研究者データベース

下村 武史SHIMOMURA Takeshiシモムラ タケシ

所属部署名工学研究院 応用化学部門
職名教授
Last Updated :2023/08/08

業績情報

氏名・連絡先

  • 氏名

    シモムラ タケシ, 下村 武史, SHIMOMURA Takeshi
  • 生年

    1969
  • eメールアドレス

    simocc.tuat.ac.jp
  • 個人ホームページ

    http://www.tuat.ac.jp/~simo/

主たる所属・職名

  • 工学研究院 応用化学部門, 教授

その他の所属

  • 工学部 有機材料化学科
  • 工学府 応用化学専攻

経歴

  • -
    学術振興会・特別研究員
    自 1995年04月, 至 1997年03月
  • -
    東京大学大学院工学系研究科・助手
    自 1997年04月, 至 1999年02月
  • -
    東京大学大学院新領域創成科学研究科・助手
    自 1999年03月, 至 2005年03月

学歴

  • 東京大学
    工学系研究科
    物理工学専攻
    至 1997年, 中退, 博士
  • 東京大学
    工学系研究科
    物理工学専攻
    至 1995年, 修了, 修士
  • 東京大学
    工学部
    物理工学科
    至 1993年, 卒業

学位

  • 博士(工学)
    東京大学

教育・研究活動状況

  •  高分子はナノメートルサイズ(髪の毛の10万分の1)の直径をもった極めて細いひもです。これまで高分子の物性研究の中心は, そのひもが複雑に絡み合ったバルクの性質を調べることにありました。しかし, 「高分子らしさ」を最も反映するであろうひも1本の性質について調べてみたいという欲求に駆り立てられます。近年の著しい顕微鏡の発達は, この可視光の波長よりも細いひもを実際に観察するのみならず, 触って引っ張ることすら可能にしました。そこで電気の流れる高分子(導電性高分子など)を電極につけ, 究極に小さいダイオード・トランジスタ(分子エレクトロニクス)の実現を目指しています。  また, シクロデキストリンと呼ばれる環状のオリゴ糖は自己組織的にその環の内部に他の分子を取り込んだ超分子構造を作ります。例えば, 導電性高分子と混ぜれば, 高分子は取り込まれ, 高分子のまわりが糖で被覆された分子レベルの被覆導線が形成します。このように自己組織化を利用した分子エレクトロニクスのための材料開発も行っています。
    ナノ電極とつないだ分子被覆導線

研究分野

  • A489 ナノテク・材料, A28040 ナノバイオサイエンス
  • A489 ナノテク・材料, A29010 応用物性
  • A489 ナノテク・材料, A30010 結晶工学
  • A489 ナノテク・材料, A35010 高分子化学

研究キーワード

  • 機能性高分子, 導電性高分子, シクロデキストリン, DNA, 電気伝導, FET, ナノ電極

研究テーマ

  • 導電性高分子ナノワイヤ1本のFET特性
    自 2005, 至 2006
  • 分子被覆導線1本の電気物性
    自 1999
  • DNA1本の電気物性
    自 2002
  • 非線形電気複屈折緩和測定装置の開発とソフトマテリアル系への応用
    自 1994

共同・受託研究希望テーマ

  • ナノマテリアルを用いた新規デバイスの開発
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望

担当授業科目

  • 応用化学入門
    2021年, 専門科目等
  • 論文文献購読
    2021年, 専門科目等

科学研究費助成事業

  • 挑戦的研究(萌芽)
    包接解離現象によるイオンゼーベック効果を用いたゲルエネルギーハーベスターの開発
    自 2021年, 至 2022年
  • 挑戦的研究(萌芽)
    導電性高分子発泡体を用いた熱電変換断熱材の開発
    自 2018年, 至 2019年
  • 基盤研究(B)
    導電性高分子ナノファイバーを用いたフレキシブル熱電変換不織布の開発
    自 2016年, 至 2018年
  • 挑戦的萌芽研究
    導電性高分子発泡体を用いた熱電変換デバイスの開発
    自 2015年, 至 2016年
  • 挑戦的萌芽研究
    非相溶水/イオン液体界面の電場応答とアクチュエータ利用
    自 2012年, 至 2012年
  • 基盤研究(B)
    導電性高分子ナノファイバーを用いた熱電変換マイクロモジュールの開発
    自 2011年, 至 2013年
  • 特定領域研究
    ソフトマターのメソスコピック界面ダイナミクスとその応用
    自 2010年, 至 2010年
  • 特定領域研究
    ソフトマターのメソスコピック界面ダイナミクスとその応用
    自 2009年, 至 2009年
  • 基盤研究(B)一般
    導電性ナノファイバー分岐回路網の構築と電気特性
    自 2008年, 至 2010年
  • 特定領域研究
    ソフトマターのメソスコピック界面ダイナミクスとその応用
    自 2008年, 至 2008年
  • 若手研究(A)
    導電性高分子ナノワイヤー1本のFET特性
    自 2005年, 至 2006年
  • 若手研究(A)
    導電性高分子ナノワイヤー1本のFET特性
    自 2005年, 至 2006年
  • 基盤研究(B)一般
    導電性高分子と分子ナノチューブからなる分子被覆導線の電気物性
    自 2001年, 至 2002年
  • 基盤研究(C)一般
    分子被覆導線を用いて配線された分子デバイスの構築とその物性
    自 2000年, 至 2001年
  • 基盤研究(B)一般
    共役系高分子を用いた自己組織型分子被覆導線の電気物性
    自 1999年, 至 2000年
  • 基盤研究(B)一般
    共役系高分子の分子内キャリアダイナミックスの研究
    自 1996年, 至 1997年
  • 基盤研究(B)
    導電性高分子からなる真の熱電エアロゲルに関する研究
    自 2022年, 至 2024年

