研究者データベース

松下 保彦MATSUSHITA Yasuhikoマツシタ ヤスヒコ

所属部署名学術研究支援総合センター 遺伝子実験施設
職名准教授
Last Updated :2024/01/26

業績情報

氏名・連絡先

  • 氏名

    マツシタ ヤスヒコ, 松下 保彦, MATSUSHITA Yasuhiko
  • eメールアドレス

    ymatsucc.tuat.ac.jp

主たる所属・職名

  • 学術研究支援総合センター 遺伝子実験施設, 准教授

その他の所属

  • 学術研究支援総合センター 遺伝子実験施設
  • 農学府 応用生命化学専攻
  • 農学部 応用生物科学科

経歴

  • -
    日本学術振興会特別研究員(神戸大学)
    自 1991年04月, 至 1993年03月
  • -
    英国ロンドン大学キングスカレッジ博士研究員
    自 1993年04月, 至 1996年03月
  • -
    東京農工大学助手遺伝子実験施設
    自 1996年04月, 至 2002年03月
  • -
    東京農工大学助教授遺伝子実験施設
    自 2002年04月
  • -
    東京農工大学准教授遺伝子実験施設
    自 2007年04月01日
  • -
    東京農工大学准教授学術研究支援総合センター
    自 2008年04月01日

学歴

  • 神戸大学
    理学部
    生物学科
    至 1986年, 卒業
  • 神戸大学
    理学研究科
    生物学専攻
    至 1988年, 修了
  • 神戸大学
    自然科学研究科
    資源生物科学専攻
    至 1991年, 修了

学位

  • 学術博士

教育・研究活動状況

  • 生物は、自身がもつ多くの遺伝情報の中から、必要な時に、必要な場所で、必要な遺伝子を発現することにより、生命活動を営んでいます。このような遺伝情報発現のしくみがどのようになっているのかということは大変興味深いと思います。例えば、植物において、植物ホルモンのバランスを操作することにより、植物切片からカルスという細胞の塊を誘導したり、そこから、完全な植物体を再生したりできることは、私たちに感動を与えます。私たちの研究室では、様々な興味深い生命現象のうち、植物ウイルスが宿主植物に感染し、増殖するという現象に着目しています。ウイルスが自分自身の増殖・拡散を有利にするために宿主の遺伝子産物を利用しているしくみや、逆に、植物側が(抵抗性遺伝子をもつ場合)防御反応としてウイルスを認識し自ら細胞死を起こすことにより、ウイルスを局所に封じ込めるしくみについて分子レベルで研究を行っています。また、得られた知見を利用して、ウイルス抵抗性植物を作出するというような応用面の研究にも取り組んでいます。  私は、遺伝子実験施設の専任教員ですが、応用生物科学科の協力教員、大学院修士・博士課程の担当教員でもありますので、希望する学生は、私たちの研究室において一緒に研究を行うことができます。

研究分野

  • A389 環境・農学, A39040 植物保護科学
  • A189 ライフサイエンス, A43010 分子生物学
  • A189 ライフサイエンス, A44030 植物分子、生理科学

研究キーワード

  • 植物分子生物学,植物ウイルス,植物免疫,細胞死

研究テーマ

  • 未利用バイオマスの有効活用を目指した細胞死誘導遺伝子の利用に関する研究
    自 2008
  • 細胞死誘導遺伝子を利用したウイルス封じ込め戦略に関する研究
    自 2005
  • ウイルス感染により誘導される植物細胞死情報伝達経路に関する研究
    自 2005
  • 植物における巨大分子の細胞間移行のしくみに関する研究 :タバコモザイクウイルスの細胞間移行を切り口として
    自 1996

共同・受託研究希望テーマ

  • ウイルス感染に伴う植物細胞死誘導に関する研究
    タバコモザイクウイルスに対する抵抗性遺伝子Nをもつタバコにタバコモザイクウイルスが感染した時に誘導される過敏感細胞死の情報伝達経路について分子レベルで研究する。ウイルス感染に伴って誘導される細胞死とウイルスの局所への封じ込めとの関係について分子レベルで解析する。細胞死誘導遺伝子を利用して広範囲のウイルスに有効な抵抗性植物を作出するためのバイオ技術を開発する。
    産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望

