出の適用性検証
    情報処理学会第81回情報処理学会全国大会
    2019年03月14日, 口頭発表(一般)
  • 緩やかなつながりをもたらすタンジブルアバタの紙工作による実現とその意義
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第61回研究発表会(UBI61)
    2019年03月05日, 口頭発表(一般)
  • ベルト型デバイスを用いた腹囲形状の推定
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第20回研究会
    2019年02月15日, 口頭発表(一般)
  • 音響センシングを用いた任意平面に対するジェスチャ入力機構
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第20回研究会
    2019年02月15日, 口頭発表(一般)
  • Webページ閲覧情報と会話内容を用いた興味推定手法
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第20回研究会
    2019年02月15日, 口頭発表(一般)
  • コンテキストおよびコンテンツアウェアな情報通知先決定機構
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第20回研究会
    2019年02月15日, 口頭発表(一般)
  • CrosSI: A novel workspace with connected horizontal and vertical interactive surfaces
    In Proceedings of the 2018 ACM International Conference on Interactive Surface and Spaces (ISS'18)
    2018年11月27日, ポスター発表
  • Estimating Smartphone Addiction Proneness Scale through the State of Use of Terminal and Applications
    In Proceedings of the 1st International Workshop on Computing for Well-Being
    2018年10月08日, 口頭発表(一般)
  • 追従ロボットとユーザの位置関係が及ぼす心理的影響の調査
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第58回研究発表会(UBI58)
    2018年08月31日, 口頭発表(一般)
  • Investigating Psychological Effects on Positional Relationships Between a Person and a Human-Following Robot
    In Proceedings. of the 24th IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applications (RTCSA2018)
    2018年08月29日, ポスター発表
  • Development of Intuitive Haptic Maps for Blind People
    Eurohaptics 2018 conference
    2018年06月14日, ポスター発表
  • 形状変化デバイスを用いた垂直面インタラクション
    情報処理学会第80回情報処理学会全国大会
    2018年03月15日, 口頭発表(一般)
  • 卓上の連続した水平垂直面を利用する情報入出力システム
    情報処理学会第80回情報処理学会全国大会
    2018年03月15日, 口頭発表(一般)
  • グループ旅行計画への積極的な参加を促すための卓上インタフェース
    情報処理学会第80回情報処理学会全国大会
    2018年03月15日, 口頭発表(一般)
  • AHPに着想を得たゼロショット行動認識手法の一検討
    情報処理学会第80回情報処理学会全国大会
    2018年03月15日, 口頭発表(一般)
  • 追従ロボットとの共存に向けた位置関係に因るユーザの心理的影響調査
    情報処理学会第80回情報処理学会全国大会
    2018年03月15日, 口頭発表(一般)
  • 視認性低下要因調査に基づく卓上投影型ARの情報視認性維持の研究
    情報処理学会第80回情報処理学会全国大会
    2018年03月13日, 口頭発表(一般)
  • 一人称視点カメラを用いた思い出の楽しい振り返りのための体験自動記録
    情報処理学会第80回情報処理学会全国大会
    2018年03月13日, 口頭発表(一般)
  • 多様な情報通知装置が混在する卓上作業空間における通知先決定手法の提案
    情報処理学会第80回情報処理学会全国大会
    2018年03月13日, 口頭発表(一般)
  • DeforVerface:形状変化デバイスを用いた垂直面インタラクション
    インタラクション2018
    2018年03月05日, ポスター発表
  • 情報機器への中毒性をもたらす使用特徴の検出
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第18回研究会
    2018年02月21日, 口頭発表(一般)
  • Palco: 紙工作可能なアバタシステムによる緩やかなつながりの実現
    電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム
    2017年12月15日, その他
  • 投影型ARとその周辺
    電子情報通信学会 ポリマー光部品技術時限専門委員会(POC)第38回研究会
    2017年11月24日, 口頭発表(招待・特別)
  • Palco: Printable Avatar System that Realizes Loose Communication between People
    The 2017 IEEE 6th Global Conference on Consume Electronics (GCCE2017)
    2017年10月26日, ポスター発表
  • Active Learning-based Classifer Personalization: A Case of On-body Device Localization
    The 2017 IEEE 6th Global Conference on Consume Electronics (GCCE2017)
    2017年10月25日, ポスター発表
  • Personalizing Context Recognition Model based on Active Learning: A Project Overview
    The 2nd International Workshop on Smart Sensing System (IWSSS’17)
    2017年08月08日, その他
  • 緩やかなつながりを提供するタンジブルアバタによるコミュニケーション
    第79回情報処理学会全国大会
    2017年03月18日, その他
  • 身体装着型カメラの映像を用いた集団活動時の楽しい振り返りのための体験自動記録―会話場面の判定および評価―
    第79回情報処理学会全国大会
    2017年03月18日, その他