論文

  • Novel UV-curable Bio-based Polymers Derived from Non-edible Phenolic Biomass
    Kan Kato, Pirada Sudprasert, Hiromu Saito, Takeshi Shimomura, Kenji Ogino, and Shinji Kanehashi
    Chemistry Letters
    日本化学会
    Novel UV-curable bio-based polymers were prepared from cashew nut shell liquid (CNSL), a natural phenol compound, at room temperature via thiol-ene reaction. The physical, thermal, optical, and mechanical properties of UV-cured polymers and the structure-property relationship of these materials were inves-tigated. The resultant UV-cured polymers showed flexibility, transparency with high gloss, thermal resistance, and long-term stability as compared with other CNSL-based polymers. This is because the one step UV-click thiol-ene reaction from trans-parent CNSL-derived monomer proceeded effectively between S-H and C=C of allyl and alkyl sidechains, leading to a much more highly flexible crosslinked structure. This UV-curable bio-based polymer can be very advantageous in application of flexible coating and film.
    2022年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 51, 9, 0366-7022, DOI(公開)(r-map), 906, 909
  • Fabrication, characterization, and thermoelectric propertiesof soft polyurethane foam loaded with semiconducting poly(3-hexylthiophene) nanofibers
    G. Mano, Y. Murasawa,K. Shimamura, A. Iso, S. Kanehashi, T. Shimomura
    Journal of Applied Polymer Science
    Wiley
    A polyurethane foam (PUF) loaded with poly(3-hexylthiophene) (P3HT) nanofibers is fabricated as a thermoelectric (TE) material with low-thermal conductivity. To date, there have been no reports on PUFs loaded with organic fillers, including conducting polymers, exhibiting TE properties. The P3HT nanofibers do not affect the polyurethane foaming reaction and are uniformly dispersed in the PUF. Generally, conductive fillers, including carbon fillers, result in brittle PUFs. However, the PUFs loaded with P3HT nanofibers exhibit mechanical strength and Young's modulus comparable to the PUFs without fillers, and the thickness can be completely restored even after compressing 20 times. Finally, it is confirmed that the PUF loaded with P3HT nanofibers exhibits TE properties, and the Seebeck coefficient is approximately 3 mV K-1, which is comparable to that of the conventional P3HT film reported previously. The soft PUF loaded with P3HT nanofibers can be regarded as a TE material with flexibility, mechanical toughness, and low-thermal conductivity.
    2022年06月15日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 139, 23, 0021-8995, DOI(公開)(r-map), e52354
  • Thermoelectric Properties of Poly(3-hexylthiophene) Nanofiber Aerogels with a Giant Seebeck Coefficient
    Okada, Naoki; Sato, Kohei; Yokoo, Moegi; Kodama, Erina; Kanehashi, Shinji; Shimomura, Takeshi
    ACS APPLIED POLYMER MATERIALS
    AMER CHEMICAL SOC
    Aerogels comprising poly(3-hexylthiophene) (P3HT) nano-fibers dispersed in polystyrene (PS) were fabricated by freeze-drying, doped with iodine vapor, and subjected to thermoelectric property analysis, which revealed that the aerogel structure facilitated quite low thermal conductivity for temperature gradient preservation, while the P3HT nanofiber network percolating the aerogel bulk acted as an effective conductive structure. The highest Seebeck coefficient (S) of >10 mV K-1 was observed at a P3HT/PS mass ratio of 6:94. At low dopant concentrations (i.e., sigma < 10(-5) S cm(-1)), the relationship between S and conductivity (sigma) followed that of nondegenerate polymer semiconductors (S similar to sigma(-1/4)), while at high dopant concentrations (sigma 10(-5) S cm(-1)), the S-sigma relationship followed that of metals or degenerate semiconductors (S similar to sigma(-1)), and cross-over behavior was observed. The giant Seebeck coefficient was ascribed to the unique morphology of the freeze-dried aerogel and the effect of energy filtering. A foam-based energy harvester comprising the P3HT nanofiber aerogel was demonstrated, and a significant induced voltage using a single cell indicated the advantage of P3HT nanofiber aerogels with the giant Seebeck coefficient.
    2021年01月08日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3, 1, 2637-6105, DOI(公開)(r-map), 455, 463
  • Electrical Double Percolation of Polybutadiene/Polyethylene Glycol Blends Loaded with Conducting Polymer Nanofibers
    Morita, Jun; Goto, Takanori; Kanehashi, Shinji; Shimomura, Takeshi
    POLYMERS
    MDPI
    The critical phenomena of double percolation on polybutadiene (PB)/polyethylene glycol (PEG) blends loaded with poly-3-hexylthiophene (P3HT) nanofibers is investigated. P3HT nanofibers are selectively localized in the PB phase of the PB/PEG blend, as observed by scanning force microscopy (SFM). Moreover, double percolation is observed, i.e., the percolation of the PB phase in PB/PEG blends and that of the P3HT nanofibers in the PB phase. The percolation threshold (phi(I)(c)) and critical exponent (t(I)) of the percolation of the PB phase in PB/PEG blends are estimated to be 0.57 and 1.3, respectively, indicating that the percolation exhibits two-dimensional properties. For the percolation of P3HT nanofibers in the PB phase, the percolation threshold (phi(II)(c)) and critical exponent (t(II)) are estimated to be 0.02 and 1.7, respectively. In this case, the percolation exhibits properties in between two and three dimensions. In addition, we investigated the dimensionality with respect to the carrier transport in the P3HT nanofiber network. From the temperature dependence of the field-effect mobility estimated by field-effect transistor (FET) measurements, the carrier transport was explained by a three-dimensional variable range hopping (VRH) model.
    2020年11月11日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 12, 11, DOI(公開)(r-map), 2658(11pages)
  • Thermoelectric properties of PEDOT:PSS aerogel secondary-doped in supercritical CO2 atmosphere with low thermal conductivity
    Yanagishima, Naoya; Kanehashi, Shinji; Saito, Hiromu; Ogino, Kenji; Shimomura, Takeshi
    POLYMER
    ELSEVIER SCI LTD
    A poly (3,4-ethylenedioxythiophene):poly (styrene sulfonate) (PEDOT:PSS) aerogel was fabricated simply by freeze-drying as a thermoelectric (TE) material with low thermal conductivity. Conventional methods used to enhance the electrical conductivity of PEDOT:PSS, such as the addition of a secondary dopant to the dispersion and dipping in a secondary dopant, caused shrinkage and a reduction of the advantageous low thermal conductivity in the case of aerogel. Therefore, we have applied secondary doping in supercritical CO2 (ScCO2) atmosphere to maintain the porous structure of the aerogel so that a temperature gradient can be maintained. The structure and TE performance of PEDOT:PSS aemgels treated with secondary doping by the dipping and ScCO2 methods were investigated. The ScCO2 method caused little shrinkage of PEDOT:PSS aerogel with conductivity improvement by four orders of magnitude. The secondary doping with ScCO2 could be promising method for PEDOT-based TE devices with porous structure.
    2020年10月07日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 206, 0032-3861, DOI(公開)(r-map), 122912 (7pages)
  • Semiconducting Properties of the Hybrid Film of Elastic Poly(styrene-b-butadiene-b-styrene) Block Copolymer and Semiconducting Poly(3-hexylthiophene) Nanofibers
    Goto, Takanori; Morita, Jun; Maekawa, Yuya; Kanehashi, Shinji; Shimomura, Takeshi
    POLYMERS
    MDPI
    We investigated the electrical properties of a composite film loaded with semi-conductive poly(3-hexylthiophene) (P3HT) nanofibers dispersed in poly(styrene-b-butadiene-b-styrene) (SBS). This structure can be regarded as the hybrid of SBS matrix with elastic mechanical properties and P3HT nanofibers with semiconducting properties. The P3HT nanofibers were embedded in the fingerprint pattern of microphase-separated SBS, as observed by scanning force microscopy. Furthermore, the electrical conductivity and field-effect mobility of the composite films were evaluated. The field-effect mobility was estimated to be 6.96 x 10(-3)cm(2)V(-1)s(-1), which is consistent with the results of previous studies on P3HT nanofibers dispersed in an amorphous polymer matrix including poly(methyl methacrylate) and polystyrene, and we found that the P3HT nanofiber network was connected in the SBS bulk matrix. The film was stretchable; however, at elongation by two times, the nanofiber network could not follow the elongation of the SBS matrix, and the conductivity decreased drastically. The field-effect transistor of this film was operated by bending deformation with a radius of curvature of 1.75 cm, though we could not obtain an off-state and the device operated in a normally-on state.
    2020年09月18日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 12, 9, DOI(公開)(r-map), 2118 (11pages)
  • Ionic transport and mechanical properties of slide-ring gel swollen with Mg-ion electrolytes
    Nishino, Haruka; Liu, Chang; Kanehashi, Shinji; Mayumi, Koichi; Tominaga, Yoichi; Shimomura, Takeshi; Ito, Kohzo
    IONICS
    SPRINGER HEIDELBERG
    We applied a slide-ring (SR) gel to a Mg2+ ion gel electrolyte and clarified the electrical and mechanical properties in order to achieve a Mg2+ ion gel electrolyte with both sufficient mechanical strength and high ionic conductivity. The SR gel is made from polyrotaxane, which has a structure that consists of cyclic molecules, alpha-cyclodextrins (CDs), threaded by an axial polymer chain, polyethylene glycol (PEG), and cross-linked by divinyl sulfone. Pure glymes and tetraethylene glycol dimethyl ether (tetraglyme: G4) dissolving Mg2+ ions had no ability to swell the SR gel, whereas diethylene glycol dimethyl ether (diglyme: G2) and triethylene glycol dimethyl ether (triglyme: G3) dissolving Mg2+ ions were able to swell the SR gel. The swelling behavior was strongly dependent on the interaction between Mg2+ ions complexed with glymes and ether oxygens of a PEG-based hydroxypropyl PR (HyPR) network. Upon tensile elongation, SR gel swollen with G3 solution dissolving Mg2+ ions could be extended by 300%, which indicated the unique property of high ductility. The ionic conductivity of SR gel swollen with G3 dissolving Mg2+ ions, which approximately satisfied a Vogel-Tamman-Fulcher (VTF) dependence, was 1.73 mS cm(-1) at room temperature, and the molar conductivity was 67% of that for a pristine G3 solution dissolving Mg2+ ions.
    2020年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 26, 1, 0947-7047, DOI(公開)(r-map), 255, 261
  • 導電性高分子研究の最前線
    下村武史
    化学と教育
    2019年02月20日, (MISC)総説・解説(学術雑誌), 単独, 67, 2, 0386-2151, 86, 89
  • Cyclic Emitter with Tetraphenylsilane and Tetraphenylethene Units Exhibiting Tunable Color Emissions
    Itoi, Hiroaki; Jang, Taehee; Kanehashi, Shinji; Shimomura, Takeshi; Ogino, Kenji
    CHEMISTRY LETTERS
    CHEMICAL SOC JAPAN
    A novel cyclic emitter composed of tetraphenylsilane and tetraphenylethene backbone was successfully synthesized through a convenient homocoupling procedure. The optical and thermal properties of the compound were revealed. Intriguingly, the compound showed different color emissions in solid film, THF solution, and THF/water mixtures. It is assumed that the violet emission was from an isolated component of the emitter, whereas the sky blue and the green emissions were from a crystalline state, and an amorphous state, respectively. The red-shifted emissions were caused by the change of nature of the excitonic coupling.
    2017年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 46, 10, 0366-7022, DOI(公開)(r-map), 1546, 1549
  • Synthesis and properties of a new AIE macrocyclic emitter with triarylamine backbone
    Itoi, Hiroaki; Jang, Taehee; Kanehashi, Shinji; Shimomura, Takeshi; Ogino, Kenji
    TETRAHEDRON LETTERS
    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD
    A new macrocyclic AIE emitter composed of triarylamine backbone was successfully synthesized through convenient homocoupling procedure and easily purified by silica gel column chromatography, and recrystallization. The optical and electrochemical properties of the compound have been investigated. Intriguingly, the compound shows dual emission both 423 nm and 505 nm. This result implied that the violet emission was originated from an isolated component of the emitter, whereas the yellowish green emission simultaneously exhibited AIE nature. The compound exhibits enough thermal stability and high glass transition temperature to be applied for organic devices. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.