科学研究費助成事業

  • 基盤研究(C)一般
    植物の細胞死によるウイルス封じ込め戦略に関する研究
    自 2007年, 至 2008年
  • 基盤研究(C)(2)一般
    トマトモザイクウィルスの移行蛋白質による宿主遺伝子発現調節に関する研究
    自 2003年, 至 2004年
  • 基盤研究(C)一般
    トマトモザイクウイルスの移行蛋白質による宿主遺伝子発現調節に関する研究
    自 2003年, 至 2004年
  • 若手研究(B)
    植物自身の遺伝子を利用した環境にやさしいウイルス抵抗性植物の作出
    自 2001年, 至 2002年
  • 若手研究(B)
    トマトモザイクウイルスの移行蛋白質と結合する宿主側蛋白質遺伝子の単離と機能解析
    自 1999年, 至 2000年

論文

  • Overexpression of NtERF5, belonging to the ethylene response factor gene family, inhibits potato virus X infection and enhances expression of jasmonic acid/ethylene signaling marker genes in tobacco
    Hiyori Suzuki · Tomoki Ito· Takuya Ogata · Yuki Tsukahara · Richard S. Nelson4 · Nobumitsu Sasaki · Yasuhiko Matsushita
    Journal of General Plant Pathology
    Springer
    2024年01月24日, 研究論文(学術雑誌), 共同, DOI(公開)(r-map)
  • Overexpression of BBF3 encoding a tobacco Dof transcription factor alters gene expression and cell death induction during N‑mediated hypersensitivity to tobacco mosaic virus
    Taiga Suzuki · Mayu Fujita· Mio Suzuki· Kaori Shigeta· Richard S. Nelson· Yasuhiko Matsushita· Nobumitsu Sasaki
    Journal of General Plant Pathology
    Springer
    2023年11月08日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 90, DOI(公開)(r-map), 2, 13
  • Cell death signaling is competitively but coordinately regulated by repressor-type and activator-type ethylene response factors in tobacco (Nicotiana tabacum) plants
    Ogata T, Tsukahara Y, Ito T, Iimura M, Yamazaki K, Sasaki N, Matsushita Y
    Plant Biology
    WILEY
    Ethylene response factors (ERFs) comprise one of the largest transcription factor families in many plant species. Tobacco (Nicotiana tabacum) ERF3 (NtERF3) and other ERF-associated amphiphilic repression (EAR) motif-containing ERFs are known to function as transcriptional repressors. NtERF3 and several repressor-type ERFs induce cell death in tobacco leaves and are also associated with a defence response against tobacco mosaic virus (TMV). We investigated whether transcriptional activator-type NtERFs function together with NtERF3 in the defence response against TMV infection by performing transient ectopic expression, together with gene expression, chromatin immunoprecipitation (ChIP) and promoter analyses. Transient overexpression of NtERF2 and NtERF4 induced cell death in tobacco leaves, albeit later than that induced by NtERF3. Fusion of the EAR motif to the C-terminal end of NtERF2 and NtERF4 abolished their cell death-inducing ability. The expression of NtERF2 and NtERF4 was upregulated at the early phase of N gene-triggered hypersensitive response (HR) against TMV infection. The cell death phenotype induced by overexpression of wild-type NtERF2 and NtERF4 was suppressed by co-expression of an EAR motif-deficient form of NtERF3. Furthermore, ChIP and promoter analyses suggested that NtERF2, NtERF3 and NtERF4 positively or negatively regulate the expression of NtERF3 by binding to its promoter region. Overall, our results revealed the cell death-inducing abilities of genes encoding activator-type NtERFs, including NtERF2 and NtERF4, suggesting that the HR-cell death signalling via the repressor-type NtERF3 is competitively but coordinately regulated by these NtERFs.
    2022年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 5, 1435-8603, DOI(公開)(r-map), 897, 909
  • Cooperative roles of introns 1 and 2 of tobacco resistance gene N in enhanced N transcript expression and antiviral defense responses
    Ikeda, Chihiro; Taku, Kazuo; Miyazaki, Tsumugi; Shirai, Rikako; Nelson, Richard S.; Nyunoya, Hiroshi; Matsushita, Yasuhiko; Sasaki, Nobumitsu
    SCIENTIFIC REPORTS
    NATURE PORTFOLIO