  • 能動学習による携帯端末の所持場所判定機能の個人化のための一考察
    第79回情報処理学会全国大会
    2017年03月18日, その他
  • 卓上投影型ARにおける投影面の色や凹凸を考慮した情報投影位置決定手法の提案
    第79回情報処理学会全国大会
    2017年03月17日, その他
  • 手首一周型ディスプレイの情報表示位置決定における加速度センサ利用に関する一検討
    第79回情報処理学会全国大会
    2017年03月17日, その他
  • 背面形状変化によるスマートフォンの安定把持
    第79回情報処理学会全国大会
    2017年03月17日, その他
  • 容易なLED点滅パターン生成を可能にした制御情報設定手法の提案
    情処学会エンタテインメントコンピューティング研究会 第43回発表会(EC43)
    2017年03月10日, その他
  • 平面に接触した実物体の特徴および接触圧を反映したデジタルペイントシステムの評価
    情処学会エンタテインメントコンピューティング研究会 第43回発表会(EC43)
    2017年03月10日, その他
  • 任意物体を入力に用いるデジタルペイントシステムの開発と創作体験のユーザ評価
    インタラクション2017
    2017年03月04日, ポスター発表
  • steaDePhone:安定把持を可能にする背面形状変化型スマートフォン
    インタラクション2017
    2017年03月04日, ポスター発表
  • 歩行中の回避行動認識にもとづく日和見センシングによる路面異常検出
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第16回発表会(HPB16)
    2017年02月22日, その他
  • 機械学習におけるラベル付けに向けたユーザ行動状態想起支援~質問内容の調査~
    人間情報学会第25回講演会
    2016年12月21日, その他
  • 任意物体を入力に用いる創作支援デジタルペイントシステムUnicrePaintにおける物体情報取得手法
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2016
    2016年09月08日, ポスター発表
  • 手首一周型ディスプレイ装着時の常時視認可能な情報表示位置の動的推定手法
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2016
    2016年09月08日, ポスター発表
  • 卓上投影型ARにおける視認性を維持するラベル投影手法の提案
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2016
    2016年09月08日, ポスター発表
  • 思い出の楽しい振り返りのための身体装着型カメラによる体験自動記録
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第51回研究発表会(UBI51)
    2016年08月04日, その他
  • 道路・踏切横断中における「歩きながらスマホ」事前回避のための通知タイミングに着目した警告発出機構
    第78回情報処理学会全国大会
    2016年03月11日, その他
  • 歩行中の回避行動認識による路面異常検出 ~カーブと回避行動の区別~
    第78回情報処理学会全国大会
    2016年03月11日, その他
  • 公共交通における路線情報を利用した進行方向判定の高精度化
    第78回情報処理学会全国大会
    2016年03月11日, その他
  • 集団活動時の楽しい振り返りを支援する身体装着型カメラによる体験自動記録
    第78回情報処理学会全国大会
    2016年03月10日, その他
  • 手首装着型デバイスにおける常時視認可能な情報表示のための前腕状態推定
    第78回情報処理学会全国大会
    2016年03月10日, その他
  • 実空間投影型拡張現実感技術のウェアラブルシステムへの応用と課題
    応用物理学会微小光学研究会 第139回微小光学研究会
    2016年03月09日, 口頭発表(招待・特別)
  • 任意物体を用いたデジタルペイントシステムUnicrePaintにおける入出力パネルの改良とユーザ評価
    第20回情報処理学会シンポジウム インタラクション2016
    2016年03月04日, ポスター発表
  • イルミネーションパターンの表現を拡張する入力手法の提案および評価に関する研究
    第20回情報処理学会シンポジウム インタラクション2016
    2016年03月03日, ポスター発表
  • 網情報を学習に用いた鉄道利用中の高精度な経路推定手法の提案
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第49回研究発表会(UBI49)
    2016年03月01日, その他
  • 道路・踏切横断場面における歩行中のスマートフォン利用回避のための警告通知機構
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第49回研究発表会(UBI49)
    2016年03月01日, その他
  • 日常生活における透明なインタフェースのためのコンテキスト認識と応用
    電子情報通信学会PRMU研究会
    2015年10月09日, 口頭発表(招待・特別)
  • 表現の自由度を高めるイルミネーション入力方法の提案
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第47回研究発表会(UBI47)
    2015年07月27日, その他
  • 任意の物体を用いたデジタルペイントのための漏れ全反射による接触形状の取得手法の提案
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第47回研究発表会(UBI47)
    2015年07月27日, その他
  • 道路・踏切横断場面におけるスマートフォン使用抑制システムの開発
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015)
    2015年07月09日, その他
  • 街中の道路異常検出のための歩行者の回避行動認識
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015)
    2015年07月09日, その他
  • 駅および停留所情報を利用した公共交通機関乗車時の誤り検出
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015)
    2015年07月08日, その他
  • Smartphone Usage Restriction During Crossing Roads and Railways
    The 1st International Workshop on Wearable Systems and Applications (WearSys’15)
    2015年05月18日, その他
  • 地理情報システムと連携した電車とバスの誤り乗車検出
    第77回情報処理学会全国大会
    2015年03月19日, その他
  • 慣性センサを用いた位置推定による歩行時のスマートフォン利用危険場面の高精度な予測
    第77回情報処理学会全国大会
    2015年03月19日, その他