    2017年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 58, 36, 0040-4039, DOI(公開)(r-map), 3579, 3582
  • Thermoelectric Properties of Poly(3-Hexylthiophene) Nanofiber Mat with a Large Void Fraction
    Hiura, Shogo; Okada, Naoki; Wakui, Junma; Narita, Hikari; Kanehashi, Shinji; Shimomura, Takeshi
    MATERIALS
    MDPI AG
    The thermoelectric properties of a poly(3-hexylthiophene) (P3HT) nanofiber mat which has higher crystallinity-and thus exhibits larger carrier mobility-than a non-fibrous P3HT film, were investigated. No significant difference was observed in the maximum values of the power factor between the P3HT nanofiber mat and the P3HT film. However, the thermal conductivity of the nanofiber mat was less than half that of the film despite having almost the same electrical conductivity. This higher thermoelectric property of the nanofiber mat than the film is attributed to the existence of highly effective conducting pathways and a large void fraction, and the result means that the nanofiber mat was a good candidate for use as a thermoelectric material.
    2017年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 10, 5, 1996-1944, DOI(公開)(r-map)
  • Ion-Conductive and Elastic Slide-Ring Gel Li Electrolytes Swollen with Ionic Liquid
    Sugihara, Naoki; Nishimura, Kirara; Nishino, Haruka; Kanehashi, Shinji; Mayumi, Koichi; Tominaga, Yoichi; Shimomura, Takeshi; Ito, Kohzo
    ELECTROCHIMICA ACTA
    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD
    We propose using a slide-ring (SR) gel electrolyte to achieve a gel polymer electrolyte with both sufficient mechanical strength and high ionic conductivity. The SR gel is made from polyrotaxane, which has a structure that consists of cyclic molecules, a-cyclodextrins (CDs), threaded by an axial polymer chain, polyethylene glycol (PEG), and cross-linked by divinyl sulfone. The SR gel electrolyte was made from SR gels which were swollen by an electrolyte solution (ES) prepared with lithium salt and 1-ethy1-3methylimidazolium bis(trifluoromethanesulfonyl)imide (EMITFSI). The swelling behavior of SR gel in the ES by the formation of coordination bonds between lithium cations and oxygen atoms on CDs was investigated. The swelling behavior and ionic conductivity of the SR gel swollen with ES had a peak at 0.8 M lithium ion in the ES and the molar conductivity of the SR gel swollen with ES was 85% more than that of pristine ES. The puncture resistance of the SR gel electrolyte was also investigated; the puncture elongation was more than 1000% and the Young's modulus increased with the lithium ion concentration due to an increase in the coordination bonds between lithium cations and the oxygen atoms on CDs. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.
    2017年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 229, 0013-4686, DOI(公開)(r-map), 166, 172
  • Simulation Study of the Effect of the Side-Chain Structure on the Initial Nucleation Process of Polythiophene Derivatives
    Ito, Taiki; Shimomura, Takeshi; Miura, Toshiaki
    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B
    AMER CHEMICAL SOC
    We have investigated the initial nucleation process of polythiophene derivatives by molecular dynamics simulations to elucidate the role of flexible side chains in the crystallization process. We considered poly(3-hexylthiophene) (P3HT), poly(3,3 '''-dihexylquarterthiophene) (PQT6), poly(3-dodecylthiophene) (P3DDT), and poly(3,3 '''-didodecylquaterthiophene) (PQT12), in which the lengths and densities of the alkyl side chains are different. In the case of the short side-chain molecules (P3HT and PQT6), the initial nucleation process is based on the following steps. At the beginning, the thiophene rings align and ordering of the main chains commences shortly afterward. Ordering of the flexible side chains is induced after formation of a stacked structure of rigid main chains. In the case of a long and dense side-chain molecule (P3DDT), the initial nucleation process shows different features. The ordering process of the thiophene rings or main chains becomes very slow, while that of side chains becomes fast. In addition, the local order of the main chains becomes lower than those of P3HT and PQT6. These simulation results reveal that long and dense side chains suppress the nucleation process, whereas long but low-density side chains lead to formation of stacked nuclei in a different manner from those observed for short side-chain molecules.
    2017年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 121, 5, 1520-6106, DOI(公開)(r-map), 1108, 1117
  • 導電性高分子ナノファイバーのコンポジットフィルムを用いたpn接合ダイオードの温度特性
    Morita, Jun; Yagi, Morito; Goro, Takanori; Kanehashi, Shinji; Shimomura, Takeshi
    KOBUNSHI RONBUNSHU
    SOC POLYMER SCIENCE JAPAN
    We fabricated complementary devices with a pn junction between p-type nanofiber/PMMA composite film and n-type nanofiber/PMMA composite film and evaluated the temperature dependence. This full-organic pn junction, fabricated in this study showed rectification, but, as the temperature decreased, the current in forward direction became smaller and the ideal coefficient tended to increase. In addition, the energy gap obtained from the temperature dependence of the reverse saturation current of the fabricated pn junction was influenced by the leakage current in the negative voltage region and the impurity of the dopant to compensate for n-type carrier deficiency, which was very small. Even in the case of using a flexible substrate, this pn junction showed rectifying properties. However, this rectification was lost by bending.
    2017年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 74, 6, 0386-2186, DOI(公開)(r-map), 557, 564
  • Crystallization of Poly(3-hexylthiophene) Nanofiber in a Narrow Groove
    S. Kushi, R. Tsukada, K. Noguchi, T. Shimomura
    Polymers
    2016年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 8, 6, 231 (9pages)
  • Molecular Dynamics Simulation on the Nanofiber Formation of Conducting Polymers in Solutions
    T. Miura, T. Ito, T. Shimomura
    Molecular Crystals and Liquid Crystals
    2016年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 629, 1, 248–253
  • Synthesis and characterization of poly(3-hexylthiophene)-blockpoly(dimethylsiloxane) for photovoltaic application
    Kousuke Tsuchiya, Kenji Ando, Takeshi Shimomura, Kenji Ogino
    Polymer
    2016年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 92, 125, 132
  • Semiconducting properties of p- and n-type organic nanofiber/poly(methyl methacrylate) composite films for film rectifier
    M. Yagi, N. Ito, M. Kawasaki, T. Shimomura
    Synthetic Metals
    2016年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 213, 1–6
  • 導電性ナノファイバー
    下村武史
    工業材料
    2015年10月, 単独, 63, 10, 68–72
  • Ionic Conductivity and Mechanical Properties of Slide-Ring Gel Swollen with Electrolyte Solution Including Lithium Ions
    N. Sugihara, Y. Tominaga, T. Shimomura and K. Ito
    Electrochimica Acta
    2015年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 169, 433–439
  • Transparent Conductive Films Fabricated from Polythiophene Nanofibers Composited with Conventional Polymers
    Borjigin Aronggaowa, Yuriko Toda, Noriyuki Ito, Kazuhiro Shikinaka and Takeshi Shimomura
    Polymemrs
    2013年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 5, 4, 1325, 1338
  • Thin, transparent conductive films fabricated from conducting polymer nanofibers
    B. Aronggaowa, M. Kawasaki, T. Shimomura
    Polymer Journal
    2013年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 45, 8, 819, 823
  • Insulator surface modification of field-effect transistor using isolated poly(3-hexylthiophene) nanofiber
    T. Miki, Y. Murasawa, B. Aronggaowa, Y. Ota, S. Heike, T. Hashizume and T. Shimomura
    Synthetic Metals
    2013年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 75, 200, 204
  • Simulation Study of the Initial Crystallization Processes of Poly(3-hexylthiophene) in Solution: Ordering Dynamics of Main Chains and Side Chains
    Y. Takizawa, T. Shimomura, T. Miura
    The Journal of Physical Chemistry B
    2013年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 117, 20, 6282–6289
  • Polyfluorene-Polytriarylamine Block Copolymer as an Additive for Electroluminescent Devices Based on Polymer Blends
    M. Jahanfar, Y. Tan, K. Tsuchiya, T. Shimomura, K. Ogino
    Open Journal of Organic Polymer Materials
    2013年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3, 2, 41, 45
  • 導電性高分子単一ナノワイヤの電気物性
    太田豊、下村武史
    日本画像学会誌
    2013年03月, 共同, 52, 1, 34–42
  • Ionic Conduction of Slide-Ring Gel Swollen with Ionic Liquids
    T. Moriyasu, T. Sakamoto, N. Sugihara, Y. Sasa, Y. Ota, T. Shimomura, Y. Sakai, K. Ito
    Polymer
    2013年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 54, 5, 1490–1496
  • 導電性高分子ナノファイバーの構造形成とFET評価
    下村武史、阿栄高娃
    表面
    2012年12月, 共同, 50, 12, 434–443
  • Synthesis and Characterization of Triarylamine-Based Block Copolymers by Combination of C-N Coupling and ATRP for Photorefractive Applications
    Z. Cao, K. Tsuchiya, T. Shimomura, K. Ogino
    Open Journal of Organic Polymer Materials
    2012年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2, 53–62
  • Microscopic conduction pathways of poly(3-hexylthiophene) nanofibers embedded in polymer film
    K. Yoshida, M. Kawasaki, Y. Toda, S. Yamashita, T. Shimomura
    Polymer Journal
    2012年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 44, 5, 371–374
  • Convenient Fabrication of Fine Electrodes for Electric Measurement of Nanofibers by Nanoimprint Lithography
    H. Iwai, K. Yoshida, S. Heike, T. Hashizume, and T. Shimomura
    Japanese Journal of Applied Physics
    2012年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 51, 3, 030204, 1-3
  • Synthesis of Diblock Copolymer Consisting of Poly(4-butyltriphenylamine) and Morphological Control in Photovoltaic Application
    K. Tsuchiya, T. Kikuchi, M. Songeun, T. Shimomura and K. Ogino
    Polymers
    2011年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3, 1051, 1064
  • ファイバー構造から広がる導電性高分子のナノエレクトロニクス
    下村武史, 佐光貞樹
    高分子
    2011年07月, 共同, 60, 7, 461, 462
  • Annealing Effect on Performance and Morphology of Photovoltaic Devices Based on Poly(3-hexylthiophene)-b-Poly(ethylene oxide)
    Z. Gu, T. Kanto, K. Tsutiya, T. Shimomura and K. Ogino
    Journal of Polymer Science A: Polymer Chemistry
    2011年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 49, 12, 2645, 2652
  • Relationship between structural coherence and intrinsic carrier transport in an isolated poly(3-hexylthiophene) nanofiber
    T. Shimomura, T. Takahashi, Y. Ichimura, S. Nakagawa, K. Noguchi, S. Heike and T. Hashizume
    Physical Review B
    2011年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 83, 11, 115314, 1-10
  • Synthesis and Characterization of Poly(3-hexylthiophene)-b-Polystyrene for Photovoltaic Application
    Z. Gu, Y. Tan, K. Tsuchiya, T. Shimomura and K. Ogino
    Polymers
    2011年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 3, 558, 570
  • Field-Effect Carrier Transport in Poly(3-alkylthiophene) Nanofiber Networks and Isolated Nanofibers
    S. Samitsu, T. Shimomura, S. Heike, T. Hashizume and K. Ito
    Macromolecules
    2010年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 43, 19, 7891, 7894
  • 導電性高分子ナノファイバーのトポロジー制御と電子性キャリアの輸送現象
    下村武史
    機能材料
    2010年07月, 単独, 30, 7, 44, 49
  • Charge transporting block copolymer for morphological control in light emitting device based on polymer blends
    K. Tsuchiya, K. Sakaguchi, A. Kawakami, H. Taka, H. Kita, T. Shimomura and K. Ogino
    Synthetic Metals
    2010年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 160, 15-16, 1679, 1682
  • Photoluminescent Liquid Crystals Based on Trithienylphosphine Oxides
    M. Kimura, T. Hatano, T. Yasuda, J. Morita, Y. Akama, K. Minoura, T. Shimomura and T. Kato
    Chemistry Letters
    2009年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 38, 8, 800, 801
  • Supramolecular structure of columnar liquid crystalline pi-conjugated oligothiophenes with highly polarized photoluminescence properties
    K. Minoura, Y. Akama, J. Morita, T. Yasuda T. Kato and T. Shimomura
    Journal of Applied Physics
    2009年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 105, 11, 113513, 1-6
  • Photoinduced Electron Transfer in Nanostructured Assemblies of Layered Semiconducting Oxide and Methylviologen: Effect of the Location of Acceptor Molecules
