研究者データベース

佐々木 信光SASAKI Nobumitsuササキ ノブミツ

所属部署名農学研究院 応用生命化学部門
職名准教授
Last Updated :2023/09/17

業績情報

氏名・連絡先

  • 氏名

    ササキ ノブミツ, 佐々木 信光, SASAKI Nobumitsu
  • Fax番号

    042-367-5840
  • eメールアドレス

    chakicc.tuat.ac.jp
  • 個人ホームページ

    https://chaki4.wixsite.com/tuat-sasakinobumitsu

主たる所属・職名

  • 農学研究院 応用生命化学部門, 准教授

その他の所属

  • 准教授
    学術研究支援総合センター 遺伝子実験施設
  • 准教授
    農学府 応用生命化学専攻
  • 准教授
    農学部 応用生物科学科
  • 准教授
    連合農学研究科 応用生命科学専攻

経歴

  • 東京農工大学大学院農学研究院
    准教授
    自 2020年11月01日
  • -
    東京農工大学 学術研究総合支援センター 准教授
    自 2017年08月01日, 至 2020年09月30日
  • -
    東京農工大学 学術研究総合支援センター 助教
    自 2008年04月01日, 至 2017年07月31日
  • -
    東京農工大学 遺伝子実験施設 助教
    自 2007年04月01日, 至 2008年03月31日
  • -
    東京農工大学 遺伝子実験施設 助手
    自 2006年01月01日, 至 2007年03月31日
  • -
    特別研究員 (The Samuel Roberts Noble Foundation)
    自 2002年12月, 至 2005年12月
  • -
    日本学術振興会特別研究員 (京都大学)
    自 2002年04月, 至 2002年12月

学歴

  • 京都大学大学院
    農学研究科
    応用生物科学
    至 2002年03月, 修了, 博士後期
  • 京都大学大学院
    農学研究科
    応用生物科学
    至 1999年03月, 修了, 修士
  • 京都大学
    農学部
    農林生物学科
    至 1997年03月, 卒業

学位

  • 博士(農学)
    京都大学

教育・研究活動状況

  • 植物ウイルスは農作物に病気を引き起こす病原体であり、ウイルスによる病害を効率良く防除することは農作物の安定した供給を行う上で重要な戦略のひとつです。ウイルスの防除に関しては、植物自身がもつ内在性遺伝子を活用した耐病性農作物の作出が有効な手段です。そこで、ウイルス感染に関与する植物因子を同定し、それらの機能や遺伝子発現制御機構を分子レベルで明らかにして、応用に活かす研究の重要性が高まっています。 植物は、ウイルスの侵入に対して様々な抵抗反応を起こし、ウイルスの感染拡大を阻止する機構を備えています。一方で、ウイルスは、植物からの防御反応を回避しつつ、植物の遺伝子産物(ウイルス増殖関連因子)を利用して、ウイルス自身の感染を一細胞から植物全体へと拡大させています。われわれは、分子生物学的、細胞学的、生化学的手法を用いて、植物-ウイルス間の相互作用について、ウイルス抵抗性機構およびウイルス増殖機構の両側面から研究しています。 研究の対象として、(1)タバコの抵抗性遺伝子NおよびN類似遺伝子を用いた抵抗性遺伝子の発現制御機構および抵抗反応における非病原性因子(エリシター)の認識・信号伝達機構の解明(2)トバモウイルスの移行タンパク質(ウイルスの細胞間移行に必須のウイルスタンパク質)と相互作用する宿主遺伝子産物の同定および機能解析(3)ウイルスの増殖関連宿主因子を利用した抵抗性植物の開発といったテーマを中心に、基礎研究・応用研究を進めています。

研究分野

  • A389 環境・農学, A39040 植物保護科学
  • A189 ライフサイエンス, A43010 分子生物学
  • A189 ライフサイエンス, A44030 植物分子、生理科学

研究キーワード

  • ウイルス感染に対する植物の耐病性分子機構の研究
  • 新規の植物ウイルス感染阻害因子の同定および機能解析
  • 植物ウイルス感染の分子機構の研究

研究テーマ

  • マコモタケ形成の分子メカニズムの解明
    自 20220926
  • トバモウイルスの移行タンパク質と相互作用する宿主遺伝子産物の同定および機能解析
    自 9999
  • タバコのウイルス抵抗性遺伝子Nの過敏感応答誘導機構の解析
    自 9999

共同・受託研究希望テーマ

  • マコモタケの効率的な栽培法の開発
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望
  • ウイルス耐性植物の開発
    ウイルス(TMVやCMV等)の移行を阻害する植物因子を利用して、ウイルス感染耐性の野菜・花卉植物の開発を目指す。
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望

担当授業科目

  • 応用生物科学科共通実験II
    2022年, 専門科目等
  • 生物学実験
    2022年, 教養科目等
  • 応用生物科学科専門実験IV
    2022年, 専門科目等
  • 国際応用生命化学1
    2022年, 専門科目等
  • 国際応用生命化学1
    2021年, 専門科目等
  • 応用生物科学科専門実験IV
    2021年, 専門科目等
  • 応用生物科学科共通実験II
    2021年, 専門科目等
  • 生物学実験
    2021年, 教養科目等
  • 【3000010101】 農学基礎ゼミ
    2021年, 教養科目等

科学研究費助成事業

  • 基盤研究(C)
    ウイルス抵抗性遺伝子Nのエリシター応答性におけるイントロンの未知機能の解明
    自 2019年, 至 2021年
  • 挑戦的研究(萌芽)
    植物免疫応答解析における葉面熱流変動測定法の確立と利用
    自 2017年, 至 2018年
  • 基盤研究(C)
    細胞死に依存しない植物抵抗性誘導系を活用したウイルス細胞間移行の抑止機構の研究
    自 2014年, 至 2016年
  • 若手研究(B)
    転写仲介因子を介した植物ウイルスの細胞間移行制御機構の研究
    自 2012年, 至 2013年
  • 基盤研究(C)
    タバコモザイクウイルス抵抗性遺伝子の転写調節と過敏感応答誘導機構の解明
    自 2012年, 至 2012年
  • 基盤研究(C)
    タバコモザイクウイルス抵抗性遺伝子の転写調節と過敏感応答誘導機構の解明
    自 2011年, 至 2011年
  • 基盤研究(C)
    タバコモザイクウイルス抵抗性遺伝子の転写調節と過敏感応答誘導機構の解明
    自 2010年, 至 2010年
  • 若手研究(B)
    ウイルス移行タンパク質と相互作用する植物因子KELPによる感染抑制作用の研究
    自 2008年, 至 2009年
  • 若手研究(スタートアップ)
    植物ウイルス移行タンパク質と相互作用する植物KELPタンパク質の機能解析
    自 2006年, 至 2007年