  • 衣類のしわ位置提示による初心者向けアイロン掛け支援システム
    第77回情報処理学会全国大会
    2015年03月19日, その他
  • 節水行動促進のための無駄使い行動を反映した情報フィードバック手法
    第77回情報処理学会全国大会
    2015年03月19日, その他
  • スマートフォンを用いたイルミネーションパターンの直感的なカスタマイズ手法
    第77回情報処理学会全国大会
    2015年03月18日, その他
  • アイロンがけの残りじわ検出および初心者向け支援手法の提案
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)発表会
    2015年03月03日, その他
  • 自律航法を適用した歩行中のスマートフォン危険利用場面の判定
    HASCチャレンジ2014報告会
    2015年02月28日, その他
  • 方位情報を用いた歩行中の回避行動の認識
    HASCチャレンジ2014報告会
    2015年02月28日, その他
  • 参加型センシングを用いた健康運動の継続意欲持続のための運動推奨経路収集
    電子情報通信学会 ヒューマンプローブ研究会 第12回研究会
    2015年02月18日, その他
  • 携帯機器を持ち運ぶ際の帯同場所のセンシングとその応用
    イノベーションジャパン2014
    2014年09月12日, 口頭発表(一般)
  • Nonoverlapped View Management for Augmented Reality by Tabletop Projection
    The 20th International Conference on Distributed Multimedia Systems (DMS2014)
    2014年08月27日, その他
  • 直前の移動情報を用いたスマートフォン利用の危険場面予測手法の提案
    第17回人間情報学会講演会
    2014年04月25日, ポスター発表
  • 動機レベルが低い作業の着手支援に向けた仮想ペットに対する愛情醸成に関する一検討
    第17回人間情報学会講演会
    2014年04月25日, ポスター発表
  • 音環境計測による環境音理解に関する手法
    電子情報通信学会総合大会
    2014年03月, その他
  • 道路の区間ID方式に基づくヒューマンプローブにおける低消費電力な測位手法の提案
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第41回研究発表会(UBI41)
    2014年03月14日, その他
  • 動作の実施時間と勢いを考慮したユーザ非依存なジェスチャ認識手法に関する研究
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第41回研究発表会(UBI41)
    2014年03月14日, その他
  • 省資源行動促進システムにおける聴覚情報提示手法の提案
    第76回情報処理学会全国大会
    2014年03月12日, その他
  • 駅ホーム上でのスマートフォンのながら使用における転落危険場面の推定
    第76回情報処理学会全国大会
    2014年03月12日, その他
  • 地図情報と連携した歩行中におけるスマートフォン利用危険場面の推定
    第76回情報処理学会全国大会
    2014年03月12日, その他
  • プロジェクタとカメラを用いた初心者向けアイロン掛け支援システム
    第76回情報処理学会全国大会
    2014年03月12日, その他
  • ユーザ非依存なジェスチャ認識のための動作の実施時間と勢いの影響
    第76回情報処理学会全国大会
    2014年03月12日, その他
  • 省資源行動の変容段階を考慮した動機付け戦略の切り換え手法
    第76回情報処理学会全国大会
    2014年03月11日, その他
  • プロジェクタ・カメラシステムにおける投影光の色補正と物体認識のための投影面の色推定
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)
    2014年03月07日, その他
  • 直前の移動情報を用いた歩行中のスマートフォン利用における危険場面の予測
    電子情報通信学会 ヒューマンプローブ研究会 第10回研究会
    2014年02月28日, その他
  • 道路の区画ID方式に基づくヒューマンプローブにおける低消費電力な測位手法の提案
    電子情報通信学会 ヒューマンプローブ研究会 第10回研究会
    2014年02月28日, その他
  • 集団の行動把握・予測のための環境設置型計測システムの構築ー複数の指向性マイクを用いた話者位置推定の検討ー
    電子情報通信学会,ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム2013
    2013年12月, その他
  • A Preliminary Study on Posing Questions during Operations for Safety Training in Chemistry Experiments
    International Workshop on Multimedia 2013
    2013年12月13日, その他
  • 個人差を考慮した指さし確認時の腕振り動作認識
    第16回人間情報学会講演会
    2013年12月04日, その他
  • 実世界に織り込まれるコンピューティング環境とコンテキストアウェアネス
    第82回日本ロボット学会 ロボット工学セミナー 一挙手一投足に反応する実世界インタフェース技術
    2013年11月28日, 口頭発表(招待・特別)
  • An Augmented Refrigerator with the Awareness of Wasteful Electricity Usage
    The 1st International Symposium on Advanced and Applied Convergence (ISAAC2013)
    2013年11月15日, 口頭発表(招待・特別)
  • 情報の重畳表示による初心者のアイロン掛け技術習得支援システム
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2013
    2013年09月10日, その他
  • 携帯端末を用いた行動認識における端末格納場所情報を用いた認識パラメータ構成法に関する一検討
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2013)
    2013年07月10日, その他
  • 学習データ量削減のための圧縮センシングを用いた時系列データ解析による指さし呼称時の腕振り動作認識
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2013)
    2013年07月10日, その他
  • 携帯電話の格納場所連続監視手法~歩行時および格納動作時判定処理の文脈的併用~
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第37回研究発表会(UBI37)
    2013年03月14日, その他
  • 携帯電話の連続的な格納場所判定のための格納動作時および歩行中の判定処理併用手法
    第75回情報処理学会全国大会
    2013年03月07日, その他