    T. Nakato, H. Edakubo and T. Shimomura
    Microporous & Mesoporous Materials
    2009年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 123, 1-3, 280, 288
  • Conductivity Measurement of Single Nanowire Obtained by Dehydrofluorination of Nanofibrils of PVdF
    H. Ichihara, T. Shimomura and K. Ito
    Japanese Journal of Applied Physics
    2009年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 48, 3, 030213, 1-2
  • pi-Conjugated Oligothiophene-Based Polycatenar Liquid Crystals: Self-Organization and Photoconductive, Luminescent, and Redox Properties
    T. Yasuda, H. Ooi, J. Morita, Y. Akama, K. Minoura, M. Funahashi, T. Shimomura and T. Kato
    Advanced Functional Materials
    2009年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 19, 3, 411, 419
  • Preparation of diblock copolymer based on poly(4-n-butyltriphenylamine) via palladium coupling polymerization
    Kousuke Tsuchiya, Takeshi Shimomura, Kenji Ogino
    Polymer
    2009年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 50, 1, 95, 101
  • Adsorption Behavior of Coumarin onto a Concaved Substrate in Water under an Electric Field
    K. Yoshida, Y. Masuda, Y. Sakai and T. Shimomura
    Journal of the Electrochemical Society
    2009年01月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 156, 1, D1, D4
  • Effective Production of Poly (3-alkylthiophene) Nanofibers by means of Whisker Method using Anisole Solvent: Structural, Optical, and Electrical Properties
    S. Samitsu, T. Shimomura, S. Heike, T. Hashizume and K. Ito
    Macromolecules
    2008年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 41, 21, 8000, 8010
  • Synthesis of a Molecular Tube in Dimethyl Sulfoxide and Its Inclusion Complexation Behavior with Poly(ethylene oxide-ran-propylene oxide)
    S. Samitsu, J. Araki, T. Shimomura and K. Ito
    Macromolecules
    2008年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 41, 14, 5385, 5392
  • Nanofiber preparation by whisker method using solvent-soluble conducting polymers
    S. Samitsu, T. Shimomura and K. Ito
    Thin Solid Films
    2008年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 516, 9, 2478, 2486
  • 高分子1本の導電性を測る
    下村武史、佐光貞樹、伊藤耕三
    現代化学
    2007年12月, 共同, 441, 17, 23
  • Chemical Adsorption of Poly(3-alkylthiophene) on Au Using Self-Assembling Technique
    T. Iida, Y. Sakai, T. Shimomura, T. Nakamura and K. Ito
    Japanese Journal of Applied Physics
    2007年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 46, 46, L1126, L1128
  • Dielectric relaxation of liquid-crystalline polyrotaxane
    A. Inomata, H. Ishibashi, T. Nakajima, Y. Sakai, M. Kidowaki, T. Shimomura and K. Ito
    Europhysics Letters
    2007年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 79, 6, 66004–1–66004, 4
  • 導電性高分子ナノワイヤー
    下村武史
    化学と教育
    2007年03月, 単独, 55, 3, 122, 123
  • Electrical Conductivity Measurement of DNA Double-Stranded Chains by ‘‘One-by-One’’ Cutting Method Using Atomic Force Microscopy
    A. Inomata, T. Shimomura, S. Heike, M. Fujimori, T. Hashizume and K. Ito
    Journal of the Physical Society of Japan
    2006年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 75, 7, 074803–1–074803–4
  • 導電性ナノファイバー
    下村武史, 佐光貞樹
    高分子
    2006年03月, 共同, 55, 3, 134, 137
  • Dependence of electrical conductivity of DNA on the double helical structure
    A. Inomata, T. Shimomura, S. Heike, M. Fujimori, T. Hashizume and K. Ito
    Transaction of the Material Research Society of Japan
    2006年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 31, 2, 257–260
  • Electroactive supramolecular self-assembled fibers comprising doped tetrathiafulvalene -based gelators
    T. Kitamura, S. Nakaso, N. Mizoshita, Y. Tochigi, T. Shimomura, M. Moriyama, K. Ito and T. Kato
    Journal of the American Chemical Society
    2005年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 127, 42, 14769, 14775
  • Conductivity measurements of PEDOT nanowires on nanoelectrodes
    S. Samitsu, T. Iida, M. Fujimori, S. Heike, T. Hashizume, T. Shimomura and K. Ito
    Synthetic Metals
    2005年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 152, 1-3, 197, 500
  • Conductivity measurement of insulated molecular wire formed by molecular nanotube and polyaniline
    T. Shimomura, T. Akai, M. Fujimori, S. Heike, T. Hashizume and K. Ito
    Synthetic Metals
    2005年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 153, 1-3, 497, 500
  • DNA二重らせん鎖の電気伝導
    下村武史, 猪野又葵, 伊藤耕三
    バイオインダストリー
    2005年06月, 共同, 22, 6, 18, 24
  • Conductivity measurement of indivisual poly(3,4-ethylendioxythiophene)/poly(styrenesulfonate) nanowires on nanoelectrodes using manipulation with an atomic force microscope
    S. Samitsu, T. Shimomura, K. Ito, M. Fujimori, S. Heike, T. Hashizume
    Applied Physics Letters
    2005年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 86, 23, 233103, 1-233103-3
  • SPMを用いた卓上微細加工装置とその応用
    藤森正成, 石橋雅義, 加藤美登里, 平家誠嗣, 下村武史, 伊藤耕三, 橋詰富博
    精密工学会誌
    2005年03月, 単独, 71, 366, 315-318
  • Two-step phase transition in self-assembled glycolipid nanotube
    T. Shibayama, S. Kamiya, B. Yang, T. Shimomura, K. Ito and T. Shimizu
    Transactions of the Material Research Society of Japan
    2005年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 30, 2, 369, 371
  • Immobilization of molecular tubes on self-assembled monolayers of β-cyclodextrin and dodecanethiol inclusion complexes
    S. Samitsu, T. Shimomura, K. Ito, M. Hara
    Applied Physics Letters
    2004年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 85, 17, 3875, 3877
  • 走査プローブ微細加工法による極微細電極の調整と高分子ナノワイヤの電気伝導度測定
    橋詰富博、藤森正成、平家誠嗣、石橋政義、下村武史、伊藤耕三、寺田康彦、三木一司、奈良純、大野隆央、水関博志、川添良幸
    ナノ学会会報
    2004年09月, 共同, 3, 1, 29, 34
  • Self-assembled hexa-peri-hexabenzocoronene graphitic nanotube
    J. P. Hill, W. Jin, A. Kosaka, T. Fukushima, H. Ichihara, T. Shimomura, K. Ito, T. Hashizume, N. Ishii, T. Aida
    Science
    2004年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 304, 5676, 1481, 1483
  • 超分子構造を用いた分子被覆導線
    下村武史, 赤井智紀, 伊藤耕三, 橋詰富博
    応用物理
    2003年12月, 共同, 72, 12A, 1509-1515
  • 分子配線材料としての導電性高分子
    下村武史, 伊藤耕三
    化学
    2003年09月, 共同, 58, 9, 52-53
  • Nanostructures formed by combination of nanotube and polymer chain
    K. Ito, T. Shimomura, Y. Okumura
    Macromolecular Symposia
    2003年09月, 共同, 201, 103, 110
  • Fabrication of four-probe fine electrodes using scanning-probe nanofabrication
    T. Akai, T. Abe, T. Shimomura, M. Kato, M. Ishibashi, S. Heike, B. -K. Choi, T. Hashizume, K. Ito
    Japanese Journal of Applied Physics
    2003年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 42, 7B, 4764, 4766
  • HCl-doping of insulated molecular wire formed by emeraldine base polyanilene and molecular nanotube
    T. Akai, T. Abe, T. Shimomura, K. Ito
    Synthetic Metals
    2003年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 135, 1-3, 777, 778
  • 導電性ポリマーとシクロデキストリンによるナノテクノロジー用被覆導線実現
    下村武史, 伊藤耕三, 水関博志, R. Belosludov, A. Farajian, H. Chen, 川添良幸
    ナノ学会会報
    2003年03月, 共同, 1, 2, 67-71
  • Circular dichroism study of the inclusion-dissociation behavior of complexes between a molecular nanotube and azobenzene substituted linear polymers
    T. Shimomura, T. Funaki, K. Ito, B. -K. Choi, T. Hashizume
    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry
    2002年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 44, 1-4, 275, 278
  • 分子ナノチューブを用いた分子被覆導線
    下村武史, 赤井智紀, 伊藤耕三, 加藤美登里, 石橋雅義, 平家誠嗣, 橋詰富博
    表面科学
    2002年10月, 共同, 23, 10, 634, 640
  • Frequency domain electric birefringence study of water-in-oil microemulsion droplets
    T. Shimomura, K. Ito
    Collods and Surfaces A-Physicochemical and Engineering Aspects
    2002年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 209, 2-3, 281, 287
  • Fabrication process of fine electrodes using shadow mask evaporation and tip-induced local oxidation
    T. Akai, T. Abe, M. Ishibashi, M. Kato, S. Heike, T. Shimomura, M. Okai, T. Hashizume, K. Ito
    Japanese Journal of Applied Physics
    2002年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 41, 7B, 4883, 4886
  • ポリマー性超分子:環状分子を用いた高分子のナノ構造制御
    伊藤耕三, 下村武史, 奥村泰志
    物理学会誌
    2002年05月, 共同, 57, 5, 321-329
  • Atomic force microscopy observation of insulated molecular wire formed by conducting polymer and molecular nanotube
    T. Shimomura, T. Akai, T. Abe, K. Ito
    Journal of Chemical Physics
    2002年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 116, 5, 1753, 1756
  • Manipulation of insulated molecular wire with atomic force microscope
    T. Akai, T. Abe, T. Shimomura, K. Ito
    Japanese Journal of Applied Physics
    2001年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, 12A, L1327, L1329
  • Temperature dependence of inclusion-dissociation behavior between molecular nanotubes and linear polymers
    M. Saito, Y. Okumura, T. Shimomura, K. Ito, R. Hayakawa
    Journal of Chemical Physics
    2001年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 114, 1, 1, 3
  • 極小の輪がひも状分子の潜在能力を呼覚ます
    伊藤耕三, 下村武史, 奥村泰志
    現代科学
    2001年09月, 共同, 366, 55, 59
  • 分子ナノチューブを用いた超分子の構造と機能
    伊藤耕三, 下村武史, 奥村泰志
    機能材料
    2001年08月, 共同, 21, 9, 51-57
  • Inclusion-dissociation behavior between non-ionic surfactants and molecular nanotubes in aqueous solution
    T. Funaki, T. Shimomura, Y. Okumura, K. Ito
    Kobunshi Ronbunsyu
    2001年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 58, 6, 299, 303
  • Insulation effect of an inclusion complex formed by polyaniline and β-cyclodextrin in solution
    T. Shimomura, K. Yoshida, K. Ito, R. Hayakawa
    Polymer for Advanced Technology
    2000年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 11, 8-12, 837, 839
  • 導電性高分子とシクロデキストリンを用いた分子被覆導線
    下村武史, 伊藤耕三
    高分子加工
    2000年08月, 単独, 19, 8-12, 361, 365
  • Inclusion behavior between molecular nanotubes and linear polymer chains in aqueous solutions
    E. Ikeda, Y. Okumura, T. Shimomura, K. Ito, R. Hayakawa
    American Institute of Physics, Journal of Chemical Physics
    2000年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 112, 9, 4321, 4325
  • 分子被覆導線
    伊藤耕三, 下村武史
    化学と工業
    1999年09月, 共同, 52, 9, 1170, 1173
  • Relation between intra-chain conduction and main-chain conformation of conducting polymers in solutions as studied by electric birefringence spectroscopy
    T. Shimomura, Y. Kimura, K. Ito, R. Hayakawa
    Collods and Surfaces A-Physicochemical and Engineering Aspects
    1999年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 148, 1-2, 155, 162
  • Two dimensional spectroscopy of electric birefringence relaxation in frequency domain: Measurement method for second-order nonlinear after-effect function
    K. Hosokawa, T. Shimomura, H. Frusawa, Y. Kimura, K. Ito, R. Hayakawa
    Journal of Chemical Physics
    1999年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 110, 8, 4101, 4108
  • Inclusion complex formation of cyclodextrin and polyaniline
    K. Yoshida, T. Shimomura, K. Ito, R. Hayakawa
    Langmuir
    1999年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 15, 4, 910, 913
  • Electrochromism of polyaniline in solution as studied by frequency-domain electric birefringence
    T. Shimomura, Y. Kimura, K. Ito, R. Hayakawa
    Reports on Progress in Polymer Physics in Japan
    1997年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, 381, 384
  • Inclusion complex formation between polyethylene glycol chains and molecular nanotubes in aqueous solutions
    Y. Okumura, E. Ikeda, T. Shimomura, K. Ito, R. Hayakawa
    Reports on Progress in Polymer Physics in Japan
    1997年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 40, 95, 98
  • Frequency-domain electric birefringence spectra of conducting polymers
    T. Shimomura, Y. Kimura, K. Ito, R. Hayakawa, S. Hotta
    Synthetic Metals
    1995年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 69, 1-3, 689, 690
  • Intrachain conduction and main-chain conformation of conducting polymer as studied by frequency-domain electric birefringence spectroscopy
    T. Shimomura, H. Sato, H. Furusawa, Y. Kimura, H. Okumoto, K. Ito, R. Hayakawa, S. Hotta
    Physical Review Letters
    1994年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 72, 13, 2073-2076
  • Temperature dependence of intrachain conduction of poly(3-hexylthiophene) by frequency-domain electric birefringence spectroscopy
    T. Shimomura, Y. Kimura, H. Okumoto, K. Ito, R. Hayakawa
    Reports on Progress in Polymer Physics in Japan
    1994年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 37, 447-450