論文

  • Structural basis for proteolytic processing of Aspergillus sojae α-glucosidase L with strong transglucosylation activity
    Ding, Yifu; Oyagi, Ayako; Miyasaka, Yuki; Kozono, Takuma; Sasaki, Nobumitsu; Kojima, Yuka; Yoshida, Makoto; Matsumoto, Yuji; Yasutake, Nozomu; Nishikawa, Atsushi; Tonozuka, Takashi
    JOURNAL OF STRUCTURAL BIOLOGY
    ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE
    An alpha-glucosidase from Aspergillus sojae, AsojAgdL, exhibits strong transglucosylation activity to produce alpha-1,6glucosidic linkages. The most remarkable structural feature of AsojAgdL is that residues 457-560 of AsojAgdL (designated the NC sequence) is not conserved in other glycoside hydrolase family 31 enzymes, and part of this NC sequence is proteolytically cleaved during its maturation. In this study, the enzyme was expressed in Pichia pastoris, and electrophoretic analysis indicated that the recombinant enzyme, rAsojAgdL, consisted of two polypeptide chains, as observed in the case of the enzyme produced in an Aspergillus strain. The crystal structure of rAsojAgdL was determined in complex with the substrate analog trehalose. Electron density corresponding to residues 496-515 of the NC sequence was not seen, and there were no alpha-helices or beta-strands except for a short alpha-helix in the structures of residues 457-495 and residues 516-560, both of which belong to the NC sequence. The residues 457-495 and the residues 516-560 both formed extra components of the catalytic domain. The residues 457-495 constituted the entrance of the catalytic pocket of rAsojAgdL, and Gly467, Asp468, Pro469, and Pro470 in the NC sequence were located within 4 angstrom of Trp400, a key residue involved in binding of the substrate. The results suggest that the proteolytic processing of the NC sequence is related to the formation of the catalytic pocket of AsojAgdL.
    2022年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 214, 3, 1047-8477, DOI(公開)(r-map)
  • Cell death signaling is competitively but coordinately regulated by repressor-type and activator-type ethylene response factors in tobacco (Nicotiana tabacum) plants
    Ogata T, Tsukahara Y, Ito T, Iimura M, Yamazaki K, Sasaki N, Matsushita Y
    Plant Biol
    WILEY
    Ethylene response factors (ERFs) comprise one of the largest transcription factor families in many plant species. Tobacco (Nicotiana tabacum) ERF3 (NtERF3) and other ERF-associated amphiphilic repression (EAR) motif-containing ERFs are known to function as transcriptional repressors. NtERF3 and several repressor-type ERFs induce cell death in tobacco leaves and are also associated with a defence response against tobacco mosaic virus (TMV). We investigated whether transcriptional activator-type NtERFs function together with NtERF3 in the defence response against TMV infection by performing transient ectopic expression, together with gene expression, chromatin immunoprecipitation (ChIP) and promoter analyses. Transient overexpression of NtERF2 and NtERF4 induced cell death in tobacco leaves, albeit later than that induced by NtERF3. Fusion of the EAR motif to the C-terminal end of NtERF2 and NtERF4 abolished their cell death-inducing ability. The expression of NtERF2 and NtERF4 was upregulated at the early phase of N gene-triggered hypersensitive response (HR) against TMV infection. The cell death phenotype induced by overexpression of wild-type NtERF2 and NtERF4 was suppressed by co-expression of an EAR motif-deficient form of NtERF3. Furthermore, ChIP and promoter analyses suggested that NtERF2, NtERF3 and NtERF4 positively or negatively regulate the expression of NtERF3 by binding to its promoter region. Overall, our results revealed the cell death-inducing abilities of genes encoding activator-type NtERFs, including NtERF2 and NtERF4, suggesting that the HR-cell death signalling via the repressor-type NtERF3 is competitively but coordinately regulated by these NtERFs.
    2022年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 5, 1435-8603, DOI(公開)(r-map), 897, 909
  • Enzymatic and structural characterization of β-fructofuranosidase from the honeybee gut bacterium Frischella perrara
    Kubota A, Kawai R, Li D, Kozono T, Sasaki N, Nishikawa A, Fujii T, Tochio T, Tonozuka T
    Appl Microbiol Biotechnol
    SPRINGER
    Fructooligosaccharide is a mixture of mostly the trisaccharide 1-kestose (GF(2)), tetrasaccharide nystose (GF(3)), and fructosyl nystose (GF(4)). Enzymes that hydrolyze GF(3) may be useful for preparing GF(2) from the fructooligosaccharide mixture. A beta-fructofuranosidase belonging to glycoside hydrolase family 32 (GH32) from the honeybee gut bacterium Frischella perrara (FperFFase) was expressed in Escherichia coli and purified. The time course of the hydrolysis of 60 mM sucrose, GF(2), and GF(3) by FperFFase was analyzed, showing that the hydrolytic activity of FperFFase for trisaccharide GF(2) was lower than those for disaccharide sucrose and tetrasaccharide GF(3). The crystal structure of FperFFase and its structure in complex with fructose were determined. FperFFase was found to be structurally homologous to bifidobacterial beta-fructofuranosidases even though bifidobacterial enzymes preferably hydrolyze GF(2) and the amino acid residues interacting with fructose at subsite - 1 are mostly conserved between them. A proline residue was inserted between Asp298 and Ser299 using site-directed mutagenesis, and the activity of the variant 298P299 was measured. The ratio of activities for 60 mM GF(2)/GF(3) by wild-type FperFFase was 35.5%, while that of 298P299 was 23.6%, indicating that the structure of the loop comprising Trp297-Asp298-Ser299 correlated with the substrate preference of FperFFase. The crystal structure also shows that a loop consisting of residues 117-127 is likely to contribute to the substrate binding of FperFFase. The results obtained herein suggest that FperFFase is potentially useful for the manufacture of GF(2). Key points Frischella beta-fructofuranosidase hydrolyzed nystose more efficiently than 1- kestose. Trp297-Asp298-Ser299 was shown to be correlated with the substrate preference. Loop consisting of residues 117-127 appears to contribute to the substrate binding.
    2022年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 106, 7, 0175-7598, DOI(公開)(r-map), 2455, 2470
  • Acibenzolar-S-methyl-mediated restriction of loading of plantago asiatica mosaic virus into vascular tissues of Nicotiana benthamiana
    Novianti, Fawzia; Sasaki, Nobumitsu; Arie, Tsutomu; Komatsu, Ken
    VIRUS RESEARCH
    ELSEVIER