  • 化学実験安全教育システムにおけるメッセージ内容及び提示方法の検討
    第75回情報処理学会全国大会
    2013年03月06日, その他
  • 卓上作業支援における小型物体の位置特定と個体識別に関する検討とその応用
    第75回情報処理学会全国大会
    2013年03月06日, その他
  • 冷蔵庫利用時の無駄遣い行動を反映した省資源行動促進システムの評価
    第75回情報処理学会全国大会
    2013年03月06日, その他
  • 物体情報を用いた卓上投影型拡張現実感における情報の視認性向上と解釈阻害を防止する投影手法
    第75回情報処理学会全国大会
    2013年03月06日, その他
  • プロジェクタとカメラを用いた拡張現実感のための物体認識精度向上に関する基礎検討
    第75回情報処理学会全国大会
    2013年03月06日, その他
  • 節水行動の促進に向けた水道使用時の水の無駄遣い行動の認識
    第75回情報処理学会全国大会
    2013年03月06日, その他
  • 携帯電話の格納場所情報を用いた行動認識最適化手法に関する研究
    電子情報通信学会PRMU研究会
    2013年02月21日, ポスター発表
  • 圧縮センシングを用いた指差し呼称時の腕振り動作認識に関する研究
    電子情報通信学会PRMU研究会
    2013年02月21日, ポスター発表
  • 歩行および格納場所変更動作の加速度を利用したセンサ内蔵携帯電話の格納場所連続判定手法
    人間活動センシングコンソーシアム HASC Challenge 2012 シンポジウム
    2012年12月25日, その他
  • A System Architecture for Augmenting Card Playing with a Projector and a Camera
    The 2012 International Conference on Digital Contents and Applications (DCA 2012)
    2012年12月17日, その他
  • センサデータの変化量および鮮度に着目した,クラウドへのデータ転送回数の削減手法の提案
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会公開シンポジウム
    2012年11月16日, ポスター発表
  • Reconfigurable Androidにおける JavaRock によるハードウェア・アクセラレーション
    組み込みシステムシンポジウム2012
    2012年10月, その他
  • センサの帯同場所を考慮した個人参加型センシングのための環境センサモジュールと基盤ソフトウェア
    組み込みシステムシンポジウム2012
    2012年10月, その他
  • 安全管理のための指さし呼称動作の認識
    第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)
    2012年09月, その他
  • Recognition of Pointing and Calling for Remote Operatives Management
    The 10th Asia-Pacific Conference on Human-Computer Interaction (APCHI2012)
    2012年08月, ポスター発表
  • A Trustworthy Heatstroke Risk Alert on a Smartphone
    The 10th Asia-Pacific Conference on Human-Computer Interaction (APCHI2012)
    2012年08月, ポスター発表
  • 冷蔵庫における利用者の無駄行動を反映した省資源行動促進システムの提案
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会第21回発表会(UBI35)
    2012年07月, その他
  • デバイスの持ち運び方のセンシングとスマートフォンへの実装
    第11回人間情報学会講演会 ポスターセッション
    2012年06月29日, ポスター発表
  • センサ格納場所を考慮したヒューマンプローブを可能にする機構とAndroid端末向け環境センサモジュールの試作
    第11回人間情報学会講演会 ポスターセッション
    2012年06月29日, ポスター発表
  • デバイスの身体上での格納場所の特定について
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第7回研究発表会
    2012年06月05日, その他
  • センサ格納場所を考慮したヒューマンプローブを可能にする機構と環境センサモジュールの試作
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第7回研究発表会
    2012年06月05日, その他
  • 傘を用いた細粒度リアルタイム雨量プローブシステムの開発
    電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会第7回研究発表会
    2012年06月05日, その他
  • FPGA Acceleration with a Reconfigurable Android for the Future Embedded Devices
    International Workshop on Performance, Applications, and Parallelism for Android and HTML5 (PAPAH)
    2012年05月, その他
  • Recognition of Pointing and Calling for Industrial Safety Management
    The 2012 First ICT International Senior Project Conference and IEEE Thailand Senior Project Contest (ICT-ISPC2012)
    2012年04月20日, その他
  • 情報提示の多義性に着目した化学実験の安全学習支援-警告メッセージの内容と提示場所の効果比較-
    インタラクション2012
    2012年03月16日, ポスター発表
  • プロジェクタ・カメラシステムによるトランプゲームの拡張環境の構築
    インタラクション2012
    2012年03月16日, その他
  • プローブ傘による降雨マップシステムを作成するための手法に関する研究
    第74回情報処理学会全国大会
    2012年03月08日, その他
  • 化学実験中における危険回避と安全学習の両立に向けた情報提示タイミングの基礎検討
    第74回情報処理学会全国大会
    2012年03月08日, その他
  • 安全点検支援のための指差し呼称動作の認識
    第74回情報処理学会全国大会
    2012年03月08日, その他
  • 冷蔵庫の利用における節電の動機づけシステムの提案~無駄行動の検出とフィードバック方法の基礎検討~
    第74回情報処理学会全国大会
    2012年03月08日, その他
  • 携帯電話の格納場所の判定 ~鞄への格納状態の認識~
    第74回情報処理学会全国大会
    2012年03月08日, その他
  • プロジェクタ・カメラシステムによる既存のトランプゲーム拡張のためのライブラリの一検討