著書

  • 導電性制御および最新応用展開
    導電性高分子のトランジスタや熱電変換等のソフトデバイスへの応用
    技術情報協会
    2021年12月24日
  • 基礎高分子科学 第二版
    高分子学会
    高分子の電気的性質
    東京化学同人
    2020年01月28日
  • 要説高分子材料化学
    米澤宣行、相川俊一、石井茂、岩田薫、尾池秀章、下村武史、吉田泰彦
    三共出版
    2015年02月
  • 導電性ポリマー材の高機能化と用途開発最前線・導電性高分子単一ナノファイバーの電気物性
    下村武史
    シーエムシー
    2014年06月
  • 高分子の構造と物性
    [1] 松下裕秀、佐藤尚弘、金谷利治、伊藤耕三、渡辺宏、田中敬二、下村武史、井上正志
    講談社
    2013年05月
  • PEDOTの材料物性とデバイス応用
    下村武史、佐光貞樹、伊藤耕三
    サイエンス&テクノロジー
    2012年03月
  • 現代表面化学シリーズ・表面新物質創成
    下村武史、伊藤耕三
    共立出版
    2011年09月
  • 基礎高分子科学演習編
    高分子学会
    東京科学同人
    2011年07月
  • 生物に学び新しいシステムを創る(2)・生物に学び分子でつくる電気回路
    下村武史
    博友社
    2008年04月
  • 最新 導電性高分子 全集・分子配線材料としての導電性高分子の要求特性と実用例
    下村武史
    技術情報協会
    2007年12月
  • 有機エレクトロニクスにおける分子配向技術・分子被覆導線の電子機能と集積化
    下村武史
    シーエムシー
    2007年04月
  • 進化する有機半導体・分子被覆導線の電気物性
    下村武史, 伊藤耕三
    エヌティーエス
    2006年03月
  • Nonlinear Dielectric Phenomena in Complex Liquids・Measurement method of electric birefringence spectrum in frequency domain
    T. Shimomura, Y. Kimura, K. Ito, R. Hayakawa
    Kluwer Academic Publishers
    2004年09月
  • 界面・コロイドナノテクノロジー分子エレクトロニクスナノ分析・分子エレクトロニクス:分子素子を創って組み上げる(溶液中で組み上げる)
    伊藤耕三, 下村武史
    丸善
    2004年03月
  • Advanced Macromolecular and Supramolecular Materials and Processes・Structure and function of polymeric inclusion complex of molecular nanotubes and polymer chains
    K. Ito, T. Shimomura, Y. Okumura
    Kluwer Academic Publishers
    2002年01月