    The tobacco virus resistance gene N contains four introns. Transient expression of transcripts from an N transgene containing these introns and driven by the native promoter in the presence of the elicitor of tobacco mosaic virus resulted in its increased expression. The requirement of the native promoter, the elicitor, or the individual introns for enhanced expression of N has not been fully studied. Here, we determined that 35S promoter-driven N transcript expression could be enhanced in the presence of the four introns regardless of the co-expression of the virus elicitor in tobacco. Function analyses using a series of N transgenes with different combination of introns revealed that the presence of intron 1 more so than intron 2 allowed higher accumulation of premature and mature N transcripts; however, both introns were important for not only enhanced gene expression but also for induction of cell death in tobacco and induced local resistance to spread of virus in Nicotiana benthamiana. Our findings indicate that introns 1 and 2 cooperatively contribute to N expression and virus resistance.
    2021年07月29日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 11, 1, 2045-2322, DOI(公開)(r-map), 15424
  • Fungal Carbonyl Sulfide Hydrolase of Trichoderma harzianum Strain THIF08 and Its Relationship with Clade D beta-Carbonic Anhydrases
    Masaki, Yoshihito; Iizuka, Ryuka; Kato, Hiromi; Kojima, Yuka; Ogawa, Takahiro; Yoshida, Makoto; Matsushita, Yasuhiko; Katayama, Yoko
    MICROBES AND ENVIRONMENTS
    JAPANESE SOC MICROBIAL ECOLOGY, DEPT BIORESOURCE SCIENCE
    Carbonyl sulfide (COS) is the most abundant and long-lived sulfur-containing gas in the atmosphere. Soil is the main sink of COS in the atmosphere and uptake is dominated by soil microorganisms; however, biochemical research has not yet been conducted on fungal COS degradation. COS hydrolase (COSase) was purified from Trichoderma harzianum strain THIF08, which degrades COS at concentrations higher than 10,000 parts per million by volume from atmospheric concentrations, and its gene cos (492 bp) was cloned. The recombinant protein purified from Escherichia coli expressing the cos gene converted COS to H2S. The deduced amino acid sequence of COSase (163 amino acids) was assigned to clade D in the phylogenetic tree of the beta-carbonic anhydrase (beta-CA) family, to which prokaryotic COSase and its structurally related enzymes belong. However, the COSase of strain THIF08 differed from the previously known prokaryotic COSase and its related enzymes due to its low reactivity to CO2 and inability to hydrolyze CS2. Sequence comparisons of the active site amino acids of clade D beta-CA family enzymes suggested that various Ascomycota. particularly Sordariomycetes and Eurotiomycetes. possess similar enzymes to the COSase of strain THIF08 with >80% identity. These fungal COSase were phylogenetically distant to prokaryotic clade D beta-CA family enzymes. These results suggest that various ascomycetes containing COSase contribute to the uptake of COS by soil.
    2021年05月22日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 36, 2, 1342-6311, DOI(公開)(r-map)
  • Cell-death-independent antiviral response mediated by N resistance factor in Nicotiana benthamiana involves inhibited localization of tobamovirus movement protein to plasmodesmata
    Sasaki, Nobumitsu; Murakami, Tomoya; Yoshimoto, Nanae; Komatsu, Ken; Matsushita, Yasuhiko; Nyunoya, Hiroshi
    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY
    SPRINGER JAPAN KK