    第74回情報処理学会全国大会
    2012年03月06日, その他
  • ユーザの行動を反映した仮想ペットの振る舞い生成による困難タスクの着手支援方法
    第74回情報処理学会全国大会
    2012年03月06日, その他
  • Reconfigurable Android with an FPGA Accelerator for the Future Embedded Devices
    The 3rd Workshop on Ultra Performance and Dependable Acceleration Systems (UPDAS)
    2011年12月, その他
  • Spatial Connectedness of Information Presentation for Safety Training in Chemistry Experiments
    ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces 2011 (ITS2011)
    2011年11月16日, ポスター発表
  • Android端末におけるFPGAアクセラレータによるJavaの高速化手法
    組込みシステムシンポジウム2011(ESS2011)
    2011年10月, その他
  • A Stabilization Method of Projected Images for Wearable Projector Applications
    The 13rd International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2011)
    2011年09月20日, ポスター発表
  • Stabilization of Projected Image for Wearable Walking Support System Using Pico-Projector
    The 1st International Workshop on Cyber-Physical Systems, Networks, and Applications (CPSNA’11)
    2011年08月, ポスター発表
  • Feature Selection and Activity Recognition to Detect Water Waste from Water Tap Usage
    The 1st International Workshop on Cyber-Physical Systems, Networks, and Applications (CPSNA’11)
    2011年08月, ポスター発表
  • Overview of the Symbio-Information Processing Project of TUAT
    the 2011 International Joint Conference on Computer Science and Software Engineering(JCSSE), Ubiquitous Computing for Symbio-Information Processing (UCSIP) Workshop
    2011年05月01日, その他
  • An FPGA-based Accelerator of a Dalvik Virtual Machine for an Android Mobile and Embedded Processor
    International Workshop on Innovative Architecture for Future Generation High-Performance Processors and Systems (IWIA’11)
    2011年04月, その他
  • 化学実験の安全学習支援のための情報の多義性の効果検討
    第73回情報処理学会全国大会
    2011年03月, その他
  • 安全な化学実験教育のための他者情報の提示法
    第73回情報処理学会全国大会
    2011年03月, その他
  • 携帯電話の格納場所判定機能のAndroid携帯上への実装
    第73回情報処理学会全国大会
    2011年03月, その他
  • 小型プロジェクタを用いたウェアラブル歩行支援器のための投影情報安定化手法
    第73回情報処理学会全国大会
    2011年03月, その他
  • 困難タスク完遂支援のための,ユーザに愛情をもたれる仮想ペット
    第73回情報処理学会全国大会
    2011年03月, その他
  • 同一空間内におけるグループ内会話促進を目的としたデジタルサイネージシステム
    第73回情報処理学会全国大会
    2011年03月, その他
  • 単調作業の総合的支援システムによる労働の質的向上の研究
    第73回情報処理学会全国大会
    2011年03月, その他
  • 応援・目標・意義を利用した単調作業の質向上のためのインタフェース
    情報処理学会 第57回モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)・第29回ユビキタスコンピューティング(UBI)合同研究発表会
    2011年03月, その他
  • 小型プロジェクタを用いたウェアラブル歩行支援システムのための投影画像安定化
    情報処理学会 第57回モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)・第29回ユビキタスコンピューティング(UBI)合同研究発表会
    2011年03月, その他
  • 携帯端末の身体上格納場所判定機能のスマートフォンへの実装
    インタラクション2011
    2011年03月11日, その他
  • Effects of Multiple Interpretations towards Nondirective Support Systems
    Symposium on Interaction with Smart Artifacts
    2011年03月07日, その他
  • Smartness for People and Objects
    Infotech Oulu Lecture Series
    2011年01月18日, 口頭発表(招待・特別)
  • コンピュータが埋め込まれた日常物による実世界活動の強化
    早稲田大学グローバルCOE第7回シンポジウム
    2010年12月, 口頭発表(招待・特別)
  • A Middleware for a Tabletop Procedure-aware Information Display
    2010 International Workshop on Advanced Future Multlmedia Services (AFMS2010)
    2010年12月, その他
  • An Augmented Bike for Context-Awareness during Riding
    Internet of Things 2010 Conference (IoT2010)
    2010年12月, その他
  • 化学実験の安全学習支援のための警告メッセージにおける多義性尺度設計の基礎検討
    ヒューマンインタフェース学会 第68回研究会(SIG-DE-03)
    2010年11月, その他