研究発表、招待講演等

  • PEDOT-セルロース複合体の作製と電気物性評価
    第71回高分子討論会
    2022年09月06日, ポスター発表
  • シクロデキストリンポリマーの包接解離平衡を利用したイオン 熱電効果
    第71回高分子討論会
    2022年09月06日, ポスター発表
  • P3HT ナノファイバー凍結乾燥体のキャリア種と熱電特性の 相関
    第71回高分子討論会
    2022年09月05日, ポスター発表
  • 超臨界乾燥によるPEDOT:PSSエアロゲルの多孔性および熱 電特性評価
    第71回高分子討論会
    2022年09月05日, ポスター発表
  • 超臨界乾燥によるPEDOT:PSSエアロゲルの多孔性および熱電特性評価
    2022年繊維学会年次大会
    2022年06月09日, ポスター発表
  • P3HTナノファイバーを用いたソフトアクチュエータの開発
    2022年繊維学会年次大会
    2022年06月09日, ポスター発表
  • シクロデキストリンポリマーの包接解離平衡を利用したイオン熱電効果
    2022年繊維学会年次大会
    2022年06月08日, ポスター発表
  • P3HTナノファイバー凍結乾燥体のキャリア種と熱電特性の相関
    2022年繊維学会年次大会
    2022年06月08日, ポスター発表
  • MEH-PPV/SBSコンポジットフィルムの蛍光特性
    2022年繊維学会年次大会
    2022年06月08日, ポスター発表
  • PVA:PEDOT/PSSハイドロゲルの特性評価
    2021年度繊維学会秋季研究発表会
    2021年11月19日, ポスター発表
  • 高分子可塑化膜のイオンによる熱電変換
    2021年度繊維学会秋季研究発表会
    2021年11月19日, 口頭発表(一般)
  • 自己修復ゲルの作製と物性
    2021年度繊維学会秋季研究発表会
    2021年11月18日, 口頭発表(一般)
  • 不織布(フレキシブル熱電変換不織布)
    2021繊維学会基礎講座
    2021年09月17日, 口頭発表(招待・特別)
  • 導電性高分子エアロゲルの作製と熱電機能
    第70回高分子討論会
    2021年09月07日, 口頭発表(一般)
  • P3HTナノファイバー凍結乾燥体のキャリア移動度評価
    2021年繊維学会年次大会
    2021年06月10日, ポスター発表
  • SBS マトリックスを用いたP3HTナノファイバー凍結乾燥体の熱電特性
    2021年繊維学会年次大会
    2021年06月10日, ポスター発表
  • 高分子可塑化膜のイオンによる熱電変換
    2021年繊維学会年次大会
    2021年06月09日, ポスター発表
  • 高分子量 P3HT ナノファイバー の構造と電気物性
    2021年繊維学会年次大会
    2021年06月09日, ポスター発表
  • P3HTナノファイバー凍結乾燥体のドーピング法と熱電変換特性
    第81回応用物理学会秋季学術講演会
    2020年09月08日, 口頭発表(一般)
  • 超臨界CO2を用いたPEDOT:PSSエアロゲルの二次ドーピングと熱電性能
    第81回応用物理学会秋季学術講演会
    2020年09月08日, 口頭発表(一般)
  • 高分子量 P3HT を用いたナノファイバー形成
    2020年繊維学会年次大会
    2020年06月10日, ポスター発表
  • SBS マトリックスを用いた P3HT ナノファイバー凍結乾燥体の熱電特性
    2020年繊維学会年次大会
    2020年06月10日, ポスター発表
  • P3HT ナノファイバー複合可塑化膜のドーピングによる熱電特性の変化
    2020年繊維学会年次大会
    2020年06月10日, ポスター発表
  • P3HT ナノファイバー凍結乾燥体のキャリア移動度評価
    2020年繊維学会年次大会
    2020年06月10日, ポスター発表
  • P3HT を複合したウレタンフォームの熱電特性
    2019年度繊維学会秋季研究発表会
    2019年11月10日, ポスター発表
  • 3ω法による PEDOT:PSS を用いた熱電変換材料の熱伝導評価
    2019年度繊維学会秋季研究発表会
    2019年11月09日, ポスター発表
  • PS混合P3HTナノファイバー凍結乾燥体の熱電特性評価
    2019年度繊維学会秋季研究発表会
    2019年11月09日, 口頭発表(一般)
  • P3HTナノファイバーを用いた複合膜の熱・電気輸送特性
    2019年度繊維学会秋季研究発表会
    2019年11月09日, 口頭発表(一般)
  • P3HTナノファイバー凍結乾燥体の巨大ゼーベック効果と熱電変換特性
    第68回高分子学会討論会
    2019年09月25日, 口頭発表(一般)
  • P3HTナノファイバーのドーピング状態とその熱電変換性能
    第80回応用物理学会秋季学術講演会
    2019年09月20日, ポスター発表
  • 超臨界CO2を利用した PEDOT:PSS 凍結乾燥体の二次ドーピン グと熱電性能
    第80回応用物理学会秋季学術講演会
    2019年09月20日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーのドーピング状態とその熱電性能
    2019年繊維学会年次大会
    2019年06月06日, ポスター発表
  • 3ω法を用いたポリチオフェン系熱電材料の熱伝導評価
    2019年繊維学会年次大会
    2019年06月06日, ポスター発表
  • 超臨界二酸化炭素を利用した PEDOT:PSS の二次ドーピン グとその熱電物性
    2019年繊維学会年次大会
    2019年06月05日, ポスター発表
  • P3HT ナノファイバーのドーピング状態の分析とその熱電性能
    第68回高分子学会年次大会
    2019年05月30日, ポスター発表
  • 3ω法によるポリチオフェン系熱電材料薄膜の熱伝導評価
    第68回高分子学会年次大会
    2019年05月30日, ポスター発表
  • 超臨界二酸化炭素を用いた PEDOT:PSS の二次ドーピングと その熱電特性
    第68回高分子学会年次大会
    2019年05月30日, ポスター発表
  • ナノファイバーを用いた凍結乾燥体の熱伝導評価
    平成30年度繊維学会秋季研究発表会
    2018年11月01日, ポスター発表
  • P3HTナノファイバー複合膜の熱電特性
    平成30年度繊維学会秋季研究発表会
    2018年11月01日, ポスター発表
  • P3HTナノファイバー凍結乾燥体の熱電特性におけるP3HT/PSの割合依存性
    平成30年度繊維学会秋季研究発表会
    2018年11月01日, ポスター発表
  • 相分離マトリックスを用いた導電性高分子ナノファイバーコンポジットの作製と電気物性
    平成30年度繊維学会秋季研究発表会
    2018年11月01日, 口頭発表(一般)
  • 凍結乾燥体における熱電変換特性の温度依存性
    平成30年度繊維学会秋季研究発表会
    2018年11月01日, 口頭発表(一般)
  • 強度向上のためポリロタキサン複合したPEDOTフィルムの作製と電気物性
    平成30年度繊維学会秋季研究発表会
    2018年11月01日, 口頭発表(一般)
  • PS混合P3HTナノファイバー凍結乾燥体の熱電変換特性
    第79回応用物理学会秋期学術講演会
    2018年09月18日, 口頭発表(一般)
  • P3HT ナノファイバー凍結乾燥体の熱電特性評価
    平成30年度繊維学会年次大会
    2018年06月14日, ポスター発表
  • P3HT ナノファイバー複合膜のインピーダンス測定
    平成30年度繊維学会年次大会
    2018年06月14日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの熱電変換と展望
    平成30年度繊維学会年次大会
    2018年06月14日, 口頭発表(招待・特別)
  • P3HT ナノファイバーを用いた凍結乾燥多孔体の熱伝導評価
    第67回高分子学会年次大会
    2018年05月25日, ポスター発表
  • ポリマーブレンド中における導電性高分子ナノファイバーの分散状態と電気物性
    第67回高分子学会年次大会
    2018年05月25日, ポスター発表
  • 熱を電気に変換する嵩高い導電性高分子の構造体
    高分子同友会総合講演会
    2018年04月11日, 口頭発表(招待・特別)
  • 導電性高分子ナノファイバー凍結乾燥体の熱電変換特性
    第65回応用物理学会春学術講演会
    2018年03月18日, 口頭発表(一般)
  • 導電性高分子ナノファイバーの電気物性と展望
    第26回ポリマー材料フォーラム
    2017年11月16日, 口頭発表(招待・特別)
  • 電気・電子物性(アドバンスト):高分子の電気伝導応用編
    第2回ポリマーカレッジ
    2017年11月15日, 口頭発表(招待・特別)
  • 電気・電子物性(基礎):高分子を電気が流れる仕組み
    第2回ポリマーカレッジ
    2017年11月15日, 口頭発表(招待・特別)
  • 電解液含有スライドリングゲルの物性評価
    第66回高分子討論会
    2017年09月21日, ポスター発表
  • マグネシウムイオン含有電解液膨潤スライドリングゲルのイオン伝導率測定
    第66回高分子討論会
    2017年09月21日, ポスター発表
  • P3HTナノファイバー/ブロック共重合体コンポジットフィルムの作製と輸送特性
    第66回高分子討論会
    2017年09月21日, ポスター発表
  • 凍結乾燥ナノファイバーマットの熱電変換特性
    第66回高分子討論会
    2017年09月21日, ポスター発表
  • 導電性高分子の凍結乾燥厚膜を用いた熱電変換
    第66回高分子討論会
    2017年09月21日, 口頭発表(一般)
  • P3HTナノファイバー凍結乾燥マットの熱電変換特性
    第66回高分子学会年次大会
    2017年05月30日, ポスター発表
  • ミクロ相分離マトリックス内での導電性高分子ナノファイバー 形成と輸送特性
    第66回高分子学会年次大会
    2017年05月30日, ポスター発表
  • 電解液中で光架橋したスライドリングゲルの電気物性
    第66回高分子学会年次大会
    2017年05月29日, ポスター発表
  • 熱を電気に変換する嵩高い導電性高分子の構造体
    高分子同友会勉強会
    2016年12月22日, 口頭発表(招待・特別)
  • ポリチオフェン誘導体のナノファイバー形成メカニズムのシミュレーション
    高分子計算機科学研究会・高分子基礎物性研究会・高分子ナノテクノロジー研究会合同討論会
    2016年11月08日, その他
  • Ionic Conduction and Mechanical Property of Slide-Ring Gel with Electrolysis Solution Including Lithium Ions
    PRiME2016
    2016年11月05日, ポスター発表
  • 二次電池用電解液膨潤スライドリングゲルのイオン伝導率測定
    第65回高分子学会討論会
    2016年09月14日, ポスター発表
  • 有機ナノファイバーコンポジットフィルムの半導体特性
    第65回高分子学会討論会
    2016年09月14日, その他
  • 導電性高分子ナノファイバーの配向制御と熱電変換特性
    第65回高分子学会討論会
    2016年09月14日, その他
  • ポリチオフェン誘導体のナノファイバー形成メカニズ ムのシミュレーション
    第65回高分子学会討論会
    2016年09月14日, その他
  • 導電性高分子ナノファイバー1本のキャリア輸送特性
    高分子基礎物性研究会
    2016年07月25日, 口頭発表(招待・特別)
  • 導電性⾼分⼦ナノファイバーの基礎と応⽤
    有機エレクトロニクス材料研究会
    2016年06月17日, 口頭発表(招待・特別)
  • リチウムイオン含有イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導率ならびに力学測定
    平成28年度繊維学会年次大会
    2016年06月09日, ポスター発表
  • PEDOT:PSS 多孔体の熱電特性
    平成28年度繊維学会年次大会
    2016年06月09日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの熱電特性評価
    平成28年度繊維学会年次大会
    2016年06月09日, ポスター発表
  • Ionic Conduction Dependence on Lithium-ion Density of Slide-ring Gel Electrolyte
    第65回高分子学会年次大会
    2016年05月25日, その他
  • 有機ナノファイバーコンポジットフィルムの半導体特性
    第63回応用物理学会春季学術講演会
    2016年03月22日, その他
  • ポリチオフェン誘導体のナノファイバー形成メカニズムのシミュレーション
    第63回応用物理学会春季学術講演会
    2016年03月22日, その他
  • P3HTナノファイバーの配向制御と熱電変換特性
    第63回応用物理学会春季学術講演会
    2016年03月21日, その他
  • ポリチオフェン誘導体のナノファイバー形成メカニズムのシミュレーション
    高分子学会基礎物性研究会、高分子計算機科学研究会合同討論会
    2016年03月07日, ポスター発表
  • Thermoelectric Property of Poly(3-hexylthiophene) Nanofiber Mats Made by Whisker Method
    International Conference on Organic and Hybrid Theemoelectrics
    2016年01月19日, ポスター発表
  • リチウムイオン電解液膨潤スライドリングゲルのイオン伝導率と力学測定
    第64回高分子討論会
    2015年09月17日, ポスター発表
  • ポリチオフェン誘導体の熱電変換
    第64回高分子討論会
    2015年09月17日, ポスター発表
  • 有機ナノファイバーコンポジットフィルムの半導体特性
    第64回高分子討論会
    2015年09月17日, ポスター発表
  • ポリチオフェン誘導体のナノファイバー形成メカニズムのシミュレーション
    第64回高分子討論会
    2015年09月17日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの熱電変換特性
    第64回高分子討論会
    2015年09月15日, その他
  • リチウムイオン含有炭酸プロピレンによる膨潤スライドリングゲルのイオン伝導率と力学特性
    2015年電気化学会秋季大会
    2015年09月11日, その他
  • 導電性高分子およびナノファイバー1本の電気物性と有機ナノエレクトロニクス
    フォトニクスポリマー研究会
    2015年06月26日, 口頭発表(招待・特別)
  • ポリチオフェン誘導体のナノファイバー形成メ カニズムのシミュレーション
    平成27年度繊維学会年次大会
    2015年06月12日, その他
  • リチウムイオン含有電解液膨潤スライドリングゲルの イオン伝導率・力学特性
    平成27年度繊維学会年次大会
    2015年06月10日, ポスター発表
  • PEDOT/PASの合成と熱電変換特性の評価
    第64回高分子学会年会
    2015年05月28日, ポスター発表
  • 溶媒蒸気アニール法によるポリチオフェン誘導体ナノファイバーの形成とキャリア輸送特性
    第64回高分子学会年会
    2015年05月28日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーとPEDOT:PSS積層膜の熱電変換特性の評価
    第64回高分子学会年会
    2015年05月28日, ポスター発表
  • P3HTナノファイバーコンポジットフィルムの作製と電気特性
    第64回高分子学会年会
    2015年05月28日, ポスター発表
  • リチウムイオン含有イオン液体による膨潤スライドリングゲルのイオン伝導率測定
    第64回高分子学会年会
    2015年05月27日, その他
  • ナノインプリントを用いたポリアルキルチオフェンの結晶制御
    第64回高分子学会年会
    2015年05月27日, その他
  • ポリチオフェン誘導体のナノファイバー形成メカニズム
    第62回応用物理学関連連合講演会
    2015年03月13日, ポスター発表
  • 有機ナノファイバーコンポジットフィルムの半導体特性
    第62回応用物理学関連連合講演会
    2015年03月13日, ポスター発表
  • ナノインプリントを用いたポリチオフェン誘導体の結晶構造制御
    第62回応用物理学関連連合講演会
    2015年03月13日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーとPEDOT:PSS積層膜の熱電変換特性評価
    第62回応用物理学関連連合講演会
    2015年03月11日, その他
  • Carrier Transport in Isolated Conducting Polymer Nanofibers Made by Whisker Formation
    International Symposium on Fiber Science and Technology 2014 (ISF 2014)
    2014年09月29日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの微小空間を用いた配向制御
    第63回高分子討論会
    2014年09月25日, ポスター発表
  • リチウムイオンで電解液膨潤させたスライドリングゲルの開発
    第63回高分子討論会
    2014年09月24日, その他
  • 導電性高分子ナノファイバーコンポジットフィルムの構造と電気物性・機能
    第63回高分子討論会
    2014年09月24日, その他
  • イオン輸送スイッチを目指したイオン液体膨潤環動ゲルの体積変化
    第75回応用物理学会学術講演会
    2014年09月19日, ポスター発表
  • ポリチオフェン導電性高分子の熱電変換
    第75回応用物理学会学術講演会
    2014年09月19日, ポスター発表
  • 微小空間内での導電性高分子ナノファイバーの配向制御
    第75回応用物理学会学術講演会
    2014年09月18日, 口頭発表(一般)
  • 導電性高分子ナノファイバーの熱電変換特性
    平成26年度繊維学会年次大会
    2014年06月11日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの配向制御と電気物性
    平成26年度繊維学会年次大会
    2014年06月11日, ポスター発表
  • リチウムイオン電解液による膨潤スライドリングゲルのイオン伝導率測定
    第63回高分子学会年会
    2014年05月29日, ポスター発表
  • 導電性高分子のナノフアイバー形成過程の分子動力学シミユレーシヨン
    日本物理学会第69回年次大会
    2014年03月28日, その他
  • ポリチオフェンナノファイバーコンポジットフィルムの電気物性
    第61回応用物理学関連連合講演会
    2014年03月20日, その他
  • ポリチオフェンナノファイバーの熱電変換モジュールの開発
    第61回応用物理学関連連合講演会
    2014年03月19日, ポスター発表
  • ナノインプリントを用いたポリチオフェンナノファイバーの配向制御
    第61回応用物理学関連連合講演会
    2014年03月19日, ポスター発表
  • 導電性高分子のナノファイバー構造形成における初期結晶化過程のシミュレーション
    日本物理学会2013年秋季大会
    2013年09月28日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの熱電変換特性
    第74回応用物理学会学術講演会
    2013年09月19日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの結晶核形成過程における分子動力学シミュレーション
    第74回応用物理学会学術講演会
    2013年09月16日, その他
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導
    第74回応用物理学会学術講演会
    2013年09月16日, その他