    Long-distance movement via vascular tissues is an essential step for systemic infection by plant viruses. We previously reported that pre-treatment of Nicotiana benthamiana with acibenzolar-S-methyl (ASM) both suppressed the accumulation of plantago asiatica mosaic virus (PlAMV) in inoculated leaves and delayed the longdistance movement to uninoculated upper leaves. These two effects occurred independently of each other. However, it remained unclear where and when the viral long-distance movement is inhibited upon ASM treatment. In this study, we found that ASM treatment restricted the loading of GFP-expressing PlAMV (PlAMV-GFP) into vascular tissues in the inoculated leaves. This led to delays in viral translocation to the petiole and the main stem, and to untreated upper leaves. We used cryohistological fluorescence imaging to show that ASM treatment affected the viral localization and reduced its accumulation in the phloem, xylem, and mesophyll tissues. A stem girdling experiment, which blocked viral movement downward through phloem tissues, demonstrated that ASM treatment could inhibit viral systemic infection to upper leaves, which occurred even with viral downward movement restricted. Taken together, our results showed that ASM treatment affects the loading of PlAMV-GFP into the vascular system in the inoculated leaf, and that this plays a key role in the ASM-mediated delay of viral long-distance movement.
    2021年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 306, 0168-1702, DOI(公開)(r-map), 198585
  • Oryzapsins, the orthologs of yeast yapsin in Aspergillus oryzae, affect ergosterol synthesis
    Shimizu N, Katagiri T, Matsumoto A, Matsuda Y, Hiroshi Arai, Sasaki N, Abe K, Katase T, Ishida H, Kusumoto K, Takeuchi M, Yamagata Y.
    Appl Microbiol Biotechnol
    2021年11月, 研究論文(学術雑誌), 単独, 105(21-22), 8481-8494
  • Identification of a Proline-Kinked Amphipathic alpha-Helix Downstream from the Methyltransferase Domain of a Potexvirus Replicase and Its Role in Virus Replication and Perinuclear Complex Formation
    Komatsu, Ken; Sasaki, Nobumitsu; Yoshida, Tetsuya; Suzuki, Katsuhiro; Masujima, Yuki; Hashimoto, Masayoshi; Watanabe, Satoru; Tochio, Naoya; Kigawa, Takanori; Yamaji, Yasuyuki; Oshima, Kenro; Namba, Shigetou; Nelson, Richard S.; Arie, Tsutomu
    JOURNAL OF VIROLOGY
    AMER SOC MICROBIOLOGY
    Characterized positive-strand RNA viruses replicate in association with intracellular membranes. Regarding viruses in the genus Potexvirus, the mechanism by which their RNA-dependent RNA polymerase (replicase) associates with membranes is understudied. Here, by membrane flotation analyses of the replicase of Plantago asiatica mosaic potexvirus (PlAMV), we identified a region in the methyltransferase (MET) domain as a membrane association determinant. An amphipathic alpha-helix was predicted downstream from the core region of the MET domain, and hydrophobic amino acid residues were conserved in the helical sequences in replicases of other potexviruses. Nuclear magnetic resonance (NMR) analysis confirmed the amphipathic alpha-helical configuration and unveiled a kink caused by a highly conserved proline residue in the alpha-helix. Substitution of this proline residue and other hydrophobic and charged residues in the amphipathic alpha-helix abolished PlAMV replication. Ectopic expression of a green fluorescent protein (GFP) fusion with the entire MET domain resulted in the formation of a large perinuclear complex, where virus replicase and RNA colocated during virus infection. Except for the proline substitution, the amino acid substitutions in the alpha-helix that abolished virus replication also prevented the formation of the large perinuclear complex by the respective GFP-MET fusion. Small intracellular punctate structures were observed for all GFP-MET fusions, and in vitro high-molecular-weight complexes were formed by both replication-competent and -incompetent viral replicons and thus were not sufficient for replication competence. We discuss the roles of the potexvirus-specific, proline-kinked amphipathic helical structure in virus replication and intracellular large complex and punctate structure formation. IMPORTANCE RNA viruses characteristically associate with intracellular membranes during replication. Although virus replicases are assumed to possess membrane-targeting properties, their membrane association domains generally remain unidentified or poorly characterized. Here, we identified a proline-kinked amphipathic alpha-helix structure downstream from the methyltransferase core domain of PlAMV replicase as a membrane association determinant. This helical sequence, which includes the proline residue, was conserved among potexviruses and related viruses in the order Tymovirales. Substitution of the proline residue, but not the other residues necessary for replication, allowed formation of a large perinuclear complex within cells resembling those formed by PlAMV replicase and RNA during virus replication. Our results demonstrate the role of the amphipathic alpha-helix in PlAMV replicase in a perinuclear complex formation and virus replication and that perinuclear complex formation by the replicase alone will not necessarily indicate successful virus replication.
    2021年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 95, 20, 0022-538X, DOI(公開)(r-map)
  • Oryzapsins, the orthologs of yeast yapsin in Aspergillus oryzae, affect ergosterol synthesis
    Shimizu N, Katagiri T, Matsumoto A, Matsuda Y,  Hiroshi Arai, Sasaki N, Abe K, Katase T, Ishida H, Kusumoto K, Takeuchi M, Yamagata Y
    Appl Microbiol Biotechnol
    2021年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, on line, DOI(公開)(r-map)
  • Cooperative roles of introns 1 and 2 of tobacco resistance gene N in enhanced N transcript expression and antiviral defense responses
    Ikeda C, Taku K, Miyazaki T, Shirai R, Nelson R, Nyunoya H, Matsushita Y, Sasaki N
    Sci Rep
    2021年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 11, DOI(公開)(r-map), 15424
  • Cell-death-independent antiviral response mediated by N resistance factor in Nicotiana benthamiana involves inhibited localization of tobamovirus movement protein to plasmodesmata
    Sasaki, Nobumitsu; Murakami, Tomoya; Yoshimoto, Nanae; Komatsu, Ken; Matsushita, Yasuhiko; Nyunoya, Hiroshi
    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY
    SPRINGER JAPAN KK
    The tobacco N gene encodes the N resistance factor that recognizes a tobacco mosaic virus elicitor called p50 to induce a cell-death-associated hypersensitive reaction, which confines virus infections to local areas. Coexpression of N and p50 cDNAs in Nicotiana benthamiana induces resistance against virus infection without visible cell death. In this study, we examined how this N-mediated resistance in the heterologous plant inhibits virus infection. After inoculation with GFP-encoding tomato mosaic virus (ToMV), plants coexpressing N and p50 had fewer and smaller infection sites as the levels of coexpressed proteins of N and p50 increased. This antiviral response was associated with production of reactive oxygen species but not ion leakage or expression of PR1a (encoding a salicylic acid signaling marker). In addition, it was likely that GFP-tagged movement protein (MP) of ToMV seemed to have failed to localize at plasmodesmata during virus infection in leaves coexpressing N and p50. These findings indicate that the cell death-independent, N-mediated antiviral response in N. benthamiana may involve interference with the intracellular transport function of MP.
    2021年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 87, 3, 1345-2630, DOI(公開)(r-map), 170, 177
  • Aggravation of Food Allergy by Skin Sensitization via Systemic Th2 Enhancement
    Koshiba, Risa; Oba, Takafumi; Fuwa, Arisa; Arai, Katsuhiko; Sasaki, Nobumitsu; Kitazawa, Genki; Hattori, Makoto; Matsuda, Hiroshi; Yoshida, Tadashi
    INTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY
    KARGER
    Background: Recently, the relationship between antigen contact via skin (skin sensitization) and the development of food allergies has gained increasing attention. However, few studies have examined the effects of skin sensitization on healthy skin. Objective: To examine the effect of sensitization in healthy skin on IgE and cytokine production during food allergy development. Methods: The effect of skin sensitization on food allergy was evaluated using DO11.10 mice whose T cells express ovalbumin (OVA)-specific T-cell receptors. OVA was applied to the back skin of mice dehaired by various methods, and then food allergy was induced by providing them with an OVA-containing diet. OVA-specific IgE production in the sera and decreases in body temperature due to anaphylactic reaction were measured as indicators of food allergy. In addition, IL-4 production and proliferation of splenocytes were measured in mice with food allergy after skin sensitization. Results: Skin sensitization in healthy skin increased IgE production and exacerbated anaphylactic symptoms induced by ingesting the antigen. Moreover, skin sensitization enhanced IL-4 production from splenocytes during the onset of food allergy. In contrast, oral tolerance was induced even after establishing skin sensitization. Conclusion: Skin sensitization temporarily exacerbated food allergy by enhancing systemic Th2 responses. These findings will help identify the mechanisms involved in food allergy and help develop treatments.
    2021年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 182, 4, 1018-2438, DOI(公開)(r-map), 292, 300
  • Plant Protein-Mediated Inhibition of Virus Cell-to-Cell Movement: Far-Western Screeining and Biological Analysis of a Plant Protein Interacting with a Viral Movement Protein
    Nobumitsu Sasaki, Yasuhiko Matsushita, Hiroshi Nyunoya
    Methods in Molecular Biology
    Human Press
    2019年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2028, 978-1-4939-9634-6, DOI(公開)(r-map), 123, 144
  • ウイルス防御応答における抵抗性遺伝子Nのイントロンの役割
    佐々木信光・多久和夫・丹生谷博
    植物感染生理談話会論文集(第53号)
    2018年08月, 共同, 53, 27-36
  • Altered Subcellular Localization of a Tobacco Membrane Raft-Associated Remorin Protein by Tobamovirus Infection and Transient Expression of Viral Replication and Movement Proteins
    Sasaki, Nobumitsu; Takashima, Eita; Nyunoya, Hiroshi
    FRONTIERS IN PLANT SCIENCE
    FRONTIERS MEDIA SA
    Remorins are plant specific proteins found in plasma membrane microdomains (termed lipid or membrane rafts) and plasmodesmata. A potato remorin is reported to be involved in negatively regulating potexvirus movement and plasmodesmal permeability. In this study, we isolated cDNAs of tobacco remorins (NtREMs) and examined roles of an NtREM in infection by tomato mosaic virus (ToMV). Subcellular localization analysis using fluorescently tagged NtREM, ToMV, and viral replication and movement proteins (MPs) indicated that virus infection and transient expression of the viral proteins promoted the formation of NtREM aggregates by altering the subcellular distribution of NtREM, which was localized uniformly on the plasma membrane under normal conditions. NtREM aggregates were often observed associated closely with endoplasmic reticulum networks and bodies of the 126K replication and MPs. The bimolecular fluorescence complementation assay indicated that NtREM might interact directly with the MP on the plasma membrane and around plasmodesmata. In addition, transient overexpression of NtREM facilitated ToMV cell-to-cell movement. Based on these results, we discuss possible roles of the tobacco remorin in tobamovirus movement.
    2018年05月15日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 9, 1664-462X, DOI(公開)(r-map)
  • Introns of the tobacco resistance gene N play important roles in elicitor-responsive upregulation and efficient induction of defense responses
    Taku, Kazuo; Sasaki, Nobumitsu; Matsuzawa, Kenta; Okamura-Mukai, Atsushi; Nyunoya, Hiroshi
    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY
    SPRINGER JAPAN KK
    The tobacco resistance gene N is known to be upregulated transcriptionally upon infection with Tobacco mosaic virus or the transient expression of the virus elicitor (termed p50), which is the helicase domain of the virus replicase, leading to cell death-associated defense responses. To investigate the roles of the encoded protein and introns of the N gene in its elicitor-triggered upregulation, we developed an Agrobacterium-mediated transient gene transfer system to express the N transgene controlled by the upstream region of the N gene itself in N-lacking tobacco. The transcript level of the N transgene with the introns was enhanced sharply when the p50 transgene was coexpressed. Introduction of a frameshift mutation in the intron-containing N transgene abolished its response to the elicitor, but an additional expression of the functional N protein supplied in trans complemented the upregulation of the mutant transgene. In contrast, an intron-less N transgene failed to be upregulated by the p50 coexpression, resulting in delayed and attenuated cell death and slow induction of defense-related gene expression. In addition, introduction of a frameshift mutation in the intron-less N transgene resulted in no response to the elicitor even with coexpression of the functional N protein. Our data provide the first evidence for important roles of introns of a resistance gene in elicitor-responsive gene regulation and efficient defense induction.
    2018年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 84, 2, 1345-2630, DOI(公開)(r-map), 73, 84
  • Involvement of programmed cell death in suppression of the number of root nodules formed in soybean induced by Bradyrhizobium infection
    Mei Li, Michiko Yasuda, Hiroko Yamaya-Ito, Masumi Maeda, Nobumitsu Sasaki, Maki Nagata, Akihiro Suzuki, Shin Okazaki, Hitoshi Sekimoto, Tetsuya Yamada, Naoko Ohkama-Ohtsu, Tadashi Yokoyama
    Soil Science and Plant Nutrition
    2017年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 63, 6, DOI(公開)(r-map), 561, 577
  • Mycorrhizal Formation and Diversity of Endophytic Fungi in Hair Roots of Vaccinium oldhamii Miq. in Japan
    Takashi Baba,Dai Hirose, Nobumitsu Sasaki, Naoaki Watanabe, Nobuo Kobayashi, Yuji Kurashige, Fraidoon Karimi,Takuya Ban
    Microbes and Environments
    2016年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 31, 2, DOI(公開)(r-map), 186, 189
  • Transient expression of tobacco BBF1-related Dof proteins, BBF2 and BBF3, upregulates genes involved in virus resistance and pathogen defense
    Nobumitsu Sasaki, Masamichi Matsumaru, Shota Odaira, Atsumi Nakata, Keiko Nakata, Ippei Nakayama, Koya Yamaguchi, Hiroshi Nyunoya
    Physiological and Molecular Plant Pathology
    2015年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 89, DOI(公開)(r-map), 70, 77
  • Recent progress in research on cell-to-cell movement of rice viruses
    Akihiro Hiraguri, Osamu Netsu, Nobumitsu Sasaki, Hiroshi Nyunoya, Takahide Sasaya
    Frontiers in Microbiology, section Virology
    2014年05月, 共同, on line publication, DOI(公開)(r-map)