    The tobacco N gene encodes the N resistance factor that recognizes a tobacco mosaic virus elicitor called p50 to induce a cell-death-associated hypersensitive reaction, which confines virus infections to local areas. Coexpression of N and p50 cDNAs in Nicotiana benthamiana induces resistance against virus infection without visible cell death. In this study, we examined how this N-mediated resistance in the heterologous plant inhibits virus infection. After inoculation with GFP-encoding tomato mosaic virus (ToMV), plants coexpressing N and p50 had fewer and smaller infection sites as the levels of coexpressed proteins of N and p50 increased. This antiviral response was associated with production of reactive oxygen species but not ion leakage or expression of PR1a (encoding a salicylic acid signaling marker). In addition, it was likely that GFP-tagged movement protein (MP) of ToMV seemed to have failed to localize at plasmodesmata during virus infection in leaves coexpressing N and p50. These findings indicate that the cell death-independent, N-mediated antiviral response in N. benthamiana may involve interference with the intracellular transport function of MP.
    2021年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 87, 3, 1345-2630, DOI(公開)(r-map), 170, 177
  • Plant Protein-Mediated Inhibition of Virus Cell-to-Cell Movement: Far-Western Screening and Biological Analysis of a Plant Protein Interacting with a Viral Movement Protein
    Sasaki N, Matsushita Y, Nyunoya H
    Methods in Molecular Biology
    Human Press
    2019年06月22日, 研究論文(学術雑誌), 共同, 2028, 978-1-4939-9634-6, DOI(公開)(r-map), 123, 144
  • Involvement of NtERF3 in the cell death signalling pathway mediated by SIPK/WIPK and WRKY1 in tobacco plants
    Ogata T, Okada H, Kawaide H, Takahashi H, Seo S, Mitsuhara I, Matsushita Y
    Plant Biology
    2015年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 17, DOI(公開)(r-map), 962, 972
  • Cloning and expression of a gene encoding a novel thermostable thiocyanate-degrading enzyme from a mesophilic alphaproteobacteria strain THI201.
    Hussain A, Ogawa T, Saito M, Sekine T, Nameki M, Matsushita Y, Hayashi T, Katayama Y
    Microbiology
    2013年09月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 159, 11, DOI(公開)(r-map), 2294, 2302
  • Analysis of the Cell Death-Inducing Ability of the Ethylene Response Factors in Group VIII of the AP2/ERF Family
    Ogata T, Kida Y, Tochigi M, Matsushita Y
    Plant Science
    2013年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 209, DOI(公開)(r-map), 12, 23
  • Carbonyl sulfide hydrolase from Thiobacillus thioparus strain THI115 is one of the β-carbonic anhydrase family enzymes.
    Ogawa T, Noguchi K, Saito M, Nagahata Y, Kato H, Ohtaki A, Nakayama H, Dohmae N, Matsushita Y, Odaka M, Yohda M, Nyunoya H, Katayama Y
    J Am Chem Soc.
    2013年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 135, 10, DOI(公開)(r-map), 3818, 3825
  • Interference with initial and short-distance cell-to-cell movement of Tomato mosaic virus in transgenic tobacco plants with high expression of BcKELP, a virus movement protein interactor from Brassica campestris.
    Nobumitsu Sasaki, Tatsuro Odawara, Shoko Nagai, Kazuma Yoshimura, Yasuhiko Matsushita, Hiroshi Nyunoya
    Physiological and Molecular Plant Pathology
    2012年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 78, DOI(公開)(r-map), 38, 44
  • Overexpression of tobacco ethylene response factor NtERF3 gene and its homologues from tobacco and rice induces hypersensitive response-like cell death in tobacco.
    Takuya Ogata, Yuma Kida, Tomoyuki Arai, Yasuyuki Kishi, Yuki Manago, Masato Murai, Yasuhiko Matsushita
    Journal of General Plant Pathology
    2011年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 78, DOI(公開)(r-map), 8, 17
  • Extracellular histone induces plasma hyaluronan-binding protein (factor VII activating protease) activation in vivo.
    Yamamichi S, Fujiwara Y, Kikuchi T, Nishitani M, Matsushita Y, Hasumi K
    Biochem Biophys Res Commun.
    2011年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 409, 3, DOI(公開)(r-map), 483, 488
  • Interference with Tomato mosaic virus cell-to-cell movement by transient overexpression of Arabidopsis thaliana KELP homologs from different plant species
    Sasaki N, Odawara T, Deguchi M, Matsushita Y, Nyunoya H
    J. Gen. Plant Pathol.