  • イオン液体膨潤環動ゲルの膨潤・収縮挙動
    第62回高分子討論会
    2013年09月13日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの熱電変換特性
    第62回高分子討論会
    2013年09月12日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの構造と物性との関係
    第62回高分子討論会
    2013年09月12日, その他
  • 導電性高分子ナノファイバーの構造形成過程における分子動力学シミュレーション
    第62回高分子討論会
    2013年09月12日, その他
  • 溶媒蒸気アニール法によるポリチオフェン誘導体ナノファイバーの形成とキャリア輸送特性
    第62回高分子討論会
    2013年09月11日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの配向制御と電気物性
    第62回高分子討論会
    2013年09月11日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーとそのコンポジットフィルムの物性評価
    第112回プラスチックフィルム研究会
    2013年07月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • スライドリングゲルを用いた高分子ゲル電解質の開発
    平成25年度繊維学会年次大会
    2013年06月13日, ポスター発表
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導
    平成25年度繊維学会年次大会
    2013年06月13日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーコンポジットフィルムのFET特性
    平成25年度繊維学会年次大会
    2013年06月13日, その他
  • 導電性高分子ナノファイバー構造形成過程における分子動力学シミュレーション
    平成25年度繊維学会年次大会
    2013年06月12日, その他
  • 導電性高分子ナノファイバーの熱電変換特性
    平成25年度繊維学会年次大会
    2013年06月12日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの配向制御と電気物性
    第60回応用物理学関連連合講演会
    2013年03月29日, ポスター発表
  • 導電性ナノファイバーを用いたp-n接合の電気物性
    第60回応用物理学関連連合講演会
    2013年03月29日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの熱電変換特性
    第60回応用物理学関連連合講演会
    2013年03月28日, ポスター発表
  • Transparent conductive thin films based on polythiophene nanofibers
    The 9th SPSJ International Polymer Conference
    2012年12月12日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの初期構造形成過程における分子動力学シミュレーション
    高分子基礎物性研究会・高分子計算機科学研究会・高分子ナノテクノロジー研究会合同討論会
    2012年11月21日, ポスター発表
  • Carrier Transport in Isolated Conducting Polymer Nanofibers Made by Whisker Formation
    Nano S&T-2012
    2012年10月26日, 口頭発表(一般)
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導
    第61回高分子討論会
    2012年09月22日, ポスター発表
  • スライドリングゲルを用いた高分子ゲル電解質の開発
    第61回高分子討論会
    2012年09月21日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの熱電変換特性
    第61回高分子討論会
    2012年09月20日, ポスター発表
  • 相補型半導体ナノファイバーコンポジットフィルムの導電経路と電気伝導の関係
    第61回高分子討論会
    2012年09月20日, ポスター発表
  • 液―液界面を有する電解質スライドリングゲルの構造と物性
    第61回高分子討論会
    2012年09月19日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバー構造形成過程における分子動力学シミュレーション
    第61回高分子討論会
    2012年09月19日, ポスター発表
  • ナノインプリントを用いた導電性ナノファイバーコンポジットフィルムの開発
    第61回高分子討論会
    2012年09月19日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーコンポジットフィルムの導電ネットワークと電気物性の関係
    第73回応用物理学会学術講演会
    2012年09月13日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの熱電変換特性の評価
    第73回応用物理学会学術講演会
    2012年09月13日, ポスター発表
  • 孤立ポリチオフェンナノファイバーのキャリア移動度の温度依存性
    第73回応用物理学会学術講演会
    2012年09月13日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの構造形成とFET 評価
    有機エレクトロニクス研究会
    2012年07月06日, 口頭発表(招待・特別)
  • 電解質膨潤スライドリングゲルの構造と物性
    平成24年度繊維学会年次大会
    2012年06月07日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバー1本のFET特性
    平成24年度繊維学会年次大会
    2012年06月07日, その他
  • 導電性ナノファイバーコンポジットフィルムの導電経路と電気伝導の関係
    平成24年度繊維学会年次大会
    2012年06月06日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの熱電変換特性の評価
    平成24年度繊維学会年次大会
    2012年06月06日, ポスター発表
  • 溶媒アニールを施したポリチオフェンナノファイバーのキャリア輸送特性の評価
    平成24年度繊維学会年次大会
    2012年06月06日, その他
  • ドーピングした導電性ナノファイバーコンポジットフイルムを用いた透明導電膜の開発
    第61回高分子学会年次大会
    2012年05月30日, ポスター発表
  • 導電性ナノファイバーコンポジットフィルムの導電経路観察
    第61回高分子学会年次大会
    2012年05月30日, ポスター発表
  • 孤立ポリチオフェンナノファイバーのキャリア移動度の温度依存性
    第61回高分子学会年次大会
    2012年05月30日, ポスター発表
  • 導電性ナノファイバーコンポジットフィルムの電気物性
    第61回高分子学会年次大会
    2012年05月30日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの熱電変換特性の評価
    第61回高分子学会年次大会
    2012年05月29日, ポスター発表
  • 導電性高分子の自己組織化によるナノファイバー形成と分子素子への応用展開
    日本化学会春季年会(ATPセッション)
    2012年03月27日, 口頭発表(招待・特別)
  • 相分離構造を有する高分子の走査プローブ顕微鏡による表面電位計測
    第72回応用物理学会学術講演会
    2011年10月01日, その他
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルの網目サイズとイオン伝導
    第72回応用物理学会学術講演会
    2011年10月01日, その他
  • ゲート絶縁膜表面修飾した導電性高分子ナノファイバー1本レベルのFET特性
    第72回応用物理学会学術講演会
    2011年10月01日, その他
  • ナノインプリント膜による発光性高分子の配向制御
    第60回高分子討論会
    2011年09月30日, ポスター発表
  • ナノインプリントリソグラフィーによる微細電極作製とFET測定
    第72回応用物理学会学術講演会
    2011年09月30日, その他
  • 導電性高分子ナノファイバーコンポジットフィルムの開発
    第60回高分子討論会
    2011年09月28日, ポスター発表
  • 孤立ポリチオフェンナノファイバーのキャリア輸送特性の評価
    第60回高分子討論会
    2011年09月28日, ポスター発表
  • 多成分巨大ベシクルの交流電場下における相分離パターン形成挙動
    物理学会2011年秋季大会
    2011年09月22日, その他
  • 多成分ベシクルの交流電場変形万における相分離ダイナミクス
    第60回高分子学会年次大会
    2011年05月26日, ポスター発表
  • 透明性を有する導電性高分子ナノファイバー膜の開発
    第60回高分子学会年次大会
    2011年05月25日, ポスター発表
  • ゲート絶縁膜表面修飾した導電性高分子ナノファイバー
    第60回高分子学会年次大会
    2011年05月25日, ポスター発表
  • 導電性高分子の自己組織化ナノワイヤー・ナノファイバー1本レベルの電気物性
    日本化学会春季年会(ATPセッション)
    2011年03月28日, 口頭発表(招待・特別)
  • 導電性ナノファイバー
    日本化学会技術開発フォーラム
    2010年11月18日, 口頭発表(招待・特別)
  • 導電性高分子ナノファイバーの分岐構造制御と導電特性
    第71回応用物理学会学術講演会
    2010年09月15日, その他
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導挙動
    第71回応用物理学会学術講演会
    2010年09月15日, その他
  • ナノインプリント膜による発光性分子の配向制御
    第71回応用物理学会学術講演会
    2010年09月15日, その他
  • 多成分ベシクルの外場変形下における相分離ダイナミクス
    第71回応用物理学会学術講演会
    2010年09月15日, その他
  • 液中ケルビン顕微鏡による表面電位分布計測
    第71回応用物理学会学術講演会
    2010年09月14日, その他
  • 電極/絶縁膜修飾した導電性高分子ナノファイバーFETにおけるキャリア輸送特性
    第71回応用物理学会学術講演会
    2010年09月14日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーでつくる分子エレクトロニクス
    日本化学会関東支部大会
    2010年08月31日, 口頭発表(招待・特別)
  • Observation of Molecular Adsorption in Water with Kelvin Probe Force Microscopy
    International Symposium on Non-Equilibrium Softmatter 2010
    2010年08月18日, ポスター発表
  • Dynamics of Phase Separation in Electro-Deformed Vesicles
    International Symposium on Non-Equilibrium Softmatter 2010
    2010年08月18日, ポスター発表
  • ポリメタクリレート薄膜の静電場リソグラフィーを利用した微細電極加工
    第59回高分子学会年次大会
    2010年05月28日, その他
  • ナノインプリント膜による発光性高分子の配向制御
    第59回高分子学会年次大会
    2010年05月27日, その他
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導
    第59回高分子学会年次大会
    2010年05月27日, その他
  • 絶縁膜修飾した導電性高分子ナノファイバーFETにおけるキャリア輸送特性
    第59回高分子学会年次大会
    2010年05月26日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの分岐構造と導電特性
    第59回高分子学会年次大会
    2010年05月26日, ポスター発表
  • 多成分ベシクルの電場変形と相分離のカップリング
    非平衡ソフトマター物理合同班会議
    2010年03月26日, 口頭発表(招待・特別)
  • 液中ケルビン顕微鏡による分子吸着の観察
    第57回応用物理学関連連合講演会
    2010年03月18日, その他
  • ポリチオフェンナノファイバー1本レベルでのFET特性
    第57回応用物理学関連連合講演会
    2010年03月17日, その他
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導度測定
    リング・チューブ研究会
    2009年12月10日, ポスター発表
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導度測定
    ソフトマター物理第3回公開シンポジウム
    2009年11月20日, ポスター発表
  • 多成分ベシクルの電場変形下における相構造ダイナミクス
    ソフトマター物理第3回公開シンポジウム
    2009年11月20日, ポスター発表
  • 液中電場下における凹凸表面への分子吸着挙動
    物理学会2009年秋季大会
    2009年09月26日, その他
  • 多成分脂質膜の外場変形下における相分離ダイナミクス
    物理学会2009年秋季大会
    2009年09月25日, その他
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導度測定
    第58回高分子討論会
    2009年09月18日, ポスター発表
  • Cucurbiturilを用いた被覆機能性高分子
    第58回高分子討論会
    2009年09月18日, その他
  • 分岐制御された導電性高分子ナノファイバーの導電特性
    第58回高分子討論会
    2009年09月17日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの移動度に関し電極材料が与える効果
    第58回高分子討論会
    2009年09月17日, ポスター発表
  • 液中ケルビン顕微鏡による分子吸着の観測
    第58回高分子討論会
    2009年09月16日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの移動度に関し電極材料が与える効果
    第70回応用物理学会学術講演会
    2009年09月10日, その他
  • イオン液体膨潤スライドリングゲルのイオン伝導度測定
    第三回ソフトマター物理若手勉強会
    2009年09月03日, ポスター発表
  • ナノインプリントによるカラムナー液晶の配向
    第三回ソフトマター物理若手勉強会
    2009年09月03日, ポスター発表
  • 多成分巨大リポソームの電場変形による相構造ダイナミクス
    繊維学会2009年次大会
    2009年06月11日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバー1本レベルのFET特性
    繊維学会2009年次大会
    2009年06月10日, ポスター発表
  • Cucurbiturilを用いた被覆発光性高分子の作製
    繊維学会2009年次大会
    2009年06月10日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバー1本レベルのFET特性
    第56回応用物理学関係連合講演会
    2009年04月01日, その他
  • 液中電場下における凹凸表面への分子吸着挙動
    電気化学会第76回大会
    2009年03月30日, その他
  • 多成分巨大リポソームの電場変形による相構造ダイナミクス
    ソフトマター物理第三回領域研究会
    2009年01月08日, ポスター発表
  • 液中電場下における凹凸表面への分子吸着挙動
    ソフトマター物理第三回領域研究会
    2009年01月07日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバー1本レベルの電気物性
    第57回高分子討論会
    2008年09月26日, その他
  • Cucurbit[7]urilを用いた分子被覆導線の作製と特性評価
    第57回高分子討論会
    2008年09月26日, その他
  • 微細電極を用いたポリアニリンファイバー1本レベルでの電気的特性
    第57回高分子討論会
    2008年09月25日, ポスター発表
  • せん断によるカラムナー液晶の配向と発光特性の変化
    第57回高分子討論会
    2008年09月25日, その他
  • Cucurbiturilを用いた被覆発光性高分子の作製
    第57回高分子討論会
    2008年09月24日, ポスター発表
  • 電場下における凹凸表面への分子吸着挙動
    物理学会2008年秋季大会
    2008年09月20日, ポスター発表
  • 多成分巨大リポソームの電場変形による相構造ダイナミクス
    物理学会2008年秋季大会
    2008年09月20日, ポスター発表
  • 分子配線材料としての導電性高分子
    ポリマーフロンティア21
    2008年09月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • 電場下における凹凸表面への分子吸着挙動
    第二回ソフトマター物理 若手勉強会
    2008年08月21日, ポスター発表
  • 二成分巨大リポソームの電場変形による相構造ダイナミクス
    第二回ソフトマター物理 若手勉強会
    2008年08月21日, ポスター発表
  • Highly polarized photo luminescence of columnar liquid crystalline p-conjugated oligothiophenes
    International symposium on Non-Equilibrium Soft Matter
    2008年06月03日, ポスター発表
  • Conducting properties of conducting polymer nanowhiskers
    International symposium on Non-Equilibrium Soft Matter
    2008年06月03日, ポスター発表
  • カラムナー液晶性オリゴチオフェンの合成と性質
    第57回高分子学会年次大会
    2008年05月29日, その他
  • Cucurbit[7]urilを用いた分子被覆導線
    第57回高分子学会年次大会
    2008年05月29日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバー1本レベルの電気物性
    第57回高分子学会年次大会
    2008年05月29日, ポスター発表
  • カラムナー液晶性を利用した発光特性の変化
    第57回高分子学会年次大会
    2008年05月28日, ポスター発表
  • ポリチオフェンナノファイバーの電気物性
    第55回応用物理学関係連合講演会
    2008年03月30日, 口頭発表(一般)
  • π共役カラムナー液晶からの偏光発光特性
    第55回応用物理学関係連合講演会
    2008年03月28日, 口頭発表(一般)
  • 導電性高分子ナノファイバーのトポロジー制御と電子性キャリアの輸送現象
    非平衡ソフトマターの創成第二回公開シンポジウム
    2008年01月08日, 口頭発表(招待・特別)
  • π共役カラムナー液晶からの偏光発光特性
    第68回応用物理学会学術講演会
    2007年09月06日, 口頭発表(一般)
  • ポリアニリンナノファイバー一本の電気伝導特性
    第68回応用物理学会学術講演会
    2007年09月04日, 口頭発表(一般)
  • 導電性高分子ナノファイバー回路網の電気物性
    第68回応用物理学会学術講演会