  • Formation and intracellular movement of cytoplasmic bodies of the tomato mosaic virus 126-kDa replication protein in association with its movement protein
    Nobumitsu Sasaki, Ryuki Shishikura, and Hiroshi Nyunoya
    Journal of General Plant Pathology
    2014年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 80, 3, DOI(公開)(r-map), 272, 281
  • The splice variant Ntr encoded by the tobacco resistance gene N has a role for negative regulation of antiviral defense responses
    Nobumitsu Sasaki, Masumi Takaoka, Shobu Sasaki, Katsuyuki Hirai, Tetsuo Meshi, Hiroshi Nyunoya
    Physiological and Molecular Plant Pathology
    2013年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 84, DOI(公開)(r-map), 92, 98
  • Overexpression of a tobacco Dof transcription factor BBF1 stimulates the transcription of the tobacco mosaic virus resistance gene N and defense-related responses including ROS production
    Mayumi Takano, Md. Ashraful Haque, Shota Odaira, Keiko Nakata, Nobumitsu Sasaki, Hiroshi Nyunoya
    Plant Biotechnology
    2013年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 30, DOI(公開)(r-map), 37, 46
  • Identification of a movement protein of Mirafiori lettuce big-vein ophiovirus
    Hiraguri A, Ueki S, Kondo H, Nomiyama K, Shimizu T, Ichiki-Uehara T, Omura T, Sasaki N, Nyunoya H, Sasaya T.
    Journal of General Virology
    2013年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 94, DOI(公開)(r-map), 1145, 1150
  • Studies on the molecular mechanism of cell-to-cell movement of plant RNA viruses
    Nobumitsu Sasaki
    Journal of General Plant Pathology
    2012年10月, 単独, 78, DOI(公開)(r-map), 423, 424
  • The movement protein encoded by gene 3 of rice transitory yellowing virus is associated with virus particles
    Akihiro Hiraguri, Hiroyuki Hibino, Takaharu Hayashi, Osamu Netsu, Takumi Shimizu, Tamaki Uehara-Ichiki, Toshihiro Omura,Nobumitsu Sasaki, Hiroshi Nyunoya and Takahide Sasaya
    Journal of General Virology
    2012年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 93, DOI(公開)(r-map), 2290, 2298
  • Interference with initial and short-distance cell-to-cell movement of Tomato mosaic virus in transgenic tobacco plants with high expression of BcKELP, a virus movement protein interactor from Brassica campestris
    Nobumitsu Sasaki, Tatsuro Odawara, Shoko Nagai, Kazuma Yoshimura, Yasuhiko Matsushita, Nyunoya
    Physiological and Molecular Plant Pathology
    2012年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 78, DOI(公開)(r-map), 38, 44
  • The nonstructural protein pC6 of rice grassy stunt virus trans-complements the cell-to-cell spread of a movement-defective tomato mosaic virus
    Akihiro Hiraguri • Osamu Netsu • Takumi Shimizu • Tamaki Uehara-Ichiki • Toshihiro Omura • Nobumitsu Sasaki • Hiroshi Nyunoya • Takahide Sasaya
    Archives of Virology
    2011年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 156, 5, DOI(公開)(r-map), 911, 6
  • Characterization and cloning of TMV resistance gene N homologues from Nicotiana tabacum
    Jun-Shan Gao, Yan Meng, Nobumitsu Sasaki, Hiromi Kanegae, Naomi Hayashi, Hiroshi Nyunoya
    African Journal of Biotechnology
    2010年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 9, 47, DOI(公開)(r-map), 7998, 8006
  • Interference with cell-to-cell movement of Tomato mosaic virus by transient overexpression of Arabidopsis thaliana KELP homologs from different plant species
    Nobumitsu Sasaki, Tatsuro Odawara, Masakazu Deguchi, Yasuhiko Matsushita, Hiroshi Nyunoya
    Journal of General Plant Pathology
    2010年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 76, 1, DOI(公開)(r-map), 69, 73
  • Differing requirements for actin and myosin by plant viruses for sustained intercellular movement
    Phillip A. Harries, Jong-Won Park, Nobumitsu Sasaki, Kimberly D. Ballard, Andrew J. Maule, Richard S. Nelson
    Proceedings of National Academy of Sciences of the United States of America
    2009年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 106, 41, DOI(公開)(r-map), 17594, 17599
  • Identification of a Tobacco mosaic virus elicitor-responsive sequence in the resistance gene N
    Md. Ashraful Haque, Nobumitsu Sasaki, Hiromi Kanegae, Seisuke Mimori, Jun-Shan Gao and Hiroshi Nyunoya
    Physiological and Molecular Plant Pathology
    2009年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 73, DOI(公開)(r-map), 101, 108
  • Over-expression of putative transcriptional coactivator KELP interferes with Tomato mosaic virus cell-to-cell movement
    NOBUMITSU SASAKI, TAKUYA OGATA, MASAKAZU DEGUCHI, SHOKO NAGAI, ATSUSHI TAMAI, TETSUO MESHI, SHIGEKI KAWAKAMI, YUICHIRO WATANABE, YASUHIKO MATSUSHITA, HIROSHI NYUNOYA
    Molecular Plant Pathology
    2008年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 10, 2, DOI(公開)(r-map), 161, 173
  • The TIR-NBS but not LRR domains of two novel N-like proteins are functionally competent to induce the elicitor p50-dependent hypersensitive response
    Jun-Shan Gao, Nobumitsu Sasaki, Hiromi Kanegae, Ken-ichi Konagaya, Kaori Takizawa, Naomi Hayashi, Yosuke Okano, Masahiro Kasahara, Yasuhiko Matsushita, Hiroshi Nyunoya
    Physiological and Molecular Plant Pathology
    2007年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 71, 1-3, DOI(公開)(r-map), 78, 87
  • The cysteine-histidine rich region of the central region of the movement protein of Cucumber mosaic virus contributes to plasmodesmal targeting, zinc binding, and pathogenesis.
    Sasaki N, Park J-W, Maule A, and Nelson R
    Virology
    2006年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 349, DOI(公開)(r-map), 396, 408
  • ブロモウイルス感染における宿主特異性決定機構
    三瀬和之, 藤崎恒喜, 佐々木信光, 竹田篤史,岩橋福松,辻修平,海道真典,奧野哲郎
    植物・病原体相互反応における特異性決定機構
    2005年08月, 共同, 41, 101, 110
  • Coat protein-independent cell-to-cell movement of bromoviruses expressing brome mosaic virus movement protein with an adaptation-related amino acid change in the central region.
    Sasaki N, Kaido M, Okuno T, and Mise K.
    Arch Virol.
    2005年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 150, DOI(公開)(r-map), 1231, 1240
  • Natural isolates of Brome mosaic virus with the ability to move from cell to cell independently of coat protein.
    Takeda A, Nakamura W, Sasaki N, Goto K, Kaido M, Okuno T, and Mise K.
    J Gen Virol.
    2005年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 86, DOI(公開)(r-map), 1201, 11
  • Effects of artificial codon changes in the movement protein gene on adaptation of a hybrid bromovirus to cowpea.
    Sasaki N, Kaido M, Okuno T, and Mise K.
    Microbiol Immunol.
    2004年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 48, DOI(公開)(r-map), 131, 135
  • The movement protein gene is involved in the virus-specific requirement of the coat protein in cell-to-cell movement of bromoviruses.
    Sasaki N, Arimoto M, Nagano H, Mori M, Kaido M, Mise K, and Okuno T.
    Arch Virol.
    2003年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 148, DOI(公開)(r-map), 803, 812
  • Site-specific single amino acid changes to Lys or Arg in the central region of the movement protein of a hybrid bromovirus are required for adaptation to a nonhost.
    Sasaki N, Fujita Y, Mise K, and Furusawa I.
    Virology
    2001年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 279, DOI(公開)(r-map), 47, 57