    2010年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 76, DOI(公開)(r-map), 69, 73
  • Polyamine-promoted autoactivation of plasma hyaluronan-binding protein.
    Yamamichi S, Nishitani M, Nishimura N, Matsushita Y, Hasumi K
    J. Thromb. Haemost.
    2009年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 8, DOI(公開)(r-map), 559, 566
  • Overexpression of putative transcriptional coactivator KELP interferes with Tomato mosaic virus cell-to-cell movement.
    N. Sasaki, T. Ogata, M. Deguchi, S. Nagai, A. Tamai, T. Meshi, S. Kawakami, Y. Watanabe, Y. Matsushita, H. Nyunoya
    Molecular Plant Pathology
    2008年11月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 10, 2, DOI(公開)(r-map), 161, 173
  • The TIR–NBS but not LRR domains of two novel N-like proteins are functionally competent to induce the elicitor p50-dependent hypersensitive response
    Jun-Shan Gao, Nobumitsu Sasaki, Hiromi Kanegae, Ken-ichi Konagaya, Kaori Takizawa, Naomi Hayashi, Yosuke Okano, Masahiro Kasahara, Yasuhiko Matsushita, Hiroshi Nyunoya
    Physiological and Molecular Plant Pathology
    2007年12月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 71, DOI(公開)(r-map), 78, 87
  • Activation of prothrombin by two subtilisin-like serine proteases from Acremonium sp.
    Chunli Liu; Yasuhiko Matsushita, Kosuke Shimizu, Koichi Makimura, Keiji Hasumi
    Biochemical and Biophysical Research Communications
    2007年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 358, DOI(公開)(r-map), 356, 362
  • Functional expression of thiocyanate hydrolase is promoted by its activator protein, P15K.
    Kataoka S, Arakawa T, Hori S, Katayama Y, Hara Y, Matsushita Y, Nakayama H, Yohda M, Nyunoya H, Dohmae N, Maeda M, Odaka M.
    FEBS Letters
    2006年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 580, DOI(公開)(r-map), 4667, 4672
  • Brassinosteroid Deficiency Due to Truncated Steroid 5a-Reductase Causes Dwarfism in the lk Mutant of Pea
    Nomura T1, Jager CE, Kitasaka Y, Takeuchi K, Fukami M, Yoneyama K, Matsushita Y, Nyunoya H, Takatsuto S, Fujioka S, Smith JJ, Kerckhoffs LH, Reid JB, Yokota T.
    Plant Physiology
    2004年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 135, 2220, 2229
  • Interaction of tomato mosaic virus movement protein with tobacco RIO kinase.
    K. Yoshioka, Y. Matsushita, M. Kasahara, K. Konagaya and H. Nyunoya
    Molecules and Cells
    2004年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 17, 223, 229
  • Members of 14-3-3 protein isoforms interacting with both Tobacco mosaic virus resistance gene product N and the viral elicitor.
    K. Konagaya, Y. Matsushita, M. Kasahara and H. Nyunoya
    Journal of General Plant Pathology
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 70, 221, 231
  • Two proton pump interactors identified from a direct phosphorylation screening of a rice cDNA library by using a recombinant BRI1 receptor kinase.
    S. Hirabayashi, Y. Matsushita, M. Sato, R. Oh-i, M. Kasahara, H. Abe and H. Nyunoya
    Plant Biotechnology
    2004年, 研究論文(学術雑誌), 共同, 21, 35, 45
  • The catalytic subunit of protein kinase CK2 phosphorylates in vitro the movement protein of Tomato mosaic virus.
    Y. Matsushita, M. Ohshima, K. Yoshioka, M. Nishiguchi and H. Nyunoya.
    J. Gen. Virol.
    2003年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 84, DOI(公開)(r-map), 497, 505
  • Cloning of a tobacco cDNA coding for a putative transcriptional coactivator MBF1 that interacts with the Tomato mosaic virus movement protein.
    Y. Matsushita, O. Miyakawa, M. Deguchi, M. Nishiguchi and H. Nyunoya.
    J. Exp. Bot.
    2002年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 53, DOI(公開)(r-map), 1531, 1532
  • Phosphorylation of the movement protein of Cucumber mosaic virus in transgenic tobacco plants.
    Y. Matsushita, K. Yoshioka, T. Shigyo, H. Takahashi and H. Nyunoya