  • Alerting Accidents with Ambiguity: A Tangible Tabletop Application for Safe and Independent Chemistry Experiments
    The 7th International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing (UIC2010)
    2010年10月, その他
  • A-CUBE: A Tangible Tabletop Application to Support Safe and Independent Chemistry Experiments
    The 7th International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing (UIC2010) (video/demo session)
    2010年10月, その他
  • Tracking On-body Location of a Mobile Phone
    The 14th Annual IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC’10) - Late Breaking Results – Cutting Edge Technologies on Wearable Computing
    2010年10月, その他
  • 化学安全学習における周辺情報の提示に関する検討
    グループウェアとネットワークサービスワークショップ2010(GNワークショップ2010)
    2010年09月, その他
  • 多義性がある危険情報の提示による化学実験の安全技能向上システム
    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2010)
    2010年07月07日, その他
  • Toward Safe Notification to a Bike Rider
    The 3rd Asia-Europe Workshop on Ubiquitous Computing (AEWUC'10)
    2010年05月, ポスター発表
  • Augmented Chemistry Experiment- A Smart Space beyond Safety at a Moment
    The 3rd Asia-Europe Workshop on Ubiquitous Computing (AEWUC'10)
    2010年05月, その他
  • A Data Collection of Bicycle Riding Activities Toward Effective Alert for Safety
    The 8th International Conference on Pervasive Computing (Pervasive2010): Late Breaking Results
    2010年05月, ポスター発表
  • A Preliminary Experiment on Ambiguous Presentation for Safe and Independent Chemistry Experiments
    The 8th International Conference on Pervasive Computing (Pervasive2010): Late Breaking Results
    2010年05月, ポスター発表
  • Interaction Design Issues in Smart Home Environments
    The 5th International Symposium on Smart Home
    2010年05月, その他
  • 自転車安全運転支援のための運転者の状態判定に関する基礎検討
    第72回情報処理学会全国大会
    2010年03月, その他
  • 覚醒水準を利用した単調な仕分け作業の飽きの防止
    第72回情報処理学会全国大会
    2010年03月, その他
  • 曖昧な危険警告による化学実験の安全技能向上支援に関する研究
    第72回情報処理学会全国大会
    2010年03月, その他
  • 危険情報の提示による化学実験の安全技能向上支援原理の基礎検討
    インタラクション2010
    2010年03月01日, ポスター発表
  • 知的なセンサによるアプリケーション機能保証のための枠組み開発
    第4回共生情報工学シンポジウム
    2010年01月12日, その他
  • Implicit Interaction with Daily Objects: Applications and Issues
    The 3rd International Universal Communication Symposium (IUCS2009)
    2009年12月04日, 口頭発表(招待・特別)
  • 日用品を用いたコンピュータの操作
    大学サイエンスフェスタ2009
    2009年11月, その他
  • 読書中に低い妨害感で効果的に付加情報を伝達するための情報提示方法
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会第24回発表会
    2009年11月12日, その他
  • 質データとしての身体装着型センサの格納場所判定ーデータの出所を保証し,高信頼な計測が可能-
    JST Innovation Bridge
    2009年11月12日, 口頭発表(一般)
  • 人間行動データのメタデータとしての携帯電話格納場所
    人間行動センシングシンポジウム(HASC01)
    2009年10月07日, その他
  • Embedding Motivational Information into Daily Objects to Promote Daily Exercise
    Ambient Intelligent Forum 2009
    2009年09月, その他
  • Sensing On-Body Location of a Mobile Phone by Motions in Storing and Carrying
    The 1st International Workshop on Context-Awareness in Smart Environments: Background, Achievements and Challenges (CASEBAC)
    2009年09月28日, その他
  • Daily Life Computing Lab.@TUAT
    The 1st Lancaster-Waseda Ph.D Workshop
    2009年09月10日, 口頭発表(一般)
  • A Placement-aware Mobile Phone
    The 1st Lancaster-Waseda Ph.D Workshop
    2009年09月10日, その他
  • Ad-hoc Grouping of Multiple Sensor Nodes based on Similar Movements
    2009 International Symposium on Ubiquitous Computing Systems
    2009年08月24日, その他
  • How should we proceed in ubiquitous computing research?