研究発表、招待講演等

  • タバコの膜タンパク質レモリン(NtREM)の細胞膜局在に関わる機能ドメインの解析
    第45回日本分子生物学会年会
    2022年12月, ポスター発表
  • 変異型マップキナーゼキナーゼNtMEK2の遺伝子過剰発現がジャガイモXウイルスの増殖に与える影響の解析
    第46回日本分子生物学会年会
    2022年12月, ポスター発表
  • 細菌とウイルスに対する防御応答におけるDof型転写因子BBF3の異なる役割
    植物植物生理学会
    2022年03月, ポスター発表
  • Dof型転写因子BBF3の過剰発現によるTMVのN抵抗性への影響
    令和4年度日本植物病理学会関東部会
    2022年09月, 口頭発表(一般)
  • エリシターに応答した転写物蓄積とウイルス抵抗性におけるN遺伝子のイントロン1と2の重要性
    令和4年度日本植物病理学会関東部会
    2022年09月, 口頭発表(一般)
  • 東京農工大学で栽培しているマコモダケから分離した黒穂菌の性状解析
    2022年03月, 口頭発表(一般)
  • タバコDof型転写因子BBF3の病害抵抗性への関与
    第63回日本植物生理学会年会
    2022年03月, 口頭発表(一般)
  • タバコのDof型転写因子BBF2を介した病害抵抗性制御機構の解析
    第44回日本分子生物学会年会
    2021年12月02日, ポスター発表
  • ウイルス抵抗性遺伝子Nのイントロンを介した上方発現制御機構の解析
    第44回日本分子生物学会年会
    2021年12月02日, ポスター発表
  • タバコの転写活性化型エチレン応答性因子NtERF1, NtERF2およびNtERF4の異所的遺伝子発現によるタバコ植物での細胞死誘導とウイルス増殖抑制
    第44回日本分子生物学会年会
    2021年12月, ポスター発表
  • ジャガイモXウイルスの細胞間移行に与えるタバコの膜タンパク質NtREMの一過的過剰発現の影響
    令和3年度日本植物病理学会関東部会
    2021年09月21日, 口頭発表(一般)
  • CRISPR/Cas9ゲノム編集によるBBF遺伝子ノックアウトタバコの作製
    令和2年度日本植物病理学会関東部会
    2020年09月28日, 口頭発表(一般)
  • 青枯病菌への抵抗性におけるタバコ DOF 型転写因子 BBF3 の役割
    令和元年度日本植物病理学会関東部会
    2019年09月19日, 口頭発表(一般)
  • タバコの Myb domain protein 92 は N 遺伝子を介したウイルス抵抗性の負の制御に関与 する
    令和元年度日本植物病理学会関東部会
    2019年09月19日, 口頭発表(一般)
  • トマトモザイクウイルスの移行タンパク質とタバコのレモリン膜タンパク質の相互作 用解析
    令和元年度日本植物病理学会関東部会
    2019年09月19日, 口頭発表(一般)
  • タバコの Dof 型転写因子遺伝子 BBF2 の過剰発現は青枯病菌への抵抗性誘導を抑制する
    令和元年度日本植物病理学会関東部会
    2019年09月19日, 口頭発表(一般)
  • ウイルス抵抗性遺伝子 N のイントロン 4 に由来する small RNA の推定標的遺伝子の解析
    平成31年度日本植物病理学会大会
    2019年03月19日, 口頭発表(一般)
  • 過剰発現タバコを用いた Dof 型転写因子 BBF2 の病害抵抗性における機能の解析
    平成31年度日本植物病理学会大会
    2019年03月19日, 口頭発表(一般)
  • ゲノム編集技術によるBBF2およびBBF3遺伝子ノックアウトタバコの作出
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月30日, 口頭発表(一般)
  • ウイルス抵抗性遺伝子Nの選択的ポリアデニル化シグナルの機能解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月29日, 口頭発表(一般)
  • エチレン応答性因子NtERF#208による細胞死誘導の解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月28日, 口頭発表(一般)
  • エチレン応答性因子NtERF5のウイルス増殖抑制効果の解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月28日, 口頭発表(一般)
  • ソラマメもやしの新芽におけるL-DOPAおよび生成遺伝子の解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月28日, 口頭発表(一般)
  • ウイルス抵抗性遺伝子Nのイントロンに由来するsmall RNAの標的候補遺伝子の解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月28日, 口頭発表(一般)
  • イントロンを介した抵抗性遺伝子Nの転写物量調節機構の解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月28日, ポスター発表
  • L-DOPA in Vicia faba sprouts and gene that produce L-DOPA
    4 th International Conference of Asian Allelopathy Society
    2018年09月08日, ポスター発表
  • ウイルス防除応答における抵抗性遺伝子Nのイントロンの役割
    第53回植物感染生理談話会
    2018年08月22日, 口頭発表(招待・特別)
  • ゲノム編集によるBBF転写因子遺伝子ノックアウトタバコの作出
    第53回植物感染生理談話会
    2018年08月21日, ポスター発表
  • エチレン応答性因子NtERF#229の機能改変と細胞死誘導阻害効果の解析
    第53回植物感染生理談話会
    2018年08月21日, ポスター発表
  • 抵抗性遺伝子Nのイントロンによる転写量調節機構の解析
    第53回植物感染生理談話会
    2018年08月21日, ポスター発表
  • 核排除シグナルを付加したウイルス抵抗Nタンパク質の機能解析
    第53回植物感染生理談話会
    2018年08月21日, ポスター発表
  • タバコのウイルス抵抗性遺伝子Nのイントロンは転写物量の増大に関与する
    平成30年度 日本植物病理学会大会
    2018年03月26日, その他
  • トマトモザイクウイルス感染におけるタバコの膜タンパク質NtREMの役割
    平成30年度 日本植物病理学会大会
    2018年03月26日, その他
  • トマトモザイクウイルスの増殖過程におけるタバコの膜タンパク質レモリンの関与
    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)
    2017年12月08日, その他
  • ヒトcaspase-3の発現による植物での細胞死誘導
    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)
    2017年12月07日, ポスター発表
  • BBF2転写因子の抵抗性誘導制御機構の解析
    平成29年度 植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • 植物細胞内でのウイルスの増殖におけるレモリン膜タンパク質(Remorin)の機能解析
    平成29年度 植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • 転写物の蓄積とウイルス感染抑制における抵抗性遺伝子Nのイントロンの役割
    平成29年度 植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • 病害抵抗性誘導におけるBBF3転写因子の誘導機構の解析
    平成29年度 植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • NtERF3 封じ込め効果に関する研究
    平成29年度 植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • オオバコモザイクウイルス複製酵素の両親媒性へリックスへの変異導入によるウイルス複製および膜局在性への影響
    平成29年度 日本植物病理学会大会
    2017年04月27日, 口頭発表(一般)
  • トマトモザイクウイルスの複製タンパク質と移行タンパク質はタバコの膜タンパク質レモリンの凝集体形成を引き起こす
    平成29年度 日本植物病理学会大会
    2017年04月27日, 口頭発表(一般)
  • タバコモザイクウイルスエリシターに対する応答における抵抗性遺伝子Nのタンパク質とイントロンの役割
    平成29年度 日本植物病理学会大会
    2017年04月27日, 口頭発表(一般)
  • ウイルス抵抗性遺伝子N のエリシター応答性転写制御におけるNタンパク質とイントロンの重要性
    第39回日本分子生物学会年会
    2016年12月02日, ポスター発表
  • トマトモザイクウイルス感染はタバコのレモリン膜タンパク質NtREMの細胞内局在を変化させる
    平成28年度 日本植物病理学会 関東部会
    2016年09月29日, 口頭発表(一般)
  • 抵抗性因子Nとタバコモザイクウイルスエリシターの共発現がトマトモザイクウイルス感染を抑制するメカニズムの解析
    平成28年度日本植物病理学会大会
    2016年03月23日, 口頭発表(一般)
  • 一過的遺伝子発現系を利用したウイルス抵抗性遺伝子Nの転写制御機構の解析
    平成28年度日本植物病理学会大会
    2016年03月23日, 口頭発表(一般)
  • タバコモザイクウイルスのヘリカーゼ領域の一過的発現による近縁トバモウイルスに対する感染抑制効果の解析
    第38回日本分子生物学会年会
    2015年12月03日, ポスター発表
  • 形質転換タバコを用いたタバコDof転写因子BBF3の病害抵抗性における機能解析
    第38回日本分子生物学会年会
    2015年12月03日, ポスター発表
  • Molecular mechanisms of plant virus cell-to-cell movement and host defense regulation
    5ta. REUNION ANUAL DE INVESTIGACION DE LA FACULTAD DE AGRONOMIA
    2015年09月16日, 口頭発表(招待・特別)
  • ウイルス抵抗性遺伝子Nのイントロン配列の遺伝子発現およびエリシターによる細胞死誘導における役割
    平成27年度 日本植物病理学会大会
    2015年03月31日, その他
  • 植物ウイルス増殖の分子機構
    植物病理学会100周年記念シンポジウム
    2015年03月28日, 口頭発表(一般)
  • ウイルス抵抗性遺伝子及び防御応答関連遺伝子の転写誘導に関与するタバコの3種のBBF/Dofタンパク質
    第37回日本分子生物学会年会
    2014年11月26日, ポスター発表
  • Functional analysis of tobacco transcription factor BBF1 by using transgenic tobacco plants
    The 3rd Korea-Japan Joint Sympodium
    2014年10月23日, ポスター発表