    Virus Genes
    2002年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 24, 231, 234
  • Isolation of a cDNA for a nucleoside diphosphate kinase capable of phosphorylating the kinase domain of the self-incompatibility factor SRK of Brassica campestris.
    Y. Matsushita, T. Suzuki, R. Kubota, M. Mori, H. Shimosato, M. Watanabe, T. Kayano, T. Nishio and H. Nyunoya
    J. Exp. Bot.
    2002年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 53, DOI(公開)(r-map), 765, 767
  • Genetic and immunochemical characterization of thiocyanate-degrading bacteria in lake water.
    M. Yamasaki, Y. Matsushita, M. Namura, H. Nyunoya and Y. Katayama
    Appl. Environ. Microbiol.
    2002年02月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 68, DOI(公開)(r-map), 942, 946
  • The tomato mosaic tobamovirus movement protein interacts with a putative transcriptional coactivator KELP.
    Y. Matsushita, M. Deguchi, M. Youda, M. Nishiguchi and H. Nyunoya
    Molecules and Cells
    2001年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 12, 57, 66
  • The molecular characterization and in situ expression pattern of pea SCARECROW gene
    N. Sassa, Y. Matsushita, T. Nakamura, and H. Nyunoya
    Plant Cell Physiol.
    2001年04月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 42, DOI(公開)(r-map), 385, 394
  • In vitro phosphorylation of the movement protein of tomato mosaic tobamovirus by a cellular kinase
    Y. Matsushita, K. Hanazawa, K. Yoshioka, T. Oguchi, S. Kawakami, Y. Watanabe, M. Nishiguchi and H. Nyunoya
    J. Gen. Virol.
    2000年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 81, 2095, 2102
  • Cloning of genes coding for the three subunits of thiocyanate hydrolase of Thiobacillus thioparus THI 115 and their evolutionary relationships to nitrile hydratase.
    Y. Katayama, Y. Matsushita, M. Kaneko, M. Kondo, T. Mizuno and H. Nyunoya
    J. Bacteriol.
    1998年05月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 180, 2583, 2589
  • Cloning and analysis of a cDNA encoding farnesyl diphosphate synthase from Artemisia annua.
    Y. Matsushita, W.-K. Kang and B. V. Charlwood
    Gene
    1996年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 172, DOI(公開)(r-map), 207, 209
  • Transport of mitoribosomal proteins, YmL13 and MRP7, into isolated mitochondria of Saccharomyces cerevisiae.
    Y. Matsushita and K. Isono
    Biochem. Mol. Biol. Int.
    1993年08月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 30, 911, 919
  • Mitochondrial transport of mitoribosomal proteins, YmL8 and YmL20, in Saccharomyces cerevisiae.
    Y. Matsushita and K. Isono
    Eur. J. Biochem.
    1993年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 214, DOI(公開)(r-map), 577, 585
  • Cloning and analysis of the nuclear gene or YmL33, a protein of the large subunit of the mitochondrial ribosome in Saccharomyces cerevisiae.
    W.-K. Kang, Y. Matsushita, L. Grohmann, H.-R. Graack, M. Kitakawa and K. Isono
    J. Bacteriol.
    1991年07月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 173, 4013, 4020
  • Cloning and analysis of YMR26, the nuclear gene for a mitochondrial ribosomal protein in Saccharomyces cerevisiae.
    W.-K. Kang, Y. Matsushita and K. Isono
    Mol. Gen. Genet.
    1991年03月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 225, DOI(公開)(r-map), 474, 482
  • Cloning and analysis of the nuclear genes for two mitochondrial ribosomal proteins in yeast.
    Y. Matsushita, M. Kitakawa and K. Isono
    Mol. Gen. Genet.
    1989年10月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 219, DOI(公開)(r-map), 119, 124
  • Cloning and molecular characterization of the gene rimL which encodes an enzyme acetylating ribosomal protein L12 of Escherichia coli K12.
    S. Tanaka, Y. Matsushita, A. Yoshikawa and K. Isono
    Mol. Gen. Genet.
    1989年06月, 研究論文(学術雑誌), 共同, 217, DOI(公開)(r-map), 289, 293