    The 2nd Asia-Europe Workshop on Ubiquitous Computing
    2009年08月03日, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
  • Information Presentation through Objects while Doing Some Tasks
    The 2nd Asia-Europe Workshop on Ubiquitous Computing
    2009年08月03日, その他
  • Presenting Supplementary Information while Reading a Book
    7th International Conference on Pervasive Computing
    2009年05月11日, ポスター発表
  • Is My Mobile Phone in the Chest Pocket?: Knowing Phone’s Location on the Body
    7th International Conference on Pervasive Computing (Pervasive2009)
    2009年05月11日, ポスター発表
  • Assuring Correct Installation of a Sensor Node Towards Reliable Sensing
    Finnish-Japanese Workshop on Ubiquitous Computing and Urban Lives 2009
    2009年03月09日, その他
  • 格納動作パターンを用いた携帯電話の所有場所判定
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会第21回研究発表会
    2009年03月04日, その他
  • Gaussian Process Person Identifier Based on Simple Floor Sensors
    3rd European Conference on Smart Sensing and Context (EuroSSC2008)
    2008年10月26日, その他
  • Ad-hoc Grouping of Sensor Nodes that Move Together
    Tenth International Conference on Ubiquitous Computing (UBICOMP2008)
    2008年09月22日, ポスター発表
  • An Augmented Book and Its Application
    Second International Workshop on Design and Integration Principles for Smart Objects (DIPSO2008)
    2008年09月21日, その他
  • 動きの近さに基づく複数のモノや人の刹那的なグルーピング
    電子情報通信学会2008ソサイエティ大会
    2008年09月19日, 口頭発表(招待・特別)
  • Case Studies on Augmented Mirrors that reflect Context
    The 14th International Conference on Distributed Multimedia Systems (DMS2008)
    2008年09月06日, その他
  • Experiences on Data Collection Tools for Wearable and Ubiquitous Computing
    The 2nd International Workshop on SensorWebs, Databases and Mining in Networked Sensing Systems (SWDMNSS 2008)
    2008年07月, その他
  • Making Reading Experience Rich with Augmented Book Cover and Bookmark
    8th Asia-Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI2008)
    2008年07月06日, その他
  • An Experience with Augmenting a Mirror as a Personal Ambient Display
    8th Asia-Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI2008)
    2008年07月06日, その他
  • Kuka: An Architecture for Associating an Augmented Artefact with its User using Wearable Sensors
    IEEE International Conference on Sensor Networks, Ubiquitous, and Trustworthy Computing (SUTC2008)
    2008年06月, その他
  • 継続的な携帯電話の所有状態認識システム
    インタラクション2008
    2008年03月, ポスター発表
  • 読書体験を豊かにする紙ベース書籍の拡張
    インタラクション2008
    2008年03月, ポスター発表
  • 生活空間に遍在した意欲継続メディアに関する検討
    第70回情報処理学会全国大会
    2008年03月, 口頭発表(一般)
  • 読書体験の向上に向けた紙ベース書籍のマルチメディア化の試み
    第70回情報処理学会全国大会
    2008年03月, その他
  • 携帯デバイスの帯同状態の連続監視に関する一検討
    第70回情報処理学会全国大会
    2008年03月, その他
  • 体装着型センサによる行動認識に拡張性と信頼性をもたらす基盤システムに関する研究
    第2回共生情報工学シンポジウム
    2008年02月29日, 口頭発表(一般)
  • Approaching Intelligent Environment through Sentient Artefacts
    The 10th International Conference on Computer and Information Technology (ICCIT2007)
    2007年12月, その他
  • A Study on a Correlation Coefficient to Associate an Object with its User
    3rd IET International Conference on Intelligent Environment (IE07)
    2007年09月24日, その他
  • Experiences with Building Intelligent Environments through Sentient Artefacts
    3rd IET International Conference on Intelligent Environment (IE07)
    2007年09月24日, その他
  • Who makes it?: Issues on Initiative in Realizing Sentient Artefacts' World
    1st International Workshop on Design and Integration Principles for Smart Objects
    2007年09月16日, その他
  • RoonRoon: A Wearable Teddy as Social Interface for Contextual Notification
    International Conference and Exhibition on NEXT GENERATION MOBILE APPLICATIONS, SERVICES and TECHNOLOGIES (NGMAST 2007)
    2007年09月13日, その他
  • A Lightweight Indoor Location Model for Sentient Artefacts using Sentient Artefacts
    ACM Symposium on Applied Computing(SAC) 2007
    2007年03月, その他

外部研究資金等

  • 奨学寄附金
    奨学寄附金, 自 2020年, 至 2020年
  • 利用者の積極的な関わりによる携帯機器の帯同場所認識機能の個人化
    奨学寄附金, 自 2018年, 至 2018年
  • 利用者の積極的な関わりによる携帯機器の帯同場所認識機能の個人化
    奨学寄附金, 自 2017年, 至 2017年
  • 身の回りのモノを直接用いたデジタルペインティングによる創造性発揮支援
    奨学寄附金, 自 2015年, 至 2015年
  • 参加型センシングにおける参加促進のためのゲーム要素の導入
    奨学寄附金, 自 2013年, 至 2013年
  • サービスの利便性と動作信頼性向上を目的とした,身体上での所有場所判定が可能な携帯電話の開発
    奨学寄附金, 自 2009年, 至 2009年
  • ゲーミングアプローチによる生活習慣病予防のための情報提供メディアに関する研究?鏡の適用性検証
    奨学寄附金, 自 2007年, 至 2007年

委員歴

  • インタラクション2021
    プログラム委員
    自 202009, 至 202103
  • The International Workshop on HUman Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA2020)
    Program committee member
    自 20200501, 至 20201015
  • International Conference on Pattern Recognition and Artificial Intelligence (PRAI 2020)
    Program committee member
    自 20200115, 至 20200830
  • International DMS Conference on Visualization and Visual Languages (DMSVIVA2020)
    Program committee member
    自 20191228, 至 20200708
  • インタラクション2020
    プログラム委員