  • Induction of virus resistance by the transient expression of the tobacco resistance factor N and a tobamovirus elicitor in Nicotiana benthamiana
    The 3rd Korea-Japan Join Sympodium
    2014年10月23日, ポスター発表
  • 形質転換タバコを用いた転写因子BBF1, BBF2およびBBF3の機能解析
    平成26年度 植物感染生理談話会
    2014年08月07日, ポスター発表
  • タバコDof転写因子BBF1, BBF2およびBBF3のウイルスエリシター応答性過敏感細胞死の誘導および防御関連遺伝子発現における機能の比較
    平成26年度 植物感染生理談話会
    2014年08月07日, ポスター発表
  • 細胞死非依存型のウイルス抵抗性誘導系の確立
    平成26年度 植物感染生理談話会
    2014年08月07日, ポスター発表
  • ウイルス抵抗性因子NのスプライシングバリアントNtrが関与する細胞死関連遺伝子の探索
    平成26年度 植物感染生理談話会
    2014年08月07日, ポスター発表
  • THE TRUNCATED PROTEIN NTR ENCODED BY THE TOBACCO RESISTANCE GENE N ACTS AS A NEGATIVE REGULATOR AGAINST THE NORMAL PROTEIN N IN THE DEFENSE RESPONSE
    IS-MPMI2014 XVI International Congress
    2014年07月09日, ポスター発表
  • CYTOPLASMIC BODIES OF THE TOMATO MOSAIC VIRUS 126-KDA REPLICATION PROTEIN MOVE INTRACELLULARLY TOGETHER WITH THE MOVEMENT PROTEIN
    IS-MPMI2014 XVI International Congress
    2014年07月07日, ポスター発表
  • トマトモザイクウイルス移行タンパク質との一過的共発現下における126-kDa複製タンパク質の細胞内局在および動態の解析
    平成26年度 日本植物病理学会大会
    2014年06月04日, 口頭発表(一般)
  • タバコ抵抗性因子Nのスプライスバリアントはウイルスエリシター誘導性の防御応答を負に制御する
    第55回日本植物生理学会年会
    2014年03月19日, ポスター発表
  • タバコDof転写因子BBFタンパク質間相互作用のin vitro解析
    第36回日本分子生物学会年会
    2013年12月05日, ポスター発表
  • タバコ Dof 転写因子 BBF1, BBF2 および BBF3のウイルスエリシター応答性過敏感細胞死の誘導および防御関連遺伝子発現における機能の比較
    第36回日本分子生物学会年会
    2013年12月05日, ポスター発表
  • ウイルス抵抗性遺伝子Nの転写制御因子候補BTF3のクローニングと機能解析
    第36回日本分子生物学会年会
    2013年12月05日, ポスター発表
  • タバコDofタンパク質BBF1の一過的過剰発現時における防御関連遺伝子の発現解析
    平成25年度 日本植物病理学会大会
    2013年03月29日, 口頭発表(一般)
  • 抵抗性因子Nのスプライシングバリアントの一過的過剰発現はエリシター誘導性の過敏感細胞死およびウイルス抵抗性を抑制する
    平成25年度 日本植物病理学会大会
    2013年03月29日, 口頭発表(一般)
  • Involvement of Dof proteins in the transcriptional activation of the tobacco resistance gene N by the tobacco mosaic virus elicitor and its implication for the induction of hypersensitive response
    BIT's 2nd Annual World Congress of Microbe-2012
    2012年07月30日, その他
  • The role of a splice variant product of the virus resistance gene N in the induction of hypersensitive response
    IS-MPMI 2012 XV International Congress
    2012年07月29日, ポスター発表
  • Overexpression of tobacco Dof transcription factor enhances transcriptional activation of the virus resistance gene N and ROS generation
    IS-MPMI 2012 XV International Congress
    2012年07月29日, ポスター発表
  • 我が国においてツツジ科果樹に内生する菌根菌相の解明(第1報)ブルーベリー圃場の土壌の種類が菌相に及ぼす影響
    園芸学会 平成24年度春季大会
    2012年03月29日, その他
  • KELPホモログの一過的過剰発現によるイネウイルスの細胞間移行タンパク質の輸送機能に対する抑制効果
    平成24年度日本植物病理学会大会
    2012年03月29日, 口頭発表(一般)
  • 植物RNAウイルスの細胞間移行の分子機構に関する研究
    平成24年度日本植物病理学会大会
    2012年03月28日, 口頭発表(招待・特別)
  • Transcriptional activation of the N gene and increase of ROS generation by transient overexpression of tobacco Dof protein BBF1
    The 2nd Korea-Japan Joint Symposium
    2012年03月27日, ポスター発表
  • N遺伝子による防御応答におけるタバコDofタンパク質BBF2の機能解析
    第53回日本植物生理学会年会
    2012年03月18日, ポスター発表
  • TMV抵抗性遺伝子Nのスプライシングバリアント産物NtrのHR誘導における役割
    第34回 日本分子生物学会年会
    2011年12月16日, ポスター発表
  • ウイルス抵抗性遺伝子Nを介した過敏感応答の誘導におけるタバコDofタンパク質BBF1の機能解析
    第34回 日本分子生物学会年会
    2011年12月15日, その他
  • Overexpression of a Dof transcription factor accelerates hypersensitive response to the elicitor of Tobacco mosaic virus through the upregulation of the tobacco resistance gene N
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference
    2011年11月30日, その他
  • Virus resistance of transgenic tobacco plants expressing a movment protein-binding protein.
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference
    2011年11月29日, その他
  • タバコ転写因子BBF1の一過的発現はウイルス抵抗性遺伝子Nの転写とTMVエリシターによる過敏感細胞死を促進させる
    平成23年度 日本植物病理学会関東部会
    2011年09月16日, その他
  • The gene 3-encoded cell-to-cell movement protein is a virus structural protein of rice transitory yellowing virus
    XV International Congress of Virology
    2011年09月15日, その他
  • Interfered cell-to-cell movement of Tomato mosaic virus in transgenic tobacco plants over-expressing BcKELP, a binding factor for viral movement proteins.
    XV International Congress of Virology
    2011年09月12日, ポスター発表
  • Transcriptional Transactivation of the Tobacco Resistance Gene N for Tobacco Mosaic Virus through its Own Product N Protein
    BIT's 1st Annual World Congress of Microbes-2011
    2011年08月01日, 口頭発表(一般)
  • 転写共役因子BcKELPを過剰発現する形質転換タバコはトマトモザイクウイルスに対して抵抗性を示す
    平成23年度日本植物病理学会大会
    2011年03月27日, ポスター発表
  • ウイルス抵抗性遺伝子Nのエリシター応答配列におけるタバコDofタンパク質BBF1の認識配列の解析
    平成23年度日本植物病理学会大会
    2011年03月27日, ポスター発表
  • タバコのDofタンパク質BBF1の一過的過剰発現はタバコモザイクウイルス抵抗性遺伝子Nのプロモーターの活性化をもたらす
    平成23年度日本植物病理学会大会
    2011年03月27日, ポスター発表
  • Brassica campestris由来の転写共役因子KELPを過剰発現する形質転換タバコにおける植物ウイルスの細胞間移行の遅延
    第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会
    2010年12月08日, ポスター発表
  • タバコDofタンパク質BBF1と抵抗性遺伝子Nのウイルスエリシター応答配列との結合解析
    第33回日本分子生物学会年回 第83回日本生化学会大会 合同大会
    2010年12月08日, ポスター発表
  • タバコのDofタンパク質BBF1の一過的過剰発現はウイルス抵抗性N遺伝子のプロモーター活性を増強する
    第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会
    2010年12月08日, ポスター発表
  • Tobacco transcription factor Dof proteins mediate the promoter activation of the resistance gene N against Tobacco mosaic virus
    Cold Spring Harbor Asia Conferences
    2010年10月26日, 口頭発表(一般)
  • 植物ウイルスの細胞間移行
    日本植物学会第74回大会
    2010年09月10日, その他