著書

  • 植物RNAウイルスの移行蛋白質と相互作用する宿主因子のcDNAクローニング
    松下保彦, 丹生谷博
    日本植物病理学会
    2000年08月01日, 1345-8086
  • エンドウScrの構造、発現とその機能
    佐々奈緒美、中村輝子、山田晃弘、松下保彦、丹生谷博
    日本宇宙生物科学会
    2000年10月01日, 0914-9201

研究発表、招待講演等

  • CRISPR/Cas9ゲノム編集によるBBF遺伝子ノックアウトタバコの作製
    令和2年度日本植物病理学会関東部会
    2020年09月28日, 口頭発表(一般)
  • 青枯病菌への抵抗性におけるタバコDOF型転写因子BBF3の役割
    令和元年度日本植物病理学会関東部会
    2019年09月20日, 口頭発表(一般)
  • タバコのMyb domain protein 92はN遺伝子を介したウイルス抵抗性の負の制御に関与する
    令和元年度日本植物病理学会関東部会
    2019年09月19日, 口頭発表(一般)
  • トマトモザイクウイルスの移行タンパク質とタバコのレモリン膜タンパク質の相互作用解析
    令和元年度日本植物病理学会関東部会
    2019年09月19日, 口頭発表(一般)
  • タバコのDof型転写因子遺伝子BBF2の過剰発現は青枯病菌への抵抗性誘導を抑制する
    令和元年度日本植物病理学会関東部会
    2019年09月19日, 口頭発表(一般)
  • ウイルス抵抗性遺伝子 N のイントロン 4 に由来する small RNA の推定標的遺伝子の解析
    平成31年度日本植物病理学会大会
    2019年03月19日, 口頭発表(一般)
  • 過剰発現タバコを用いた Dof 型転写因子 BBF2 の病害抵抗性における機能の解析
    平成31年度日本植物病理学会大会
    2019年03月19日, 口頭発表(一般)
  • ゲノム編集技術によるBBF2およびBBF3遺伝子ノックアウトタバコの作出
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月30日, ポスター発表
  • ウイルス抵抗性遺伝子Nの選択的ポリアデニル化シグナルの機能解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月29日, ポスター発表
  • エチレン応答性因子NtERF5のウイルス増殖抑制効果の解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月28日, ポスター発表
  • エチレン応答性因子NtERF#208による細胞死誘導の解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月28日, ポスター発表
  • イントロンを介した抵抗性遺伝子Nの転写物量調節機構の解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月28日, ポスター発表
  • ウイルス抵抗性遺伝子Nのイントロンに由来するsmall RNAの標的候補遺伝子の解析
    第41回日本分子生物学会年会
    2018年11月28日, ポスター発表
  • トマトモザイクウイルスの増殖過程におけるタバコの膜タンパク質レモリンの関与
    第40回日本分子生物学会年会(2017年度生命科学系学会合同年次大会)
    2017年12月08日, その他
  • ヒトcaspase-3の発現による植物での細胞死誘導
    第40回日本分子生物学会年会(2017年度生命科学系学会合同年次大会)
    2017年12月07日, ポスター発表
  • NtERF3の封じ込め効果に関する研究
    平成29年度植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • 病害抵抗性誘導におけるBBF3転写因子の誘導機構の解析
    平成29年度植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • 転写物の蓄積とウイルス感染抑制における抵抗性遺伝子N のイントロンの役割
    平成29年度植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • 植物細胞内でのウイルスの増殖におけるレモリン膜タンパク質(Remorin)の機能解析
    平成29年度植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • BBF2転写因子の抵抗性誘導制御機構の解析
    平成29年度植物感染生理談話会
    2017年07月28日, ポスター発表
  • エチレン応答性転写抑制因子NtERF3bの遺伝子を発現するウイルスの封じ込め
    第39回日本分子生物学会年会
    2016年11月30日, ポスター発表
  • シロイヌナズナの転写抑制共因子TOPLESSとエチレン応答性因子の相互作用解析
    日本植物病理学会創立100周年記念大会(平成27年度大会)
    2015年03月31日, その他
  • エチレン応答性因子AtERF#078の細胞死誘導能に対するEARモチーフの役割
    第37回日本分子生物学会年会
    2014年11月26日, ポスター発表
  • グループVIIIに属するエチレン応答性因子の細胞死誘導能と過敏感反応との関係の研究
    平成24年度 植物感染生理談話会
    2012年08月31日, ポスター発表
  • Several EAR motif-containing ERFs in group VIII are involved in HR cell death.
    IS-MPMI 2012 XV International Congress
    2012年08月01日, ポスター発表
  • タバコNtERF3および複数の転写抑制型ERF遺伝子がN遺伝子による過敏感反応誘導に関与する
    平成24年度日本植物病理学会大会
    2012年03月29日, その他
  • Overexpression of NtERF3 and several EAR-containing ERFs induces HR-like cell death in tobacco leaves.
    The 2nd Korea-Japan Joint Symposium
    2012年03月27日, ポスター発表
  • 転写抑制型 ERF 遺伝子の一過的過剰発現はタバコ葉に HR 様細胞死を誘導する
    第53回度日本植物生理学会年会
    2012年03月16日, ポスター発表
  • 細胞死誘導遺伝子NtERF3およびNtSIPKを用いたウイルスの感染部位特異的封じ込め
    第34回日本分子生物学会年会
    2011年12月16日, ポスター発表
  • 植物過敏感反応誘導時におけるタバコAP2/ERFファミリー・グループVIII遺伝子の発現解析
    第34回日本分子生物学会年会
    2011年12月16日, ポスター発表
  • Transient overexpression of the tobacco transcriptional repressor NtERF3 gene and its homologues induces hypersensitive response-like cell death in tobacco.
    IUMS2011 (XV International Congress of Virology)
    2011年09月13日, 口頭発表(一般)