    2007年09月04日, 口頭発表(一般)
  • 導電性高分子ナノファイバー回路網の電気物性
    第一回ソフトマター物理 若手勉強会
    2007年08月28日, ポスター発表
  • カラムナー液晶構造を用いた偏光発光デバイスの作製
    第一回ソフトマター物理 若手勉強会
    2007年08月28日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの形成と電気物性
    平成19年度繊維学会年次大会
    2007年06月22日, その他
  • Electrical Property Measurement of the Functional Nanotubes of Organic Molecules
    International Nanofiber Symposium 2007
    2007年06月19日, ポスター発表
  • Electric properties of conducting polymer nanofiber: insulated molecular wire formed by molecular nanotube and polyaniline
    International Nanofiber Symposium 2007
    2007年06月19日, 口頭発表(招待・特別)
  • シクロデキストリンポリマーを用いた発光色素包接テンプレートの作製と評価
    第56回高分子学会年次大会
    2007年05月31日, ポスター発表
  • ポリアニリンナノファイバー1本レベルの電気伝導特性
    第56回高分子学会年次大会
    2007年05月29日, ポスター発表
  • 陽極酸化アルミナ中で形成したTTF-TCNQナノチューブの電気物性
    第56回高分子学会年次大会
    2007年05月29日, その他
  • 金属基板上におけるポリアルキルチオフェンの開環反応
    第56回高分子学会年次大会
    2007年05月29日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの構造制御と電気物性
    第56回高分子学会年次大会
    2007年05月29日, ポスター発表
  • 導電性高分子ナノファイバーの電気物性
    第54回応用物理学関連連合講演会
    2007年03月27日, その他
  • 導電性高分子ナノファイバーの分岐トポロジー制御
    非平衡ソフトマターの創成第一回公開シンポジウム
    2007年03月16日, ポスター発表
  • Electric Properties of Conducting Polymer Nanowires and Nanofibers
    4th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE4)
    2007年03月15日, 口頭発表(一般)
  • Electrical Property Measurement of Conductive Organic Nanowires Synthesized in Anodized Aluminum Oxide Template
    Nanoarchitectonics Workshop 2007
    2007年03月02日, ポスター発表
  • 分子配線における導電性ナノファイバー
    ナノファイバー技術戦略研究会
    2006年12月19日, 口頭発表(招待・特別)
  • Preparation of Conducting Polymer Nanofibers and their Application
    The 7th International Conference on Nano-Molecular Electronics (ICNME2006)
    2006年12月14日, ポスター発表
  • 導電性ナノファイバー1本の電気伝導測定
    ポリマー材料フォーラム
    2006年11月17日, 口頭発表(招待・特別)
  • 導電性高分子ナノファイバーの構造制御と電気物性
    第55回高分子討論会
    2006年09月22日, その他
  • ナノスケールにおける導電性高分子の構造形成と電気伝導
    第55回高分子討論会
    2006年09月22日, その他
  • 陽極酸化アルミナ中で形成した有機分子ナノチューブの電気物性測定
    第55回高分子学会年次大会
    2006年09月20日, ポスター発表
  • DNAの基板表面上における構造と電気特性
    第55回高分子討論会
    2006年09月20日, ポスター発表
  • 配列制御されたカーボンナノチューブの導電率測定
    第55回高分子討論会
    2006年09月20日, ポスター発表
  • 金属基板上におけるポリアルキルチオフェンの開環反応
    第55回高分子討論会
    2006年09月20日, ポスター発表
  • Electrical Measurement of Organic Nanowires : Diode-like property of Hexa-peri-hexabenzocoronene
    1st century COE and SEIKEN (No. 46) International Workshop on Recent Advances in Soft Matter Physics
    2006年08月21日, ポスター発表
  • Electrical Conductivity Measurement of DNA Molecules on Pt fine Electrodes Using Manipulation with Atomic Force Microscopy
    21st century COE and SEIKEN (No. 46) International Workshop on Recent Advances in Soft Matter Physics
    2006年08月21日, その他
  • 分子被覆電線の電子機能と集積化
    第4回分子配向エレクトロニクスフォーラム講演会
    2006年08月21日, 口頭発表(招待・特別)
  • 自己組織化を用いた電子活性分子の一次元集積とその機能
    第10回日本化学会液晶化学研究会シンポジウム
    2006年07月16日, ポスター発表
  • Electrical Conductivity Measurements of Several Types of DNA Molecules on Pt Fine Electrodes
    The International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals
    2006年07月06日, ポスター発表
  • Relation between chromism and whisker formation of conducting polymer in solution
    The International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals
    2006年07月05日, ポスター発表
  • 導電性高分子のロッドーコイル転移とナノウィスカ形成の電気光学的観測
    平成18年度繊維学会年次大会
    2006年06月13日, その他
  • 分子ナノワイヤーの伝導測定
    高分子ナノテクノロジー研究会
    2006年06月10日, 口頭発表(招待・特別)
  • 高分子ナノ導線の伝導と機能
    関東高分子若手研究会春の講演会
    2006年06月09日, 口頭発表(招待・特別)
  • DC-Electrical Measurement of Hexa-peri-hexabenzocoronene Graphitic Nanotube
    Supramolecular nanotechnology for organic electronics, RSC meeting
    2006年06月05日, ポスター発表
  • Electrical Conductivity Measurement of DNA Double-Stranded Chains Using Fine Electrodes and Manipulation with Atomic Force Microscopy
    Royal Society Discussion Meeting on Supramolecular Nanotechnology for Organic Electronics
    2006年06月05日, ポスター発表
  • 金属基板上におけるポリアルキルチオフェンの開環反応
    第55回高分子学会年次大会
    2006年05月25日, ポスター発表
  • 導電性高分子のロッドーコイル転移とウィスカー形成の関係
    第55回高分子学会年次大会
    2006年05月25日, ポスター発表
  • Template Wetting法による有機導電性分子のチューブ化と導電率測定
    第55回高分子学会年次大会
    2006年05月24日, その他
  • DNA二重らせんの構造多様性と分子内電気伝導の関係
    第55回高分子学会年次大会
    2006年05月24日, ポスター発表
  • Two dimensional spectroscopy of electric birefringence relaxation: Application to polyelectrolyte and microemulsion systems
    11th International Symposium on Colloidal and Molecular Electro-Optics
    2006年05月23日, 口頭発表(招待・特別)
  • ポリ(3-アルキルチオフェン)ナノファイバーの作製と電界効果トランジスタ特性
    第6回界面ナノアーキテクトワークショップ
    2006年03月26日, ポスター発表
  • ポリアルキルチオフェンナノファイバー薄膜の電界効果トランジスタ特性
    第53回応用物理学関係連合講演会
    2006年03月26日, その他
  • 陽極酸化アルミナ中で作製した低次元有機ナノ構造体の電気物性測定
    界面ナノアーキテクトニクス・ワークショップ
    2006年03月09日, ポスター発表
  • 導電性分子ネックレスの伝導測定
    学振分子ナノテクノロジー第174委員会
    2006年01月12日, 口頭発表(招待・特別)
  • DNA鎖がなす二重らせん構造の分子内電気伝導への影響
    第16回日本MRS学術シンポジウム
    2005年12月10日, ポスター発表
  • End Group Modification of Poly-3-Alkylthiophen for Preparing Good Contact
    International Symposium on Molecular Scale Electronics
    2005年12月05日, ポスター発表
  • 電極との良好な接触を目指した導電性高分子の修飾とその物性
    第54回高分子討論会
    2005年09月22日, ポスター発表
  • ポリアルキルチオフェンナノファイバー1本の電気伝導度とFET特性
    第54回高分子討論会
    2005年09月21日, その他
  • 塩基配列を制御したDNA分子の形態と電気特性
    第54回高分子討論会
    2005年09月21日, ポスター発表
  • Template Wetting法を用いた有機導電性ナノチューブの作製と導電率測定
    第54回高分子討論会
    2005年09月20日, ポスター発表
  • 電子活性部位を有する自己組織化ナノファイバー
    第54回高分子討論会
    2005年09月20日, その他
  • ポリアルキルチオフェンナノファイバーのFET特性
    第66回応用物理学術講演会
    2005年09月09日, その他
  • Conductivity Measurement of Hexa-peri-hexabenzocoronene Graphitic Nanotub
    MC7: Functional Materials for the 21st Century
    2005年07月07日, ポスター発表
  • Conductivity measurement of a single molecular wire with supramolecular structure by using nanofabricated electrodes
    MC7: Functional Materials for the 21st Century
    2005年07月07日, 口頭発表(一般)
  • 水素結合性ナノファイバーの電子機能化と液晶場による配向制御
    第9回日本化学会液晶化学研究会シンポジウム
    2005年06月14日, ポスター発表
  • DNA分子の電気特性
    第54回高分子学会年次大会
    2005年05月27日, その他
  • 電子活性自己組織化ナノファイバーの構築と配向制御
    第54回高分子学会年次大会
    2005年05月26日, ポスター発表
  • 脂質ナノチューブの中空シリンダーを利用した分子配線材料の検討
    第54回高分子学会年次大会
    2005年05月26日, その他
  • PEDOTナノファイバーの電気物性
    第54回高分子学会年次大会
    2005年05月25日, ポスター発表
  • ナノグラフェン分子からなる自己組織化超分子ナノチューブの導電率測定及びFET特性測定
    第54回高分子学会年次大会
    2005年05月25日, その他
  • ポリチオフェンナノファイバーの電気物性測定
    第54回高分子学会年次大会
    2005年05月25日, ポスター発表
  • 分子ナノワイヤー1本鎖における電気特性評価
    ナノクラスター機能活用新物質開発研究会
    2005年05月12日, 口頭発表(招待・特別)
  • グラフェンナノフラグメントからなる自己組織化超分子ナノチューブの導電率・FET特性測定
    応用物理学会2005年春期学術講演会
    2005年03月29日, その他
  • Conductivity Measurement of Hexa-peri-hexabenzocoronene Graphitic Nanotube
    Nanoarchitectonics Workshop 2005
    2005年03月04日, ポスター発表
  • Manipulation and Functionalization of Lipid Nanotube for Molecular Electronics
    Nanoarchitectonics Workshop 2005
    2005年03月04日, ポスター発表
  • Conductivity measurement of a single molecular wire with supramolecular structure
    Nanoarchitectonics Workshop 2005
    2005年03月04日, 口頭発表(招待・特別)
  • 糖脂質ナノチューブの2段階相転移
    第15回日本MRS学術シンポジウム
    2004年12月23日, ポスター発表
  • 金属微粒子による脂質ナノチューブの1次元孤立微小空間の機能化
    平成16年度シンポジウム「分子複合系の構築と機能」
    2004年10月25日, ポスター発表
  • 脂質ナノチューブ:1次元孤立微小空間を利用した分子配線の検討
    第6回リング・チューブ超分子研究シンポジウム
    2004年10月21日, ポスター発表
  • Conductivity Measurement of Supramolecular Nanotube via Self-Assembling of Graphene Fragment
    COE International Symposium on "Applied Physics on Strong Correlation
    2004年10月06日, ポスター発表
  • 分子ナノワイヤ1本の伝導率測定
    ナノクラスター機能活用新物質開発研究会
    2004年10月05日, 口頭発表(招待・特別)
  • ストップトフロー円2色性測定による分子チューブと線状高分子の包接ダイナミクス解析
    第53回高分子討論会
    2004年09月16日, その他
  • 超分子グラファイトナノチューブの構築
    第53回高分子討論会
    2004年09月16日, その他
  • 擬1次元的な分子ナノワイヤー1本の電気物性
    第53回高分子討論会
    2004年09月16日, その他
  • グラフェンナノフラグメントからなる超分子ナノチューブの導電率測定
    第53回高分子討論会
    2004年09月15日, ポスター発表
  • DNA二重らせん鎖の電気伝導
    第53回高分子討論会
    2004年09月15日, ポスター発表
  • 導電性高分子を用いた分子被覆導線とその機能
    第53回高分子討論会
    2004年09月15日, ポスター発表
  • アルミナテンプレートを用いた棒状ナノ粒子の作製と物性評価
    第53回高分子討論会
    2004年09月15日, ポスター発表
  • 金属微粒子による脂質ナノチューブの1次元孤立微小空間の機能化
    第53回高分子討論会
    2004年09月15日, ポスター発表
  • グラフェンナノフラグメントからなる超分子ナノチューブの導電率測定
    応用物理学会2004年秋期学術講演会
    2004年09月01日, その他
  • Conductivity measurement of insulated molecular wire formed by molecular nanotube and polyaniline
    The International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals
    2004年06月30日, 口頭発表(一般)
  • Conductivity Measurement of PEDOT nanowire on Nanoelectrodes
    The International Conference on Synthetic Metals 2004
    2004年06月29日, ポスター発表
  • 脂質ナノチューブにおけるチューブ形成過程の熱力学的検討
    第53回高分子学会年次大会
    2004年05月26日, ポスター発表
  • ナノギャップ電極を用いたポリチオフェンナノワイヤーの電気伝導度測定
    第53回高分子学会年次大会
    2004年05月25日, ポスター発表
  • 微細電極による分子被覆導線の導電率測定
    第53回高分子学会年次大会
    2004年05月25日, ポスター発表
  • DNA分子の導電率測定
    第53回高分子学会年次大会
    2004年05月25日, ポスター発表
  • 分子配線材料としての導電性高分子
    ナノバイオテクノロジーワークショップ
    2003年12月08日, 口頭発表(招待・特別)
  • 分子ナノチューブを用いた超分子構造形成と機能
    第52回高分子学会年次大会
    2003年05月29日, 口頭発表(招待・特別)
  • Measurement method for two-dimensional response function of electric birefringence in frequency domain
    NATO Advanced Research Workshop: Nonlinear Dielectric Phenomena in Complex Liquids
    2003年05月13日, 口頭発表(招待・特別)
  • STM/AFMを用いた高分子の観察とその物性測定
    高分子基礎物性研究会
    2000年06月23日, 口頭発表(招待・特別)

外部研究資金等

  • 新しい情報処理プラットフォームのためのアクティブ原子配線網に関する研究
    共同研究, 自 0000年, 至 0000年
  • 機能性樹脂/フィルムへの熱電変換特性付与に関する基礎検討
    受託研究, 自 2016年11月01日, 至 2017年02月28日
  • 機能性樹脂/フィルムへの熱電変換特性付与に関する基礎検討
    受託研究, 自 2016年07月01日, 至 2016年08月30日
  • 導電性高分子ナノファイバー包埋フィルムの開発
    受託研究, 自 2011年08月01日, 至 2012年03月31日
  • めっき添加剤分子の吸着挙動に関する研究
    共同研究, 自 2010年07月06日, 至 2011年03月31日
  • 導電性高分子ナノファイバーを用いた透明導電不織布の開発
    受託研究, 自 2009年06月17日, 至 2010年03月31日

所属学協会

  • シクロデキストリン学会
  • 日本物理学会
  • 応用物理学会
  • 高分子学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.