  • Involvement of tobacco transcription factor Dof proteins in the promoter activation of the resistance gene N against Tobacco mosaic virus
    21st International Conference on Arabidopsis Research
    2010年06月07日, ポスター発表
  • Brassica campestris 由来のKELPを過剰発現する形質転換タバコにおけるTomato mosaic virusの細胞間移行の遅延
    平成22年度 日本植物病理学会大会
    2010年04月19日, ポスター発表
  • タバコのDofタンパク質BBF1は抵抗性遺伝子Nのウイルスエリシター応答配列と結合する
    平成22年度 日本植物病理学会大会
    2010年04月19日, ポスター発表
  • タバコモザイクウイルス抵抗性遺伝子Nの転写増強に関与するエリシター応答配列の同定
    平成22年度 日本植物病理学会大会
    2010年04月18日, その他
  • タバコモザイクウイルス抵抗性遺伝子の転写増強に関与するタバコDofタンパク質
    第32回日本分子生物学会年会
    2009年12月09日, ポスター発表
  • Arabidopsis thaliana KELPホモログの一過的過剰発現によるTomato mosaic virusの細胞間移行に対する抑制効果
    第32回日本分子生物学会年会
    2009年12月09日, ポスター発表
  • Interference with Tomato mosaic virus cell-to-cell movement by transient overexpression of Arabidopsis thaliana KELP homologs from different plant species
    The 2009 KSPP Fall Meeting and the 1st Japan-Korea Joint Symposium
    2009年10月29日, ポスター発表
  • Study on the regulation of the elicitor-responsive expression of Tobacco mosaic virus resistance gene N
    動物と植物の免疫系:その共通性と多様性
    2009年09月14日, ポスター発表
  • Elicitor-responsive 20-bp element of the Tobacco mosaic virus resistance gene N
    XIV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions
    2009年07月19日, ポスター発表
  • KELPホモログの一過的過剰発現によるトマトモザイクウイルスの細胞間移行に対する抑制効果
    平成21年度 日本植物病理学会大会
    2009年03月27日, ポスター発表
  • Identification of a cis regulatory element of the Tobacco mosaic virus resistance gene N
    第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会
    2008年12月10日, ポスター発表
  • Overexpression of putative transcriptional coactivator KELP interferes with virus movement
    9th International Congress of Plant Pathology
    2008年08月28日, 口頭発表(一般)
  • Overexpression of putative transcriptional coactivator KELP interferes with virus movement
    9th International Congress of Plant Pathology
    2008年08月27日, ポスター発表
  • Two novel N-like genes encoding functionally competent domains to induce hypersensitive response
    9th International Congress of Plant Pathology
    2008年08月27日, ポスター発表
  • Overexpression of the tobacco NtERF3 gene induces hypersensitive response-like cell death in plants
    XIV. International Congress of Virology
    2008年08月13日, ポスター発表
  • KELPの一過的過剰発現によるトマトモザイクウイルス移行タンパク質の細胞内局在の変化
    平成20年度日本植物病理学会大会
    2008年04月27日, 口頭発表(一般)
  • タバコモザイクウイルス感染時のタバコNtERF3遺伝子の発現解析と一過的過剰発現による過敏感細胞死の誘導
    平成20年度日本植物病理学会大会
    2008年04月27日, 口頭発表(一般)
  • タバコNtERF3遺伝子の一過的過剰発現による植物過敏感細胞死の誘導
    第30回日本分子生物学会年会、第80回日本生化学会大会、合同大会
    2007年12月12日, 口頭発表(一般)
  • タバコのウイルス抵抗性遺伝子(N)とN類似遺伝子のキメラcDNA作製による過敏感応答誘導能の解析
    第30回日本分子生物学会年会、第80回日本生化学会大会、合同大会
    2007年12月12日, 口頭発表(一般)
  • ウイルス抵抗性遺伝子N類似遺伝子の過敏感応答誘導性に関する解析
    平成19年度植物感染生理談話会
    2007年08月, ポスター発表
  • トマトモザイクウイルス移行タンパク質と相互作用するAtKELPの過剰発現によるウイルス移行の抑制
    平成19年度 日本植物病理学会大会
    2007年03月30日, その他
  • タバコモザイクウイルス (TMV) 抵抗性遺伝子産物NおよびN類似タンパク質の機能ドメインの解析
    平成19年度 日本植物病理学会大会
    2007年03月29日, その他
  • Isolation of cDNA clones similar to the virus resistance gene N from Nicotiana tabacum
    Plant Immunity: From MAMPs/PAMPs Recognition to Gene-for-Gene Resistance
    2007年03月12日, ポスター発表
  • Cysteine-histidine rich regionに変異を持つキュウリモザイクウイルス移行タンパク質の機能解析
    平成18年度日本植物病理学会
    2006年06月04日, その他
  • Novel mutations in the movement protein of Cucumber mosaic virus affect its localization at plasmodesmata and virus pathogenicity
    2005年08月, その他
  • Visualization of the movement of Turnip vein clearing virus in Arabidopsis thaliana
    2004年08月, その他
  • Single Amino Acid Changes in the Central Region of Brome mosaic virus Movement Protein Alter the Requirement for Coat Protein in Viral Initial Cell-to-Cell Movement
    2002年07月, その他
  • 組み換え植物RNAウイルスの非宿主への適応に必要とされるコドン変異の偏りの発生機構の解析
    2002年06月, その他
  • 組み換えブロモウイルスの非宿主への適応に必要なコドン変異の偏りの発生機構
    2002年04月, その他
  • The Movement Protein Genes of Bromovirus Determine the Involvement of the Coat Protein Genes in Initial Cell-to-Cell Movement
    2001年07月, その他
  • 非宿主に適応したBrome mosaic virus (BMV)の3a移行蛋白質遺伝子はBMVの宿主範囲に影響を与えない
    2000年10月, その他
  • 非宿主に適応したbrome mosaic virus (BMV) 3a移行蛋白質遺伝子は細胞間移行に外被蛋白質遺伝子を要求しない
    2000年04月, その他
  • The Central Region in the Movement Protein of a Chimeric Bromovirus Is Involved in Viral Long-Distance and Cell-to-Cell Movement
    1999年08月, その他
  • キメラブロモウイルス の移行タンパク質(MP)遺伝子の中央領域における変異が細胞間移行およびMPの蓄積に与える影響
    1999年04月, その他
  • 植物RNAウイルスの組換え体由来の適応変異体に見られるLysまたはArgへの適応変異の特異性に関する解析
    1998年05月, その他
  • 植物RNAウイルス組換え体由来の適応変異体に見られる変異の規則性
    1997年12月, その他
  • RNAウイルスの植物への適応機構の解析ーキメラブロモウイルス由来の適応変異体に見られる変異の規則性についてー
    1997年09月, その他

研究業績(その他の活動)

  • 「大学固有の生物資源を用いた放射性元素除去技術、バイオ肥料・植物保護技術開発」プロジェクト成績検討会での発表
    自 2013年03月18日, 至 2013年03月18日

委員歴

  • 日本植物病理学会
    編集幹事
    自 201801, 至 201912
  • 日本植物病理学会
    学会幹事
    自 200904, 至 201103

所属学協会

  •  
  • 日本植物生理学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本植物病理学会
    自 2009年04月, 至 2011年03月

受賞

  • 日本植物病理学会
    日本植物病理学会論文賞
    Cell-death-independent antiviral response mediated by N resistance factor in Nicotiana benthamiana involves inhibited localization of tobamovirus movement protein to plasmodesmata.
    2023年03月27日
  • 日本植物病理学会
    日本植物病理学会論文賞
    2016年03月21日
  • 日本植物病理学会
    日本植物病理学会学術奨励賞
    2012年03月27日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.