  • GENE CLONING OF ENZYME THIOCYANATE HYDROLASE OF STRAIN THI201
    IUMS2011 (XIII International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology)
    2011年09月06日, ポスター発表
  • EARモチーフをコードするNtERF3相同遺伝子の一過的過剰発現はタバコに細胞死を誘導する
    平成23年度日本植物病理学会大会
    2011年03月28日, 口頭発表(一般)
  • タバコERFファミリー遺伝子の一過的過剰発現による細胞死の誘導
    平成23年度日本植物病理学会大会
    2011年03月27日, ポスター発表
  • 感染部位特異的な細胞死誘導によるウイルスの局所封じ込め戦略
    平成23年度日本植物病理学会大会
    2011年03月27日, ポスター発表
  • アグロバクテリウムを介したオートファジー関連遺伝子NtBECLIN1発現抑制コンストラクトの一過的導入によりタバコ葉に細胞死が誘導される
    平成23年度日本植物病理学会大会
    2011年03月27日, ポスター発表
  • タバコNtERF3及び相同遺伝子の一過的過剰発現はタバコにHR様細胞死を誘導する
    第52回度日本植物生理学会年会
    2011年03月20日, 口頭発表(一般)
  • AP2/ERFファミリー・グループVIIIa遺伝子の一過的過剰発現はタバコに細胞死を誘導する
    第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会
    2010年12月08日, ポスター発表
  • 転写抑制因子NtERF3および相同遺伝子の一過的過剰発現による過敏関細胞死の誘導
    平成22年度日本植物病理学会大会
    2010年04月19日, ポスター発表
  • 細胞死誘導遺伝子NtERF3およびNtSIPKを用いたウイルスの局所封じ込め
    第32回日本分子生物学会年会
    2009年12月09日, ポスター発表
  • タバコNtERF3相同遺伝子の一過的過剰発現による細胞死誘導
    第32回日本分子生物学会年会
    2009年12月09日, ポスター発表
  • 抵抗性遺伝子をもたない植物における細胞死誘導遺伝子組換えウイルスの封じ込め
    平成21年度日本植物病理学会大会
    2009年03月27日, ポスター発表
  • タバコNtERF3組換えウイルスによる抵抗性遺伝子をもたない植物での細胞死誘導とウイルス封じ込め
    第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会
    2008年12月10日, ポスター発表
  • Overexpression of putative transcriptional coactivator KELP interferes with virus movement.
    9th International Congress of Plant Pathology
    2008年08月27日, ポスター発表
  • Two novel N-like genes encoding functionally competent domains to induce hypersensitive response.
    9th International Congress of Plant Pathology
    2008年08月27日, ポスター発表
  • Overexpression of the tobacco NtERF3 gene induces hypersensitive response-like cell death in plants.
    XIV. International Congress of Virology
    2008年08月13日, ポスター発表
  • タバコモザイクウイルス感染時のタバコNtERF3遺伝子の発現解析と一過的過剰発現による過敏感細胞死の誘導
    平成20年度日本植物病理学会大会
    2008年04月27日, その他
  • KELPの一過的過剰発現によるトマトモザイクウイルス移行タンパク質の細胞内局在の変化
    平成20年度日本植物病理学会大会
    2008年04月27日, その他
  • タバコNtERF3遺伝子の一過的過剰発現による植物過敏感細胞死の誘導
    第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会
    2007年12月12日, その他
  • タバコのウイルス抵抗性遺伝子(N)とそのN類似遺伝子のキメラcDNA作製による過敏感応答誘導能の解析
    第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会 合同大会
    2007年12月12日, その他
  • ウイルス抵抗性遺伝子N類似遺伝子の過敏感応答誘導性に関する解析
    平成19年度植物感染生理談話会
    2007年08月, ポスター発表
  • タバコモザイクウイルス (TMV) 抵抗性遺伝子産物NおよびN類似タンパク質の機能ドメインの解析
    平成19年度日本植物病理学会大会
    2007年03月, 口頭発表(一般)
  • トマトモザイクウイルス移行タンパク質と相互作用するAtKELPの過剰発現によるウイルス移行の抑制
    平成19年度日本植物病理学会大会
    2007年03月, 口頭発表(一般)
  • Isolation of cDNA clones similar to the virus resistance gene N from Nicotiana tabacum.
    International Symposium for Plant Immunity: From MAMPs/PAMPs Recognition to Gene-for-Gene Resistance
    2007年03月, ポスター発表
  • TOMATO MOSAIC VIRUS MOVEMENT PROTEIN INTERACTS WITH TOBACCO RIO KINASE THAT IS PHOSPHORYLATED BY PROTEIN KINASE CK2
    8th International congress of plant molecular biology
    2006年08月, ポスター発表

外部研究資金等

  • 次世代シーケンサーを利用した新規アプリケーションの開発
    共同研究, 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
  • 次世代シーケンサーを利用した新規アプリケーションの開発
    共同研究, 自 2010年07月20日, 至 2011年03月31日
  • 抵抗性遺伝子下流の転写関連因子を活用した新規ウイルス抵抗性野菜の開発
    受託研究, 自 2003年, 至 2004年
  • 抗ウイルス蛋白質の設計と抵抗性植物の作出
    受託研究, 自 1999年, 至 2001年
  • 組換え型抗ウイルスタンパク質の生産と抵抗性植物の作出
    受託研究, 自 1997年, 至 1998年

所属学協会

  • 日本植物病理学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本分子生物学会
  •  
  •  


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.