    自 20190914, 至 20200311
  • 情報処理学会
    論文誌「ユビキタスコンピューティングシステム(IX)」特集号編集委員
    自 20190913, 至 20201031
  • International Conference on Machine Learning and Networking (MLN2019)
    Program committee member
    自 20190515, 至 20191205
  • International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM2019)
    Program committee member
    自 20190509, 至 20191204
  • The International Workshop on HUman Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA2019)
    Program committee member
    自 20190501, 至 20191015
  • International Conference on Pattern Recognition and Artificial Intelligence (PRAI 2019)
    Program committee member
    自 20190401, 至 20190828
  • International Conference on Intelligent Environments (IE'19)
    Program committee member
    自 20190219, 至 20190627
  • International Conference on Activity and Behavior Computing (ABC2019)
    Program committee member
    自 20181106, 至 20190531
  • International DMS Conference on Visualization and Visual Languages (DMSVIVA2019)
    Program committee member
    自 20181021, 至 20190709
  • 情報処理学会
    論文誌「ユビキタスコンピューティングシステム(VIII)」特集号編集委員
    自 20180913, 至 20191031
  • インタラクション2019
    プログラム委員
    自 20180913, 至 20190308
  • International Conference on Machine Learning and Networking (MLN2018)
    Program committee member
    自 20180702, 至 20181129
  • The International Workshop on HUman Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA2018)
    Program committee member
    自 20180629, 至 20181012
  • 情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会
    運営委員
    自 20180401, 至 20220331
  • 情報処理学会
    ユビキタスコンピューティングシステム研究会運営委員
    自 20180401, 至 20220331
  • International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM2018)
    Program committee member
    自 20180213, 至 20181121
  • International Conference on Smart Systems, and Technologies, Devices (SMART2017)
    Program committee member
    自 2017, 至 2017
  • International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM2017)
    Program committee member
    自 2017, 至 2017
  • International Conference on Intelligent Systems and Applications (INTELLI2017)
    Program committee member
    自 2017, 至 2017
  • International Conference on Smart homes and Health Telematics (ICOST2017)
    Program committee member
    自 2017, 至 2017
  • The International Workshop on HUman Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA2017)
    Program committee member
    自 2017, 至 2017
  • The 23rd International DMS Conference on Visual Languages and Sentient Systems (DMSVLSS)
    Program committee member
    自 2017, 至 2017
  • The 24th IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applications (RTCSA2018)
    Program Co-Chairs
    自 201710, 至 201809
  • The 24th International DMS Conference on Visualization and Visual Languages
    Program committee member
    自 20170925, 至 20180630
  • 情報処理学会
    論文誌「ユビキタスコンピューティングシステム(VII)」特集号編集委員
    自 20170920, 至 20181031
  • 情報処理学会FIT2017実行委員会
    プログラム委員
    自 201701, 至 201709
  • 情報処理学会
    ユビキタスコンピューティングシステム研究会幹事
    自 20140401, 至 20180331
  • 人間活動センシングコンソーシアム
    運営委員
    自 201004, 至 0000

メディア報道

  • ニワトリの福祉の自動定量化の試み
    養鶏の友(雑誌)
    自 2021年08月, 至 2021年08月
  •  
    Prace nad pierwszym etapem rozwi?zania studentka rozpocznie w Japonii, do kt?rej zosta?a zaproszona przez prof. Kaori Fujinami z Tokyo University of Agriculture and Technology. ※ポーランド語記事。視覚障害のある学生のためのデバイス開発の記事で、開発者が本学藤波教授の研究室に招かれたことが紹介される。
    evertiq/naukawpolsce/Puls Biznesu/Net TG Pl
    自 2017年10月18日, 至 2017年10月18日
  • バックグラウンド・センシングによるICT活用が日常生活を変える
    月刊コロンブス2017年4月号
    自 2017年04月, 至 2017年04月

所属学協会

  • 電子情報通信学会
  • IEEE/IEEE Computer Society
    自 2012年12月
  • 人間活動センシングコンソーシアム
    自 2010年04月
  • 情報処理学会
    自 2003年11月

受賞

  • IARIA
    Best paper award
    Customizability in Preventing Loss of Interest in Ambient Displays for Behavior Change
    2022年12月15日
  • 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会
    優秀論文賞
    組み立て作業における視線遷移の特徴に着目した「迷い」の検出と分類法
    2022年09月16日
  • IEEE
    Best Poster Award
    A Framework for Human-centric Personalization of Context Recognition Models on Mobile Devices
    2019年08月07日
  • IEEE
    Excellent Demo! Award (3rd Prize)
    Palco: Printable Avatar System that Realizes Loose Communication between People
    2017年10月26日
  • インタラクティブ発表賞(プログラム委員会推薦)
    任意物体を入力に用いるデジタルペイントシステムの開発と創作体験のユーザ評価
    2017年03月04日
  • インタラクション2017プログラム委員会
    インタラクティブ発表賞(プログラム委員会推薦)
    steaDePhone:安定把持を可能にする 背面形状変化型スマートフォン
    2017年03月04日
  • IEEE GCCE 2015
    Excellent Demo! Award (2nd Prize)
    2015年10月29日
  • Best Paper Award and IEEE Thailand Senior Project Contest 1st Prize
    Recognition of Pointing and Calling for Industrial Safety Management
    2012年04月
  • UCS2009 最優秀論文賞
    Ad-hoc Grouping of Multiple Sensor Nodes based on Similar Movements
    2009年08月25日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.